A4厚紙DMとは?DMでの活用法を詳しく解説

安さ日本一に挑戦!まずはお見積りから

こんにちは。格安DM発送代行「DM診断」ライターチームです。

一般的なハガキの大きさでは伝えたい内容が収まらなかったり、もっと目立たせたいときに、A4サイズでDM(ダイレクトメール)を送る方法があります。

A4サイズのDMは主に3種類です。

ここではA4厚紙DMについて解説します。

A4圧着DMについても詳しく解説していますので、興味のある方は以下の記事もご覧ください。

関連記事:A4圧着DMとは?長所や短所から活用法まで徹底解説!

目次

A4厚紙DMとは

DMには、様々な種類が存在していますが、その中の一つにA4厚紙DMが存在しています。
A4厚紙DMは、A4の厚紙を使用したDMとなっており、見やすい広告を用意したい場合や、他のはがきなどと差別化を図って宣伝効果を高めたい場合に使用します。
また、通常のはがき型のダイレクトメールと違い、印刷面積が大きいため、複雑なデザインを依頼することも可能となっています。
さらに、従来から利用しているA4のチラシデータなどがそのまま利用できるため、データの作成にかかる時間を大幅に減らすこともできます。

このようなA4厚紙DMを自社で作成する場合、印刷代やスタッフの雇用、発送手続きなどに大きな負担が必要となってしまいます。そのため、簡便に利用できるダイレクトメールの代行業者などに依頼を行う方法を活用していけます。
代行業者に依頼を行った場合、圧着などの特殊な加工が必要ない分、非常に良いコストパフォーマンスでダイレクトメールを印刷してもらうことが可能です。A4厚紙DMのデザインや印刷、発送を一括して依頼することもできるため、自社の負担を軽減してA4厚紙DMを発送するために高い利用価値があります。

A4厚紙DMを急いで作りたい時には対応が早い業者に依頼すべき

新規に顧客を増やしたい時や、既存の顧客を離さないためには、しっかり作りこんだA4厚紙DMを数ヶ月に一度送るよりも、あまり手の込んだものでなくてもいいので、短いスパンでできるだけ多くの人にA4厚紙DMを送ることが効果的です。A4厚紙DMを自分で作る手間を省きたい時には専門の業者に依頼すると便利なのですが、費用が安いという理由だけで依頼すると後でトラブルになってしまうので注意が必要です。例えば、新規に何かのショップを開く時にできるだけ早くA4厚紙DMを送りたいのに、業者に見積もりをお願いしても、返事がなかなか来ないケースがあるので、料金が高くてもA4厚紙DM制作の実績がある業者に依頼すると安心です。また、きちんとしたものを素早く作ってくれるか心配ならば、いろいろな業者に少量の制作を依頼してみて、一番いいA4厚紙DMを制作してくれる業者を選んで多くのA4厚紙DMを送るといいです。また、電話をするたびに担当が変わって、初めから作りたいA4厚紙DMの話をしなければならない業者よりも、きちんと担当の人がついてくれる業者を選ぶべきです。やはり、信頼できる会社は、見積もりのためにする時の電話の対応もしっかりしているので、見積もりの時の対応が悪い業者は避けると後悔しなくてすみます。

DM,の,チラシ,テンプレート,デザイン,ハガキ,作業,印刷,安く,料金,発送,企業,制作

A4厚紙DMは、その圧倒的なサイズによって相手の目に留まりやすいです。また、表現領域が広く、A4チラシの封書とほぼ同等の情報量を掲載できます。過去に制作したA4サイズのチラシデータを活用することも可能で、文字サイズを大きくするなどの工夫もできます。注文や申込みなどのFAX返信ができるようにデザインして印刷をすれば、返信用紙にもなります。

では、情報量以外の項目で、A4厚紙DMとA4の封書はどのように異なるのか比較をしてみます。封書は、封筒と内容を記した紙とで、最低でも2枚以上の紙を使うことになってかさばることもあり、開封の手間もかかります。しかし、A4厚紙DMはパッと見て内容が理解でき、なおかつ紙が一枚で済むのでコストパフォーマンスにも優れます。これらの特性を活かして、新商品・新サービスの案内や注文用紙などに用いられることが多いです。

A4厚紙DMを印刷する場合は、料金の内訳の中にDM印刷・宛名・郵便料金などが含まれていることもあります。依頼する会社によって、どこまでの作業を行い、どこまでの作業の料金を含んでいるのかが異なるため、注意して検討すると良いでしょう。また、会社によっては、印刷データのテンプレートを提供している場合もあるので、活用すると便利です。

案内を印刷するならA4厚紙DM

新商品などの案内をしたいときは、封筒使って発送することが多いです。しかし、封筒の場合雨で濡れることは防げますが、封筒を開けるのが手間でお届け先の方に必ず見てもらえるわけではありません。一方、A4厚紙DMなら、雨が降っていたときは濡れてしまいますが、一目で情報がお届け先の方の目に入ります。また、A4厚紙DMは1枚ないしは2枚にまんべんなく情報を印刷できてます。そしてA4なのでハガキよりも多くの情報を印刷することができます。そして、ハガキサイズのものより大きくてポストに入れたときに目立ってインパクトが大きいので目に入りやすくなります。さらにお届け先の方に返信を頼みたいときは、封筒の場合は返信用ハガキなどをわざわざ入れなければなりません。それに対してA4厚紙DMの場合はそれをそのままFAXで返信してもらうこともできますし、A4厚紙DMの中に返信用ハガキを記入することもできます。すべてを考えると、A4厚紙DMはかなりコストパフォーマンスがよいです。

今はA4厚紙DMを印刷が簡単に安くできる企業はたくさんできます。デザインするソフトがないから頼みたい、また元あるデザインに手を加えてほしいなども依頼できます。発送までしてもらえるので便利です。

DM,の,ダイレクトメール,チラシ,デザイン,ハガキ,効果,印刷,圧着,安く,広告,発送,発送代行,企業,制作

A4厚紙DMの印刷や発送は安いと言いますが、なぜ安いのでしょうか。

A4厚紙DMは、封筒に入っていない分、雨に濡れてしまうところは欠点です。一方で、それ以上に良いところがたくさんあるのでご紹介します。

まずは、A4厚紙DMは封筒などに入れる手間がないことがあげられます。また、返信用ハガキが必要な場合は別に準備する必要はなく、A4厚紙DM事態ににそのまま記入してしまうか、それ自体をFAXで返信してもらえばよいので、その分のコストも浮きます。さらに、A4と大きいサイズなので1枚ないしは2枚使ってまんべんなく印刷すればたくさんの情報を少ない枚数で印刷できます。だから安いのです。

また、A4厚紙DMよいところは、ポストに入っているものを見たとき大きくて目立つのでインパクトがありますので、ほかのサイズのDMよりも封筒を開ける手間などもなくなるので、届け先の方にも案内が目に入ってきやすくなります。

A4厚紙DMの発送を請け負っている企業は、印刷と発送両方をしてくれます。デザインも考えてくれます。もしダイレクトメールを作ろうと考えているならば、ぜひA4厚紙DMを印刷してお安く発送してみてはいかがでしょうか。

良いコストパフォーマンスが見込めるA4厚紙DMの発送とは

A4厚紙DMは圧着部分が無く手に取って見るだけでダイレクトに情報が伝わると言うメリットを持っています。サイズが大きいので目立ちやすく、厚紙であることでしっかりした作りがより強いインパクトを顧客へ与えるダイレクトメールになります。A4サイズの表と裏を合わせて約90パーセントの情報掲載スペースが見込めます。ビジュアルデザインに特化したPRが可能なので、例えばアパレルショップや美容院などの感度の良さをブランディングにする業種ではアートを意識したり、とにかくセールなどのキャンペーンがあることを伝えたい場合などは見やすく迫力あるレイアウトにすることで印象的な印刷物になります。またA4であることを最大限に利用して注文用紙や資料請求の用紙を掲載することで顧客からのアクションを狙うことや集客効果を得ることなどA4厚紙DMは可能性が多いタイプのダイレクトメールです。また同サイズで制作したチラシの再利用が出来ることで有効活用となり、広告費の削減も図れるなど安いコストでの制作も可能です。更に発送代行のサービスを利用すればシンプルなつくりであるため一般的には安い印刷代で済み、発送業務も完結してくれるので人件費の節約や時短にもなり得ます。”

DM,の,ダイレクトメール,チラシ,デザイン,効果,印刷,印刷会社,圧着,宣伝効果,広告,料金,発送,送る,制作

A4厚紙DMはスペースが広いため、大きな文字を書けるので、インパクトの強い宣伝効果の高いダイレクトメールを送ることが可能です。特にお年寄りむけの健康商品や保険などのサービスを扱っている業者がお年寄りに商品の内容を読んでもらい時に、文字を大きく書けることは大きな利点です。また、商品の安全性を信じてもらうためには、大きな写真を使ったり、大きなイラストを使うと非常に効果的です。また、商品の安全性をしっかりアピールすることが主な目的のA4厚紙DMを送りたい時には、素人が作るよりも、デザインのプロが多く集まっている専門の業者に依頼すると、リーズナブルに良いデザインのA4厚紙DMを制作できます。業者に依頼する時には、自社が行うキャンペーンの名称や、どういう性別や年齢の人にターゲットを絞るのかなどを、見積もりの打ち合わせの時にA4厚紙DM業者に話しておくとスムーズに素晴らしいA4厚紙DMを作れます。やはり、どんなA4厚紙DMを作りたいかというイメージが曖昧だと、業者に依頼してもいいものが出来上がらずに後悔してしまいう可能性があります。自社のブランドイメージや安全な商品という信頼性が、的確に受け取る人に伝わるようなデザインのアイディアを業者に伝えることが大切です。

ニーズが拡大するA4厚紙DMのメリット

A4サイズのチラシを定形外のはがきとして、封筒を使用せずに配送する場合には、A4厚紙DM用に各印刷会社が推奨している用紙や、印刷プランを選んで注文します。用紙や加工の選び方でDM自体にある程度の耐久性を持たせ、信頼できる配送業者を選べば、配達過程で折り畳まれてしまったり、シワになってしまうリスクが軽減されるので安全です。

A4厚紙DMでは、A4サイズの厚紙の表面に宛名を印刷し、裏面に広告や情報を載せるタイプと、A3サイズ相当の用紙をV折りし、圧着加工を施し仕上がりをA4サイズにした、圧着はがきタイプがあります。どちらも適度な厚みがあり、大判なので視認性が高く、同一料金での配送が可能なのが共通のポイントです。圧着はがきなら、さらに多くの情報を伝えることができ、開封するまで中身が見えないので、プライバシー保護の観点からも安全です。

封筒購入のコストや封入業務は、DMの部数が多いほど負担になります。しかし使用する用紙や加工を工夫するだけで、お得かつスムーズにDMの発送を完了することができます。A4厚紙DM専門の印刷業者も増えているので、まずは各業者のサービス内容と印刷料金を確認してみてください。

DM,の,デザイン,作業,効果,印刷,印刷会社,広告,発注,発送,企業

A4厚紙DMは特殊な形状の郵送物になります。このA4厚紙DMの印刷を行うことができる会社は数が少なく高い印刷技術が必要になります。より精密に印刷を行うために専用の機械を導入し、コンピュータ制御によって印刷作業を行っていきます。A4厚紙DMの印刷を依頼する場合、多くの印刷会社で最低印刷枚数が定められています。既定の数量以上の発注を行うことにより1部あたりのコストを下げることができ割引などの適用を受けることが可能です。印刷方法についても細かく指定を行うことができ使用するインクや用紙など希望に応じたもので仕上げることが可能です。A4厚紙DMの印刷のクオリティーはそのまま顧客に対する訴求効果にもつながるため高品質なA4厚紙DMを迅速に用意することができる会社に依頼することが何よりも重要になります。また定期的に発注契約を行うことで様々な要望などを出しやすい関係を構築しておくことも急なデザインの変更や発注などの際に大切なポイントになります。複数の印刷会社に見積もりを出し条件や実績などを考慮しながら依頼先を選定することになります。会社によって得意とする分野は様々なであるためその辺もしっかりと選考材料として考えることも大切です。

印刷媒体、A4厚紙DM広告の強み

テレビでのコマーシャルは、ワイドショーや新聞にとりあげられる程に注目を集める広告媒体です。最近ではインターネット上の広告も人気てす。しかしA4厚紙DMは、テレビやインタ?ネットなどの広告とは違った、とても魅力的な広告媒体といえます。

A4厚紙DMはその大きな紙面に迫力あるデザインを印刷した広告を可能にします。直接に手元に届く迫力あるDMはしっかりと頭に残る広告になります。

またA4厚紙DMは一通あたりでコストが計算できるので、広範に行う必要がある他の広告媒体よりも、費用対効果を計算しやすいのです。ターゲットの絞りこみとリターン率から計算して、その利益が最大化するポイントを絞りこんで広告を出すことができます。一通ごとに封書にいれる必要のないA4厚紙DMは、他のDMと比べて人件費の面でも有利です。

なによりもA4厚紙DMの強みは直接に見込み客に発送できることでしょう。

広告を出すには市場調査や広範な顧客へのメッセージを考えるなど、かなりの手間と人件費が必要になります。しかしDMの場合ですと、直接にターゲットのもとへ届けます。そのため相手にどうプレゼンをするのかといった目線での広告が可能になります。

印刷から配布まで一括で行う業者を利用すれば、強力な販売力をもたない企業であっても、気軽に売り込みを図ることができるようになるのもA4厚紙DMの魅力です。

の,ダイレクトメール,作成,効果,宣伝効果,本,制作

ビジネスでもプライベートでも書類を作成するという事は意外と多いものです。そのようなときに気を付ける点はたくさんありますが、特にこだわりを持っておきたいのがサイズの選び方です。実際にその書類を使う段階においてもサイズ感は重要になりますし、保存においても適切なサイズであることは大きなポイントとなります。

特に最近こだわりたいサイズはA4サイズです。ビジネスの場ではA4サイズが基本となっているため、ファイリングの都合なども考えると統一するにはA4サイズが適しているのです。数枚のプリントアウトはもちろん、パンフレットなどもサイズを統一したほうが便利になります。伝える側の都合だけではなく、その資料を使う場面を考えたこだわりが重要になるのです。

また、仕事に使うカバンなどもこうしたことを意識して選んでいくのがおすすめです。最近はA4サイズ対応の記載があるバッグも増えてきました。書類をそのまま入れることができるというのは非常に便利で仕事にプラスに働きます。できればA4サイズのファイルが収まるサイズにするとよいでしょう。もしカバンをそのサイズでそろえられないなら、A4サイズが入るサブバッグを用意しておくと持ち運びやすく便利になります。

特殊な加工を生かしたこだわりのA4サイズのダイレクトメール

大型で見やすいA4サイズのダイレクトメールを利用すれば、複数の商品やサービスを一度に宣伝することができるため、高い宣伝効果を期待できます。このようなA4サイズのダイレクトメールを制作する場合には、クーポンなどを付加したり、用紙の形状などにもこだわりを持ちたい場合があります。そのようなニーズに対応するために、ダイレクトメールの代行業者では、ミシン目加工や角丸加工などのこだわりのオプションサービスを提供している場合が存在します。

ミシン目加工は、A4サイズのダイレクトメールにクーポンなどを付加するために利用されます。クーポン券などの部分にミシン目を施しておけば、はさみなどを使わないでも、きれいにクーポン券を切り離せるようになります。

また、角丸加工は、A4サイズのダイレクトメールの用紙の角を丸く切り落とす加工となっているため、宣伝したい商品の内容や、サービスを宣伝する対象者などによって利用の有無を判断していけます。角を丸く切り落とせば、子供のいる家庭にも安心して宣伝を行えます。

このように、特殊な加工を生かしたこだわりのA4サイズのダイレクトメールを利用すれば、宣伝効果をより一層高めていくために役立ちます。

DM,の,デザイン,作業,印刷,無料,発注,企業,制作

A4厚紙DMの印刷をするとなると手間がかかりますが、業者の方に任せれば印刷作業に手間をかける必要も無くなり、印刷と仕事を同時に行う事が出来るようになる為、仕事の効率が良くなります。A4厚紙DMの印刷は仕事を成功させる為にする所が多いので、仕事を効率良く進める事が出来るようになれば、より仕事をこなしやすくなります。

A4厚紙DMの印刷の依頼をすると費用が発生しますが、発生する費用は依頼をする所によって違います。なるべく安い価格で仕事の依頼を受けてくれる所を選ぶようにすれば、コストを抑えてA4厚紙DMの印刷をする事が出来るようになるので、依頼をするなら安い価格の所を選びましょう。インターネットのホームページサイトにアクセスをすると、価格の情報を手に入れる事が出来る所が多いので、情報は簡単に集まります。場所によっては送料が無料の所もあり、送料の事を気にせずに気軽に依頼する事が出来るようなお得な所なので、送料にも注意をするようにしましょう。お問い合わせをする為の情報を載せている所も多いです。

見積り依頼をすると情報が手に入る所も多く、無料で見積り依頼出来る所も多いので、まずはホームページサイトにアクセスをしてから選びましょう。

A4厚紙DMの印刷を専門業者に依頼する

A4厚紙DMの印刷は特殊な設備が必要になるため専門の印刷業者に依頼することが一般的です。ロット単位でも発注になるケースが多く発注枚数が多ければ多いほど1枚当たりの印刷コストも下がる傾向にあります。使用するインクの指定やカラー・白黒などの指定なども柔軟に対応してもらえます。A4厚紙DMは様々な場面で利用されているため通信販売やインターネットショップをはじめ様々な業態の企業が営業活動の一環として利用しています。他者との差別化を図るためにデザイン面にも工夫を凝らしたものも多くインパクトがあるデザインのA4厚紙DMなども多く見かけます。A4厚紙DMの印刷を行う業者の中にはデザインも同時に行っている場合もあるためA4厚紙DMの制作段階から一括して任せることも可能になっています。デザインと印刷を同じ業者が担当することにより制作期間の短縮や実際の納品までの時間を短縮することにつながり迅速な営業活動に繋がっていきます。DMを郵送したい時に短期間で制作・印刷して郵送することでビジネスチャンスを逃すことなく顧客に訴求することができます。特に季節ものの商品などを扱う場合は狙った時期にしっかりとA4厚紙DMを郵送することが必要になります。

DM,送る

DMはお客様とのコミュニケーション方法!

DMは会社や店舗にとって大切な販売促進方法とされています。例えば他社や店舗への営業では訪問できる件数が限られていますが、DMであれば1回で何百人というお客様に送ることが可能です。インターネットによる宣伝とDMによる宣伝の使い分けることで、DMにしかできない宣伝方法を極めることが大切になってきます。ネット時代において多くの会社がDMを使用している理由は、DMがお客様とのコミュニケーションに最も適した方法だからなのです。

新聞広告やテレビCMが持つ力は非常に大きなものがありますが、広告やCMを見た後に一体何人の人が商品を買ったり会社に仕事を依頼したのかは実のところはっきりと分かりません。その点DMであれば誰に送ったのかが分かるため、「1万通の送付に対して○○名が商品購入に至った」その上「どんな人が購入したのか」という結果も実績として判明します。DMを送った費用を投資と捉えるのであれば、具体的なデータとしての利益が出てくるところまでがクリアになるのです。例えばDMの単価が70円だとすると100通分のDM経費は7千円となり、それに対して商品価格が1万4千円であるとします。商品の原価が50%ならば、1個売れたら採算が取れると考えられます。その商品は店舗にとっても利益を充分に出していることにもなりますので、DMはたった1人のお客様を見つけるための効果的な方法とも言えるでしょう。

A4厚紙DM上でストーリーが展開する?

A4厚紙DMは、A4サイズのカード印刷です。通常のはがきの4倍の大きさがありますので、その分より多くの情報を印刷することができるという特徴を持っています。DMを発送する側は、特別な顧客に対する新製品やサービスを知らせる方法としてA4厚紙DMを使用しています。A4サイズよりも小さめなレターサイズのDMも多く使われていますが、他の郵便物と同じ大きさという点でどうしても目立ちにくいと言えるでしょう。A4厚紙DMであればレターサイズよりも大きな写真やイラストをプリントできますので、商品の内容を見た瞬間に理解してもらえるというメリットが挙げられます。また視覚によってA4厚紙DMの紙面上でストーリーを展開していくことで商品への購買意欲を高め、実績に結びつけることもできるのです。

その他手に取った時のインパクトが大きいことも、A4ハガキDMの大きなポイントとして挙げられます。ダイレクトメールというものは個人への私信と同じように必ず開封してもらえるとは限らず、特に封書タイプの開封率は100%というわけにはいきません。いくら内容に自信があったとしても、開封してもらえなければ全てムダになってしまいます。A4厚紙DMはイラストがそのまま送れますので、手に取ったA4厚紙DM上で展開していくストーリーをしっかり見てもらうことができるということになります。A4厚紙DMは、お客様への会社や店舗からの私信と言えるのかもしれません。

DM,の,ダイレクトメール,チラシ,デザイン,作業,効果,広告,料金,無料,発送,企業

最近ではどの業者もダイレクトメールによるマーケティングを行うことが主流となっています。しかしそのせいで利用者にとっては不要なダイレクトメールと利点のあるダイレクトメールを一々区別するのを面倒に感じ、場合によっては見ることなく破棄してしまう人も少なくありません。そうなってしまうと、全く効果が得られないまま高い広告費だけを支払う羽目になってしまいかねません。そういった事態を避けるために活用したいのが、こだわりのA4厚紙DMの存在です。

これは各業者ごとに様々なこだわりを持ったA4厚紙DMのことで、デザイン性や内容など多くの点で他の企業との差別化を図っています。また場合によっては、それらのダイレクトメールがクーポン券や会員証として利用することができるものもあります。こうした差別化を行うことは非常に重要ですが、そういったアイデアや技術がない場合、それらの情報を専門に扱うコンサルタントや業者も存在します。更に見積りや相談などを無料で行ってくれることもあるため、活用することで他の企業と大きな差別化を図ったA4厚紙DMを製作することができます。新規顧客の開拓や、既存顧客をリピーターとするためにも、しっかりとしたA4厚紙DMを活用することが重要です。

A4厚紙DMにこだわりを込めて

A4厚紙DMはなんといってもサイズの大きさから、目立つのでお客様の目にも止まりやすくたくさんの情報を一度に掲載できるコストパフォーマンスが可能!A4チラシと同等の情報量で、開封率100%というメリットがあります。

大量に発送したい場合は、発送数に応じての割引料金を設定している会社もあるようですし、たくさんの情報を一気に伝えたいというのが一番の目的なので、よりインパクトが強く且つ情報量の多いA4厚紙DMはお勧めです!

ただし、A4厚紙DMの素材やデザインにこだわりすぎるのもあまり意味が無いようです。たとえ高級な紙を使用したとしても効果はさほどありません。受け取る側は「自分のメリット」を優先に考えますので、受け取る側に有利で興味をひく内容をA4厚紙DMに掲載し、内容の充実にこだわりを持つととても意味のあるDMになるでしょう。最後には捨てられてしまうDMですので、何をアピールするかに要点をしぼり一目で一番のアピールポイントが伝わるA4厚紙DMであると、とても効果的でしょう。いままで、一つ一つ封入作業をしていた手間も要りませんし、大量に発送して経費削減にもなりますので、伝えたい情報によってはとても使いやすいDMの一種ではないでしょうか?

DM,の,ダイレクトメール,チラシ,デザイン,ハガキ,印刷,安く,発送,企業,制作

A4厚紙DMは普通のサイズのDMとは違い、大きくて厚くて存在感があるため、簡単に捨てられずに開封される可能性が高いというのは大きなメリットです。やはり、普通のハガキの4倍くらいの面積があるA4厚紙DMは、非常にインパクトがあるため、何か特別な情報が書かれているのではないかという期待感を受け取る人に持たせることが可能です。また、大きくても安く配送してもらえるので、A4厚紙DMの発送にコストをあまりかけたくない企業でも安心して制作できます。また、厚紙なので非常に丈夫に作られているので、保存資料として長期間持っておくことが可能なことも受け取る人にとっては便利なことです。受け取る人がA4厚紙DMを最初に見る時には、表の面か裏の面を見るかは予測できません。そのため、どちらの面を見られても、受け取る人にとってメリットを感じさせる魅力的なキャッチコピーがはっきり分かるように作る必要があります。面倒だからといって片面だけに印刷するだけのA4厚紙DM出すことは、反応率が落ちてしまうので避けるべきです。きちんと両面にこだわりのある工夫をすることで、ゴミ箱に捨てられてしまう確率を非常に少なくでき、安心して売上の向上のためのA4厚紙DMを送れます。

A4厚紙DMの安心ポイントについて

自社のサービスや商品を各世帯に確実に宣伝することが出来る手段として利用されているダイレクトメールですが、受け取った側の顧客の目に留まってその情報を確認してもらうためにはデザインなどを工夫する必要があります。

そんなダイレクトメールの工夫のひとつとして様々な形状があるのですが、その中のひとつにA4厚紙DMというものがあります。これは名前の通り厚紙を利用したチラシスタイルのダイレクトメールであり、A4サイズと比較的大きめになっています。

このA4厚紙DMの安心できるポイントとしては、まずコストが安いことであり、厚紙はリサイクル用紙などを利用しているので通常のものよりも低コストで利用できます。また、厚紙なので雨風に強く、ポストからはみ出ていても安心できると言うところもあります。そしてチラシスタイルで大きいサイズなので確実に顧客の目に留まりやすく、封筒などではないので開封の手間がなく、すぐに情報を確認してもらうことが出来るようになっています。

このようなポイントから低コストで確実に宣伝することができると言うところが安心して利用できる理由となっており、A4厚紙DMの最大の魅力として人気となっています。

DM,の,ダイレクトメール,デザイン,印刷,圧着,料金,発送,企業

DMとは「ダイレクトメール」の略称でお客様に直接情報をお届けできるサービスです。お客様に興味を持っていただければ顧客を増やすことにも繋がるので非常に画期的です。

DMにも様々な種類がありますがおすすめはA4厚紙DMです。まずA4サイズは手に取りやすく、文字もはがきサイズより大きく情報がパッと見でわかりやすいのが利点です。A4サイズなのでデザインや文章をふんだんに使用でき、見た目のバリエーションも広がるので非常にインパクトがあるDMを作ることができます。伝えたい情報を丸々入れられるのでより多くのことをわかりやすく丁寧に伝えることができ、文章を削る手間が省けます。

A4厚紙DMのいいところは他に圧着と違い開封の手間がいりません。お客様が見てすぐわかるのでより多くの方の目に止まり手にとってもらえること間違いなしです。

そしてなんとA4厚紙DMの発送を激安で提供致します!初めて利用するには少し敷居が高いかもしれませんが、より多くのお客様に宣伝でき、顧客を増やすチャンスです。激安発送の機会を使って、新情報、セール情報、新規開拓、会員のお客様への特別なご案内など・・より様々な情報をお伝えするのにもってこいです。

インパクトを与えるA4厚紙DM

多くの企業があるなかで、自宅に届く企業のダイレクトメールは山ほどあり、目立ったダイレクトメールでない限り、他の企業のダイレクトメールに埋もれてしまい、目につきにくい時代になっています。

そこで、A4厚紙DMはその大きさから、一目で他の企業のダイレクトメールよりも目を引くものと言えます。A4厚紙DMの発送までの流れは見積、デザイン依頼などから始まります。近くに委託会社がないといった企業においても、インターネットにて簡単に依頼が可能になっている委託会社が増えているため、会社にいながらA4厚紙DMの委託依頼が可能になります。

また、料金も丈夫なA4厚紙DMでありながらも、大量発送だからこそ可能となった激安価格のため、安心して依頼することが出来ます。

ダイレクトメールは出来るだけ多くのかたに、目につかなくては意味がありません。利益を向上のためには印刷から発送までの委託が激安でのダイレクトメールを可能にします。

また、急に決まったセールやイベントなどの知らせを早期に送りたいといった企業においても、インターネットで簡単に依頼が可能だからこそ出来る、最短で翌日発送も期待できます。急いでA4厚紙DMを発送したいときほど、委託依頼をおすすめします。

の,ダイレクトメール,効果,印刷,印刷会社,広告

A4サイズは最も馴染みのあるお手頃なサイズですが、A4サイズ封筒への印刷となるとご自身で行うのは簡単なようで中々難しいものです。

複合機やホームプリンターなどでもプリントできるので、あまり印刷会社等に依頼するのことも少ないですが、既製のA4サイズ封筒に印刷するとなると通常の複合機やホームプリンターだと中々難しく印刷できたとしても、キレイにプリントできず結局失敗に終わってしまい結果、印刷会社にお願いするより高く付いてしまいがちです。

封筒などの特殊な印刷する必要がある場合、プロの印刷会社に依頼するのがいいです。プロなら失敗せず依頼主様のお願い通りの印刷をキレイにしてくれます。またネット通販で印刷を依頼する場合だとかなりの低コストでキレイなフルカラー印刷が実現します。難しい封筒の接ぎ目も計算した上で印刷するのでどんなに難しい原稿であっても仕上げてくれるというわけです。それでいて通常依頼するよりかなりの割安でフルカラー印刷できるのでどこにも真似できない低コストでオリジナルA4サイズ封筒が完成します。

集客力効果や取引先様へのことを考えたらやはりキレイなA4サイズオリジナル封筒の方がいいのではないでしょうか?プロの印刷会社にお願いしてみてはいかがでしょう。

A4サイズの広告物の依頼について

A4サイズの広告物はとにかく相手に受け取ってもらうことが大事です。そして、大抵の家のポストはA4サイズはそのまま入れることができないです。もちろん、出来るタイプのポストもありますが、普通に入れればはみ出ることが多いです。ですから、A4サイズの広告物というのは、軽く丸めることができるようにしておいたほうがよいです。或いは封筒の場合で、冊子などが入っている場合は仕方ないですが、それでも軽くでもよいので、曲げられる余地は残しておくべきです。それでとても配達がしやすくなりますし、依頼が容易になります。こうした広告物を送付する依頼ができるところは、今はかなり増えています。それこそ、郵便ではないことがあり、それらはダイレクトメールと呼ばれていたり、メール便と呼ばれていたりします。しかし、正確に言えば、郵便局もダイレクトメールは受け付けています。むしろ、A4サイズであり、曲げられないタイプであれば、郵便物として送ったほうが良いです。郵便として送られることに意味があるのです。まず、相手がしっかりと受け取ってくれますし、濡れないように物凄く配慮をしてくれるからです。但し、絶対的なことではないので、注意が必要です。”

DM,の,コスト削減,作業,料金,発送,発送代行,送る,企業

A4厚紙DMの発送を格安で行うには発送代行の専門業者に依頼する方法があります。A4厚紙DMは多くの通信販売会社などのパンフレットやカタログ配送などに利用されており配送する件数も多いのが特徴です。非常に手間がかかる作業である上に大量の配送人員を確保する必要も出てきます。大企業はもちろん中朝企業などでも外部の専門業者に委託することが一般的になっています。これは社内のリソースを業務に集中させる為でもあります。A4厚紙DM配送は配送料が多ければ多いほど1件当たりの配送コストを下げることができます。A4厚紙DMの配送代行業者は大量の配送業務を企業から引き受けることで格安の料金で配送代行を行っています。インターネットショッピングの普及で年々A4厚紙DM配送のニーズも増えてきており取り扱い件数も増えていく一方です。また新たにインターネットショッピングや通信販売の分野へ進出してくる企業も多くそれらの新規参入企業も営業活動の一環としてA4厚紙DMの発送を積極的に行っています。発送代行サービスは今後も成長が見込める分野でさらなるコスト削減や新サービスの開発など競争が激しくなっている分野になっています。依頼する企業には外資系企業も含まれています。

A4厚紙DMを格安で送るためらは

A4厚紙DMというのは、意外と多いです。厚紙、というのは、折り曲げないようしてもらうのが大前提になります。そうしたことを配慮してくれるところを見つける必要があります。つまりは、どんな業者でもよい、というわけではありませんから、そこは勘違いしないほうがよいです。A4厚紙DMというのは、場合によってはポストにそのまま投函できないことがあります。完全に折り曲げることはしなくてもよいにしても、多少、丸めるような形で入れないと駄目な場合はよくあります。そうしたことを柔軟にやってくれる業者を見つけるべきです。もう一つ、重要なところがあります。それは価格であり、当然ですが、格安である必要があります。今は相当安いところがたくさんありますから、格安といってもよいくらいです。業者を選ぶときには信用度も大事ですし、値段もさすがに重要な点になります。安ければ安いほど、とりあえずメリットがあるのは確かですから、あくまで費用的なことを考えて業者を決めるべきです。簡単にできることではありませんが、ネットで探すこともできますし、人から紹介してもらうこともよいです。A4厚紙DMはなかなか送る方法が難しいことになります。

DM,作成,料金

A4厚紙DMって、どんなもの?どう使う?

DMを発送するからには、お客様にはぜひ手にとってDMを読んでいただきたいもの。そのための工夫のひとつとして、A4厚紙DMの作成という方法があります。ではA4厚紙DMとはどのようなものなのでしょう。簡単に説明すると、A4サイズ(タテ29.7cm×ヨコ21.0cm)の厚紙を用意し、片面あるいは両面に印刷を行い、お客様に発送するというものです。メリットとしてはサイズが大きいのでたくさんの情報が掲載できることや、印刷面の大きさを生かしての美麗な印刷が可能であることが挙げられます。さらに、通常のハガキの4倍のサイズですので、お客様の郵便ポストに到着した際に、他の印刷物より手に取ってもらえる可能性は非常に高くなります。大きい印刷物ですので、文字を大きくして見やすくしたり、広告のデータがあればそれを縮小したりすることなく、そのままのサイズでお送りすることも可能です。また、圧着加工などの手間がないので、DM発行のためのコストが抑えられるというメリットもあります。お客様にそのままDMを注文用紙としてご活用していただき、そのままオーダーへ結びつけるための道具としても使用できるので、非常に使い勝手の良いDMといえるでしょう。

A4厚紙DM作成のポイントとは

A4厚紙DMはサイズが大きいので、まずその大きさを活用したDMを作成することが大事です。使用用途は新しい商品、サービスのご案内にとどまらず、料金表やクーポン、チケットの印刷、さらにはFAXでの注文用紙、返信ハガキの添付をすることも可能です。また、封書の場合ですとどうしても内容をご覧いただくためには開封していただかなくてはなりませんが、A4厚紙DMの場合、そのまま印字面を見せることができますので、大きさだけでなく、内容や印刷でもお客様にアピールすることが可能です。このようなことから、A4厚紙DMはチラシ同様の内容に加え、コストパフォーマンスにも優れているDM発送の形式といえます。では全てA4厚紙DMにすればよいかというと、以下のような注意点があります。まずA4厚紙DMとは受け取るお客様が表、裏のどちらの面を見るかわかりません。ですので、効果的に使用するためには両面の印刷が必要であるということ。加えて、用紙の種類にも注意が必要です。もしFAX注文として使用を促すのでしたら、あまり厚みがあるものですとFAX送信のトラブル原因となります。表面の加工によっても、ペンによる記入がしやすいものとそうでないものがあります。用途に応じて紙の性質を活かしたDMを作成することが必要です。

DM,の,ダイレクトメール,デザイン,作業,効果,参考,圧着,広告,発送,発送代行,送る

ダイレクトメールを送る仕事は結構大変です。

広告を作るだけでも大変なのに顧客への発送の作業が大変で、ほかの大切な仕事もそっちのけでダイレクトメールの発送作業にとりかかっているという方もいるのではないでしょうか。

そんな方の悩みを解決してくれるのがA4厚紙DMの発送代行サービスです。

A4厚紙DMは従来の広告のようにビニールや紙の封筒が必要ないのでコストと手間がかからないメリットがあるだけでなく、顧客が封筒を開けることもなく捨ててしまうということがなくなります。封筒に入っていると、面倒だと思って開けもせずに捨ててしまったという経験がある方も多いのではないでしょうか。A4厚紙DMではそういう心配がなくなります。

A4厚紙DMの場合は届いた直後に簡単にはがしてみることができるので、受け取ったらほとんどの方が開けて中を見るという効果をもたらします。またA4厚紙DMはA4という大きさのため、はがき大とは比べものにならない情報量を盛り込むことができ、大きいデザインが視覚へインパクトを与える効果が高くなります。また、手間のかかる発送の代行までしてもらえるので有難いですね。

営業を効率的にしたい、業績を上げたいと悩んでいらっしゃる営業マンのみなさん、A4厚紙DMの発送代行サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

A4厚紙DM発送、代行業者選びは慎重に!

A4厚紙DMは、その大きさから開封率の高いダイレクトメールとして、とても人気があります。通常の圧着はがきに比べると、情報量は4倍。封筒不要ですので、郵送代を抑えることができ、経費節減にもつながります。こんなA4厚紙DMの利点をフルに活かすには、発送代行業者選びが重要なポイントとなってきます。経費の節減が目的の場合、当然、価格の安いところを選びたくなるものです。業者によって価格に含まれるサービス内容が異なりますので、いくつか見積もりを取り、比較することをお勧めします。

また社内の情報を委託しますので、信頼できること、納期厳守できること、そしてカスタマーサービスにすぐに連絡がとれること、を調べることが大切です。これらの情報は、口コミや評判などが参考になるでしょう。また取引実績や取引先の情報も、検討する上でとても役に立ちます。実績のある業者は、発送のタイミングによるダイレクトメールの効果の違いを把握するなど、発送以外の知識も豊富。単に発送の手続きだけでなく、顧客の目的に合わせた的確なアドバイスをすることができます。

インターネットの普及により、手軽に代行業者を探せるようになりました。ホームページを見ただけでは決め手がなく、迷ってしまうかもしれません。広告の言葉に惑わされないよう、これだけは譲れないというポイントをおさえて、目的に合った信頼できる業者を慎重に選ぶことが大切です。

DM,デザイン,作成

シンプルで手軽なのにリピートに期待が持てるA4厚紙DM

ひとくちにdmといっても様々な形態があります。最近は封書やハガキタイプだけでなく、A4厚紙DMも増えてきました。
A4厚紙DMとは、A4サイズの厚手のコート紙などに両面印刷したハガキ様のDMです。
A4厚紙DMは宛名に使う面積以外のすべてを広告に使えるという利点があります。その掲載面の広さは紙面のおよそ90%と言われています。
同じ紙面の使い方はハガキでも可能ですが、ハガキの難点は小さいことです。多くの郵便物といっしょにポストに投函された場合、ハガキはどうしても見落とされがちです。しかしA4サイズであればある程度目につきます。文字の大きさも維持できますから見やすさにも配慮できます。
大きさがあるのでデザインへの拘りや、インク・加工といった印刷での工夫もできます。アイデア次第で様々な表現もできますし、既存の広告を流用することも可能です。紙面を商品の訴求にとどめず、FAX申し込み欄や返信ハガキ、クーポンなどを掲載すればリピートの速度も上がります。
第二種郵便の規定を守ればハガキ扱いで送付できますし、印刷コストは通常のA4チラシに紙代分を考慮すれば済みます。さらに圧着加工や封入作業の必要がないので、非常にコストパフォーマンスが良いdmです。

A4厚紙DMの作成は印刷・発送までのワンセットがお得

A4厚紙DMを作成するなら、印刷から宛名入れ・発送代行までオールインワンになった激安セットを利用すると良いでしょう。
発送代行はオンデマンド印刷を手掛ける会社の多くがセットで提供しています。しかも人気のタイプのdmなのでどこの印刷会社・DM企画会社も激安を実現しています。
発送代行にかかる手数料が無駄のようにも感じられますが、dm作成で一番手間がかかるのはなんといっても発送の準備です。
dmを発送するのに数十枚単位ということはまずありません。数百枚、数千枚を扱うとなるとどうしても宛名付けは時間のかかる作業になってしまいます。
宛名シールを印刷するのも結構な手間がかかりますし、また印刷した宛名シールを張る作業にも時間がかかります。
しかし印刷と一緒に発送代行を利用すれば、発送までのすべてを印刷会社が請け負ってくれるので時間の短縮にもなるのです。
気になるコストは印刷費と発送代行手数料をワンセットにして、1枚数十円単位で販売されていますから、人件費に換算すればセットを利用したほうが断然お得です。
デザインに自信が無い場合は別途でデザインのお任せプランを用意している会社もありますし、dmそのものの企画から依頼できる会社もあります。
訴求率の高いA4厚紙DMですから、これらのサービスを利用して素早くローコストで目立つものにすればより顧客の関心を引くことが可能です。”

DM,の,ダイレクトメール,デザイン,作業,効果,印刷,安く,広告,発送,発送代行

A4サイズDMの発送作業はとても手間がかかります。多くの方は、業者の方が行っている、発送代行サービスを利用しています。発送代行サービスとは、発送して欲しいA4サイズDMを、業者の方に自分の代わりに発送して貰うというサービスです。発送を作業をすると手間がかかりますが、業者の方に全て任せてしまえば作業をしなくてもA4サイズDMの発送をする事が出来るようになります。

A4サイズDMの発送代行サービスを行っている所はあちこちにあります。依頼をするとA4サイズDMの発送を代行して貰える、という点は何処も同じですが、価格にはどうしても差が出てしまいます。先に価格の情報を集めて比較をしておけば、安い価格で依頼をする事が出来る所を見つける事が可能になります。価格の情報を集めるのは簡単で、発送代行サービスを行っている所はインターネットにホームページサイトを作って用意して、宣伝を行っている所が多いので、そこにアクセスをして情報を集めたり、見積り依頼等をする事で価格の情報も簡単に手に入れる事が出来るようになっています。見積り依頼や、ホームページサイトにアクセスをしてもお金がかかるような所は殆ど無いので、安心して利用して頂けます。

A4サイズDMの作業としてはまずは

A4サイズというのは、DMとしては、それなりに大きなタイプになります。ですから、色々とやる作業があります。まずは、デザインであり、これによって、そもそも開けて貰うことができるのか、という点に大きく影響します。はっきりいって、A4サイズというのは、広告として大きいです。その大きさのものでは、配達の費用もそれなりにかかることになりますし、受け取る側も相当に興味がないと開けないです。ですから、少なくとも興味が引くようなデザインにすることです。また、作業としては、封筒の中に入れる、ということがあります。もちろん、A4サイズの一枚のダイレクトメールであることもあります。その場合でも住所を印刷するなり、シールを貼る作業は必要になります。これが意外と手間になりますから、覚悟しておくべき点になります。しかし、それでもマーケティング的に上手く顧客層を選び抜いて、フィットすれば、情報量が多いだけに相当な効果が期待できます。そこが大きなメリットではあります。また、大きいサイズでしたから、昔は送付のコストが高かったのですが、今では相当安くなっています。何しろ、現在はダイレクトメール送付業者の過当競争が起きているからです。”

DM,の,まとめ,ダイレクトメール,チラシ,ハガキ,印刷,圧着,料金,発送

ダイレクトメールは、直接ターゲットの方のご自宅のポストへ投函することができるため、読んでもらえる率が高いプロモーション方法になります。また、メールのようにテキストだけにならず、写真やイラストも盛り込むことができるため、説得力のある内容に仕上げることができます。さらに、紙なので、切り取って使える招待券や割引券を添付することもできます。

ダイレクトメールには様々な種類がありますが、伝えたいことがはっきりしていて、印刷費もリーズナブルに抑えたいというのであれば、A4厚紙DMがオススメです。折りたたんだり、圧着するといった加工がない上、A4サイズは印刷頻度が高いので、費用が抑えられるのです。A4厚紙DMの魅力は、ハガキ3面分以上の広い面積と、裏面を見るだけですぐに内容を見てもらえる単純明快さです。なので、セールのお知らせや、新製品の情報を掲載したダイレクトメールにはピッタリです。

発送費要も定型外郵便の最低料金になりますので、リーズナブルです。さらに、発送が得意な業者へ依頼したり、数をまとめて送付することで割引を適用することもできます。A4厚紙DMは、厚紙なのでその月のカレンダーを印刷することで、読んでいただいた後二つ折りにして、カレンダーとして机に置いてもらうといった工夫も可能です。

A4厚紙DMを印刷して発送しよう!

お客さまに確実に見てもらえるDMを送りたいのなら、A4厚紙DMを印刷して発送してみましょう。

通常、ダイレクトメールは封書の場合がほとんど、だと思います。封書の場合、開封してもらわなければ見てもらうことができません。その点、A4厚紙DMでしたらお客さまがポストから手にした瞬間から、ほぼ100%の確率でその表裏の内容を見ていただけます。

封入りナシで、そのままハガキのように発送することができますし、圧着式とは違いコストパフォーマンスも高いです。

ハガキとは大きさも4倍になり、文字も見やすい大きさで表示することができますし、情報量も4倍になり裏面も活用できます。ショップの割引券・ドリンクのチケット・抽選券などを印刷して活用することも可能。

また、A4サイズを活かして、裏面に商品の注文用紙やサービスの申し込み欄などをFAXの返信用紙を印刷。そのままFAXの返信に利用できるのでお客さまに利用してもらう率もアップします。

もしチラシがあるのなら、その他で使用したチラシのデータなどを、そのままDMに反映することもできます。

目立つのでお客さまの目にも止まりやすく、情報量たっぷりに掲載でき、コストパフォーマンスの高いA4厚紙DM。

ぜひ、これからのDMに活用してみましょう。”

DM,の,ダイレクトメール,チラシ,効果,印刷,広告,発送,企業

A4厚紙DMのメリットは数多くありますがその一つがその大きさです。ポストから出した時に目立たない訳がないサイズですよね。またその大きさのため載せることができる情報が多く、別のところで使ったチラシをそのまま転用できることも嬉しい一面です。また、封書ではないので封筒を用意する必要がないなども経費削減に役立つ点です。封筒での場合であれば手間暇かけて封入するFAX用紙や返信用はがきをA4厚紙DMなら付けてしまうこともできるので封入の手間がかからない所も利点です。ところで印刷は業者に任せるとして発送はどうでしょうか。ダイレクトメールで重要なのはいつユーザーに届けるかと言うことです。時期を逃すことなく発送することは広告内容と同じくらい大切です。連休後にツアーの広告が届いてしまったりボーナス商戦が終わるころにセールのお知らせが届いても効果は期待できないですよね。経費を浮かせるために自分や社員に無理をさせるよりも、専門の業者に発送まで任せてしまう方がコストパフォーマンスは良いと言えるでしょう。印刷から発送まで一貫して行える業者であればなおベターです。専門業者に任せることでベストなタイミングで賢く宣伝できればこれほど良いことはありません。

様々なシーンに使えるA4厚紙DM

ダイレクトメールを利用されている企業は多いと思いますが、そのなかで、ダイレクトメールによる業績向上や新規顧客の大幅な確保が実現したと言った機関はほんの一握りです。数あるダイレクトメールのなかで、目立たない物は目を通すこともなく、結果業績向上には繋がりにくいことが要因だと言えます。

一握りの成功企業のダイレクトメールは、他社とは異なる、アイディアに溢れるものが多いのが特徴的で、A4厚紙DMは、その代表といっても過言ではありません。A4厚紙DMは見やすいA4サイズで、その中に多くの情報を記載できるだけでなく、A4厚紙DM専用の委託会社によってはA4厚紙DMを受け取った人が興味をそそられるように小窓を付けたり、気になった方がすぐに注文や問い合わせが出来るように切り離せる往復葉書を付けるとこともできるといった特徴があります。発送したダイレクトメールの内容が気になったら、すぐに返信が出来るので、顧客逃がさず、新規顧客獲得へと繋がるのです。

A4厚紙DM専門の企業では、面倒な印刷から発送までほとんど全工程を委託することが可能です。宛名の印刷においても、情報漏洩に細心の注意を払っている企業が多いため、安心して依頼することが出来ます。”

DM,の,ダイレクトメール,チラシ,デザイン,作成,効果,印刷,圧着,宣伝効果,広告,料金,発送,制作

ダイレクトメールというと葉書、封筒など形も仕様もいろいろあります。ダイレクトメールの差出人としては手軽に発送できて、宣伝効果の高いものを考えます。更に製作コストが安いのであれば言うことなしです。

そこで、A4厚紙DMに着目してみます。シンプルではありますが、A4厚紙DMはそのサイズから十分な存在感があります。複数のダイレクトメール類と届いた場合でも、ほぼ目に止まります。封筒などに入れていることもありませんから、そのまま紙面の案内に目を通すことが出来ます。紙面の情報記載スペースは多く、わずかな宛名印字部を除けはA4約2枚分のスペースを広告、資料請求、注文、QRコードなど、様々に活用することが可能です。葉書では細かくなり記載し切れなかった内容を見やすく案内が出来ます。

製作するにあたり、A4サイズということであれば過去に使用したチラシ等のデーターやA4サイズで作成されたデータも使用も可能になります。もしも利用可能なデザインがあれば、制作会社に確認しておきましょう。または、制作会社にてA4厚紙DMの製作から発送までの一括依頼による割引や数量割引、安い発送方法の提案により大きなコストダウンを実現できる場合もあります。

大判で印刷代が安いA4厚紙DMの魅力

ダイレクトメールは、対象者のポストに直接発送することができるため、内容を読んでもらえる可能性の高いプロモーション方法になります。ネットを活用したプロモーションの方が安いですが、見てもらえる確率は格段に下がりますので、一度購入をしてもらったお客さんにリピート注文をしてもらいたいといった方はダイレクトメールを選択します。

ダイレクトメールにも様々な種類がありますが、A4厚紙DMは折り加工や、圧着加工といった特別な加工が必要ないため安い印刷代で作成することが出来ます。また、定形外郵便の最低料金で発送することができるので、郵送料も手軽です。

一方で、A4厚紙DMは、はがき3枚分以上の面積があるため、多くの情報を掲載することが出来ると言うメリットもあります。そして、厚紙であるということで、ちょっとした工夫ができるのも特徴です。

たとえば、谷折線・山折線・切り取り線を印刷し、工作すると動物の置物になったり、日付を印刷して折るとカレンダーとして利用することが出来るようにするといった工夫ができます。カワイイ・役に立つと思ってもらい、机の上に置いてもらうことができれば、単発の案内ではなく、長期的に目に留めてもらうことが可能になります。”

DM,の,ダイレクトメール,デザイン,作業,印刷,広告,料金,無料,発送,企業,制作

多くの企業にとって、ダイレクトメールは重要な広告です。既存顧客に自社製品やサービスの提案を気軽に行える他、新たな顧客を開拓し、自社の業績向上の手助けとなることも多々あります。そのためしっかりとしたダイレクトメールを製作する必要がりますが、A4厚紙DM等の場合、自宅や企業などに設置されているコピー機や複合機では制作できないことがあります。そういった時に活用したいのが、業者に依頼する方法です。

多くのダイレクトメール製作業者では、大判サイズのものからA4厚紙DMまで、幅広く請け負っていることが多く、価格も印刷内容や量によって様々です。そのため多くのダイレクトメール制作業者では無料で見積依頼を行っており、それらの情報を元に複数の業者間での価格やデザイン内容などを比較することができます。また最近ではインターネットサイトを利用し、複数の業者に一括で見積依頼が行えるものもあり、それらを活用することで効率よく業者の選択が行えるようになります。業者によってはサイトを介して依頼することで、料金の値引きや追加サービスの提供を行っていることもあるため、A4厚紙DMの印刷を検討するときは、上記サイトを活用し、自身の希望する条件に合う業者に依頼することが重要です。

A4厚紙DMの価格を知りたいときには

A4厚紙DMの製作をしたいけれども、その価格が心配であるという時にはA4厚紙DMの製作会社から見積もりをとることです。その時、1社1社に見積もり依頼の連絡をするのは非常に手間がかかりますが一括見積もりサービスを利用するとそういった面倒な作業をしなくて済むので非常に便利です。わずか1回入力をしただけで複数の業者からA4厚紙DMの見積もりを得ることができるので、各社の価格について確認をすることがかないます。初めてA4厚紙DMの製作依頼をするので不安であるという時や、これまでに依頼をしていた業者の見直しを検討しているので比較をしたいという時にもこのサービスは非常に役に立つのです。中にはデザインや印刷をするだけではなく、発送までを行っている業者もあることからこういったところはとても便利であるとして話題になっています。

A4厚紙DM製作会社の一括見積もりサービスは、誰でも無料で利用をすることができるので大変有用です。また24時間365日にわたって手続きを行うことが可能であることからいつでも都合のいい時に手続きをすることがかない、時間を有効に使うことができます。そして価格だけではなくそのサービス内容やアフターフォローについても知ることが可能であるため、非常に好評です。”

DM,の,ダイレクトメール,チラシ,デザイン,効果,印刷,広告,本,制作

A4サイズのダイレクトメールの場合には、会社で利用してきたチラシなどをそのままデザインとして活用することが可能となっています。しかし、このようなチラシなどがデータとして残っておらず、印刷物などしか保管されていない場合も存在しています。

そのような場合には、デザイン代行なども行っているダイレクトメールの代行業者のサービスを活用していけます。活用できるサービスとしては、スキャニングサービスを利用することになります。

スキャニングサービスは、既存の印刷物などをスキャナでデータとして取り込み、A4サイズのダイレクトメールに適したデータに仕上げる方法となっているため、チラシなどのデータをそのまま活用したい場合に高い効果を発揮します。スキャニングサービスでは、既存の印刷物の一部をパーツスキャニングする方法や、全体をそのままスキャニングする方法なども用意されている場合があるため、必要に合わせて使い分けを行えます。また、写真などをスキャニングして、A4サイズのダイレクトメールに適したデータに仕上げる方法も存在しているため、多彩なデザインで制作してもらえます。

このように、A4サイズのダイレクトメールのデザイン代行を依頼した場合には、スキャニングサービスを活用する方法があります。

A4サイズのDMのデザインはシンプルが

A4サイズのDMがありますが、これは封筒に入っていることが多いです。封筒のDMであり、配布にそれなりの費用がかかることになりますが、細かい資料まで付けることができますから、意外とお勧めできる広告の仕方であるといえます。また、一枚の画用紙のような質感の紙のDMもあります。この場合、デザインがかなり大事になります。まず、配布先の住所を書くところが必要な場合は、それはシールなんかで小さくします。とにかく広告として使うことができる部分を増やす必要があるからです。チラシとダイレクトメールには微妙に違いがあるわけですが、要するに住所が書かれている場合、それによって配布している場合はダイレクトメールになります。チラシの場合は特に住所などは書かれておらず、かなり不特定多数に配布します。しかし、それでもエリアくらいは絞ることになります。そうしたほうが広告効果が高いからです。ちなみにA4サイズのチラシやダイレクトメールというのは、折れるようなデザインにしたほうがよいです。当然ですが、A4サイズがそのままポストに入るような家はそうそうないからです。基本的に画用紙のような堅いタイプのほうがインパクトはありますが、配布しにくいです。

DM,の,デザイン,作成,作業,印刷,発送,発送代行

コンビニやスーパーの様な小売り店では機会ロスという言葉が良く使われていますが、A4厚紙DMのような宣伝媒体でも同じような事がいえます。

例えばA4厚紙DMを発送する時に自社の社員やアルバイトを使って配送した場合、膨大な時間と人件費がかかってしまう上にいつDMを発送し終えるのか把握できない場合があります。

ここでもし季節限定クーポン付DMの配布を考えていた場合、DMの配布スケジュールが確認できないのでキャンペーン中にお客様にDMが届かない場合があり、商売のチャンスを逃してしまいます。

こういった機会ロスを逃さないためにもA4厚紙DMの発送代行業者に依頼する事を強くお勧めします。

代行業者は主にDMの発送だけでなく、DMで宣伝活動をしたいけど原稿すらないという方向けにデザイン作成の代行も行っており、DMについて何をすればいいのかわからない人でも気軽に利用する事ができます。

またA4厚紙DMのような大量に集まると封入時や配送時の取り扱いに困るようなDMでも宛名や封入を機械で全てやってしまうので、人員を使った時よりも非常に早くDMを準備する事ができますし、配布に際しても特定地域への配布等も大規模に行えるので宣伝に使うコストと時間をお幅に節約できます。

この様にDM代行業者利用すれば時間を少しずつ節約し、最適なタイミングで宣伝活動行う事ができるので、商売チャンスを逃す事がありません。

A4厚紙DMの発送と投函の代行業者

皆さんはA4厚紙DMの投函を自社のスタッフを使って投函していませんか。

A4厚紙DMは紙とはいえ嵩張りますし自社のスタッフを使って投函すると、そのスタッフは他の作業ができないため効率が悪いです。

そこでお勧めするのはDMの投函を代行している業者を利用する事です。

この業者は印刷データと宛名データを用意しインターネットで申し込むだけで発送や投函を代行してもらえます。

そいて代行システムの最大のメリットはインターネットで入稿できるので、例えば会社が九州にあったとしても北海道でDMを投函する事ができますし、また印刷データが用意できない場合も、ロゴやラフ原稿や過去のサンプル、載せてほしいテキスト原稿等を注文時にアップロードすればデザインを作成して貰えるので、デザイナーが自分の会社にいない場合は申し込んでみる事をお勧めします。

また投函する住所に住人がいるかどうかを確かめる電話クリーニングというサービスを提供している所もあり、このサービスは入力した電話番号にオートコールし電話が繋がるかどうかを判別するシステムです。ただしその住所に住人が実在しているかどうかを確かめるものではないので注意してください。

この様にA4厚紙DM発送投函代行システムは、今まで面倒だと思われていたDMの投函を非常に低価格で代行してもらえる便利な業者なのでい是非一度利用してみてはいかがでしょうか。

A4サイズは、ビジネスシーンでは最も一般的な用紙サイズです。チラシなど1枚の紙への印刷、折りパンフレットや冊子タイプまで、様々な用途で活用されています。同じくチラシやパンフレットの主流サイズとなっている、B5サイズより大きいため、紙面により多くの情報を掲載できることができ、インパクトのあるデザインも可能です。他の書類と大きさを揃えることで、送付側だけではなく、受け取った側も整理や管理がしやすいのも特徴です。

A4サイズのチラシは3つ折りにすることで、定型郵便で郵送できる最大サイズの封筒である、長形3号の封筒にぴったり収まります。そのため、複数枚に渡るチラシをまとめて封書で送る場合にも、サイズや郵送コストの面でメリットがあります。A4サイズや長形3号封筒は、チラシと封筒の宛名印刷、dmの発送代行でも需要の高いサイズなので、多くの印刷業者がサービスを提供しています。そのため、利用できるサービスが多いので、満足のいく仕上がりのためには、十分な情報収集を行うのがポイントです。依頼前に納期に余裕のある場合は、複数業者から見積りをとって、サービス内容や業者ごとの印刷の仕上がりの特徴を比較してみてください。

A4サイズ&B5サイズ!!印刷&ノート!!日本の主流サイズ

印刷を行う場合、よく耳にするのが、A4サイズを初めとしたサイズの基準。このAが頭に使用されている紙のサイズは、実は国際的に使用されているものであり、AサイズであるA0の大きさは1平方メートル、841×1189(mm)であり、数字が大きくなるにつれて、小さくなっていく、A4サイズでは、210×297(mm)となります。

ですが、印刷の際に使用される基準は世界的に使用されているA列のみではありません。日本を初めとした一部の地域では、頭にBが使用されている基準が今でも使用されている事があります。この大きさの基準は江戸時代の日本において公用紙として定められていた美濃和紙に、このサイズの起源を求める事が可能です。このサイズは当時の日本で広く使用されていた影響もあって、B列は昔の日本では、非常に扱いやすいサイズだったのでしょう。その名残が現在でも残っているため使用されており、印刷を行う際も、このサイズが活用されています。そして、現在の日本で現在広く使用されているのはA4とB5、この二つのサイズであり、このB5は、大学ノートの大きてとして、A4サイズは印刷の際使用されている紙のサイズの主流となっています。”

DM,の,ダイレクトメール,デザイン,ハガキ,作成,作業,効果,印刷,宣伝効果,料金,発送,発送代行,企業,制作

ダイレクトメールには幾つかの種類があります。最も一般的なのは薄紙のハガキ大のダイレクトメールです。その次に主流なのがハガキ大のダイレクトメールを封書形式で送付する封書DMであり、さらにそれに続くのがA4サイズの薄紙ダイレクトメール、そして特殊なコーティングを施した厚紙ダイレクトメールです。A4厚紙DMは薄紙のハガキ大のダイレクトメールに比べて高級感があり、ダイレクトメール特有の安っぽさを抑えているという点が大きな特徴です。

他方、A4厚紙DMは特殊コーティングを施しているが故に、制作に特殊な技術を要するという事と、発送プロセスがハガキ大のダイレクトメールに比べると手間暇がかかるという点です。これはハガキ大のダイレクトメールであれば印刷されたものに直接切手と宛名を送付して投函すれば良い所、A4大の厚紙ダイレクトメールの場合は折り込んだりする必要があるからです。

こうした作業にかかる手間隙は、特に大量に発送しようとしている場合に発送企業に大きな業務負荷を与えます。こうした手間隙を軽減し少しでも作業負荷をかけずに発送したいのであれば、A4厚紙DMの発送代行を行っている代行業者に依頼するのが効率的です。

苦労するA4厚紙DMの発送は代行業者へ

朝起床時と夕方や夜にかけて皆さんは新聞配達の方をよく見かけている事と思いますが、なぜ新聞配達の方はあそこまで律儀に毎日時間通り配布できると思いますか。

その秘密は新聞配達と新聞を作成したり編集したりする会社が別々ながらも連携しているからです。

この効率の良い連携はA4厚紙DMの発送についても同じことが言えます。

A4厚紙DMの発送代行業者はDMのデザインできる環境も用意されており、DMのデザインができる部署がない会社でも依頼できるようになっています。そして配送についても代行業者は配送用のトラック等を保有したり、配送業者と連携する事でDMの配布量や配布範囲を拡大しそれを常時維持しています。

こういった代行業者の存在を知らない会社も多く、また存在を知っていても自社でアルバイトを雇ってしまう方が安いと思われていますが、アルバイトの場合は即座に目的の地域に配布できない事も多く、また配送用の車両等の手配もしていないケースが多いため配布範囲が非常に狭くなってしまい宣伝効果も薄いのです。

コストにつきましてもアルバイトの場合は、人員それぞれに料金を支払わなければならないためコストも膨大になってしまいます。

その点代行業者ならば全ての作業工程ができる環境と連携をとり低価格で即座に配布できるので、DM配布の際には利用する事をお勧めします。”

DM,の,ハガキ,作成,効果,圧着,圧着ハガキ,発送,企業

DMは、企業が商品やサービスの宣伝を行うツールとして発送されています。伝えたい情報をお客様に直接アピールすることができますので、高い効果が期待できます。とはいえ、お客様の元に届いたとしても、DMを読んでもらわないと意味がありません。そのためには、ただ単に作成して発送するのではなく、工夫が必要になるのです。

そこでおすすめなのは、A4厚紙DMです。A4厚紙DMでしたら、はがきよりも多くの情報を掲載することができます。また、封書のDMと比べて、開封する手間がなく内容がすぐに目に入りますので、お客様に読んでもらええる確率は高くなります。A4厚紙DMは、サイズの大きさからもインパクトが大きいですから、お客様により印象づけることが可能になるでしょう。

A4厚紙DMを業者に依頼して作成する場合には、業者選びを慎重に行うことが重要です。費用が安いということも外すことができないポイントにはなりますが、激安を全面に押し出している業者の場合、DM作成についての技術に乏しい可能性もありますので注意が必要になります。技術がなければ、DMの仕上がりに満足できない場合もあります。ですから、いくら激安と謳われていても、その業者にきちんとした実績があるか確認をきちんと行うようにしましう。

A4厚紙DMの印刷から発送まで

A4厚紙DMのようなDMとしては比較的大きい物となると印刷や発送どれをとっても時間を掛けずに大量に制作し、即時配布しなければ効果的な宣伝効果が表れるとはいえません。

なのでDM発送代行業者では、DMの印刷や発送だけでなくデザインも請け負う事が多くDTP開発能力のない企業でも気軽に依頼する事ができます。

そしてA4厚紙DMの様に比較的紙面の大きい物は発送にも手間が掛かるので、デザインや発送印刷を全て行ってもらえる業者に全て依頼してしまったほうが人員に掛かるコストや時間を削減できるのでお勧めです。

特にDM制作は作成印刷発送全ての作業工程に時間が掛かるので専門の業者が使う宛名入力や封入作業を自動でやってしまう機械を利用して単調な作業で人間の手でやるにはあまりにも面倒な作業を短縮してしまいましょう。

また日々のコンピューターグラフィックス技術の進歩によるDM作成の出来栄えは進化を続けており、最先端技術を駆使した思いもよらぬ出来のDMが出来上がる場合もありますので、意外性というスパイスを加えてさらに宣伝効果が上がる事間違いなしです。

こうしたデザインの依頼は第三者の目線で自社を見つめてもらえるチャンスでもあるので、是非DMの制作から発送まで全てを依頼してみてはいかがでしょうか。

DM,の,デザイン,作成,作業,効果,宣伝効果,発送,企業,制作

A4厚紙DMを発送時にはDMという物の宣伝効果を最大限発揮させるための注意事項があります。

A4厚紙DMは確かに紙が大きいのでDMとしての宣伝効果は高いのですが、その大きさのあまりDMの制作や発送の準備に戸惑ってしまってはコストもかかってしまいますし、効率がよくないです。

そんな時は専門の業者に依頼して時間とコストの節約しましょう。

こういった業者はA4厚紙DMの発送だけでなく、DMのデザインを作成してくれる事も多くそういったデザイン関係の部署がない会社でも気軽に依頼する事ができます。

そしてDM関係の作業で一番時間のかかる封入と宛名先の記入ですが、これらの作業も専門業者は全て機械で行ってしまうため記入漏れや封入し忘れといったヒューマンエラーが起こりません。

この他にもDMを投函する住所の確認作業をサービスとして行っている所も多く、またこれら全ての依頼をインターネット上で行う事ができますので、即時にDMによる宣伝活動の準備を行う事ができるのが特徴です。

これらの作業を専門業者は自分の会社のスタッフを使ってDMの制作や配送を行う時よりも低価格でハイスピードに行う事ができますので、A4厚紙DMの発送がよくわからず漠然としている方は是非これらの業者を利用し、DMによる宣伝活動を円滑に行ってみてはいかがでしょうか。

最大効果の宣伝をA4厚紙DMの発送で行う場合

企業の基礎である宣伝はいかに最大級の宣伝効果を低コストで広範囲に行う事が求められています。

しかし広範囲の宣伝効果はアルバイト等の人員を大量に使って実現する事ができますが、その場合低コストという理想を捨てなければなりません。しかもA4厚紙DMの発送は紙と言えど大量に配布するとなるとかなりの重量になるので効率面でも決して良いとはいえません。

またDMのデザインに関してもよりインパクトのあるクリエイティブなDMを作成する事が必要になってきますので、そういった技術や知識を持ち合わせていないスタッフに任せるのは不安です。

そこで注目するのはA4厚紙DMの発送を代行している業者です。

この発送を代行している業者のサービス内容は主にDMの迅速な発送とDMのデザイン作成になっており、迅速な発送を実現するために通常の企業では絶対保有していない様なDMの宛名記入と封入作業を自動で行う機械を保有している事も多く、人員を使ってDMの準備を行うときにより段違いに早く作業を行う事ができます。

DMのデザインに関してもDTP作成部署がない様な企業でも依頼できるように、専門のデザイナーと密に連絡を取れるな窓口がありますのでDMの依頼では困る事がありません。

これら全てのDMに関する作業を低コストで依頼する事ができますので、宣伝にはお金がかかるからと諦めかけている方も一度依頼してみる事をお勧めします。

DM,デザイン,作成,送る

DMは企業アピールに効果的なビジネス広告

近年、DMは重要な企業広告の一つになっています。自宅のポストに届くDMの中で葉書サイズのDMを目にする確率は高いですが、見慣れている分、誰でもそのDMに興味が湧かなければ簡単に破棄してしまいがちです。しかし、通常よりも大きなサイズのDMであれば小さなサイズのDMよりも目に留まりやすくなります。さらに、A4サイズくらいの大きなDMであれば、企業側としても多くの情報を載せやすく、積極的な企業アピールができます。そして、アピールしたい情報が真っ先に目に入るようにフォントやレイアウトを工夫することで、DMを手にした人がどんな企業のどのような商品やキャンペーンなのか確認でき、興味を持ってもらえる確率が上がります。したがって、「DMに多くの情報を載せたい」「せっかくDMを作って送るのだから少しでも目に留めてほしい」という場合にはA4くらいの大きなサイズのDMがおすすめです。ただし、サイズが大きくなると紙の厚さがある程度なければぺらぺらになってしまい、郵送先に届く頃にはDMが折れてしまう可能性もあります。そこでA4の厚紙を使うことになるのですが、そうすると値段が上がってしまうのが難点です。そんな時のために役立つ見積方法について以下でさらに詳しく説明します。

A4厚紙DMの値段が気になる方へ

A4厚紙DMを作りたいと考えた時、一般的なコピー機では印刷できないことがあるので、印刷会社や専門業者に依頼することになりますが、各業者によって値段はバラバラです。そこで、どの業者に依頼するか決める前にいくつかの業者に見積をお願いすると良いでしょう。また、印刷だけでなく、DMのデザインも含めて注文する際には特に、見積によって各業者のデザインや値段を比較検討することができます。最近は複数の業者の見積が簡単に比較できるインターネットの一括見積サービスもあるので手間が省けてとても便利です。また、インターネット上のサービスであればいつでも申し込みができ、都合が良い時や急いでいる時すぐに手続きができるということもメリットになります。このような一括見積サービスについては誰でも無料で利用することが可能です。複数の業者を一度に比較できるということは、値段だけでなく各業者のサービス内容も比較できるということなので、「印刷だけでなく発送サービスまで含めてやってほしい」「凝ったデザインも請け負ってくれる業者が良い」というこだわりがある時には条件に合う業者を選べます。A4厚紙DMの作成を検討している方はぜひ一度インターネットの一括見積サービスを利用してみてください。

DM,の,デザイン,作成,作業,本,発送,企業

A4の厚紙は一枚一枚はそんなに重くないのですが、A4厚紙DMとして日本中に配る数量となると多大な労力がかかってしまいますし、それを自社のスタッフを使って行っていては通常業務に支障がでてしまいます。

そこで考案されたのはA4厚紙DMの作成と発送を代行する企業です。

こうした企業の業務内容はDMに関しての業務に一切無駄がなく、まずインターネット上でどこでもDMのデザインやテキストの入稿を受け付けており、必要ならばDMのデザインもデザイナーが代理で作成します。

そしてさらに発送業務の段階になっても発送先の住所に人がいるかどうかを電話クリーニングシステムという方法でしらべ、作成したDMを極力無駄にしないような工夫までされています。

また本来自社のスタッフが配布できるのはせいぜい自分の家の近くや通勤途中の家くらいですが、発送業務を全て委託してしまうので通常ならば投函でいないような地域へDMを投函する事もできますし、何よりアルバイトを雇うより安価なのも魅力の一つなので非常にお勧めです。

しかし依頼しようにもどういった依頼をすればいいのかわからないという方もいると思うので、そういった場合はDMデザインや発送地域等を全てお任せで依頼できる業者も存在していますので、人員不足の会社も安心して依頼する事ができます。

A4厚紙DMを発送する時の基礎

企業の宣伝の基礎A4厚紙DM、この発送には様々な準備が必要ですし顧客情報も含まれているので、作業は慎重に行わなければなりません。

しかし自社のスタッフを使っていては効率もよくないですし、人海戦術でやっていたのでは本来の仕事に支障がでてしまいます。そこでお勧めするのはA4厚紙DMの作成と発送を代行している業者に依頼する事です。この業者はあらゆるDMを専門に扱っているため、個人情報の盗難改ざんが行われないように専門のセキュリティを導入している事も多く、また受付もインターネットで行っているため24時間いつでも依頼する事ができます。

依頼するに当たってDMをデザインできるような人材の覚悟が難しい場合は、会社のロゴやテキストのサンプルその他過去に他企業で依頼し採用した時のデザインがあればそれを元に専門の業者がDMのデザインも代行してくれるので、安心して依頼する事ができます。

完成したDMは機械で宛名の記入と封入を行うため、人員を使った時に比べて宛名の記入ミスや封入し忘れ等が起こる確率が極めて低く、何万通という大量のDMを発送したい場合でも機械ならでは効率で用意する事ができます。

そして発送段階になっても発送先の住所に住人がいるかどうかを事前に調べるシステムを使っている業者まであるので、より確実にDM発送を行いたい場合はこれらのサービスも依頼してみると良いでしょう。

作成,送る

DMの発送に強みを持つ業者はお値段も激安です

一昔前は単なるハガキでの案内が主流だったDMですが、近年主流になりつつあるのは観音開きや3面開きなどの圧着ハガキなどです。見た目のインパクトにより受け取り手に「開封して中を見たい」という心理を誘発するものとしては、A4サイズなど大判のDMも登場しています。これらの圧着ハガキや大判の物は通常外部専門業者へアウトソーシングするのがスタンダードですが、業者のサービスも様々な部分で特徴があり、自社にニーズに合った所を選択する必要があります。特にA4厚紙DMなど、大きくて暑い紙を使用する物などは、一般的な葉書に比べて作成コストがかかります。作成コストは原材料費に比例する事もあり、品質面も考えると一重に「安い」ばかりの所を選ぶのは得策でない場合もあります。そこで着目したいのが、「発送」の部分について特化したノウハウを持ちローコストを実現している業者です。そしてこの発送と作成コストがかかりそうなA4厚紙DMなどを組み合わせたセットプランを提供している業者は、激安で利用できる所もあります。激安業者では、そのサービス内容などをよく比較検討し、より安心充実したサポートなどをとっている業者へ依頼するのが肝要です。

DM,の,デザイン,作成,作業,効果,印刷,宣伝効果,発送,発送代行,企業,制作

一つ一つに力はなくとも大量に配布する事で絶大な宣伝効果を発揮するA4厚紙DMですが、その宣伝効果はデザインと印刷によって決まるといっても過言ではありません。

最近の目覚ましい印刷技術の発達はA4厚紙DMの発送代行業者の仕事のクオリティアップに多大な恩恵をもたらしており、結果的にその宣伝効果も上がっています。というのも業者によって様々な印刷技術を使用したDMの作成が可能となっている上に、A4厚紙DMの様な紙面が大きい宣伝媒体は印刷技術発達の影響を如実に受けており、写真を載せる場合でもより臨場感あふれる写真の掲載が可能になっているのです。

また近年ではコンピューターグラフィックス技術の発達もあり、DMのデザインもより一層インパクトのある物が作成可能となっています。

しかしながらこの様な技術は専門家でないと中々使用する事が難しいので、A4厚紙DMの発送代行業者は載せたいロゴやテキストを入稿するだけでDMの作成まで代行してくれるサービスを展開しており、DMを発送する時の宛名入力や封入作業等も機械で行ってしまうため、人の手を使って準備するより非常に早いスピードでDMによる宣伝をする事ができます。

この様にあらゆる技術の発展がDMの宣伝効果を上げている事実もあるので、是非代行業者に依頼する時は印刷や作成の時にどんな技術を使っているのかを確認してみる事をお勧めします。

封書ではなく、A4・B5サイズでそのまま発送

A4・B5サイズの用紙にPRしたい内容を記載し、封書でdmを発送する場合、どのような準備が必要になるかを説明します。例えば、5,000世帯に発送する場合、まず、5,000枚の用紙が必要になりますが、印刷ミス等の可能性を考えて余分に購入します。封書も印刷ミス等を考慮し、余分に購入したほうがベターです。封書を閉じるために必要なノリやテープ類を購入します。用紙に記載する告知したい内容を作成するためのパソコンが必要です。パソコンには、資料を作成するためのソフトをインストールします。告知したい内容をパソコンで製作した後、用紙に印刷するためのプリンターと印刷するためのインクを購入します。発送する対象世帯数分の切手を購入し、張り付けて郵便局に搬入します。簡単に説明しても、これだけの準備と手間、そして経費が必要です。パソコンやソフト、プリンターを購入するだけで、10万円以上の経費が必要になります。さて、A4・B5サイズのdmを封書に入れず、そのまま送る場合はどうでしょう。印刷会社に電話やインターネットで問い合わせをし、告知したい内容をデータで渡すだけで、あとは印刷会社でやってくれます。パソコンやプリンターの購入費、封書代金等がかからないため激安で発送できます。

発送する手間も劇的に減ります

A4・B5サイズのdmを封書で5,000世帯に発送する場合の手間を考えてみます。まず、用紙が必要ですが、A4サイズの場合、通常、1冊500枚を10冊購入します。10冊入った段ボールが販売されていますが、重さは約20キログラム。女性だと運ぶのも大変です。パソコンで作成した資料を5,000枚プリントアウトするだけで時間とインク代がかかります。1枚30秒でプリントアウトできるとしても、単純計算で約42時間の印刷時間が必要です。加えて、プリンターの用紙がきれたときに、用紙の入れ込み作業が発生します。資料が完成したら、封書に入れ込みます。三つ折りにして同梱した場合、折りたたむ作業が必要です。考えただけでもゾッとします。折りたたまず、そのまま入れ込むと、封書のサイズが大きくなり、経費が増加します。5,000枚を入れ込み、封を閉じて、切手を貼る作業を1人で行ったとします。1通につき1分の作業時間がかかったと仮定すると、5,000分。時間にして約83時間かかります。1日8時間作業をするとして、10日前後かかります。A4サイズの厚紙用紙でそのまま発送すると、発送料も後納にすれば印刷するだけです。印刷会社に依頼すれば、印刷もしてくれます。激安に加え、手間暇もかかりません。

DM

ちゃんと伝わることが一番大事なこと

販売促進策においては、ダイレクトメール(DM)による周知・集客は定番中の定番です。しかし、近年はネットが当たり前となったこともあって、従来の宣伝媒体の他にEメールなどネット通信が積極的に活用されています。このように発信者側の伝達手段は増えましたが、重要なのは手段の選択ではなくあくまでも目的の達成です。目的とは、まず何よりも受信者側に発信情報が届くということです。「発信する」ことではなく「受信してもらえる」かどうかが大切なのです。この点で近年のネット利用には懸念材料があって、それは迷惑メールかもしれないものは開封してはいけないという感覚の一般化です。見慣れないEメールはあえて開封しないで他とまとめて削除するという人は多いのではないでしょうか。そういう人には「本当に大事な用件なら、後日ちゃんとした郵送物が来るだろう」という共通認識があります。そう考えると、やはり従来からのDMの方が安心で確実だということになります。その上DMは実際に手に取ることで、視覚だけでなく視覚プラス触覚による記憶作業になり印象に残りやすいのです。メールに期待するのは情報の伝達なので、届きやすい上に記憶に残りやすいならそれに越したことはありません。

他に勝るA4というサイズ感の良さ

DMの形式には封書とはがきがありますが、封書の場合は開封せずにそのまま破棄されるというリスクがあるので、無事に内容が周知できるかという点で不安が残ります。それに対してはがきならば、既にオープンなので開封という手間が無く、手に取った瞬間に記載内容が伝わることになるので伝達能力はかなり高いと思われます。中でも「A4」サイズのはがきは効果的といって良いでしょう。A4サイズは広く普及しているお馴染みの書類サイズということもあり生活に馴染みやすいと思われます。官製はがきやA5A6あたりのサイズと比較して大きいために、明らかに存在感でそれらに勝ります。また、これならばうっかり見落とすとか配達に気付かないなどということは考えられません。その大きさから、掲載情報が魅力的に見える効果もあるでしょう。せっかくの情報なのでより良い印象で伝わる方が良いに決まっています。ちなみにA4はがきは他の書類とサイズ的に相性が良いはずなので、整理のしやすさが期待できます。つまり安易に捨てられることが少なくなり、保存性が高まるという訳です。こういった優れた特長があるのでA4はがきは、もっと多くの機会で情報発信に利用されると良いでしょう。

DM,デザイン,作成,料金

開封率が100%で高い反応が見込める

dmA4厚紙DMは普通の官製ハガキの4倍の面積があります。そのため顧客に伝えることができる情報量は必然的に多くなり、様々な方法のアプローチが可能になります。dm集客でまず最初に重要視されるのが、既存顧客にリピートしてもらうことです。既存顧客の中には企業のサービスや商品に満足していても、サービスの利用や商品の購買など消費行動が習慣化されていなければ企業の存在そのもをすっかり忘れてしまう場合があります。そのような顧客には定期的にdmを発送することで消費行動を習慣化させ、企業の存在を常に意識してもらえるように心がけましょう。A4厚紙DMの場合は両面印刷をするのがより効果的でしょう。顧客はdmが届いてもどちら側を見るか分かりませんので、両面にインパクトのある情報を記載しておくことも重要です。また、A4厚紙DMの場合、紙の厚さに気を付ければそのままFAX記入用紙としてもりようできますし、長期保存可能な資料としても使用してもらうことが可能です。届いたdmが顧客にとってどのような価値を生み出すのかを意識してデザイン作成を行うことで、企業のイメージがアップし、長期にわたって顧客と良好な関係を築けるようになるでしょう。

発送代行業者の有効活用

最近では手頃な値段でdmの発注ができる印刷会社が増えて来ました。中には激安価格で、dmのプランニングからデザイン、印刷、発送代行まで行ってくれる業者もあります。A4厚紙DMは普通の官製ハガキのdmに比べて情報量は格段に多く掲載ができ、封書DMのように封筒を準備して資料を入れる作業が無いので合計の値段が安く済みます。さらにA4厚紙DMはクロネコDM便の利用が可能ですので安く発送することができます。dmのプランニングやデザインの作成ができる人の場合、印刷と発送代行だけを業者に依頼することでより安く済ませることができるでしょう。印刷会社や発送代行業者を選ぶうえでも最も確実な方法は、利用したことのある知り合いからの紹介や口コミです。印刷料金や発送代行料金に関しては、最近ではインターネットで検索するだけである程度確認することが可能です。しかし、細かいサービスやアフターケアに関しては、初めて利用する業者の場合分からないことがほとんどです。納期の厳守などは当然のことですが、デザインに不備があった場合にすぐに連絡が取れて修正作業が行えるのかなど、印刷・発送代行以外の面でも信頼のおける業者なのかを調べておく必要があります。

DM,の,まとめ,チラシ,デザイン,作成,作業,印刷,安く,広告,料金,発送,企業,企画

特別な顧客に対する新製品やサービスの通知として、A4厚紙DMを発送するショップが多くなっています。サイズが小さめなレターサイズのメールは現在も多く使われていますが、費用が比較的安く、情報量も1枚のみのチラシよりは多くできる一方で、ほかの郵便物と同じ大きさのためにあまり注目されないという盲点があります。そこで、封筒を大きくしてチラシの枚数を増やすとともに、表面にカラー写真などを印刷することによって、より一層プレミアムな感覚を顧客に味わってもらえるとともに、他社の広告の中に埋もれてしまうリスクも大幅に軽減できます。

A4厚紙DMのメリットとしては、前述のように大きな写真やイラストをプリントできるために、一目で内容を理解してもらえるということが挙げられます。ただ単に商品の宣伝をするだけでは、購買意欲を高めることはできません。そこで、旅行の広告ならば景勝地や乗り物の写真を、ファッションの広告ならば素敵なモデルや幸福そうなファミリーを掲載することで、一貫したストーリーを提供できます。実際に利用する時は、企画から発送までをまとめて行ってくれる、激安の業者を選ぶのが一般的です。ただ激安をうたうだけではなく、オプション料金やその内訳を具体的に提示してくれる業者に信頼性があります。

激安でなければ意味がない。A4厚紙DMの大量発送

皆さんは手紙を最大いくつまで同時に出した事がありますか。

DMは宣伝のために一万通以上もの量を大量に発送するので、個人で準備するには不可能と言えるレベルで労力の掛かる作業になります。

特にA4厚紙DMの様な大型のDMの場合は配送する時に想像以上の手間と時間が掛かってしまうので、企業でA4厚紙DMを大量に配送したい時は専門の業者に依頼してしまいましょう。

ここでコスト面を抑えるためにアルバイトの雇用を考えたりする方も多いのですが、アルバイトの方に配布を任せた場合雇用した一人一人に料金を払わなくてはいけないため激安とは程遠いコストになってしまいます。

しかし代行業者に依頼した場合、配送専用のトラックもありますし宛名入力や封入作業を全て機械でやってしまうので、封入し忘れや宛名の入力ミスが一切なく最短で3日ほどの期間で配送準備が整ってしまう事もあります。

またDMのデザインがない場合は、会社のロゴや載せたいテキスト等を業者に入稿する事でDMの作成をしてくれるサービスを展開している所もあるので、DM発送に関する知識がない人でも簡単に依頼する事ができます。

この様にDMの配送は人件費を考えて低コスト目指すより、即座に準備できるだけの下地のある企業を選択する事がコストを激安にする秘訣なので、ぜひ一度利用を考えてみてはいかがでしょうか。”

DM

宣伝効果抜群のDM、値段はどのくらい?

自分の会社のPRをしたい!おすすめ商品を伝えたい!お客様に利用してほしい!そんなときにやることと言えばインターネットを利用した宣伝やDMなどの郵便物を利用した宣伝ではないでしょうか。

ご存じかもしれませんが、DMというのはダイレクトメールのことです。しかし、このDM、ただの宣伝を行うものとお思いではありませんか?実は宣伝をするだけならチラシでも構わないのです。チラシは不特定多数の人に宣伝することが出来ます。しかし、少し目を通すだけで内容によっては何も惹かれずに終わってしまうことも多いはずです。

ですがDMは、特定の顧客を選びピンポイントで商品の宣伝などを行うことが出来ます。DMをもらったことがある方はまず思い出してみてください。例えば、以前買い物をしたことがあるお店から季節物の宣伝が載っているDMが来たことはありませんか?DMは利用歴のある顧客にさらに自分たちの会社やお店を利用してほしいという意味を込めて送られているのです。

そのDMですが、今回はA4厚紙DMをご紹介します。サイズはA4ということでハガキサイズよりも4倍近い大きさがあります。厚紙なので通常の紙よりも厚く高級感や特別感を演出する場合に向いています。

A4厚紙DMを利用したい…値段はいくら?

実はA4厚紙DMの値段は印刷業者によって違います。枚数やカラー印刷かシロクロ印刷かによってまた値段は分かれてきますが、一番安くて3,000円前後です。枚数は25枚からと少なめの枚数から選べる業者もあれば、500枚からという業者もあります。必要な枚数に沿って業者を選ぶといいでしょう。

DMはサイズのほかにもオプションをつけることが出来ます。ホッチキス止めのタイプにしたり、糊付けをして開いてDMを開くタイプにすることも可能です。糊付けされているDMは圧着DMと言われています。自分でペリッとめくると内面が読めるようになるDMのことです。

圧着DMは開かなくては内容が分からず、一番先にDMの情報を読めるのは受け取った本人です。何より開く時間もかからず手間にならないというお手軽なものでもあります。A4サイズはハガキサイズよりも大きいので情報量を多くDMに乗せることが出来ます。

先ほども述べた通り圧着タイプは自分が一番最初に情報を知ることが出来るDMです。それによって特別感を演出することもできます。そのため、利用者にDMを送り商品などの案内をすることで、この店は自分のことを客として大切にしてくれているんだ、また来てほしいんだということを意識してもらえます。DMはリピーター確保にも効果的なものなのです。

値段もリーズナブルなDM、一度試してみてはいかがでしょうか。”

DM,作成,送る

A4厚紙DMは見て、興味を持ってもらえる

A4厚紙DMで広告を作成すると他のはがきやDMよりも大きいために、郵便箱を開けた時にどうしても目に入ってしまいます。他のはがきに埋もれていても上の部分だけははみ出すのです。そのためDMを見てもらえる確率が上がります。DMに反応してもらうためにはこの目に入るという部分が大事なのです。目に入る部分に面白いことや興味を惹かれることが書いてあれば、続きを読みたくなります。その続きを下や裏に書くことで宣伝効果を最大限に発揮することができるのです。また、厚紙であることにも意味があります。薄い紙では他のはがきと一緒に持った時に折れてしまうのです。そうなると見てほしい情報が目に入らない可能性があります。折れてしまった部分を読んでほしいのに、その部分が見えないのでは宣伝効果は半減してしまいます。厚紙であれば途中で折れないばかりか、他の郵便の中でも存在感を示すことができるのです。さらにA4サイズであれば多くの情報を乗せることができます。宣伝文句だけでなく細かな情報まで見てもらえるので、お客様の心を動かす情報までたどり着いてもらえます。A4厚紙DMなら知ってもらうだけではなく、心を動かすDMになりえるのです。

DMが営業マンの代わりになるかもしれない

営業マンがお客様1人1人を回って、宣伝することは難しいです。ですが、A4厚紙DMであれば1日で数千人に訪問するのと同じ効果があります。数千人に知ってもらうことが目的であるのなら、営業マンよりもDMの方が効率は良いです。見てもらえさえすれば、その目的を達することができるからです。マーケティングを徹底的にすれば、その地域のお客様が欲しいと思うタイミングでDMを送ることが可能かもしれません。地域ごとに欲しい商品やサービスは変わってきます。そのタイミングも同じように変わってしまうのです。その機会を逃さずにDMを作成して、送ることによって商品に興味を持ってもらえます。このタイミングが上手くいかないと、違う商品が売れることもあります。クロージングという意味でDMの裏面に返信用はがきやFAXをつければ、一枚のDMで申込書まで兼ねることができるのです。営業マンが苦労するクロージングまでを一枚のDMがすることになります。広告宣伝から販売までを一枚のDMがするのであれば、営業マンがこの部分では必要ないのです。DMが担う仕事以外に営業マンを配置することで、他の部分がより効率的になり販売がスムーズになることにつながります。

DM,の,デザイン,作成,作業,効果,安く,宣伝効果,発送,発送代行,企業

普段物を発送するには配送業者を利用しますが、それはあくまで消費者としての視点で一企業の視点としては物を配送する時にも極力コストを抑えたいものです。

しかし多くの企業はアルバイトを大量に雇い人海戦術で配布しているので時間も掛かってしまいあまり効果が表れていません。それなのにあまり知られていないのは発送代行業者に依頼すればコストも時間も大幅に削減できるという点です。

これには宣伝媒体そのものがテレビのCMばかりが注目されていて、テレビの場合は専門の技術スタッフがCMや番組を作っているのに、いざDMを使って自分で宣伝活動を行おうとすると自分の会社だけで解決しようとしてしまう事が原因となっています。

発送代行業者の多くは発送だけでなくDMをデザインする開発部署を設置している事も多く、載せたいロゴやテキスト等の原稿を渡すだけで安く簡単にA4厚紙DMを作成する事ができます。

また発送代行業者は配送業者と連携しているか、DMの発送部署を設けている事も多くA4厚紙DMのような数が集まると配送に苦労するような物でも迅速に配送する事ができるようになっています。この様に普段知られていないDM発送代行業者の仕事の手際は皆さんの会社の宣伝活動に多大な影響を与える事ができますので、是非利用する事をお勧めします。

発送代行業者で変わるA4厚紙DMの宣伝効果

効率的な宣伝の仕方ご存知でしょうか。

ティッシュ配りや宣伝看板を持った人が歩道に立って宣伝している姿をよく見ると思いますが、これは多くの会社が宣伝活動をする場合自社の社員やアルバイトを雇用して宣伝活動を行っているからです。

アルバイト求人サイトでも度々募集されていますが、この宣伝方法実はあまり効率がよくありません。というのもこの宣伝活動は宣伝できる範囲も限られている上に広範囲に宣伝しようとすると人件費が膨大に掛かってしまうからです。

その点DMの発送代行業者は宣伝活動だけをやる企業であるため、スタッフ全員で宣伝活動を行う事ができA4厚紙DMの様な大型の宣伝媒体の配送もトラック等で大規模に行う事もできるので、短時間で最大規模の宣伝活動を行う事ができます。

また発送先の宛名入力やA4厚紙DMの封入作業等も専用の機械で行ってしまうため短時間で作業を終える事ができるのも特徴の一つです。

この様に短時間でDMの準備から発送までを行う事ができるので、期間限定の特典のお知らせ等でも即座にお客さんへDMを使って知らせる事ができます。

DMのデザインがないという方は、会社のロゴや載せたい内容を預ける事でDMを作成して貰える代行業者もいるので、これらを積極的に利用して宣伝活動を行っていきましょう。”

DM,の,デザイン,作成,作業,広告,発送,発送代行,企業

広告媒体には様々な種類が存在していますが、中でもA4厚紙DMは紙面の大きさの恩恵もあり載せられる情報も多いので、見る人へのインパクトも絶大な媒体となっています。しかし紙面が大きいという事はそれだけ配布するには労力がかかってしまうので、一般的に思いつく解決方法として社内のスタッフやアルバイトを使って配布するという結論になると思います。

しかしそれだと配布にかかる時間も膨大となりコストも掛かってしまうので、A4厚紙DMの発送を専門分野としている企業に依頼する事をお勧めします。

この企業に依頼すると良い理由は第一に、自社のスタッフを使わなくて良いため時間の節約ができる点です。

そして第二に発送を代行している企業は宛名の記入やDMの封入を自動で行ってくれる機材を保有しているので、時間の無駄が一切ない事です。

またDMのデザインも原案がないのならばDMのデザイン作成の依頼をする事ができますし、依頼はインターネット上で行うので宣伝に掛ける時間を自社のスタッフを使った時に比べて非常に短縮する事ができます。

この様にDMに関する無駄を省くための機材やシステムが数多く存在しているので、是非一度利用してみてはいかがでしょうか。

A4厚紙DMを発送時に考えなければならない事

A4厚紙DMを発送して宣伝活動を行うのならば、大きいDMという利点を生かしつつも紙面が大きいからといって発送に時間を掛けてしまってはいけません。

なのでA4厚紙DMがDMとしてきちんと役目を果たしてもらうにはDM発送代行業者に依頼する事がベストです。

代行業者の一般的なサービス内容としては、まずインターネットでDMのテキストやロゴ、デザインの入稿を行えるため気軽に依頼する事ができ、またデザイン等がない場合でも代行業者専属のデザイナーがいますので、原案すらない方でもDMで宣伝活動を行う事ができます。

発送時のスケジュール管理も綿密に行ってもらえるので、季節特有のご当地グッズの紹介も円滑なDMの発送行って季節外れにDMが届くようなトラブルもありません。

この素早い仕事には理由があって、DMの代行業者達はDMの封入作業や宛名の入力を手書きで行う事はなく、全て専用の機材を使って行っているので、人の手でよくある宛名の入力ミスや封入し忘れ等が一切ありません。

そしてなにより顧客情報を扱う仕事でもあるので、個人情報のセキュリティについては厳重な管理をしており、万が一個人情報が洩れて自分の会社で個人情報が漏れたと悪評が広まる心配もない事がお勧めできる理由です。”

の,作成,印刷,料金,本,送る

書類のサイズとして、以前は日本独自の規格としてのB版(特にB5)の使用が主流でした。しかし国際的にはA版が用いられてきた経緯があり、日本でも行政文書やビジネス文書のA4サイズへの移行が進められています。しかしながら、未だ移行は完全なものとは言えず、書類提出の際にはどちらの規格を用いるのか迷う局面が多いのも事実です。

中でも履歴書に関しては、B4(二つ折りにするとB5)のものが多く市販されている現在、添付する職務経歴書との兼ね合いからも混乱されている方が多いようです。結論から言うと、履歴書はA版、B版どちらを使っても良いとされてはいますし、実際に履歴書を市販のB版、職務経歴書をプリンタで印刷したA4サイズにするという人も多くいます。

いずれにせよ書類を折らずに送付したい時には、大きい方のA4サイズに合わせた封筒を使うことが必要になってきます。この時に使う封筒は「角型2号封筒」が良いでしょう。

送付方法としては、日本郵便の「定形外郵便」が最も一般的です。価格は50グラムまで120円です。履歴書・職務経歴書・送付状各1枚ずつでしたら50g以内に収まります。ただクリアファイルなどを使用すると1枚ごとに20gほど重量が増加してしまうので、100g以上150gまで140円という一つ上の料金になってしまうこともあります。送料が心配なようでしたら、余分に切手を貼っておくのが良いでしょう。

最安値保証!日本一安いDM発送代行サービス!翌日発送可!印刷・印字・郵便料金コミコミ!

安さ日本一に挑戦!まずはお見積りから

DMのプロに相談してみませんか?

格安DM発送代行「DM診断」では、常に業界最安価格でサービスをご提供しています。
DM発送に関する質問や相談、お問い合わせはいつでも受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。