Officeデータを入稿データに変換する方法。DM発送代行を格安で!全国対応、最短翌日発送

OfficeデータのPDF変換手順

Microsoft Officeデータを入稿するには、PDFへ変換することを推奨しております。
ここでは、Office 2013の印刷用PDFデータへの変換手順をご紹介いたします。
Word 2013、Excel 2013、PowerPoint 2013など、共通の手順でPDFに変換できます。

Word 2013を印刷用PDFデータに変換する

1. メニューの選択

左上のメニューから
①「ファイル」
②「エクスポート」
③「PDF/XPSドキュメントの作成」
④「PDF/XPSの作成」
を順番に選択してください。

メニューの選択

2. 保存の設定

①保存先を指定してください。
②ファイルの種類「PDF」を選択
③最適化「標準(オンライン発行および印刷)」を選択
④オプションをクリック

保存の設定

3. PDFのオプション設定

オプションの設定画面が表示されます。
①PDFのオプション「ISO 19005-1に準拠(PDF/A)(1)」にチェックしてください。
②OKをクリック

PDFのオプション設定

4. PDF保存

①ファイル名を入力してください。
②「発行」をクリック

PDF保存

5. フォントが埋め込まれているかの確認

①保存したPDFファイルを開いてください。
②「ファイル」をクリック
③「プロパティ」をクリック

フォントが埋め込まれているかの確認

6. 文書のプロパティ

①「フォント」タブをクリック
「埋め込みサブセット」と表示されていれば、フォントは埋め込まれています。
「実際のフォント」が表示されている場合は、埋め込まれていません。
3. PDFのオプション設定」で、PDFのオプション:「ISO 19005-1に準拠(PDF/A)(1)」にチェックをしていれば、フォントは埋め込まれますので、フォントが埋め込まれていない場合はこちらの設定を見直してください。

文書のプロパティ

7. PDFを最終確認

以上でPDFデータの変換が完了しました。
OfficeデータからPDFへ変換すると、レイアウトが崩れる可能性がございます。レイアウト(見た目)に問題がないか、一度ご確認ください。

取り扱いハガキDM一覧

取り扱いその他DM一覧

DM発送代行サービスについて

  • 効果的なハガキDMデザイン基本知識
  • 入稿完全データ基礎知識
  • OfficeデータのPDF変換手順
  • DM商品の料金一覧
  • DM商品の用紙一覧
ハガキDM 業界最安49.79円〜

ページトップへ