圧着はがきとDMを外注するメリットについて解説!

安さ日本一に挑戦!まずはお見積りから
圧着ハガキ

今ではメールや電話の機能がかなり発達をしてきているため、昔のようなはがきや手紙で何かを伝えるという方法が極端に少なくなってきています。しかし、その方法は今でも広く利用をされています。企業の間では特に頻繁に行われているものであり、これがお互いの取引の架け橋になるということもあります。

はがきは手紙を送るときや、年賀状など、文章を送ることによく使われます。日本ではプライバシー関連の法律で定められているため、日本郵便のみがはがきで発送することができます。料金は消費税が5%の時は50円でしたが、増税後は63円と中途半端な金額になっています。サイズは基本的に100mm×148mmになっていますが、大判はがきなど、大きなサイズや長方形でないものを追加料金で送ることができます。表に宛名、裏に本文を書くのが基本で、スペースが足りない場合は封筒を使うのがスタンダードです。また、薄いものであればはがきに直接貼り付けて発送することも可能です。例えば、キャンペーンの応募券などに使われます。このような場合は、郵送中に剥がれないように注意して貼り付けることが必要です。はがきは郵便局以外でも売っているので、安いものやデザインの良い物を選びましょう。切手付きのものもあるのでそれらもおすすめです。切手がついていない場合は郵便局の他にも、コンビニエンスストアなどで購入することができます。一枚からでも気軽に購入することができるので是非利用してみてください。

はがきの発送を行うためにはポストに入れたり直接郵便局に持っていくという方法があります。はがきの発送方法としてもいくつかあり、急ぎの場合には速達というのもあります。その場合には切手料金が余計にかかってしまうということがあります。発送が行われて相手に届くまでの期間は約一週間とみててよいでしょう。速達ともなれば一日で届くのでとても便利なものです。

はがきを一般の人がよく使う機会として年賀状が挙げられます。年賀状の時期になるとはがきの種類もいつも以上に出回っており、はがきを選ぶのも楽しむことができます。発送についても、ちょうど1日に届くようになっています。このことから、はがきの発送はスムーズに行われているといえます。

目次

はがきを格安で買う方法について

事業を運営している上ではがきを使用する頻度は高く、通信運搬費は経費の中でも占める割合が高い品目です。そこではがきを格安に入手する方法として2つの方法をご紹介します。

まず一つ目はエコーはがきの利用です。エコーはがきとは表面下部の3分の1以内のスペースに広告が載っているはがきのことで通常のはがきであれば52円のところ、エコーはがきは47円で郵便局で販売されており1枚につき5円お得です。はがきの使用枚数が多い企業では1枚につき5円安いともなると大きな経費節減になります。また郵便局は全国各地にあるため入手しやすいという利点があります。しかし広告付きの安いはがきを使用していることが送り先に分かる為、得意先との連絡などには使いにくいというデメリットもあります。

2つ目の方法は格安チケットショップの利用です。チケットショップであれば各店舗によって異なりますが通常のはがきが1枚48円ほどで販売されています。また通常のはがきなので送り先には安い費用で購入したものであるということが分からない為、得意先や取引先への送付にも使えます。しかしチケットショップは都市部に集中しているため、身近に店舗がなく入手できないというデメリットもあります。

V字圧着とは横2枚分のはがきの中面に様々な情報を記入し糊やニスなどで貼り付けはがきサイズに加工したものです。はがきの裏面のみでは情報提供が出来ない時などV字圧着やZ型等に加工し案内面を増やして多くの情報を提供する事が出来ます。はがきでは送り足りない情報を封書より安く送付する事ができ、様々な企業で利用されています。普段ダイレクトメールなどでV字圧着のはがきを受け取ることが多いと思います。V字圧着されたものはその内側に個人情報やクレジットの金額など記載する事が出来る為、はがきの裏面に記入できないものを中面に印字し2つ折りに圧着する事で人から見られないように機密性を保ちます。なお印刷業者での個人情報の安全性も重要視されており、印刷から発送まで同じ印刷業者が請け負う事が多いようです。印刷業者では住所、個人名だけでなく金融機関の情報も扱う為、最新の注意が必要となっています。

V字圧着はがきの安全性について

V字圧着はがき

はがきの種類には様々なものがありますが、一般的なハガキは裏面の情報が全て露出している状態となっているため、場合によっては他人がその内容を確認することができるというデメリットがあります。一般的に個人情報が記載されているようなものははがきを利用しないのが一般的ではありますが、内容によっては他人に見られたくないと言うものもあります。そこでV字圧着はがきを利用すると便利です。

V字圧着はがきとは横2枚分のはがきの中面に様々な情報を記入し糊やニスなどで貼り付けはがきサイズに加工したものです。はがきの裏面のみでは情報提供が出来ない時などV字圧着やZ型等に加工し案内面を増やして多くの情報を提供する事が出来ます。はがきでは送り足りない情報を封書より安く送付する事ができ、様々な企業で利用されています。普段ダイレクトメール(以下DM)などでV字圧着のはがきを受け取ることが多いと思います。V字圧着されたものはその内側に個人情報やクレジットの金額など記載する事が出来る為、はがきの裏面に記入できないものを中面に印字し2つ折りに圧着する事で人から見られないように機密性を保ちます。なお印刷業者での個人情報の安全性も重要視されており、印刷から発送まで同じ印刷業者が請け負う事が多いようです。印刷業者では住所、個人名だけでなく金融機関の情報も扱う為、最新の注意が必要となっています。

これらの安全性からDM以外にも料金表などの公共料金関連・請求書関連でも利用されることが多く、主に企業側が利用する一般的なはがきのスタイルとして知られています。

の,ダイレクトメール,デザイン,印刷,安く,料金,本,発送,送る

 

Z折り圧着はがきの安心できるポイントについて

はがきには色々な形状のものが存在していますが、その中でもDMや広告、通知書などで利用されることが多いもののひとつにZ折り圧着はがきというものがあります。これは面と面を圧力にて接着することが出来るようになっており、人の手で簡単に開くことが出来るのですが見開くと最大ハガキ3枚分の情報を送付することができるようになっています。

主にDMのほかにも広告やパンフレット、請求書や通知書など他人に知られてはいけない情報が記載されていることも多く、自分以外に開けてはいけないと言う表示が記載されて送付されることも少なくない種類のハガキです。

何故Z折り圧着はがきでそのようなことが可能となっているのかと言うと、通常ハガキは情報が記載されている部分が露出しているため、個人情報漏洩などの問題で安心感の点でデメリットがあります。ですが、Z折り圧着はがきの場合は情報を記載している部分を圧着で密閉することが可能となっているため、他人に見られると言う心配がないわけです。この安心感が最大の強みとなっており、個人情報などを比較的気軽に送付することができるようになっているため利用される目的も広がっていると言えます。

ポイント

V字圧着ハガキでDMを作るとき、業者に印刷を頼むと部数が多くなってしまうのが悩みです。最近ではV字圧着DMを請け負ってくれる業者が増えたこともあり、だんだん小ロットでも大丈夫な印刷プランが出てきました。たとえば1000部なら二万円ちょっとで作れてしまいますから、企業のDMなら十分かと思います。もっと少ない部数を作りたいというときは、100部から請け負ってくれるところもあります。100部で3万円ほどなので、1000部刷ることを考えるとだいぶ割高にはなるのですが、かなりお手軽でしょう。最近ではプリンターやパソコンも一般家庭に普及していて、スマートフォンからハガキ印刷も簡単になりましたが、V字圧着のような特殊ハガキはまだまだ業者にお願いしたほうが早くてきれいです。しかも、最終的には安上がりになるので、希望の部数から扱ってくれる業者さんを見つけてお願いするのがおすすめです。また、業者さんに頼めば紙の種類も選べるので、デザインによって紙質を相談することも可能です。安く済ませたい場合には本体だけ仕上げてもらい、宛名シールなどを貼る作業は自分でやればだいぶ安く上がります。

DM,の,ダイレクトメール,作業,圧着,本,発送,発送代行,送る,企業

 

そもそもDMとは

DMは、狙った顧客層へダイレクトに宣伝することができる商品です。DMとは一般にダイレクトメールのことを指します。最近の傾向としてはEメールDMが多くなってきてはいますが、スタンダードで一番基本的なDMはやはり郵送DMです。はがきや封書、圧着など様々な形態があります。これらには情報量が多い、視覚に訴えることが出来る、使用できるリストが多い等のメリットがあります。一方で封入や印刷、発送等に手間がかかるといったデメリットもあります。また既存のお客様、新規のお客様をともに呼び込むのにとても効果的です。しかし、用途に合わせて使わないとコストばかりかかってしまいます。例えば、既存のお客様を呼び込むにはハガキサイズDMがおすすめです。多くの情報を伝える必要がないため、少ない面積で済むことになるからです。その場合宣伝だけでなくクーポンをつけたり、圧着DMにして、挨拶を書いたりするのも良いでしょう。新しいお客様には、少し大きめサイズのDMがおすすめです。A4くらいがよく選ばれます。情報量をたくさん掲載することができ、特別感も出るでしょう。

DM発送には、代行業者を使うことがおすすめです。ネットからの注文や、大量発注することで、激安になる場合もあります。宛名印字、発送作業など全て請け負ってくれるので、時間の短縮にもなる上、業者の経験上から、DMに効果的で激安の見積もりを作ってくれる業者もあるでしょう。業者は、リピート率や顧客満足度も比較して選ぶことがおすすめです。荷物追跡や誌面のデザインも請け負ってくれるところもありますので、自分のニーズに合った業者を見つけるようにしましょう。

封書サイズDMの発送代行サービスを利用する事で、時間、手間等の面倒な作業を省きつつ、発送をする事が出来るようになり、その間に別の事を済ませる事も出来るようになる、とビジネス面から見てメリットが非常に多い便利なサービスですが、利用するなら気をつけるべき点があります。

封書サイズDMを格安で発送代行してくれる所を選ぶ時に注意したいのが価格です。サービスを利用すると費用が発生しますが、発生する費用は利用する所によって違い、場所によっては高額の所もあります。逆に言うと、格安で発送代行サービスを行っている所を選ぶ事で、余分に費用が発生する事が無くなり、お得にサービスを利用して発送代行を任せる事が出来るようになります。封書サイズDMの発送代行サービスを行っている所が複数あるので、価格の情報は沢山集める事が出来ます。集めた分だけ比較をする事が出来るようになるので、最低限にコストを抑えたい場合は沢山の情報を集めるようにした方が得をする可能性が高くなります。価格の情報はお金をかけなくても集める事が出来る情報なので、時間さえあれば比較を行ってもデメリットが発生する事は無く、安心して良い所を見つけて頂けます。

DMの印刷・発送の実際

DMは販売店から顧客へ来店や商品の販売を促すことができる大切なコミュニケーション手段です。現実にも多数の企業がDMを使って宣伝をしています。その役割を送り先という観点から分類すると、一つは新規顧客の開拓、もう一つは既存の客の囲い込みに分けることもできます。

実際のDMの発送までにはいくつも作業が行われます。まず第一に送る顧客を決定するための名簿の作成・管理です。次に送る内容、デザインを決め、おおよその発送時期を決めなければなりません。デザインが決まれば印刷、発送という手順になります。

DMの印刷から発送まで、一括で申し込みが出来る事を皆様は御存知ですか?個人で商店を営業している方は、競合店に差をつけるチャンスです。せっかく開発した新商品も、お得なキャンペーンも、告知をしっかりと行わなければ思うような効果は得られません。実際に自分でDMの発送を準備すると、ハガキの印刷をしたり、宛名ラベルのシールを張ったりと、非常に手間と時間ががかかります。そんな時はインターネットで、DMの印刷から発送まで行ってくれる業者を探してみたらどうでしょうか?利点としては値段設定が事前に記載されているので、費用の算出が簡単に出来ます。値段やサービスの他社比較も簡単に行えます。自分で印刷や準備をするよりもはるかに安くDMを発送する事が出来るはずです。皆さんが準備するのは、「ハガキのデザイン」と「発送する住所のデータ」だけです。デザインが用意出来ない方は相談次第でデザインの代行も行ってもらえます。全ての作業が自宅で行えるので、通常の営業に支障が出る事もありません。DMに割引券を付けておくと、費用対効果の確認もできます。今後の売上拡大を意識する方は参考になさってください。

DMの発送は専門の業者に依頼をすることで、低価格で高品質なものを実現することが可能になっています。新規でDMを依頼する場合にも、専門のスタッフが非常に丁寧に対応を行うので、安心して任せることが出来ます。個人情報の取り扱いについても、厳重な管理を行っているので安全性も高いです。DMの取り扱い専門業者では、印刷物の用意から封入作業、発送まで全てを一貫して請け負っています。そうすることによって、無駄なコストを大幅に減らして迅速な対応を実現しています。DMの種類は、通常のタイプのハガキ以外にも、圧着タイプや封書まで幅広く対応出来ます。オーダーを受け付けている単位も細かく指定が可能なので無駄な費用が掛かる心配もありません。DMのデザインなどに関しても、自社で行うことが難しい場合には、プロのデザイナーによって要望に応えたデザインの作成も行っています。DMはノウハウを蓄積しているような優秀な専門の業者に依頼をすることが大事です。見積もりや納期などの問い合わせや、不明な部分については電話やメールで対応を行っているので利用してみると良いでしょう。

以上の作業のうち外注できる部分については専門の業者が存在します。一般的には、後半のデザイン、印刷、発送の部分は専門業者に依頼するケースがほとんどです。3つの工程を一つずつ専門の会社に任せることもあれば、一つの会社がすべての作業を引き受けることもあります。それぞれメリット、デメリットがありますが、後者の利点はお任せでできるので手間が要らないところにあります。

印刷・発送を一手に引き受ける会社では、印刷品質、印刷から発送までの期間、信頼性などが業者選びの評価ポイントになります。さらに、トータルのコストも重要なチェック点でしょう。

DM,の,ダイレクトメール,ハガキ,効果,圧着,広告,料金,本,発送,発送代行,企業

DMを発注するメリットとデメリット

DMを自社で全て発送している会社は少なくないはずです。印刷機とパソコンがあれば自動ではがきに宛名も印刷することが出来ますし、DMの内容も印刷することが出来ます。またDMの発送、印刷を代行業者に頼むよりも安く済むと考えている人も多いと思います。ただ、実際にコストが安くなるのかは考え方次第です。確かに他社に頼むので表面上の印刷のコスト、発送の料金も自社で行う方が安く見えます。ただ、その宛名やDMのデザインをはがきに印刷するためのパソコンの設定をする人件費、印刷もカラーにするとインク代もかなりかかってしまいます。さらに印刷がしっかりとされているかの確認をするための人件費もかかりますし、大量のDMを印刷前も印刷後も一時的に保管、などを総合して考えるとどちらがコストが安くなるかの判断は難しいところです。特にインク代などは計算がしにくいのでわかりにくいですが、大量の印刷を高品質で行うと思った以上にインク代もかかり、代行業者などに頼んで方がそれだけで安いというケースも少なくありません。

顧客にDMを送付する場合、お得意様限定のサービスや情報を記載するには、第三者から内容がわからないように配慮する必要があります。

Z折り圧着で加工されたハガキとは、通常のハガキをおよそ3枚横に並べたサイズの用紙をZの形に折り、ポリプロピレン素材のシートを乗せて熱で圧着するか、特殊な糊を使用して圧着したハガキです。どちらも一度開封すると、再び元の状態に戻す事はできません。外から中の内容が分からない安心感はもちろん、この一度開封すると元に戻らないことが他人からこっそり開封されていたなどのリスクを減らし、より安全性を高めています。顧客が安心して受け取ることができるDMとして、顧客サービス向上に力を入れている企業を中心にZ折り圧着型のDMが人気となっています。

往復はがきのように2面になっているものに比べて、ハガキ1枚分情報量を増やすことができ、封書のDMよりもコストが抑えられ、また封入や封緘といった手間もかかりません。受け取る側からしても簡単に開封できるため封書に比べて開封率が高く、伝えたい情報がより広く、確実に届けられるというメリットがあります。

DMを激安で印刷、発送できる代行業者

DMを発送する際に手間を省きたいときに役に立つのが代行業者です。代行業者を使うと手間を省く事は出来ますが、その分のコストを心配する方もいると思います。しかし、最近では激安の料金で作業を行ってくれる業者も出てきています。ある代行会社でははがきタイプのDMを1万通依頼した場合、両面カラーの印刷代と発送作業、送料込みで1通当たり約42円という価格になっています。特に発行部数が1万通を超えるような大きな数になる場合の作業を考えると、この価格は非常に良心的であり、まさしく「激安」と呼ぶことが出来るでしょう。

また、「印刷、封入、発送」の作業のうち、どれか一つもしくは二つだけを代行してくれるところもあります。例えば、「印刷と封入はやって欲しいけど発送は自分でしたい」といった人におススメです。また、そうすることによって手間は少し増えますが、その分のコストを削減できます。

DM,の,ダイレクトメール,チラシ,デザイン,作成,作業,効果,本,発注,発送,送る,企業,制作

 

封書DM

DMには、通常のはがきタイプのものもありますが、他にも圧着はがきタイプのものや封書サイズのものまで幅広く用意されています。この中でもとくに、封書サイズのものは、内容について他人に見られることがないので安心して利用ができます。DMには、会社の重要な機密事項や企業秘密などを掲載する場合もあるので、封書サイズのものを選ぶのが最も安心できるわけです。

はがきは、郵便局員の人に見られることはもちろん、他にもひょんなことからまったく関係のない他人に見られてしまうこともあります。家族で住んでいる人なら、送った相手の家族が内容を見ることも考えられます。封書サイズなら、封を切らないことには内容の確認ができませんから、本人のプライバシーを守ることにも繋がります。送られた方としても嬉しいタイプのものですから、少々お金がかかろうともこうした安全なタイプのDMを選択するのが一番でしょう。大切な顧客を、情報漏洩のトラブルから守るために、大手企業はたいてい封書サイズを選択しています。もちろん、圧着タイプのものも悪くはないので、どういった情報を送るかによって使い分けるといいでしょう。

封書DMは封筒に入った状態でDMを送付でき、外部に内容を知られたくない時に活用すると効果的です。DMは最新情報やサービス内容などを伝える方法として使う方法が多く、相手が興味や関心を示せるように内容を考える必要があります。

封書DMを作成する方法は外部の業者に依頼するとかかる経費を安くでき、同じ内容で多くの数量を印刷して発送することも効果的です。封書DMは外部から中身の内容が見えないため個人情報などを守ることができ、請求書など重要な情報を伝えたい時にも有意義に活用できます。

DMを送付する時は相手に伝えたい内容を考えて作成し、より多くの利用者を見込めるようにすると効果が高いです。封書DMははがきを使う方法と比べると価格が高いものの、封筒に重要な書類が封入されているため安全性が高いことが特徴です。

封書DMを送付する方法は専門の業者に依頼し、かかる費用を安くするように内容を比較して決めると効果的です。送付する目的はより多くの人に企業の最新情報などを伝え、利用者を増やすことで利益につなげるためです。封書DMを送付する時はかかる費用をなるべく安くする方法を考え、業者の内容を比較して決めることがポイントです。

どんなに受けとり手を惹きつける魅力的な封書DMを作れても、封書DMを発送するタイミングを間違えないように気をつけなければなりません。商品を買ってもらうために非常に効果的な時期が、一般的なサラリーマンがボーナスを受け取る時期の前後です。やはり封書DMの受けとり手にお金の余裕がある時期の方が財布のひもがゆるみやすいため、安心して多くの商品を買ってもらいやすい傾向があります。特に高い商品を売りたいならば、多くの収入が入ってくるボーナス時期は絶好のタイミングなので、前もって封書DMをたくさん用意しておいて、タイミングを逃さないように気をつけるべきです。逆に、大型連休の時には、旅行中や帰省中の人が多いので、郵便物を見られないケースが多いので、時期をずらして封書DMを送るといいです。きちんと売上に結びつく効果の高い封書DMを作るためには、何度も受けとり手の感情にアピールするデザインを作り続けて、少しずつ改良することが大切です。しかし、良い封書DMが作れるまで試行錯誤することは時間が必要ですし、手間が非常にかかることです。そのため、デザインのプロが多く集まっている業者に発注すると安心です。特に大手の封書DM制作業者は、ノウハウを多く蓄積しているので安心してまかせることができます。

封書DMの送付の費用は大きさ重さ

封書DMというのがありますが、あくまで信書ではありませんので間違えないことです。実はこのあたりの定義の違いで業界が揉めていることもあり、しっかりと覚えておいたほうが良い点になります。封書DMは一枚のタイプよりも少なくとも見栄えがします。広告効果も大きいので送付するのはよいです。但し、その分費用が高くなる、という側面があるのも確かです。料金接待にはいくつかのパターンがありますが、問題とされるのは大きさと重さです。大きさにも規定があり重さにも規定があります。大抵の業者はそうした料金形態でやっていますから、まずは送付を依頼する前にしっかりと見積もりを依頼するとよいです。当然ながら見積もり自体は無料でやってもらうことができますし、決して無駄になることはないです。一つの業者だけでなく複数見つけるべきといえます。そうして比較すれば良い所を見つけられる可能性がとても高くなります。また、DM関係のデザイン、製作から受け付けている業者もたくさんあります。自分の依頼した業者から送付するためのサービスを提供している企業を紹介してもらう、という手もあります。

封書DMのメリットと手間・作業について

封書DMは封筒に入れて送るので新商品や新サービスの案内はもちろんチラシやカタログ、さらには受取人以外には見られたくない情報など、内容物をあまり選ぶことなく送ることができます。封筒も定形サイズと定形外サイズと選べますし、紙以外に透明なOPP封筒も選ぶことができます。しかし封書DMには作成の際、作業が大変というデメリットがあります。はがきDMと違い内容物を多く入れられるために、入れる書類の枚数を数えて束にし封筒に合わせて折りたたまなくてはいけなかったり封筒に入れて封をするという手間がかかります。この作業を全て企業側が行うのはとても大変です。DM作成をしているお店があり、中には封書DMを作成し投函まで行ってくれるお店もありますので利用すると効率的です。

の,ダイレクトメール,デザイン,ハガキ,作成,作業,効果,印刷,参考,安く,発送,送る,企業

一時期に比べて、封書DMの価格が安くなっています。様々な点でコストが低くなっていますから、どんどん増えることが確実です。送付の費用もそうですが、制作の費用もかなり低価格化が進んでおり、それこそ容易に送ることができるようになっています。但し、あくまでお金がかかるサービスですし、目的は広告になります。封書DMが安くなってきているとはいっても、物によってはそこそこの費用になることはあります。ですから、出来るだけ広告効果が高くなるように工夫はするべきです。難しいことではありますが、顧客層をはっきりとして、ターゲットを絞って、送付先を決めると良いです。自前のデータベースから相当に選別することになります。そうすれば、高い広告効果が期待できるようになります。言うまでもありませんが、価格としては一枚あたりいくら、という計算になります。大量に依頼すればするほど単価は安くなります。だからといって、無駄に多くやるよりは抑えたほうが良いときもあります。それとはがきタイプよりも封書タイプのほうが目がいくものですから、封書にしたほうがよいです。費用対効果をよく考えることが、何よりも重要であるわけです。

封書DMは印刷するデザインなどにもポイントあり

封書DMは文字通り封筒にDMに記載する情報を入れて郵送することが出来るタイプのものであり、はがきでは送付することができない情報量や商品サンプルなどを入れることが出来るのでより宣伝効果が高いとされています。

ただし封書DMのデメリットとしては、封筒を開けてもらわないと中身が確認できないと言うところにあり、封筒を開けてもらうように誘導しなければDMの意味を成さないということになります。そのためはがき以上にデザインなどに工夫を凝らす必要があるため、ある程度のポイントを抑えておく必要があります。

その中でもまず重要なのが、封筒の印刷です。封筒には窓付き・窓なしなど種類がありますが、いずれの場合でも無地の部分がほとんどです。そこに自社の名前を入れるだけではなく、「期間限定」「数量限定」「受け取った人限定のサービス」などの興味を引かれるタイトルを入れておくと、興味を惹かれる人が多くなります。また、窓付きの場合は印刷だけではなくこっそり商品サンプルなどが見えるようにしておくと興味を惹かれますし、宛名面以外にも裏面などの印刷にも配慮してみるとうまく封筒を開くように誘導することが出来ます。

DM,作成

封書タイプよりはがきタイプが格安

DMの発送は、少人数の会社にとって重要な営業ツールです。営業スタッフが1日に訪問できる顧客の数は限られていますが、DMは一度に何千世帯、何万世帯に一度に届けることが可能です。さてDMには、はがき、封書などで送りますが、封書に比べはがきの方が値段が断然お得です。dmを発送する際、作成するためにパソコンやプリンターが最低限必要になりますが、加えて封書の場合は、封筒代、封筒に同梱する紙媒体の費用、プリンターのインク代、封入する際のノリ代などがかかります。はがきの場合は、印刷して発送するだけです。費用も通常はがきだと1枚あたり62円で、これにインク代がかかるだけです。封書は長3サイズだと82円の郵送料がかかり、郵送料だけで比較しても1通につき20円割高です。一度に1000世帯にDMを発送する場合、単純に郵送料だけで40000円の差が生じます。封筒代や紙代などを考えると更に割高です。ただ、はがきは印刷するスペースがなく封書と比べ情報量が極端に少なくなります。A4サイズと比べると、通常はがきはオモテ・ウラ面あわせ、情報を書き込むスペースは8分の1になります。この「少ない情報量」というデメリットを解決するのが「A4厚紙DM」です。

A4厚紙DM

A4厚紙DMとは、その名の通りA4サイズの厚紙を利用したDMのことです。

通常のはがきと比較すると、厚紙であるため、インパクトがありお客様の目に留まりやすいです。通常の郵便物よりもサイズが大きいのもインパクトがあります。

また、はがきよりも4倍の面積があるため、記載できる情報量が増え効率的に商品の紹介をすることができます。紙面が広い分、資料請求先の記載やQRコードの記載などいろいろな情報を載せることができます。

厚紙を使用していますのでインクも上質なものが使用でき、カラフルなDMを作成することも可能なので、お客様の目にも留まりやすくなります。

厚紙という特性を利用して、例えば山折線や谷折線、切り取り線などを入れることで、工夫次第で置物になったり、動物の形を作ったりすることもでき子供ウケも良いのが特徴です。日付を印刷しておることで、卓上カレンダーにするような使い方もできます。もし、卓上カレンダーにすれば単発的な案内ではなく、長期的にお客様の目に止まるわけです。

少しでもお客様の目に留まり、効果的に宣伝活動をするのであれば、A4厚紙DMを利用してみると効果的に宣伝活動を行うことができます。

A4厚紙DMの見積もりのポイントについて

A4厚紙DMとは名前の通り厚紙を利用したDMのことを指しており、そのサイズもA4と大きめになっていることから人の目に付きやすく、圧着などの開封の手間がないのですぐに情報を確認することが出来るようになっているところがポイントです。

そんなA4厚紙DMは企業で自作することも可能ですがほとんどの場合が業者に委託すると言うケースになっており、特殊なDMだからこそ専門の業者で制作してほしいと考えている企業が多くなっているようです。そのため、まずは業者選びが重要となっており、いかに予算内で的確なデザインのA4厚紙DMを作成・発送してくれるかどうかを選定する必要があります。その要素のひとつが見積もりであり、これを複数の業者に依頼して比較検討することが重要となります。

見積もりのポイントとしては、他のDMよりも安価になる要素が多いということで基本的には安くなりやすいと言うところを踏まえておくことです。そのため、サービスなどが充実していてもほかよりも高いと言う場合、うまくその点を突いて交渉することによって安価で利用することが出来るようになる場合もあります。その際に見積もりの比較なども見せると、より有利に交渉することが出来るわけです。

DM,の,チラシ,ハガキ,ポスティング,作成,印刷,圧着,圧着ハガキ,広告,料金,発送,送る,企業

A4厚紙DMは安い料金で発送できるというメリットがあるため、多くの事業者に採用されています。ただ、安いという要素を基準にして発送するのであれば、A4厚紙DM以外にも、郵便受けにチラシを配布するポスティングや通常のハガキによる案内を行うこともできます。それでもA4厚紙DMの発送が選ばれるのは、ただ安いだけではなく、数多くの利点が存在するためです。

チラシは印刷も配布も非常にコストが安いものですが、そのために非常に多くの店舗に使用されており、読まれやすい媒体ではありません。このようなデメリットを解消するには、宛先を明記する必要があります。誰に向けて届けられたのかわからないチラシとは違い、受け取った人の名前が書かれている郵便物やそれに類する宅配便事業者による配達物であれば、自分に強く関係するものだと認識してもらえるためです。

名前が書かれていれば注目度が高まりますが、それだけでは十分ではありません。宛名があったとしても、小さなハガキや封筒ではチラシ同様にあまり意識されません。そこで、外側に導入部である写真やイラストを掲載し、内側に具体的なパンフレットを封入するA4厚紙DMを発送することで、強い関心を持ってもらえます。

A4厚紙DMを安いコストで発送

A4サイズの簡易なカタログやパンフレットが封入された郵便物が自宅に届くことがあります。内容は特別自分のために送付された場合や、キャンペーンなどの宣伝広告の場合などがあります。これらはA4厚紙DMと呼ばれる形で送られており、送付先の宛名印刷を安いコストで大量に請け負っている業者もあります。

このA4厚紙DMはA4サイズの用紙をそのまま活かした郵便物です。そのため情報の掲載量も多く、文字サイズも大きく表現することができ、見やすいという特徴があります。これまでにA4サイズで作成したチラシをそのまま封入することもできます。封入後、圧着ハガキのDMのように手間を加える必要もありません。さらに、郵便物の大きさやインパクトから、受け取った人が中身を確認する可能性も高いDMです。

このA4厚紙DM発送の活用の多くは、企業が販売促進につなげるためのものです。新しい商品やサービスをお知らせしたい場合、顧客にDMで案内を送るという方法が広く用いられています。さらに、不特定多数の人に対してのみならず、ある顧客だけを対象に情報を発信するケースもあります。A4厚紙DMを用いるときは、チケットやサンプルなど、その他の販促アイテムを一緒に届けることもできます。安いコストで発送までを行う業者に依頼するのが良いです。

の,ダイレクトメール,チラシ,デザイン,ハガキ,作成,作業,印刷,圧着,発送,送る,企業

 

A4厚紙DMのメリット

A4厚紙DMは、封書と比べ郵送料の値段が安くなることに加え手間がかかりません。例えばA4サイズの広告を長形3号(120ミリ×235ミリ)の封筒に同梱し、DMを1万世帯に発送する場合を考えてみます。まず封筒を購入しなければなりません。長型3号の封筒は通常、1個の段ボールに1000枚入りです。これを10個購入します。文具店で購入すると文具店まで車で行き段ボール10個を車に積み、会社に運び保管します。同梱する資料を作成し複合機で両面印刷し、それを三つ折りにします。10000枚を両面印刷するのに複合機が半日以上稼働させなければなりません。そうすると他の作業に資料をきたします。三つ折りにする作業を1人で行った場合、どれだけの時間がかかるか簡単に計算してみます。1枚30秒と仮定しても80時間以上かかります。これを封入して、ノリで封を閉じる・・・気の遠くなる作業です。A4厚紙DMなら、封書のような手間はかかりません。まず、印刷会社に電話をし、A4厚紙DMを発送したい旨を伝えます。自分で製作した広告データを印刷会社の担当者の方に、メールに添付して送ります。印刷会社では、その内容をA4厚紙DMに印刷し、発送までしてくれます。

DM,の,まとめ,デザイン,作業,広告,注意点,発送,制作

A4厚紙DMの制作をするのは大変で手間がかかりますが、ビジネス面で役立つので、時間と手間をかけてでも必要になる方もとても多いです。しかし、A4厚紙DMの制作に手間をかけている間は他の作業をこなす事が出来なくなってしまう為、効率が悪くなってしまいます。

A4厚紙DMを効率良く制作するなら、業者に依頼をしましょう。A4厚紙DMの制作、発送サービスを行っている所があるので、サービスを利用して依頼をすれば、手間をかけずにA4厚紙DMの制作を任せる事が出来るようになります。このおかげで、A4厚紙DMを用意する事も、同時に仕事を進める事も可能になるので、効率良く仕事を進めてビジネスを成功させる事が出来る可能性が高くなります。

A4厚紙DMの制作を行っている所も複数あるので、価格の比較をすると得をします。安い価格でA4厚紙DMの制作を行っている所を見つけて依頼をすれば、まとめて制作をして貰うとその分だけ得をする事になります。勿論安い価格で制作依頼をしてもデメリットは特別発生しないので、安い所を見つける事が出来た分だけ得をする事になります。対応が良い所も安い所に多いので、品質や対応の心配をする必要も無いです。

A4厚紙DMは他のDMに比べると大きさが大きいのが特徴です。お客様の手に届いた時に、他のはがきなどよりも大きいために目立ちます。大きさが大きいということは情報の掲載面が大きくなるので、沢山の情報を伝えることができます。表現領域が広いためにデザインにこだわることもできますし、販促情報を的確に伝えることができるのです。A4厚紙DMだと郵便箱を開けた瞬間に効果的に見てもらえるのが、他のDMとは大きく違う点です。目に飛び込んだ情報にインパクトがあれば、どのような内容なのかを確認したくなります。その効果を上手く利用できれば、裏面までも読んでもらえるようになるかもしれません。A4というサイズだから、そのままFAXとして利用してもらうこともできるのです。申し込み率のアップに手軽さというのがありますが、DMをそのままFAXとして活用できればお客様の手間が省けます。裏面の記入欄に記入してもらいそのままFAXするだけで、申し込みになる仕組みを作ればお客様に喜ばれます。広告宣伝するだけでなく、申し込みの受付までできる販促ツールであれば効果的なのです。そこまでのことができるツールとすることが、A4厚紙DMでは期待できます。

A4厚紙DMの制作での注意点について

A4厚紙DMの制作での注意点は、内容と材質です。内容としてはしっかりと相手にこちらの伝えたいことを一瞬で判断させることができるところを表にすると効果的です。A4厚紙DMというのは、広告を載せることができるところが2つあります。それは表と裏であり、最初に見るのは大抵、表になのでそこに工夫を加える必要があります。ですから、そこで一気に見た人を惹きつけなければいけません。それが相当難しく、デザインの会社に依頼することすらあります。もちろん、これまで培ってきたノウハウがあるならば自分で制作してもまったく問題ないことになります。費用としては、当然ですが紙の費用があります。厚紙になのでそこそこ割高になります。それはそれで広告としての方向性になりますから、別に悪いことではないのです。「ペラペラの紙にしない」という選択をしたのですから、比較対象とすべきは他の厚紙系でありあくまで小さな薄いDMではないわけです。それと比べたら高いのは当然です。しかし、厚紙の中にも安い、高いがあるのも確かです。質を良く見て、見合ったものを選ぶことが大事になります。

の,デザイン,作成,効果,印刷,参考,安く,料金,発送,発送代行

大判サイズのはがきは送付するためにかかる費用を安くする方法を探すと便利です。はがきを使ってサービス内容を伝えたい時は大きさを大きくすると文字の太さを変化させやすくデザインなどを添えてアピールでき、大判サイズは通常サイズと比べて情報を伝達しやすいことが特徴です。

大判サイズのはがきに印刷する内容を決める時は伝えたい内容を考え、サンプルなどを参考にして強調できるように選ぶと効果的です。はがきは封筒と比べて発送費を安くでき、大判サイズを選ぶと伝えたい内容が長くなる時にも対処できます。

はがき印刷を依頼する時は格安印刷サービスを使うと効果的で、枚数が多い時は見積をしてから決めると最適な方法を探しやすいです。大判サイズの印刷は業者によって料金が変わりやすく、事前に内容を比較し安い方法を選ぶと作成にかかる経費を削減できます。

大判サイズのはがきの発送を安く依頼する方法は発送代行サービスに相談し、送付する枚数や送付先などを相談して見積の内容を比較して決めると効果的です。大判サイズのはがきは伝えたい内容を伝えやすいため効果が高く、通常サイズと比較して伝えたい内容を表現しやすいため臨機応変に考えると役立ちます。

A4圧着DM

A4圧着DMの安い発送方法とは

A4圧着DMを安い料金で発送するには発送代行業者に依頼する方法が一番確実です。A4圧着DMの発送経験も豊富に持ち合わせておりこれまで多くの企業などから発送代行を行ってきた実績があります。A4圧着DMについてどのようにすれば低コストで大量に発送することができるのかという点について常に改善を続けておりより安い料金で利用できるように様々な工夫がなされています。一度に大量の部数を依頼することにより1通当たりのコストを下げることができより効率的にプロモーション活動を展開することができます。単発での依頼から定期契約まで契約内容を柔軟に選べる点も大きなメリットです。自社で行う場合に比べて人件費などを大幅に抑制でき余剰人員を抱えるリスクを回避することができます。A4圧着DMは通常のDMよりも大きいサイズになるためより多くの手間がかかってしまうというデメリットがありますがこのような代行業者に依頼することによりスムーズにオペレーションを進めることが可能になります。日本国内だけでなく海外向けのA4圧着DMを手掛けている業者もあり海外向けの販促活動にも利用することができます。対象となる国の郵便事情などにも精通しています。

DM,の,ダイレクトメール,チラシ,デザイン,デザイン会社,作成,作業,印刷,印刷会社,圧着,広告,本,発送,企業

DMで商品やサービスのプロモーションを行う際には、A4圧着DMの発送がお勧めです。

一枚のチラシで発送するよりも、圧着型だと紙が厚いので折れにくく、中が見えない分受け取り手の興味を引きます。そして袋に内蔵するタイプよりエコロジーで、受け取り手の印象も良いというのも大きなポイント。またA4圧着DMは開いた時にA3サイズになるので、広告として見栄えが良く、情報量も豊富に入れ込めます。住宅のポストサイズによってはA4サイズが投函できないというデメリットはあるものの、プロモーションをより良く行うならば、A4圧着DMは最適と言えます。

そんなA4圧着DMを利用したい場合は、データ作成・印刷・発送作業を一括して取り扱っている印刷会社を探しましょう。全ての作業を個々の会社にお願いするのも悪くはありませんが費用を削減したり、見積もり作業・詳細の打ち合せなどの時間短縮を考えると1社に絞るのが得策です。

印刷会社は基本的にデザイン会社や流通業界と密接な係わりがあり、クライアントとの仲介役を担っている場合もあります。そのためクライアントが「この値段で全ての作業を行って欲しい」と相談すると、印刷会社は各社とスケジュールや金額の折り合いを付け調整作業を行ってくれるのです。また、中には全行程を自社展開している大規模な印刷会社もあるので低価格かつ迅速なスケジュールでの仕上がりも可能になります。

A4圧着DMを手掛ける業者が増加傾向にあるのは、それだけ多くの需要があることをあらわしているのです。現代社会においては、個人事業主や中小零細企業の経営者にとってどのように自社の商品やサービスを多くの人に広めていくかが成功のカギになっているといっても過言ではありません。当然ながら、はがきなどを使った戦略にも注目が集まるのです。派手な宣伝広告活動をすることによって、多くの集客を集めることは可能かもしれませんが、大きくコストがかかってしまっては、意味がありません。いかにコストを抑制しながら、ビジネスを展開していくことができるかが問われているのです。そんな中において、A4圧着DMは、安い発送費用で済むということでもてはやされているのです。最近では、ありとあらゆる分野にネット社会の恩恵がもたらされており、多くの個人事業主や中小零細企業の経営者もホームページを立ち上げるなどの取り組みに余念がありません。しかしながら、思ったほどにプラスの効果がないと嘆く人も多いのが実態です。

A4圧着DMの発送方法について

一般的にDMの発送方法には色々なものがありますがサイズなどによって発送方法が制限されているものもいくつかあります。その中のひとつがA4圧着DMであり、サイズがA4と言うことで定形外で取り扱われることもあり、通常の郵送も可能ではありますがほかの郵便物と比較すると一つ一つのコストが高くなってしまうと言う問題点もあります。

では、ほかの発送方法でA4圧着DMを発送することはできないのかと言うと実はいくつかの方法があります。主にゆうメールやヤマトDMなどであり、いずれもメール便と言う形で郵送することが可能となっています。こちらのメリットはA4圧着DMなどの大きいサイズであっても比較的安価で利用することが出来るようになっているという点以外にも、翌日発送など早期に送りたいものに対しても対応してもらうことができるようになっていると言う点があります。

そのため、期間限定のサービスや商品の広告を送りたい場合は通常の郵送よりもメール便を利用するほうが早くてリーズナブルであると言うこともありA4圧着DMなどのサイズが大きいDMの場合はそちらを利用するという企業も少なくないようです。

DM,の,ダイレクトメール,デザイン,作成,圧着,安く,本,無料,発送,発送代行,企業,制作

DMを外部に依頼するうえで大切なこと

DMの製作や配送といった業務を外部の専門の業者に依頼するといったことも多くあります。外部にこういった依頼をする際に重要なのは、それを外部に依頼した場合と外部に依頼せずに自分たちのみで行った場合とで、どれだけの利益があるのかを考えることがあります。DMの製作であったりラべリング、封書などといった作業を行うのに必要な人的、時間的なコストを検討したうえで、それを外部に委託したほうが結果的に得をするのかどうかを考えるというのは、DMを用いたダイレクトマーケティングという事業を行ううえでは非常に重要なことです。

もしDMの依頼を行おうと考えている事業者は依頼することでのメリットやデメリットといったものを、よく検討されたうえで依頼するとよいでしょう。

DM

プロモーション活動で悩む、紙DMの課題

企業では、商品やサービスのプロモーションを行うためさまざまな施策を実施しています。

テレビ広告、雑誌広告、また自社会員への一斉メール配信などターゲットや予算規模により複数の手法が存在しますが、その中で今もなお主要施策となっているのは紙のDM発送です。

どんな企業でも一度は紙のDMを製作し発送したことがあると思います。

そして発送後には必ず次の疑問にぶつかります。

「いったいどれくらい効果があったのだろうか?」

「これだけのコストをかける価値があったのだろうか?」

「また次も同じことをやっても効果がないのではないか?」

マーケティング、プロモーションを行う上では常に効果測定を求められます。DMは紙という特性上、手にした人が分かりやすいというメリットと同時に効果を明確に計りにくいというデメリットがあります。

そのためどれだけコストをかけることが適正なのか判断が難しいのも紙DMの特徴と言えるでしょう。

多額のコストと時間をを投じて数百から数千枚、数万枚のDMを発送したもののその効果がわからず続けることができなかった、という企業も多いのではないでしょうか。

そこでDM施策として有効な3つのポイントをご紹介します。

DMの効果を高める3つのポイント

1.圧着式のDMを使う

圧着式とはDMを受け取った人が貼り付けられている中身を開きはじめて内面の内容を確認することができるDMの形式です。外面には中身を開きたくなる内容を、内面には開いた人だけが得られる情報を記載します。

2.キャンペーンを絡ませる

中身を開きたくなる内容として、キャンペーンを掲載することが効果的です。

例:外面に「キャンペーン実施中!詳しくは中へ」のような見出し、内面にキャンペーンの詳細内容、応募方法など

キャンペーンの応募数などによってそのDMがどれくらい効果的であったか、効果測定を行うことができます。

3.A4サイズにする

はがきサイズでも有効ですが、商品やサービスの内容およびキャンペーン内容の詳細や応募方法までを掲載する場合にはA4サイズ程度のスペースを活用できるとある程度大きな文字で伝えることができるため有効です。

上記3つのポイントを満たすのは「A4圧着DM」です。

コストをかけて効果を上げる、またその効果を把握するためにA4圧着DMは活用しやすい形式だと言えます。

紙DMの成果を上げることができていないプロモーション担当者様、もしまだ圧着式DMを使ったことがない際は、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

DM,送る

ネット全盛期にあえてDMを使う理由

テレビCMやネット広告、SNSなどでインターネット上で多くの人に多くの情報を与えられる時代ですがDMは今もなお多くの企業などで使用されてきています。「昔からあるから」というような単純な理由ではなく、使われ続けていることにはそれだけの理由があるのです。

まずDMのメリットとしてターゲットを限定できるということが挙げられます。例えば、顧客名簿の中から新規顧客・既存顧客などグループ分けをして、それぞれのグループのニーズに適した情報を送ることもできます。大多数の人に向けて送られた情報はどうしても万人に受け入れられる情報になりがちですが、送る先を限定できればその顧客により適した情報を送ることができ、それにより訴求力の高い情報となり得るのです。

メールDMといった手法を取り入れている企業も多くあります。確かにコストを抑えて大量発信することができるのですが、迷惑メールだと思われて削除されてしまったり、開封されても最後まで見ることなく大量のメールの中に埋もれてしまうということも多々あります。一方自宅に直接届くDMの場合、一度は顧客の目に触れる可能性が高くなります。まずは見てもらうことが第一の壁になりますので、そこをクリアする為にもDMは効果的な手法なのです。

DM,の,ダイレクトメール,作成,作業,印刷,圧着,料金,日数,本,発送,送る

V字圧着DMとは圧着はがき形式のDMの一種です。はがき2枚分のサイズの厚紙を二つ折りにした上で内側を糊で圧着したものなので、通常のはがきの2倍の情報量を載せることが出来る上に発送料金も通常はがきと同じ料金であるという低コストと情報量を兼ね備えた非常に優れた圧着はがきです。

しかしV字圧着DMには印刷の手間がかかるといったデメリットがあります。このような時に役に立つのが印刷代行業者です。多くの業者がV字圧着だけでなく様々な形態のDM印刷に対応してくれます。また、業者に作業を委託するとなるとその料金も気になるところです。下記ではある業者の印刷価格について述べます。

ある業者にV字圧着DM印刷の作業を委託した場合2日後に1000部を発送する場合は約34000円、10000部を発行する場合には約92000円となり、部数が多い方が1部あたりの価格が少なくて済むことが分かります。また、同じ10000部であっても、4日後に発送の場合は約76000円、7日後に発送の場合には約63000円となり、日数によってもかなり差が出ます。作業を委託する場合には、部数と日数を考慮した上で最も適したプランを選ぶと良いでしょう。

ポストカードはがきのDMはお得!

ポストカードはがきの仕上がりサイズは100×148mmで、官製はがきをイメージすると一番わかり易いです。DMの中でも値段が一番安く、発送までにかかる時間も短いので、利用される割合が一番多いスタイルのはがきです。裏面は全面情報を記載することができ宛名面も広告などのスペースとして半分は使用してよいことになっています。たくさんの広告を載せたい場合には大きなA4サイズの方が好まれる傾向にありますが、ポスティングなどと間違えて捨てられる可能性もあり費用面でも割高になるというデメリットもあります。それに比べポストカードはがきは、受け取る側がいつも見慣れているので内容がスムーズに届きすいことで利用されるケースが多いはがきです。特に初めてDMを発送する場合、サイズやデザイン・値段など悩むことが多いのでまずはスタンダードなポストカードはがきがおすすめです。インターネットでは様々なはがき制作会社があるので、より大きな反響を呼ぶようなデザインを考えてくれます。どのようなイメージにしたいかなどを伝えるとプロのデザイナーがいろいろと提案してくれ、自分でデザインを考えて作るよりも時間と費用を削減できます。

発送はサービスを使うと値段が割引になる!

ポストカードはがきは、他のDMと比べると低コストで手軽に販促活動を行えるのが魅力です。値段の安さは発送の時も影響します。通常のはがきサイズにかかる郵送料金は1通当たり63円で、ポストカードはがきもこの値段で郵送できます。一般のはがきサイズ以外は定形外郵便になり、料金は1通当たり120円からとなるので、DMはがきによくあるA4やB5サイズ・型抜きはがきなどの定形外郵便と比べると普通のはがき料金で送れ、コストを抑えることができます。

郵便局では、はがきや手紙が商品の広告や営業活動に関する内容を目的としており、内容が同一で大量に郵送する場合は料金が割引になるシステムが取り入れられています。1回の差出数が2000通以上は12%、最高の100万通を超える場合は33%が割り引かれます。また月間割引では、1か月のトータルの差出数で割り引かれるのでさらにお得になります。差出数が1000通以上で所定のバーコードを記載したポストカードはがきは、3%の割引が受けられます。差出数が2000通以上で郵便局が指定する郵便区番号ごとに区分された場合は通常の料金よりも1%安くなります。郵便局ではこのような割引サービスが行われているので発送数によって上手に使い分けることがポイントです。

デザイン

A4・B5はがき

ひと目で伝わる!大きなはがきの魅力を最大限に活かすためには?

A4・B5はがきは通常はがきよりも大きく目立つためにDMとして多く活用されています。ポストに投函されても他の郵便物に埋もれることもなく受け取る人の目に留まりやすいため開封率が高いという特徴があります。また通常はがきよりも紙面の掲載面が大きいということからA4・B5はがきは大きなPR効果も期待できます。そして封書タイプや圧着タイプのように開封する手間がないため、ひと目で伝えたい情報を見せることもできます。自動車や不動産のような大きな商品や宝飾アクセサリーや時計のような高級品のDMに適している方法といえます。そして宛名や発送社を記すスペースを確保してもまだ十分な紙面があるため、多彩なPRを効果的に掲載することも可能です。気をつけるべき点として、はがきであるため受け取る人がどちらの紙面から見るのか判断ができないことが挙げられます。そのため印象に残るキャッチコピーや写真などを両面に掲載することが必要です。またA4・B5はがきという大きさを有効活用することも重要であり、フォントサイズやデザインなどに工夫を凝らすことでメリハリのある紙面を生み出すことも可能です。そして圧着タイプのDMに比べると掲載できる情報量は少ないため伝えたい情報を絞込み、より効果的にPRできる工夫も大切です。

効果は大きくコストは少なめ?その秘密を知って活用しよう!

A4・B5はがきDMは定形外郵便に規定されます。通常はがきに比べると発送値段は高くなります。しかし同じ大きさの封書タイプに比べると、コストを抑えることができます。A4・B5はがきであるため、封書タイプに必要な封筒代やDMを封筒に入れる手間などの人件費にかかる値段を低く抑えることができるのです。A4・B5はがきDMは、同じ大きさの封書タイプに比べると情報量に限りがあります。しかし限られた情報だからこそ工夫次第で重要なことをピンポイントに伝えることができるともいえます。多くの情報に埋もれて何が伝えたいのか分からなくなるというデメリットを回避することができます。値段を考える要素としてカラーにするかモノクロにするか、また紙の材質を上質紙にするかマットコートにするかなどがあります。この点はDM効果とコスト面を考えて決める必要があります。発送値段に関しては発送する部数などの一定の条件からさまざまなものがあり、最も適した方法を選ぶことが必要です。A4・B5はがきDMは低コストでありながらインパクトあるPR効果を生み出すことができるDMです。限られた紙面と伝えたい情報を十分考慮することで、印象に残るDMになるといえるでしょう。

DM,デザイン

伝える情報量の多さを活用

数あるDM集客の中で注目度が高まってきているのが、A4・B5はがきを使って行う集客活動です。一般的にDMと言えば、普通サイズのはがきや往復はがき、最近では特殊なノリで貼り付けられた圧着往復はがきなどをよく目にします。どれも顧客に企業の情報を伝えるということでは共通していますが、掲載できる情報量がそこまで多くはありません。しかしA4・B5はがきの場合、普通のはがきサイズや圧着往復はがきに比べて、紙面の面積が広いのは一目瞭然です。その分企業が掲載できる情報も多くなり顧客へのアピールになります。普通のはがきなどに比べてA4・B5はがきが劣っている部分があるとすれば、サイズが大きくなるだけに持ち運びがし辛くなるという点です。しかしこのようなデメリットもデザインの工夫一つで解消できることもあります。例えば紙面の大部分に企業情報やサービス内容を掲載し端の部分に切り取って使用できるサービスチケットを印刷しておくのです。こうすることで、顧客はサービスチケットを財布に入れるなどして持ち運ぶ可能性が高くなり出先であってもふと思い出した時に企業の商品購入やサービスの利用をしてもらいやすくなります。

低コストで発注できる魅力

DM集客において情報量の多さについては封書DMもかなりのものです。封筒に多くの資料を同封できるので企業情報やサービス内容をじっくり知りたい顧客には封書DMの方が最適かもしれません。しかし封書DMの場合、封筒を開けてもらうことがなければ、どれだけ多くの優れた情報を届けようとしても全く意味がありません。その点A4・B5はがきの場合、顧客に届いた瞬間に情報が目に入るという意味では開封率が100%のツールと言えます。さらに封書DMのように資料を封筒に入れるという作業がありません。その分余計な手間や時間、発送代行業者に委託するためのコストがかからずに済みます。また、A4・B5はがきの激安印刷を行っている印刷会社を利用することでさらにコストの削減が可能です。印刷会社によって価格に違いがありますがほとんどの場合発行部数が多くなるほど一部の単価は安くなります。激安印刷、大量発注などを組み合わせることで合計のコストがかなり削減できその分顧客へのサービスを手厚くしたり割引率を上げることも可能になります。DMの活用は企業の集客には欠かせないものなので顧客獲得のため検討してみるのも良いのではないでしょうか。

DM,の,ダイレクトメール,デザイン,ハガキ,作成,作業,効果,印刷,圧着,広告,料金,発送

巻三つ折圧着DM

巻三つ折圧着DMとは圧着はがきによるDMの一種です。大きさは定型封筒サイズですが通常はがきと同じ郵送料で発送することが出来ます。そして最大の魅力は何といっても載せられる情報量の多さで、通常はがきと比較して約5.5倍の広告、情報スペースを有しています。またデザインの自由度も高いためインパクトのあるDMを希望する人にはおススメです。

3面ある1面を内側に折り反対側の1面をかぶせるように折るので、定形封筒サイズのDMとして情報掲載だけでなく返信ハガキ付きDMとして使える面白い圧着DMです。

そんな巻三つ折圧着DMですが印刷や発送の手間がかかるといったデメリットもあります。また部数が多ければ多いほどその欠点は顕著になります。しかし、そのような面倒な作業を安い値段で代行してくれる業者が存在します。たとえばA社という代行業者に、巻三つ折圧着DM2000部の印刷、発送を依頼した場合1部あたりの費用は約85円となります。また5000部の場合は約78円、10000部の場合は約73円というように部数が多いほどオトクになります。作業の手間を考えるとこの価格は大変安いと思います。

巻三つ折圧着DMは圧着を剥がす時、徐々に中面が見える効果を利用してストーリーを持たせたDMを作成したり3面を広く使い縦使いにしたり横使いにしたりと面白くて多彩な情報を展開できます。

圧着により4面が隠れた状態になるのも大きな利点でありそれにより特別な情報やチケット、返信ハガキを付けることも可能になります。

ただ発送の際の重さ規定には注意が必要であり返信ハガキが規定の発送料金の重さになるように用紙の種類には気をつけなくてはなりません。

また返信ハガキの時には書き込みや押印ができるように圧着ニスにも注意が必要です。

UV圧着ニスは安い上に光沢があり見る分には最適なのですが書き込みが出来ないので書き込みが可能な圧着ニスにする必要があります。

圧着DMは広いスペースに対して通常のハガキと同じ安い価格で発送できデザインの自由度も高いので、自分の好みに合わせたDMを提供できます。

DM,の,ダイレクトメール,チラシ,ハガキ,作業,効果,印刷,圧着,安く,宣伝効果,料金,日数,本,発送

巻三つ折圧着DMの大きさは定型封筒サイズですが、その名の通り三つ折りしているので通常のはがきの3倍の情報量を載せることが出来ます。また、糊で圧着してあるので外部に情報が洩れる心配もありません。しかし、特に部数が多い場合には印刷の手間がかかってしまうといったデメリットがあります。

巻三つ折圧着DMの印刷技術について

この巻三つ折圧着DMの技術は日本で考案され印刷技術と貼り付け技術のコラボによって生まれたものです。もともと日本は印刷技術がすぐれていますので、この技術を応用したものが巻三つ折圧着DMなのです。今では巻三つ折圧着DMが世界中で使われておりアメリカやフランスでは、はがきだけではなくチラシや雑誌の付録でも使われています。

この「めくる」という作業が人間に心理効果をうまく引き出しています。チラシや雑誌に使うことで中身がどうであれ何が書かれてあるのかといったことを引き出します。ですから宣伝効果にはもってこいなのです。アメリカでは巻三つ折圧着DMの「めくる」という心理効果によって、ある商品が通常より3割売り上げが上がったといったデータがあります。日本でも巻三つ折圧着DMハガキを使って商品の売り込みに力を入れている会社があります。

巻三つ折圧着DMは普通ハガキよりもコストがやや高いですが、売り上げ利益を考えると、巻三つ折圧着DMハガキを使った方が利益率が高いのです。

DM,デザイン

見て楽しめる!そしてコストも抑えられるって、本当?

巻三つ折圧着DMは、同じサイズのDMに比べて情報量が多いことが特徴ですが発送値段についても抑えることができます。例えば通常はがきサイズの巻三つ折圧着DMは発送値段は同じですが情報量は多く掲載できます。また巻三つ折圧着DMと同じ情報量のDMを封書で発送する場合に比べても値段を抑えられます。封書で発送する際に必要な封筒代、中身を折り曲げて封筒内に入れる作業の手間や人件費などを省くことができるからです。そして発送部数を多くすることで発送値段を安くすることも可能です。しかし使用するインクによって重量が重くなり発送値段が高くなるなど情報量の多さがデメリットにつながる危険もあります。発送値段に関しては様々な情報がありますので最も適した方法を選ぶことが重要です。圧着型DMは開封率の高さが特徴ですが、圧着部分の開封の手間も多くシニア世代には難しいという懸念もあり受け取り人の適性などに配慮した使用が必要です。巻三つ折圧着DMは送られてきた時と広げた時の大きさのギャップが魅力のDMです。個人情報や重要情報にも配慮できるという特徴も加わり今後ますます人気が高まるDMといえるでしょう。

DM,の,ダイレクトメール,デザイン,ハガキ,効果,圧着,送る,企業

ビジネスにおいてもはやDMの活用は常識となっており、インターネット上でも登録されたアドレスに定期的に送信するというスタイルで積極的に活用されています。ところがDMの目的はあくまで「興味をもってもらうこと」であり、開封されるのが目的なわけではありません。

このあたりを勘違いしてしまっている場合は非常に多く見受けられますので注意が必要なのですが送ったDMに対して好リアクションが得られる比率までをも考慮しなければ、一歩間違えると単なる押し売りの類になって相手を不快にさせてしまうだけになってしまうのです。

そこでオススメしたいのがA4圧着DMにこだわり送るという手法になります。通常のはがきよりも見開いたときのスペースがとれる分、多くの情報を掲載できることはもちろん「中身には何が書かれているのか?」という心理的な効果も働きます。

A4圧着DMは通常のはがきに比べて明らかに好リアクションが得られる確率が高いことは一目瞭然でしょう。手間やコストを気にして効果が薄れるくらいならば、「こだわり」を優先したほうが最終目的を達成する上で効率的であるということを実感できるはずです。

A4圧着DMのこだわりは「見てもらうこと」

DMは企業がサービスや商品を宣伝する上で重要な要素となっていますが、実際に顧客の手元に届いてもその情報を見てもらわなければ意味がありません。そのため、デザインなどにこだわりをもって対応する必要があるのですが、そんな中でも特に目を引きやすいとして人気が有るのがA4圧着DMです。

そしてA4圧着DMはデザインなどにもこだわりを見せることができるようになっており、多くの変形型のDMを利用することが出来ます。変形型は通常の長方形ではなくキャラクターなどの形で利用することが出来るものですが、ある程度の大きさがなければうまく情報を送付することができないと言うデメリットがあります。そのためほとんどの場合がA4サイズとなっており、圧着型と併用することによってより人に見てもらうことが出来る可能性を高くすることが出来るようになっているわけです。

DM,の,ダイレクトメール,デザイン,ハガキ,効果,印刷,安く,宣伝効果,広告,送る,制作

一時期に比べて封書DMの価格が安くなっています。送付の費用もそうですが制作の費用もかなり低価格化が進んでおり、それこそ容易に送ることができるようになっています。但し、あくまでお金がかかるサービスですし、目的は広告になります。封書DMが安くなってきているとはいっても物によってはそこそこの費用になることはあります。ですから、出来るだけ広告効果が高くなるように工夫はするべきです。難しいことではありますが、顧客層をはっきりとしてターゲットを絞って送付先を決めると良いです。自前のデータベースから相当に選別することになります。そうすれば、高い広告効果が期待できるようになります。言うまでもありませんが、価格としては一枚あたりいくら、という計算になります。大量に依頼すればするほど単価は安くなります。だからといって無駄に多くやるよりは抑えたほうが良いときもあります。それとはがきタイプよりも封書タイプのほうが目がいくものですから封書にしたほうがよいです。費用対効果をよく考えることが何よりも重要です。

封書DMは印刷するデザインなどにもポイントあり

封書DMは文字通り封筒にDMに記載する情報を入れて郵送することが出来るタイプのものであり、はがきでは送付することができない情報量や商品サンプルなどを入れることが出来るのでより宣伝効果が高いとされています。

ただし封書DMのデメリットとしては、封筒を開けてもらわないと中身が確認できないと言うところにあり封筒を開けてもらうように誘導しなければDMの意味を成さないということになります。そのためはがき以上にデザインなどに工夫を凝らす必要があるため、ある程度のポイントを抑えておく必要があります。

その中でもまず重要なのが、封筒の印刷です。封筒には窓付き・窓なしなど種類がありますが、いずれの場合でも無地の部分がほとんどです。そこに自社の名前を入れるだけではなく、「期間限定」「数量限定」「受け取った人限定のサービス」などの興味を引かれるタイトルを入れておくと、興味を惹かれる人が多くなります。また窓付きの場合は印刷だけではなくこっそり商品サンプルなどが見えるようにしておくと興味を惹かれますし、宛名面以外にも裏面などの印刷にも配慮してみるとうまく封筒を開くように誘導することが出来ます。

DM,作成

封書タイプよりはがきタイプが格安

DMの発送は、少人数の会社にとって重要な営業ツールです。営業スタッフが1日に訪問できる顧客の数は限られていますが、DMは一度に何千世帯、何万世帯に一度に届けることが可能です。さてDMには、はがき、封書などで送りますが封書に比べはがきの方が値段が断然お得です。DMを発送する際、作成するためにパソコンやプリンターが最低限必要になります。加えて封書の場合は、封筒代、封筒に同梱する紙媒体の費用、プリンターのインク代、封入する際の糊代などがかかります。はがきの場合は印刷して発送するだけです。費用も通常はがきだと1枚あたり62円で、これにインク代がかかるだけです。封書は長3サイズだと82円の郵送料がかかり、郵送料だけで比較しても1通につき20円割高です。一度に1000世帯にDMを発送する場合、単純に郵送料だけで40000円の差が生じます。封筒代や紙代などを考えると更に割高です。ただ、はがきは印刷するスペースがなく封書と比べ情報量が極端に少なくなります。A4サイズと比べると、通常はがきはオモテ・ウラ面あわせ、情報を書き込むスペースは8分の1になります。この「少ない情報量」というデメリットを解決するのが「A4厚紙DM」です。

大判サイズのはがき印刷の見積の方法とは

大判サイズのはがきは送付するためにかかる費用が高く、安くする方法を探すと便利です。はがきを使ってサービス内容を伝えたい時は大きさを大きくすると文字の太さを変化させやすくデザインなどを添えてアピールでき、大判サイズは通常サイズと比べて情報を伝達しやすいことが特徴です。

大判サイズのはがきに印刷する内容を決める時は伝えたい内容を考え、サンプルなどを参考にして強調できるように選ぶと効果的です。はがきは封筒と比べて発送費を安くでき、大判サイズを選ぶと伝えたい内容が長くなる時にも対処できます。

はがき印刷を依頼する時は格安印刷サービスを使うと効果的で、枚数が多い時は見積をしてから決めると最適な方法を探しやすいです。大判サイズの印刷は業者によって料金が変わりやすく事前に内容を比較し安い方法を選ぶと作成にかかる経費を削減できます。

大判サイズのはがきの発送を安く依頼する方法は発送代行サービスに相談し送付する枚数や送付先などを相談して見積の内容を比較して決めると効果的です。大判サイズのはがきは伝えたい内容を伝えやすいため効果が高く、通常サイズと比較して伝えたい内容を表現しやすいため臨機応変に考えると役立ちます。

大判サイズのはがき印刷の見積は複数の業者に依頼し内容を比較して決める方法が望ましく、かかる費用をなるべく安くするように決めると便利です。はがき印刷を安くする時は格安印刷サービスを選ぶと効果的で、業者と相談して最適な内容を決めると効果的です。大判サイズのはがきは多くの情報を伝えたい時に効果があり、注目されやすいようにデザインやレイアウトを決める方法が望ましいです。

はがき印刷をする時はサイズやレイアウトに応じて料金が違うため事前に見積の内容を確かめて伝えたい内容を的確に伝えるように流れを決める必要があります。大判サイズのはがきは送付するためにかかる費用が高く、かかる費用に見合った効果を出せるように印刷する内容を考えて依頼することが重要です。

大判サイズのはがきを印刷する時は文字の大きさやデザインなどで料金に大差が発生するため、複数の業者の見積の内容を比較して決める方法が最適です。はがき印刷をする時は信頼できる業者を探し希望する内容に沿って作成してもらえるように考えて選ぶ必要があります。

大判サイズのはがき印刷の見積の方法は伝えたい内容を考えて業者と相談し最適なサービスを選ぶきっかけにすると効果的です。

安く宣伝効果のある広告料金

DMは不特定多数の相手に商品やサービスの宣伝を示した広告を送付する手法で実際に手元で宣伝内容を吟味してもらえる長所があります。また、一般的にはがきなどの郵便物を使用することから、パソコンなどの情報端末を所有していない世帯にも分け隔てなく宣伝できるのもメリットの1つです。その一方で、同様の宣伝手法を用いる他業種が多いことからより宣伝効果が高い印刷技法を用いることが重要になります。

DMは所要時間やコストを考慮して専門技術を持つ印刷業者に依頼するのが一般的です。枚数やインクの種類などを工夫することで少ない支出で作成することも可能ですが、より効果的な宣伝を行うためには独自のノウハウを構築している所を選び、指導を受けたうえで作成するように心がけます。また、似たような内容のDMを頻繁に送付すると却って悪い印象を抱かれてしまう可能性もあることから、伝えたい事柄をわかりやすく簡潔に纏めることも効果的な宣伝の条件です。

近年ではパソコンを使用して自分でDMを印刷するケースが増加しています。自分だけのオリジナルデザインにすることが出来るのが強みですが、作成に手間がかかるのでスケジュール調整が必須な点を注意します。

DMを印刷する費用を安くするコツとは

DMを印刷する時は格安サービスを使うと効果的でありかかる費用を安くできるように流れを決める方法が最適です。DMは自宅に配達をして伝えたい相手に内容を定格に伝えられるため、サイトなどで伝える方法と比べると効果が出せます。

DMは印刷をする時に費用がかかるため効果を出せるように計画を立て、より多くの人にサービスを利用してもらえ伝える相手が興味や関心を持つように内容を考える必要があります。印刷をする時は内容を確かめて今後の段取りを決め、外部の業者に依頼をすると経費を削減できるため便利です。また、伝えたい内容を考えて文章を作成し、広告などを同封すると料金が上がるため費用対効果を考えて最適な方法を選ぶ必要があります。印刷料金は同じ内容で多くの枚数を依頼すると一枚あたりにかかる費用が安くなり、経費を削減する方法として参考にすると効果的です。

DMを印刷する費用を安くするコツは業者のサービス内容を比較し、最安値のサービスを探すことです。DMはEメールに比べ内容を確認しやすく、インターネットが接続できない環境にある時に重宝します。

作業風景

届けられた顧客により目を通してもらえるDMを作る秘訣は、やはり対象の顧客の興味を最大限に引き出す必要性があります。

封筒タイプにしても、はがきタイプにしても、はがすタイプのはがきやスクラッチを付けるなどの特殊印刷を利用したものや、箔押し加工や特殊なインクなどを使用し、ブランドや店舗の特色を生かしたデザインで完成させたものなどは、受け取った顧客に興味を持ってもらうためには特に効果的だといえます。開封までにしかけのある物を作れば、コストこそ掛かってしまいますが、受け取った顧客はただのハガキではないDMに対して面白さや興味を感じますので、開封し内容を確認してくれる可能性がより高まります。

特殊印刷や加工を行い、顧客のDMに対する第一印象にインパクトを与えることも重要ですが「粗品が””必ず””もらえる」「くじに””必ず””参加できる」などの、受け取った顧客が送られたDMを持参し来店する事によって確実に受けることのできるサービスを掲載すれば、店への来客を見込め、こういった形のDMでも効果的といえるでしょう。

受け取る顧客の事を第一に考えてDM制作をする事が、より効果的なDMを完成させるための最低条件です。

効果的なDMを製作して売り上げアップにつなげる

実際に効果のあるDMを作る事は、素人では難しいかもしれません。
DMを送る目的は売り上げを上げる事です。販売している物やサービスをより多くの人にDMで知ってもらう事で今まで以上に売り上げアップを図るのです。
しかし、単純にDMを製作して送れば良いということではありません。どのような物を製作すれば開封率が上がり売り上げに結びつくのか、こういった事はプロの経験と実績によって統計が取れます。自社の販売物やサービスを写真やイラスト等のデザインでアピールするだけでは、売り上げに直結しないのです。
毎日送られてくるDMの中で、ひときわ目立つDMを製作しなくてはいけません。そして心に残るDMを製作するのです。コストは多少かかったとしても、業者に依頼するのが最も効率的だと言えます。
業者の料金プランはパック料金を設定してるものや格安でのサービス利用ができる物など様々なプランを用意しています。このようなサービスを上手に利用する事でコスト以上の利益をもたらしてくれるのです。
創業したての様なお店にとってDMは非常に頼もしいツールの一つです。コストを出来るだけ抑えつつ、賢くプロの力を利用する事で、売り上げアップにつなげましょう。

DM,デザイン

販促ツールとして広く広告することができる

営業マンが広告するとなると広域で沢山の人に知ってもらうということは難しいです。A4厚紙DMであれば、地域を飛び越えて効果的に知ってほしいことを知ってもらうことができます。情報の出し方に配慮すれば、地域ごとにDMを出すことでお客さんの数を調整することもできます。さばききれない数のお客様が一気に来ても困ってしまうというお店ではそのような戦略が取れます。地域によってDMのデザインを少し変えるだけでも反応率に大きな差が出ることもあるのです。A4サイズのDMで目立たないということはあまりないので反応率の良し悪しはデザインや情報に掛かってきます。そう考えるとデザインや掲載する情報を厳選することによって、お客様の購買意欲を高める効果があるということになります。ここまでできるA4厚紙DMをどのように活用するかが重要なカギになってきます。告知や紹介文に使うのではなく直接ビジネスにつながる情報を掲載して、反応を待つ方がいいかもしれません。お客様にどのようなことをして欲しいのかを考えて掲載内容を決めていくと、さらに良いDMになるのです。ただの広告から一歩踏み込んだ広告として厳選した内容を掲載するとビジネスに役に立つことになります。

圧着はがき

 

なるべくコストを下げてDMを作るには

コストをあまりかけずにDMを作成する場合、効果的なデザインでなかったり「売り上げアップに繋がらなかったりするのでは」と思うかもしれません。
しかし、コストをかけなくても効果的なDMは作る事が可能です。
それは自分でDMをデザインする事です。業者に依頼するとプロですので効果的なDMを作成してもらえます。実績や過去の情報によってどのようにすれば効果的なのかを把握しているからです。
しかし、毎日ポストにはたくさんのDMやチラシが入っています。その中でも特に目を付くものや、気になるDM等は興味がなかったとしても、とりあえず目を通してみるのではないでしょうか。すぐにその店に行ってみる事はないかもしれませんが必要な時にそのお店のイメージが湧く、それがDMやチラシの効果でもあるのです。
そのようなDMをコストをかけずに作成するには自分が気になったDM等を見て学ぶ事です。どのような写真を使い、デザインはどんな物なのか、どの部分が最も気になったのか等を自分なりに分析してみるのです。
こうする事で最もコストがかかってしまいがちな業者依頼料を抑える事が可能です。
創業間もないお店にとってDMは集客を上げるための重要なツールです。コストを抑えつつも確実に売り上げを上げるためにはこのようなA4厚紙DMといえるでしょう。通常の薄いタイプのものよりも存在感があるとして、脚光を浴びる存在になっているのです。DMをめぐっては、ただ単に無作為に出せば良いというものでないことは既に多くの人の認識事項になっています。いかにして良い時期に効果的に発送することができるかによって、その成功の良し悪しが決まることになります。いわゆる販促カレンダーを使って臨むことも効果的といえるでしょう。七夕祭りや年末年始、ひな祭りなどと季節ごとのイベントに合わせて効果的にDMを送ることも必要です。商売をしている人の中には、「うちの商売には季節は関係ない」と諦めている人も多いかもしれません。しかしながら、そういう場合についても、ポジティブに考えてみることで、とっかかりが見つかるかもしれません。
いくらA4厚紙DMを発送したからといって、封も開けることなく捨てられてしまっては、もったいないことです。まずは、封を開けてもらえるようなDMにすることから考えていかなければなりません。そのためには、開けることで特典がもらえるようにすることや、ポップなコメントが飛び出すような仕掛けをするなどの工夫が必要です。

はがき印刷の費用の見積をするメリットとは

はがき印刷をする時は事前に見積をしてかかる費用を確認し、内容を比較して安い方法を選ぶと効果的です。はがきを多く印刷したい時は格安印刷サービスを使うと便利で、必要な枚数やデザインなどを確かめて満足できるようにしてもらうと方法が最適です。

DMとして多くの人に企業のサービスや最新情報を伝える時ははがきを使うと効果的で印刷を依頼する時は事前に見積をしてかかる費用を確かめて決めると便利です。印刷にかかる費用は同じ内容であれば多くの枚数を依頼すると一枚あたりの料金が安くなり、経費を削減することができます。

はがき印刷を依頼する時は事前に段取りを決めて今後の計画を立て、複数の業者の見積を比較すると最適な方法を探しやすいです。はがきは封筒と比較して発送にかかる費用がかからないためDMとして伝える方法としても効果的で、受け取った相手が興味や関心を持てるように内容を考えて印刷を依頼する方法が望ましいです。

はがき印刷の費用の見積をするメリットは安い方法を探せるため企業の経費を削減するきっかけをつかめることです。費用を安くしたい時は事前に複数の業者の内容を比較し最安値のサービスを探す必要があります。

圧着はがき

オリジナルのはがきを作成する時はかかる費用を確かめて依頼すると効果的で一枚あたりの価格をなるべく安くできるように内容を確かめて決める方法が望ましいです。デザインを選ぶ時は個性を活かせるようにサンプルを参考にして考え、相手に伝えたい内容を伝えるように考えて決めると効果があります。

はがきは送付する時にかかる費用が安くDMと比較すると手軽に使えるため便利です。企業のイベントやサービス内容などを案内する方法は様々な手段があり、はがきを使うと封筒を開ける手間をかけずにすぐに内容を確認できることがメリットです。

オリジナルのはがきを作成する時は格安印刷サービスを使うと価格を安くでき、カラー印刷をすると個性を出せ見やすくなるため効果的です。多くの枚数を依頼する時は一枚あたりの価格を安くするサービスを探し、企業の経費を削減できるように決める方法が望ましいです。

オリジナルのはがきの価格を安くするコツは格安印刷サービスを使うと便利で、必要な枚数を確認して経費を安くするように内容を比較して決める方法が最適です。はがきの内容を相手に伝わりやすくする方法は個性的なデザインを選び、興味や関心を示せるように決めると効果的です。

はがきの発送時の価格の規定や取扱い上の注意点について

はがきは郵便物の一種で、規定のサイズの用紙に文章や絵などを記してそのまま送付します。大きく分けて郵便公社が発行する郵送料金の証票が印刷された物と、自分で切手を購入して貼り付ける物があります。はがきの価格は基本的に郵送料金と同額ですが、特殊な印刷が施されている物やサイズが規定から外れている物はより高額になることがあります。また、手作りのはがきはサイズだけではなく材質や重量も考慮したうえで別に料金が徴収されるケースもあります。

はがきは宣伝媒体としての側面も持っていることからDMなどの広告として利用されたり、観光地などの名所を紹介する絵葉書として販売されることがあります。一般的なはがきよりも販売価格が高い物が多いので、購入の際には事前に確認することが大切です。

はがきは封書とは異なり文面を晒した状態で郵送します。そのため使用する際にはプライバシーに配慮して記述する事柄には注意する必要があります。また、郵送料金は変更されることがあるので、証票が印刷されているはがきは古い物ではそのまま郵送することが出来ないケースもあります。差額分の切手を貼り付ける必要があるので郵送に関する料金は正確に把握しておくことがトラブル回避の心得です。

デザイン,料金

DMを利用することのメリットはどのようなものか?

ネットによる集客が全盛とは言っても、いまだに高齢者の方を中心に紙媒体による広告を行う効果は絶大なものがあるのも実情です。DMを活用しての販促には多大なコストが掛かっていくとイメージをする方がいるのも事実ではありますが、実際には激安で発送代行を行うことが出来る業者も数多く存在しているのも実情です。低料金だからといって品質は問題なくA4・B5はがきでも綺麗な印刷を行うことが可能です。ネットを活用した集客とは違い、自社の商材に適した顧客をターゲティングしていくことが出来ますので、成約に結びつけていける顧客の掘り起こしを行っていくことが出来ます。自社で顧客情報を管理しておくことでイベント時やセール品を的確に消費者へ案内をしていくことが出来るようになり、売上に結びつけていける集客を実現できます。A4・B5はがきのようなコンパクトな紙媒体でも綺麗な印刷を行うことが出来ますので、宣伝したい商材や文面を確実に相手へと伝えていけるようになります。ネットを活用しての販促よりも短期間で売上増加に結びつけていける集客が実現出来るようになり確実な売上増を見込んでいけます。

DMを効果的に活用するために気をつけることは?

DMを効果的に活用していくには事前にターゲットを明確にしておくことが大切です。激安で発送出来ると言っても反響を得ることが見込めない消費者への送付は余分なコストも発生していきます。自社が宣伝したい商材に適したユーザ属性の絞込を行い、成約に結びつけられる反響を得ていくように進めましょう。A4・B5はがきと言っても文面だけでは無く自社のロゴや売り込みを行いたいデザインや写真を掲載方法が効果的です。掲載するデザインについては、自社でデザインが出来なくても発送代行業者でテンプレートを備えている場合もあり、低コストで綺麗なデザインを掲載することも可能です。自社で顧客情報の管理を行っている場合はDMの発送を行うユーザを年齢や性別等の属性で絞り込むことも可能でしょう。商材の販売企画の段階でDMを活用した販促効果を高めるための戦略を熟考し、一人でも多くの方からの反響を得ていけるように発送代行業者の利用を進めていきましょう。ネット広告が全盛とは言っても、高齢者を中心に紙媒体を使った広告の方が効果が高いのも事実です。売上の伸びに悩んでいる商材を劇的に改善していくことがDMを活用することで実現します。

DM,の,ダイレクトメール,チラシ,デザイン,効果,印刷,圧着,広告,発送,企業,制作

セールやキャンペーン、ニューリリースや会員情報など、企業や店舗が顧客へ向けて発信する情報ツールにDMが活用されていますが、工夫次第では他店、同業者との差別化や効率の良い集客、業務遂行に繋がることもあります。A4圧着DMは大きなサイズのDMでA4サイズのチラシ2枚分の見開きを中面に持ち、宛名書きをする表面や裏面にも情報を掲載することやビジュアル的な仕掛け(表現)を施すことが可能です。広い中面には封書を使用したDM並の情報量を掲載することができ、他で使用するためにデザイン制作した広告チラシを再利用するなど時短になる使い方もあります。またA4サイズであることを最大限に利用して、商品画像などを掲載しFAXでの注文書を付ければ小さなカタログ販売となることや複数枚のチケット、割引券の掲載、返信用はがきの掲載などが可能です。ビジュアルを活かしたDMや、設計図や説明書きなどの情報量の多く重みのある内容物の掲載にも向いているのがA4圧着DMです。DMの発送や印刷に関する工程は手間がかかりがちですが、代行サービスへ依頼することは業務が軽減化し利便性も高いです。業者により制作・印刷のサポートもありサービスの範囲を確認し業者選びをします。

DM,デザイン,作成,料金

 

より多くの情報を詰め込める

DMは顧客開拓や売り上げアップのためのマーケティングツールです。ターゲットとなる顧客に対して行動喚起を直接的に訴えかけることができ、ブランド認知や話題喚起のために用いられることもあります。
しかし送る側がそのデザイン性や内容に満足したDMでも、受け取る側(顧客)の心を刺激し動かすことができなければ意味がありません。顧客からの反応があって初めて成果へと結びつきます。成果を上げるためにも顧客の心理をしっかり理解した質の高いDMを送る必要があります。
はがきDMの中でもZ折り圧着タイプは情報量の多さという点でより効果的です。2つ折り圧着だと4面に印刷ができますが、Z折り圧着だと6面に印字が可能です。一度に多くのメッセージを発信することで顧客の心をより掴むチャンスが大きくなります。
また圧着はがきの特徴として内側の印字面にフィルムが用いられることにより光沢のある仕上がりになります。インパクトのある画像を使用する際は紙のツヤによって絵が映えるのでとても効果的です。フィルムを用いない圧着はがきもありその場合、紙と紙との粘着力が増すので個人情報や契約内容を記載されたものに最適です。フィルムなしの圧着はがきのほうが低コストで作成できます。費用対効果を考えて選ぶようにしましょう。

ノウハウを極めたプロに任せる

Z折り圧着タイプのような特殊な型のはがきを作成するには専用の機械が必要になります。発送代行業者ならさまざまな型に応じた印刷機を取り揃えています。
また印刷だけでなく宛名ラベルを用意したり見積もりや発注手配の手間を省くためにも専門の業者に委託するのは得策だといえます。とにかく人件費がかかって仕方がなかった印刷・発送業務の悩みが業者に依頼することで一気に解消するかもしれません。自力でやったほうがコストが削減できるのか、それとも委託したほうが安く上がるのか、まずは比較してみるといいでしょう。
もし印刷や郵送に特化した業者ではなくDMのノウハウも備えたトータル的な業務をこなす業者を利用するならプラニングからお願いすることもできます。情報の見せ方、届け方を熟知したDMのプロに任せれば、顧客の目に止まりやすい効果的なDMを作成することができます。またDMの形式は日々進化し効果を上げるためにさまざまなアイディアが試されています。発送代行業界も競争が激しくなっていることもあり最新の手法に対する意識も高まっています。その点からもノウハウを極めた第一線のプロに依頼するのはDM業務を成功させる近道だと言えます。

DM,デザイン

昔のDMははがきの表面が宛名で裏に商品紹介等の宣伝が載っている形式でしたが、最近のDMは二つ折りになっていて二つ折り部分をはがして開けるタイプのものが多くなっています。この二つ折りの形式のことをV字圧着といいます。V字圧着は通常のはがきタイプに比べて若干コストはかかるものの、情報量ははがきタイプの3倍(中2面+裏1面)載せることができるため、トータルの宣伝効果を考えると多少値段がはがきタイプより高くてもV字圧着のDMを選択する人が増えているということのようです。

V字圧着DMのメリットについて

DMを利用して企業の宣伝を行いたい時に一体どのようなものを作成すれば効果的であるのか、迷ってしまいますよね。貴重な経費を利用して印刷、発送するのですからコストに対して効果が得られなければ損をしてしまいます。

DMには様々な種類が存在し、それぞれにメリットがありますのでその中から効果的な宣伝を行うことができるものを的確に判断して選ぶ必要があります。なるべく安い費用で印刷、発送をしたいのでしたら、はがきを利用することがおすすめです。また、同じはがきであってもV字圧着を選べば通常のはがきと同じ発送料金であるのにも関わらず通常のはがきよりもより多くの情報量を掲載することが可能です。

V字圧着は1箇所を開封するはがきのことで、はがき2枚分のスペースを利用することができます。通常のはがきとは異なり開封することでお得な情報を得ることができるというひと手間と開封しないと中身がわからないという期待感でお客様の興味を集中させることができるのです。開封した中身にクーポンや特典などを記載しておけばお客様の目を引くことができるでしょう。また、中身が見えないことによりお客様のプライバシーに関わる情報を掲載する時にも都合がよい方法になります。

DM,デザイン,作成

開封率100%のA4はがきのメリットとは

一般的なDMには通常はがきが使用されています。そんな中でA4はがきのような大きなサイズを利用すれば、顧客へのインパクトは非常に大きいと言えます。はがきという点は通常はがきと同じであるため開封率は100%です。文字や図を大きく表記でき、非常に見やすいDMを簡単に作ることができます。伝えたい情報をたっぷり掲載することもできる非常に便利な方法です。

コストを抑えられるという点もA4はがきのメリットと言えます。封書タイプに比べて封筒・封入作業は必要ありません。余分な費用を削減でき、大量送付した場合は郵送料が割引されることもあります。納品日までの期間も比較的短く、早く・簡単にDMを作るには最適です。

また、A4はがきなど大きなサイズになればDMではなくニュースレターとして使用できるのも魅力の1つではないでしょうか。ニュースレターは商品やキャンペーンを売り込むものではなく、顧客が得をする情報だけを掲載した手紙のことです。顧客との良い関係性を築くために利用します。お買い得な商品・店舗や従業員の様子を新聞のような形式で作成します。これは大きなサイズであるからこそ利用できる方法です。定期的に発信することで、顧客の利用率を高めることができます。

A4はがきで効果的なDMを作る方法

DMで最も大切なのはコンセプトです。コンセプトを明確に決めておけば、顧客に伝えたいことが確実に届きます。まずはコンセプトを新商品・キャンペーンなどいくつかに絞ります。その際、商品やキャンペーンのターゲットとなる人々の特徴を把握しておきましょう。例えばPRしたい商品が20~30代の女性をターゲットにしているものなら、関連商品として紹介するものは女性が好むものを選択します。比較的若い世代なのでそれほど高価ではない商品を選ぶのが無難です。このようにターゲットを考えてコンセプトを絞ることで、顧客の興味を引くDMになります。

DMに必要不可欠なものはキャッチコピー・商品説明・問い合わせ先などがあります。この中でどの情報を目立つように配置するのか、優先順位を決めなければなりません。デザインで重要なのはメリハリです。コンセプトやキャッチコピーなど目立つものは写真などを利用してとことん目立たせます。逆に詳細な説明などは小さくしておきます。説明文は必要ではありますが重要でない情報を捨てることで見やすいDMになります。そして顧客の購買欲を高めることができるので情報の取捨選択は非常に重要なのです。これらの基本的なテクニックを踏まえた上で効果的なDMを作成しましょう。サイズが大きいからこそデザインにこだわることで、より顧客の興味を引くDMになります。

DM,の,まとめ,ダイレクトメール,チラシ,デザイン,ハガキ,作成,効果,印刷,料金,発注,発送,企業

新商品、キャンペーン情報を伝えるためファッションや車などを扱う企業は顧客にメールやはがきを利用するDMというものがあります。FAXやEメール、封書といった種類が挙げられそれぞれ異なる特徴を持つため、企業は顧客に閲覧されやすい人に合わせて情報伝達を行います。案内状や商品サンプルを伝えることが多い封書DMの発送は情報を多く伝えられ、カラフルなカラーリングを使用した印象的なものを作成しやすいメリットがあります。これにより顧客に企業への興味が引きやすくなり、人によっては封書DMをきっかけに商品購入を決めたという人もいるでしょう。しかし、封筒に複数の紙媒体を入れるためメールやFAXと違い安いコストで済ませるのは難しいです。発送にかける金銭を抑えるための工夫は多く存在し、運送会社によって必要なコストや返却率が異なります。会社選びは発行するメールの量を基準にするのがおすすめで自分で処理する限度は数百件が目安です。企業や小売店から来るDMはビニールで包まれているのを多く目にする人がいるでしょう。書類を入れるための封筒にも安いコストで行える箇所もあり、紙よりビニール素材のものが費用を抑えることが可能です。

封書DMの発送は、安い上に効果的なプロモーションになります

企業や店舗が顧客に新製品や新サービスの情報を提供する手段としては封書DMを発送することが一般的です。その際はただ商品名や写真をハガキに掲載するだけではなく、商品をわかりやすく紹介できるキャッチコピーや魅力的なキャンペーンなどの情報を併せて記載することが重要となります。

紙の郵便による封書DMのメリットとしては、顧客の目に留まりやすく、多くの情報を記載できるということが挙げられます。ハガキや折り込みチラシの場合はたとえ両面に文字やイラストを印刷したとしても面積が小さいために必要なデータをすべて網羅することは困難です。そこで、複数枚のチラシを一袋にまとめることによって安いコストで効果的にプロモーションを行うことができます。また、デザインや印刷のほか、発送までを一括して行ってくれる業者もありますから労力というコストを節約することにもつながります。代行を依頼する場合は一度に発注する量が多いほど安い料金となります。

DM,デザイン,送る

DMを封書で送るメリットについて

インターネットやテレビが普及している現在もなおDMは宣伝媒体として効果を発揮しています。適切な使われ方を知ることで効果的な封書DMが行えます。封書DMのメリットは何と言っても豊富な内容量です。はがきよりも多くの内容を掲載できるため、企業側の伝えたいことを詳細に説明できます。A4やB5など大きめのチラシやクーポンを一緒に封入することも可能です。宣伝効果の高い方法と言えるでしょう。サンプルなども封入しておけば、顧客心理に作用して開封率を高めます。宣伝をする上で開封してもらうことが前提となる封書において、開封させるために工夫を凝らすことは非常に重要です。透明窓・封筒にコピー記載・ミシン目などさまざまな方法があるため、適宜利用しましょう。

封書は情報量が多い商品のPRに使用する場合に用いられます。情報量が多いにも関わらず、はがきを使用してしまうと見づらいものとなってしまいます。それでは効果が低いため封書の方が適切です。また、個人情報を記載している場合も封書が使われます。封書は顧客のプライバシーを保護する役割も担っているのです。商品が非常にナイーブで顧客のプライバシーに関わるものであれば封書の方が向いています。

用途によって封書の形式を使い分ける

封筒の形や貼り方は用途によって使い分けることで、リスクのないDM送付が可能になります。封筒の形は大きく分けて角形・長形・洋形の3種類があります。角形は短辺と長辺に大きな差がない、大きめの封筒です。A4・B5など大きな書類を入れることができ折り目をつけたくない、または冊子を送りたい時に最適です。書類が大きいため顧客に与える印象も強くなります。長形は短辺と長辺の差が大きい縦長の封筒です。書類を折り曲げても良い時や費用を抑えたい場合に向いています。

洋形は封入口が大きい横長の封筒です。長形と同じように書類を折り曲げて入れることになります。封入口が大きいため書類の出し入れがしやすいという特徴があります。横書きのDMを送る場合は洋書を使用することが多いようです。

角形や長形のような和封筒にはセンター貼とスミ貼があります。封筒の中央で貼り合わせているものがセンター貼(中貼)です。礼儀正しい印象を与えることができるため、金融企業など信頼性を重要視する場合に用いられます。スミ貼は封筒の横側に貼り合わせ部分があるものです。貼り合わせ部分によって生じる印刷時の色ムラが起こりにくく、不良品を抑えることができます。

洋形などの洋封筒にはカマス貼とダイヤ貼があります。カマス貼は封筒の端に貼り合わせ部分が位置しています。ビジネス用として一般的なモデルです。一方のダイヤ貼は封筒の蓋が三角形とオシャレなデザインになっています。主な使われ方としては招待状や挨拶状が挙げられます。ビジネス用にはあまり用いられていません。このように使い方に合わせて使用すれば効果的な封書DMを行えます。

DM,の,チラシ,デザイン,作成,効果,印刷,発送,企業

 

A4厚紙DMの印刷を依頼する会社を選ぶ際に考えること

A4厚紙DMの印刷を依頼する会社選びの基準は多くあります。例えば費用であったり、依頼から完成までのスピードであったり、印刷された際のクオリティであったりと様々ですが、何を重視するかは依頼する側の事情によって異なります。ですが依頼をする際の前提として重視すべきポイントがあり、それはどれだけの範囲のサポートを受けることができるかどうかです。A4厚紙DMの作成依頼をして完成したものの、大量に刷る中で印字ミスなどが生じてしまうことも珍しくありませんし、事情があって完成後に変更しなければならない場合、どれだけ迅速に対応してもらえるかどうかも重視すべきポイントになります。また、過去に印刷依頼をした会社に再度依頼をする際に余計な手間が掛からずに対応可能なところもありますので、何度も依頼をする可能性がある場合にはこうした密なサポートを行なっているところを見つけたほうがメリットが大きいといえるでしょう。また、デザインから依頼を受けている会社もあり、その内容は各会社によって傾向が大きく異なりますのでどんな内容にしたいのかを考えた上で選択をしていく必要がありますので、慎重に会社をさがさなければなりません。

DM,デザイン,作成,料金

 

A4圧着DMで効果的に宣伝するには

A4圧着DMを効果的なDMにするには、見やすいレイアウトにて印刷することが大切です。また、圧着部分を開いた時のサプライズ感が益すように、美し写真などを掲載しておくとお客様にも喜ばれます。たくさんの情報を記載できるのが、A4圧着DMのメリットですが小さな字でたくさん記載するのは逆効果です。宣伝したい商品の写真を大きく載せておいて、詳細はQRコードでインターネット上で見られるようにしておけば、綺麗なレイアウトでインパクトのある印刷物となります。
なお、激安発送代行業者の利用方法ですが、最初に電話やインターネットフォームにて問い合わせを行い、どのようなDMを作りたいのかを打ち合わせします。その後見積をもらい、利用する業者を選定します。利用する業者を選定したら、DMに記載する文章や写真などを送付します。掲載レイアウトについては業者にてテンプレートを持っていることもありますし業者が提案してくれることもあります。デザインが決まればハガキの作成となります。その後、送付先リストを業者に送付しリストに基づき業者が発送します。費用については、銀行振込やコンビニ決済などが選べるはずです。

作成,送る

なるほど!情報量が2倍から3倍に

普通はがきでは表面は受取人の宛名が記載されますので、伝えたい情報量は良くて半分程度です。そしてはがきの裏面は全て使えますので、1枚のはがきで使用できる面積は1.5枚という計算になります。ここでバーゲンセールの情報を普通はがきへ掲載することを考えてみます。送り主が記載したい情報には、「10%OFF」などの割引情報、目玉商品の写真とキャッチコピー、セールの期間、そして送り主の情報など沢山あります。しかし、普通はがきへ掲載しようとした場合、情報量に対して掲載面積が少なく満足のいく情報を掲載する事ができません。文字のフォントや商品の写真を小さくしても限界があり受取人に伝えたい情報を全て掲載することは困難です。また、文字のフォントや商品の写真を小さくすると情報自体のインパクトも小さくなります。

ただし圧着はがきを使用すれば、この問題が解決できます。圧着はがきには2つ折りとZ折りがあり、2つ折りであれば掲載面積が2面増加し、Z折りであれば4面増加します。そのため、DMで伝えたい掲載情報量が増え、送り主が受取人へ伝えたい情報量とインパクトが格段にアップします。情報量が多ければ受取人からの反響もおのずと増え、封書に比べてコストメリットもありますので、DMとしての使用が効果的です。

開封したい!心理効果を利用した優れもの

圧着はがきは人の心理を利用する使われ方もしています。子どもはお菓子のおまけでシールがついていると、どこに貼ろうかと考える前にまずシールを剥がしたくなります。大人でも擦り傷などの怪我をした際、かさぶたが出来上がると我慢できずにかさぶたを剥がしてしまった経験がないでしょうか。圧着はがきもこれと同じような心理効果が働いています。圧着されている面を爪と指を使用して少しずつ剥がしていくこと自体に快感を覚えるため、圧着はがきを受け取った受取人は、興味が無い場合であっても剥がして中身の情報を見る可能性が高くなります。また、圧着されている事で情報の機密性が発生しますので、中の情報をのぞき見したいという心理効果も同時に働きます。

これが封筒の場合、開封するためにはハサミやカッターを使用しますので、中身の大切な資料を一緒に切断しない様に気を遣いますね。どちらかと言えば慎重な作業になるため、圧着はがきの様な開封する際のワクワク感はありません。また、ハサミで中身の大切な資料を切断してしまった場合、受取人は気落ちし、ため息が漏れるでしょう。圧着はがきには受取人が気分良く情報を見るための仕掛けが施されているのです。

DM,デザイン,作成,送る

A4はがきDMの特徴とメリット

A4はがきとは、通常の官製はがきの約4倍の面積がある、ジャンボサイズのはがきです。

郵送のほかに民間業者による配送でも送ることができます。

面積自体は通常のはがきの4倍ですが、表面にも宛名以外を書けるスペースがある為、実際は約6倍の文章を記載できます。

A4はがきはDMに用いるのに適しています。

その点、A4はがきは開封率100%です。

キャッチコピーや主張したい内容を両面に記載すれば、より確実に広告効果を上げられます。

また、コストパフォーマンスの点でもA4チラシで使用したデザインの流用ができること、封入作業の手間と封筒のコストを削減できることで優れているといえます。

封筒入りDMと比べると情報量に限りがありますが、特に新規客を見込む場合には、限られた情報量がかえって分かりやすく反応率に繋がります。

また、DMとして送るA4はがきの一部分を返信用はがきとしたりFAX申し込み部分に使用することもできます。これも反応率に繋がる大きな利点です。

A4はがきで送るときに知っておくことは?

A4はがきで送ると決めた場合はまず、発送方法です。宅配業者のメール便があり、1通80円から発送できるようです。ただし数量が多くなるとどの業者も割引制度がありますので確認してみたほうがいいです。宅配業者によっては追跡調査ができるところもあります。条件等はありますが宅急便のように受領印やサインをもらうことはないメール便で配達状況を知ることができます。又は引越した後でも転居先に転送してもらえる宅配業者もありますので、そういった特徴などもふまえて選びましょう。つぎに印刷です。印刷をする場合自社で印刷するのか業者に依頼するか決めないといけません。数量が多いとコストがかかりますので印刷業者に依頼するのが得策でしょう。A4はがきを印刷から発送まで行う専門の業者もありますのでコストや時間などを考慮するとお任せしたほうがいい場合もあります。依頼する業者選びに関しては発送する数量と専門業者が主に扱っている数量があまりかけ離れていない業者がいいです。なぜならDMを発送する業者は下請けの下請け、更に下請けということがあります。そうなると細かい指示なども届かないのでスムーズに進まずトラブルになってしまうこともあります。

発送代行業者の選び方、発送前の確認事項

A4はがきという媒体をDMに採用すると決めたら具体的に検討すべきことがあります。

まず、カラーにするか白黒にするか。これはコストパフォーマンスと広告効果を考えて決めます。

続いて自社で印刷するのか外注するのか。

非常に格安で印刷が依頼できる業者も多いので、部数が多い場合には外注が便利です。

一方白黒印刷で少部数のみ発行する場合には自社で印刷する方がコストがかからないこともあります。

いずれにせよ、複数の印刷業者を比較したうえでの十分な検討が必要です。

外注する場合の業者選びについてですが印刷業者と発送業者を分けて選ぶか、あるいは印刷から発送までの過程を合わせて代行している業者を選ぶこともできます。

このような作成、発送を合わせて代行している業者の場合、コストが低いです。しかし業者によって得意とする媒体は異なりますので注意しましょう。

また、代行業者に依頼する際には、追跡調査ができるのかどうか、受領書のコピーを貰えるかどうかも確認すると安心です。受領書のコピーを貰えれば、確実に発送されたかどうかが、追跡調査ができれば確実に配達されたかどうかが確かめられます。

最後に、補足として紙の材質についてです。返信用部分を作った場合には書き込みができるマットコート紙か上質紙を選びます。上質紙の方が書きやすいですが、折れにくいのはマットコート紙です。

一方書き込みが必要ない場合で、写真の映えを良くしたい時にはコート紙が適しています。

以上のポイントに工夫すればA4はがきをより効果的に使用できます。

DM,の,ダイレクトメール,作成,効果,印刷,圧着,広告,送る,企業

せっかく、コストをかけてDMを打つのであれば、効果的なものが良いですよね。DMと一口に言っても様々なタイプがあり、これまでの旧態依然のやり方に捉われていたら状況は好転せずかえって他者に水を開けられてしまうかもしれません。

Z折り圧着のはがきは発送を代行してくれる所がお勧め

Z折り圧着でははがきがよく用いられます。圧着させたはがきを剥がして立てた時にZの形になる折り方をしたものを指しますが、封筒でも同じような形状のものがあります。この際に印刷した状態で納品をさせて、各自宛名を印刷するか宛名シールを貼り付けて発送するというのが一般的でした。最近では発送の代行まで行う印刷業者が現れています。発注する側としては手間がかからず楽という面があり、また印刷業者からすると手数料を多く請求出来るので利益が出るということから営業に積極的です。

上質な紙ほど従量が増えるということは紙業や印刷業に携わる人にとっては常識の範囲ですが、郵便はがきとして認められるには6g以内に収める必要があります。Z折り圧着はがきでははがきサイズの紙が3枚重ねになりニスや糊などで接着してあることから、接着剤と水分の影響を受けやすくなっています。このため、同じように作成したつもりでも保管状況によっては6gを超えてしまいはがき料金では送れないというケースが発生しています。Z折り圧着はがきの発送代行まで行う印刷業者へ依頼していた場合、検品を行ってから発送するまでの期間が比較的短く倉庫などで管理されているため、余分な水分を空気中から吸い込む危険性が減ります。このため、規定の6g以内の発送がしっかりと行えることから一括で依頼する所が増えています。

Z折り圧着はがきは、用紙の製造により重量にばらつきがあってラベルを貼るとはがき規定の重量を超えてしまいます。このため、マット90Kに様式を変更して作成をする必要があります。

実際の発送では、500部単位での発注で、500部以下の注文でも500部の金額となります。通常宅急便での発送となり、タイムサービスは別途費用が掛かります。4色機で付け合わせで印刷の場合は、たとえ1色や2色でのデータでも4色扱いになります。

Z折り圧着DMは情報を詰め込む部分が多くあり、広告効果が期待できます。ただ、発送の際は郵便局でやってもらうのが一番安全です。Z折り圧着はがきはV字折りのはがきより、より多くの情報をはがき料金の格安で提供できるため、多くの情報量がある場合は大変お得です。はがす箇所は、はがきの裏表二か所あり、注意してゆっくりはがす必要があります。特に雨などで郵便物が濡れているとうまくはがせず、破れてしまい、書かれている情報が読み取れないということがあります。その意味では、なるべくなら圧着の技術にこだわって格安でしかも丈夫な方法を求めることが大切です。通常、Z折り圧着はがきは、わかりやすくコーナーカット、ずらし折りの部分は違う色で塗り分けされています。

Z折り圧着DMの印刷と発送

かかる費用に対して効率が良いとされているDMとして、Z折り圧着で印刷されたものを発送する手があります。

V圧着のものは2つ折りに対して、Z圧着のはがきは3つ折りで2箇所の開封になり情報量がさらに増えます。情報量として通常はがきよりも3~5倍になります。広告郵便を申請することにより通常のはがき同様の料金で送れます。

封書タイプのDMでは、開封して中を見る手間がかかりなかなか見てもらえないこともあります。対してめくるタイプのZ折り圧着印刷のはがきだとその場で道具を使わずに簡単に開封することでき開封率のアップにつながります。

DMは見てもらわないと意味がないのですがZ折り圧着だと見てもらう確率が高くなります。

新商品の案内やセールの案内、クーポンやお店のお得な情報など、様々なバリエーションで作ることができます。

「めくりたくなる」圧着式のはがきでのDMは少部数で配布しても効率の良いものといわれています。

ぜひ、お店の情報をお客さまに配布するときはZ折り圧着を利用して発送してみましょう。

DM,の,まとめ,チラシ,デザイン,作成,効果,印刷,圧着,安く,料金,発注,発送,企業

通常の封書DMを発送する前に代行業者に頼む場合と料金がとどのくらい違うか検証してみてください。発送手段は郵便局か運送業者となりますが、これらは大量発送の依頼の際には割引を行っており1件あたりの料金が安くなります。代行業者の中には、いくつかの企業の依頼をまとめて発注することで、発送料金を安くしているところがあるのです。

また、代行業者の中には、封書のDM印刷もまとめて請け負ってくれるところもあります。宛名印刷を自社で行う場合には、どうしてもミスも起きやすいうえに手間と時間がかかりますよね。印刷と発送をまとめて行ってもらうことで、その手間や料金、余分な人件費を圧縮できるというわけです。

さらに、封書DMの印刷を代行業者にお願いすることで各段に開封率をあげることができます。封書DMを開封のしやすい折圧着タイプの形状にしたり、読みたくなるように情報を記載するデザインを工夫したりなど、専門の業者だからこそできる技術があるのです。

せっかく情報量を詰め込んだ封書DMを届けても、開封してもらえなければ意味が無いですよね。自社発送を行っている場合には、費用対効果の観点からも代行業者に依頼するのが得策かもしれません。

DM,の,ダイレクトメール,チラシ,テンプレート,デザイン,ハガキ,作成,作業,効果,印刷,発送,送る,制作

 

多くの情報を載せて発送できるA4厚紙DM

コンサルタントのビジネスをしている人や、DMで効果的な商品の宣伝をして大きく儲けているビジネスのプロたちの間で、頻繁に使われる発送方法としてA4厚紙DMがあります。A4厚紙DMは、サイズがA4サイズなので非常に印刷できる部分が広いため、多くの情報を厚紙に印刷してメール便又は郵送で発送することが可能です。また、封筒に入れているだけの普通のDMだと、開封される前に捨てられてしまうリスクがあるのですが、A4厚紙DMは封を開かなくてもいいので、開封率が100%というのは大きなメリットです。ただ、通常のはがきの4倍くらいの広い面積があるからといって、あまり大したことがない情報しか載ってないと、効果が薄くなるので、きちんと自社の商品の濃い情報を載せて発送するべきです。また、面積が広いので以前作ったことがあるチラシをそのまま使える点はかなりの手間を省くことができることも便利な部分です。

顧客へのお得情報などの伝達を行う際には、情報を見やすく印刷できるA4厚紙DMを活用することができます。このようなA4厚紙DMの制作を代行業者に依頼した場合、契約や入稿、発送などにある程度の期間が必要となっています。しかし、商売を行っていく中では、急きょセールや催しなどの開催が決まる場合も多く存在しているため、A4厚紙DMをスピーディーに発送してもらうことが必要となります。

代行業者の中にはそのようなニーズに対応するために、A4厚紙DMの短縮発送サービスなどを提供している業者も存在しています。短縮発送サービスなどを活用すれば、A4厚紙DMを短期間で顧客に発送することが可能となるため、急きょセールや催しなどの開催が決まった場合でも、しっかりと情報の伝達を行えます。

短縮発送サービスなどをより効果的に利用するためには代行業者が提供しているテンプレートなどを使用して、適切なデータを事前に作成しておくことが重要です。データの作成がうまくいかない場合には、代行業者にデザインを依頼することも可能なため、安心して手を打っていけます。

このように、A4厚紙DMをスピーディーに発送したい場合には、代行業者が提供する短縮発送サービスなどが効果を発揮します。

一度に多くの情報が届けられる

DMは顧客の直接的な反応を得られる手段として有効です。ネット上に溢れかえっているデジタル広告とは異なりターゲットとなる顧客の手に直に触れられるという点で、情報に目を通してもらえる率が高いです。多くの人に読まれれば、それだけ集客や売り上げアップにつながります。
中でも封書サイズのDMは一度に掲載できる情報量が多いのが魅力的です。A4、A5サイズの広告を数枚折りたたんで顧客の元へ届けることができます。またカタログなどの冊子やサンプルやノベルティを封入することも可能です。
しかしDMはただ送りたい相手に送ればいいというものではありません。反応率を上げるためにも効果的なDMを送る必要があります。
特に封書サイズのDMは開封してもらうことが何よりも大事です。顧客が思わず開封したくなるような仕掛けを施すことで開封率をアップさせることが可能です。人によっては封筒に厚みがあるだけで「何が入っているのだろう」と不思議に思ったり、「何かいいものが入っているかもしれない」と好奇心を抱いて開封する人もいます。しかし大半の人は厚みがあるだけではそう易々と開封してくれません。封書サイズのDMをより確実に開封してもらうためには、封筒の表面(宛名の下のスペース)に訴求力のあるメッセージを添える必要があります。割引サービスやキャンペーンなど、顧客にとってメリットのある案内をひと言添えておくだけで効果が違ってきます。

ノウハウを知る代行業者に

DNは紙媒体によるマーケティングであるともいえます。確かな効果を得るためにも、アイディアや企画力やクリエイティブ力が重要になってきます。同じ内容の情報でもDMの場合、見せ方や伝え方で顧客の心に響くか否かが決定します。
最終的な成果へと結びつけるためにノウハウを熟知している専門の発送代行業者に依頼するのもひとつの手です。発送代行業者による最適な作業・発送方法の提案によって、大幅なコスト削減が実現するかもしれません。DMの発送とひと言にいっても、印刷物や発送資材や宛名ラベルの準備をしなくてはならないし発送の見積もりや発注の手配をかけなければなりません。その上、デザインを考えたり場合によっては会議を開いてどのような広告が効果的かアイディアを出し合ったりする必要があり、それだけ手間と労力がかかってきます。
激安で発送代行をしている業者を利用すれば現在負担している額よりもコストを抑えることができるかもしれません。激安の発送代行業者は印刷に特化した設備を持っており、独自のルートで印刷に必要な紙やインクや発送資材を他より安く入手しています。また定期的な郵送物に関しては郵送会社と提携することで割引料金で利用しています。また、発送代行業者の中には発送したDMの効果測定を行っているところもあるので、実際の効果が気になる場合は利用してみるといいでしょう。

の,ダイレクトメール,チラシ,作業,効果,印刷,宣伝効果,広告,本,発送,発送代行,送る,企業

デフレが進みモノが売れなくなっている昨今、企業はあの手この手で自社製品やサービスのPRを行い、顧客の獲得に勤めています。

顧客獲得のための効果的な販促策として有効なのがDMです。

街中でティッシュと一緒にチラシを配ったり、やたらむやみにインターネット広告を出すよりも直接的に情報を届けたい相手に送る事が出来るので非常に効果的な販促策であるといえます。

その様なDMですが、実際に送った人の数%でもリアクションがあれば成功と言える世界となっており数をいかに多く出していくかが重要となります。企業やサービスの規模にもよりますが、数千から数万単位で発送する事もあるので、発送の準備をするだけでも一苦労です。

発送代行を賢く使うベストタイミングのDM

インターネットが普及してずいぶん経ちますが個人に直接発送するDMの存在は健在です。その理由はもちろん宣伝効果があるからに他なりません。DMのメリットは色々ありますが、その一つにレスポンスの状況がはっきりしていると言うことがあげれます。ネットの広告は不特定多数の人が見ており誰が見ているのかも不明です。一方DMは郵送ですので誰に送ったかは明白で、何パーセントの人が買ったのかの把握が容易にできるのです。また過去にユーザーだった方に発送することで休眠層の掘り起こしを行うなど広告費用を目的がはっきりした事に使えるのもDMならではの使い方と言えます。

そんな便利なDMですが発送時期というものも大変重要になってきます。お給料日やボーナス前に届くように発送したり季節ものであれば商戦が始まる前でなくては効果は半減してしまいます。自社内で社員さんにやってもらうことも不可能ではありませんが煩雑な発送作業は専門の代行業者に依頼した方がスマートです。普段は別の仕事をしている社員と代行業者では手際の良さが全く違ってくるからです。不手際のうちに時期を逃してしまうことが無いように専門業者を賢く使いましょう。

DM,デザイン,作成,送る

 

効果的なDMにするための工夫アドバイス

DMは多くの人に利用してもらえるように内容を考え、送付する相手が興味や関心を持つように内容を考えて制作する必要があります。内容を決める方法は相手が求めていることを考え文章構成を決め、レイアウトなどを工夫して伝えたい内容を的確に伝えるようにすると効果的です。

DMはインターネットを使ってサービス内容を伝える方法と比べて費用が高く、それ相応の効果を出せるように考えて計画を立てる必要があります。制作をする方法はかかる費用をなるべく安くするように内容を比較して決め、イベントの日程などを確かめながら送付する時期を正しく選ぶ方法が最適です。

DMを送付するメリットはインターネットを使って情報を配信するとつながらない環境に場合は伝えられないため自宅に郵便物を送付することで相手に直接伝えられることで、かかる費用に見合う効果を出せるように最適な方法を考えると効果的です。制作をする時はかかる費用を確かめて安くする方法を考え、相手に的確に伝わるように内容を決める方法が望ましいです。

DMを制作するコツは送付する相手が興味や関心を示し、より多くの人にサービスを利用してもらえるように内容を考えることです。

DMを制作するうえで大切なこと

DMは主にチラシやカタログ、パンフレットといった形態で企業から顧客に送られる場合が多いため、こういったメールを制作するうえで大切なのは、いかに顧客がそのDMには記載されている各企業の提供する商品やサービスに関して興味を持ってくれるかどうかといったことです。ダイレクトマーケティングにおいて一番大切なのは顧客に対してその企業の名前や商品を印象付けることだともいえます。一通のDMで顧客に商品の購入やサービスの利用といったことに直接つなげるのも、もちろん大切ですがDMを見てもらうことによってその商品やサービスの印象を顧客に植え付け、将来的な商品の購入やサービスの利用につなげるということにもなりえます。ですのでDMを制作するうえで最も大切なのは顧客に対してより強く、より良い印象をいかにすれば与えることができるか、どうすれば顧客は企業に興味を持って、その企業の名前を憶えてくれるか、そういった点を意識しながらDMを制作することは大切だといえるかもしれません。

DM,デザイン,作成,料金

DMによる効果的な宣伝

自分の会社の商品を売り込むときにまず最初のハードルは商品の存在を知ってもらうことです。そのためにテレビCMをはじめとしたいろいろな宣伝手段があるのですが、多額の費用をかけることができない会社にとってはテレビCMをはじめとした不特定多数向けメディアの利用はとても手が出るものではありません。そんな中比較的リーズナブルな費用で自社の商品、サービスを宣伝する手段としてDMがあります。不特定多数への宣伝というわけにはいきませんが直接手に取ってもらえるDMは、特に商品、サービスの想定客層に集中して宣伝ができる手段としてとても有効です。特に最近は二つ折りのV字圧着はがき、三つ折りのはZ折り圧着はがきを使うことによりはがきと同等の発送コストで封書並みの情報量を届けることができるので、費用対効果の面でDMの優位性が高まっています。

特にZ折り圧着はがきは宛先面を除く5面が宣伝に使うことができるため、より多くの情報をターゲット層に届けたいというニーズにはぴったりのタイプです。最近では発送を代行する業者も多数あり発送の手間を削減することもできるためDMを利用するハードルはかなり下がっています。効果的な宣伝方法として是非DMの利用を考えてみてはいかがでしょうか。

作業風景

エアメールの送り方

お仕事や旅行で海外に行かれた際に、ふと家族や友人、恋人にはがきを送付したいなんて思うことありますよね?特にお土産屋さんにはかわいいはがきもたくさんありますし、もらった人は大変喜ぶのではと思います。しかし、どうやって出したらいいのかわからない人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、切手は?住所の書き方は?などの疑問に答え、海外から日本へのはがきの送付の仕方をお教えします!

まず住所ですが、差出人の住所を左上に宛名は封筒の真ん中より少し右に書きます。

ここで「ローマ字で書かないと届かないのかな?」と思われる方も多いかと思いますが、実はそうでもありません。普通に日本語で書いても届きます。しかし!住所の最後にAir Mail Japan と書くのをお忘れなく!

次に切手についてですが、料金はその国によって異なります。はがきだと大体100円程度でしょう。郵便局にいき、A stamp for sending to Japan, Please. (日本に送るための切手をください)などと言い、切手を購入しましょう。切手代がいくらかわからなくても、職員の人が調べてくれます。

あとは、街中のポストに投函するだけ!もし郵便局に行くのがハードルが高い!なんて思われる方は、ホテルのフロントにはがきを出してくれるか聞いてみましょう。切手代を支払えば投函してもらえます。

同じDMでも大きさが違うだけで目立つようになります

店舗の開店やキャンペーンをお知らせするのに効果的な方法の一つがDMです。郵送タイプなら、集客が狙えるエリアをターゲットを絞ってDMを発送することも可能です。相手に広告を見てもらう確率を上げたい時には、はがきが特にオススメです。封筒から出さずに中身を見えてもらえないということがなくなります。はがきは受け取った瞬間に見てもらう事ができるので認知効果を上げるのに最適です。しかし、通常のはがきでは広告を載せるスペースに限りがあります。広告をより沢山掲載したい時に便利なのが、A4・B5はがきです。A4・B5はがきなら、スペースも大きいので写真やイラストも見やすくなるでしょう。DMのサイズが大きいだけで、目立ちますし印象も変わってきます。幅広い年代層に見てもらいたい時は文字の大きさにも注意が必要ですが、A4・B5はがきなら心配いりません。十分なスペースがありますから、大きな文字や見やすいフォントが使えます。さらに目立たせたい場合は、A4・B5を変形させることも可能です。角を丸くカットするだけでも全体の印象が変わるだけでなく手に取った時の感覚も変わります。A4・B5を加工して正方形にするのも効果的です。ちょっとした工夫でDMの効果は変わってきます。

印刷や発送方法を工夫すれば手軽に挑戦できます

A4・B5はがきのDMは通常のサイズより目立つため広告効果が期待できます。ただし一枚あたりのサイズが大きいため、印刷や発送の際に不安を覚える人も少なくありません。A4・B5はがきを利用するなら、印刷と発送方法に注意が必要です。印刷は、個人で持っているプリンターでも十分に対応できます。ただし、発送するDMの部数が大きい時はプリンターの種類に注意が必要です。少部数なら一般的なインクジェットタイプのプリンターで問題ありません。ただし、部数が多い時はインク代が気になってきます。インク代が気になる時にオススメなのが、レーザープリンターです。枚数が多いほど、レーザープリンターの方が一枚あたりのコストがやすくなります。1万枚を超えるような時は、個人でプリントアウトするよりも業務用のオフセットと呼ばれる印刷がコストパフォーマンスが良いのでオススメです。発送を簡単にするためには、宛名シールを使います。宛名シール用の用紙にプリントアウトするだけなので、作るのも簡単です。最後に発送する時は、直接郵便局や宅配会社に依頼します。郵便ポストにA4・B5はがきを大量に入れるとなると、大変ですし他の方に迷惑がかかってしまうからです。郵便局の窓口で依頼すれば、切手を一つ一つ貼る作業も省けます。宅配便なら、依頼用書類をまとめて1部書くだけです。

の,ダイレクトメール,デザイン,作成,効果,印刷,参考,安く,料金,日数,発送,発送代行,企業

印刷物などで大判サイズが必要になった際、自力で印刷ができない場合はかなり多いと思います。通常は印刷屋さんや代行業者へ依頼する方が多いと思います。依頼する際の注意事項について見てみます。

ごく当たり前の事ですが、自分の希望する大判サイズが依頼する業者で対応できるかどうかを確認しておくことが第一です。意外にも依頼する側、受ける業者双方とも細かい所まで確認してなく、途中で話がかみ合わなかったりするケースがあります。サイズの単位であったり、縦と横を逆に認識していた場合などがあります。また最近は画像データの持ち込みやメール送信などで元ネタを受け取るケースが多いので、それに対応しておく必要があります。メール送信であれば通常のメールではデータ量の関係で送れない事がほとんどですので、自分のパソコンをオンラインストレージやファイル転送サービスに対応させておかなければなりません。持ち込みの場合、画像データ量に応じたメモリーやDVDが必要となりますので、予め購入してデータ保存しておく準備が要ります。

また依頼する業者の選定にも注意を払っておく必要があります。特にサービス内容とそれに対応する料金は最低限チェックしておくべきです。出来上がりのスピードと品質も重要ですので、比較検討するのが望ましいと言えます。

大判サイズのはがき印刷を依頼する業者の選び方とは

大判サイズのはがきは内容を的確に伝える方法として効果的で、印刷を依頼する時はかかる費用や内容を確かめて決める方法が最適です。印刷にかかる費用は同じ種類を多くすると割安になるため、事前に見積をして満足ができるように決めると効果的です。

大判サイズは通常サイズと比較して発送する費用が高く、企業の予算を考えて効果を出せるように印刷する内容を考える必要があります。格安印刷サービスはサンプルなどを参考にしてデザインを決めることができ、伝えたい内容を的確に伝えられるように選ぶと便利です。

はがき印刷を依頼する時は作成までにかかる日数を確かめて計画を立て、イベントの内容をDMとして伝える場合は多くの人が興味や関心を持てる内容にする必要があります。大判サイズは郵便物として送付すると料金が高く、発送代行に依頼してかかる費用を安くするように考える方法が望ましいです。

大判サイズのはがき印刷を依頼する業者の選び方はサービス内容を確かめて決め、かかる費用に見合った効果を出せるように内容を考える必要があります。はがきは封書と違って内容を確認しやすく、印刷された文面を見て興味がわくようにすると効果が高いです。

の,ダイレクトメール,デザイン,効果,印刷,安く,宣伝効果,企業,制作

広い印刷面積を宣伝に利用することができる大判サイズのDMは、新規開店のお知らせや商品紹介など様々な用途で活用されています。このような宣伝をより効果的に行うためには適切な文章や写真の配置、見やすい色調などを含めたデザインを行う必要があります。デザインは自社で行うことも可能ですが代行業者やデザイン事務所などを利用する方法も存在しています。

大判サイズのデザインを専門的に取り扱っている代行業者やデザイン事務所の場合には、デザインの全てをオーダーメイドしてもらうことが可能となっています。この場合、専門的なノウハウに基づいて、宣伝効果が高いデザインに制作してもらい、印刷機に対応する適切な形に仕上げてもらうことができます。

これに対して、自社で利用している大量の素材がある場合やある程度のデザインが制作されている場合には、自社で最後まで制作を行い入稿時に校正を行ってもらう方法や、仕上げは代行業者などに行ってもらうセミオーダーメイドを活用する方法などが利用していけます。そのような方法を利用すれば、オーダーメイドで制作してもらう場合よりも安く、大判サイズのダイレクトメールを制作することが可能です。

このように、大判サイズのDMのデザインを制作する場合には、様々な方法が利用できるため、自社の方針に適した形で制作を進められます。

大判サイズはがきによる販促のデザイン作り

商品やサービスなどの販売促進のための手段として、大判サイズのはがきを利用するといったことが多いです。しかし、数多くの企業がDMを顧客に出していてその中で目立つというのは至難の技です。人の目を惹くようなデザインでなければ販促としての効果は難しいです。目立つようにできるだけ大判サイズのはがきを用いて人の目に触れる印刷面積を大きくすることが大切です。また、伝える情報は同じでもデザイン次第で見る人が受ける印象は大きく変わります。また販促のために有利な大判サイズの印刷面を活かすならば、この点をよく理解してデザインができるようなクリエイターに制作を依頼してもらったほうがいいです。目立つ大判サイズのデザインとしては商品やサービスに関する写真素材を掲載するというのが効果的です。解像度の高いクオリティの高い写真で高品質なプリントで大判サイズの印刷を行うと、よりいっそうPRはがきのデザインが映えてきます。また、イラストを用いたデザインにより親しみやすい印象を演出するというのも方法です。商品やサービスをイメージさせるイラストをデザイナーに制作してもらい、販売促進に役立てられます。

DM,の,ダイレクトメール,ハガキ,作成,作業,効果,印刷,印刷会社,安く,料金,発送,送る,企業

次に封書DMを発送して相手に届くまでの一連の流れを記していきます。最初に予約を行います。次にどんな文字を入れたいか、どんな表紙にしたいかなどを送る必要があります。その後、料金の支払いとなります。この時に料金を支払ないと自動でキャンセルとなります。そして印刷を開始して量にもよりますが大体一日で発送してもらえます。最後に相手側に着くのが1日かかるといった流れになります。この一連の作業は大体1週間ほど時間がかかることを理解してください。急ぎの場合は別途費用を払うことで速達なども可能なため急ぎの方は利用してみてください。

効果的な封書DMを作成するためには

企業がDMをお客様に発送することで、商品やサービスの宣伝を行うことができ、集客効果を得ることができます。DMと一言でいっても、はがきや封書で発送するなど、いくつかの種類の中から選択を行うことができます。その中でも封書DMは1回の発送で多くの情報をお客様に伝えることができます。DMの他にもチケットやクーポン券などを一緒に同封すれば、よりお客様の興味を引くことができ、高い集客効果を得ることが可能になるでしょう。

DMには、お客様に読んでもらうための工夫を施す必要がありますが、封書DMの場合、はがきよりもより一層の工夫を行うことがポイントになります。なぜなら、はがきは手にしたら内容がすぐに目に入ってきますが、封書の場合には封を開けてからでないと内容が読まれることはないからです。お客様が開封する前に破棄されてしまったら、せっかく発送をしても効果を得ることができません。ですから、いかに興味を持ってもらい開封してもらえる封書DMを作成するのかが重要なのです。

DM,の,ダイレクトメール,デザイン,ハガキ,効果,印刷,圧着,圧着ハガキ,広告,料金,発送,送る,企業

 

広告に効果的なV字圧着はがきの発送

DMとは、以前利用したことのある小売店やショッピングサイト、あるいはクレジットカード会社から届くもので多くははがきサイズで発送されます。

宣伝の目的を持つのでほとんどがカタログ形式ですが、インパクトを持たせるために大きくセールであることを強調したものもあります。

最近は閲覧した記録から欲しい物を探して表示するネット広告の力も強くなりましたが、やはり家にDMが直に発送されるのでこちらの方が頭にも強く残りやすいものです。

DMの面白いところは「私信」であり、「広告」でもあるところです。

受け取る人に対して「新商品が出ました」とその人に最適な商品をお薦めできるため、このように言えます。

多くの業者が顧客に読んでもらいたいとの思いでデザインするので、非常にカラフルで目を引くものが多いのです。

このDMを出すのと出さないのでは大きく売り上げに差が出ます。

先ほど述べた通りにネット広告の台頭によっていっときよりは送付の量が減ったのですが、しかしいくらその時に最適なものを持ってこれるネット広告とはいえ一瞬で切り替わるので実際に形があって家に届くDMの方が効果は高いからです。

イベントの告知にはDMの発送が効果的

イベントの開催が近づいたらDMの発送による告知が有効です。近年ではホームページの開設やEメール、SNSによる告知も増えていますが、DMもまだまだ効果的な方法なのです。画家が開催する個展などの場合を例にあげれば、DMはただの宣伝ではなくファンにとっては大切な記念品となりうるからです。イベントの関係者が多いほど発送量も増える傾向にあります。このとき、宛名の印刷は家庭用のプリンターでも可能ですが、紙質によってはうまく印刷できない場合もあります。そんなときはラベル用紙にあて名を印刷して貼りつけるとよいでしょう。しかしこの方法の場合は発送量が多いほど貼りつける作業も増えるため作業期間にある程度の余裕を持つか作業にあたる人数を増やさなければいけません。余裕があまりないときは印刷業者に宛名印刷も依頼する方法もありますがこの場合はコストの見積もりが大切になります。大量のDMを発送するとき、気になるのは送料です。利用する手段によって送料はだいぶ変わるのでよく検討して最適な手段を選んでください。重要人物への発送ほど早めに終わらせるようにするのが大切です。

DM,の,ダイレクトメール,デザイン,作業,到着,効果,印刷,参考,広告,注意点,発送,送る,企業

販促手段としてポピュラーなDM。効果的なマーケティング方法として、多くの企業が利用しています。自社内で広告印刷から封入、宛名書き、発送まで全てを行うとなると手間も費用も相当なもの。そんな面倒な手続きを行ってくれる代行業者はたくさんあります。業者を選ぶ際どうしても費用削減ばかり考えがちですが、ここでは他のいくつかの注意点を挙げてみました。まずDMは、顧客への到着のタイミングがとても大切です。到着日の少しの違いで効果が全く異なってきます。希望の時期にオンタイムで届けるため、確実に発送、納期厳守できることが重要なポイントです。また封書DMの場合は、顧客の興味を惹き開封したくなるような外観、そして目を通してくれる内容であることが大事です。代行業者は、印刷に関わる基礎知識はもちろん、効果的なデザインやレイアウトを把握していなければなりません。また委託するにあたっては、顧客の個人情報を渡すことになりますので、正しく情報の取り扱いをしているかどうかを確認することが重要です。「プライバシーマーク」はその判断基準の一つとなります。これは、顧客の個人情報保護について、基準を満たした業者に対して付与されるマークですので参考にして下さい。開封して、読んでもらって始めて価値の出るDM。質の高いサービスで、信頼のおける業者を選ぶようにして下さい。

封書DMの作り方・発送について

封書DMを作るときは、文字の大きさや色使いがとても重要になってきます。封を開けて目にしたときに、どこを1番目立たせてアピールしたいかを分かりやすくすると効果的です。小さい文字で書いていると、全て読むのは大変な労力を使いますし頭にも入ってきません。また実際の商品の写真を貼り付けたり、サンプル品も入っているとイメージが湧いて購買力が上がります。封書DMは大きいサイズなので、サンプル商品を入れることが出来ます。開封率が低い封書DMでも、サンプルグッズやノベルティグッズを入れることにより、開封率が上がったデータもあります。封書DMの封書には2種類あり、それは定形封書と定形外封書です。定形封書は一般の家庭に発送することからコストを安く抑えないといけないのですが、定形外封書はビジネスとして使い高額のサンプルグッズを入れたりします。封書DMを発送するときは、代行センターがあるのでそこで頼みます。まずはホームページで見積をして、その後に担当者と注文内容の確認や料金の確認をしていきます。代行センターから必要なものを送り、入荷を確認して発送をします。発送が完了したら、お客様にメールで報告をして最後まで対応を行っていきます。

DM,デザイン,送る

見積もりは「相見積もり」&「詳細を確認」

日常的に関わりがある業界でないなら、デザイン会社や印刷会社で何社か同条件の見積もりをとる「相見積もり」は簡単なことではないでしょう。しかし、便利な方法があります。インターネットでDMの一括見積もり依頼をするという方法です。実際にサイトを見てみると分かりますが発送日はもちろん部数や紙質など細かく設定することができるので、思い通りの仕様でオーダーすることができます。加えて、デサイン会社や印刷会社は提携している取引先に発注する場合が多いので個別に発注するより全体経費を安く抑えることができます。もし今までにDMを発注したことがあり、だいたいの相場を知った上でさらに経費を絞りたいと考えているなら、見積もりの詳細部分を見比べてみてください。同じ面積のデザイン代でも紙代でも各社微妙に値段の設定が違うはずです。発注する際には細かい部分をすべて理解する必要はありませんが、仕組みをある程度分かった上で、値段の比較・発注・交渉をしてみましょう。

DM,デザイン,作成

 

簡単ですてきなDMの作り方について

最近のDMは主にネット上でメッセージを送ったりすることがほとんどで、実際に郵便受けに入っているものよりもスルーされる確率が非常に高くなっています。相手に何かを送りたい、宣伝したいという場合にはネット上で送るのは手間やコストもかからず便利ですが、あまり宣伝効果を持たないことも多くあるのです。しかし、ネット上でもスルーされやすいものと人の目を引く素敵なものまで色々あるので自分の工夫次第で手間とコストを省きながら相手にきちんと宣伝することが可能です。そんなDMの作り方として良い方法は、直接アドレスにメールを送るのではなくネット上のSNSなどで宣伝することです。SNSには、写真やリンク先を張り付けたり文章を編集する機能がついているものが多くあるので、これらを使わない手はありません。作り方も誰にでも簡単でわかりやすい設定がされているので、素敵なDMが送れるでしょう。一度試してみてはいかがでしょうか。

おすすめ:DM発送代行業者を利用する10の手順

最安値保証!日本一安いDM発送代行サービス!翌日発送可!印刷・印字・郵便料金コミコミ!

安さ日本一に挑戦!まずはお見積りから

DMのプロに相談してみませんか?

格安DM発送代行「DM診断」では、常に業界最安価格で提供しています。
DM発送に関するお問い合わせはいつでも受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。