返信率が高い!圧着往復はがきなどのメリット

安さ日本一に挑戦!まずはお見積りから
作成,料金

目次

圧着往復はがきはどんなメリットが?

圧着往復はがきは、特殊なノリを使用して紙を織り込み・貼り付けを行うことで、通常はがきサイズでありながらも、受け取った人が圧着部分を剥がすと幅広く広がるタイプのはがきで、その一部に返信用のはがきがついているものです。

圧着はがきには、V型やZ型がありますが、Z型であれば、従来のはがきの3倍もの情報を記載することが可能です。情報量が多いので効率的に商品の宣伝が行えます。

また、人間の心理には「開けたい」というものがあるので、圧着はがきが届いたら、多くの人が開けてもらえるので開封率も高いのです。通常のダイレクトメールよりもみてもらえるチャンスが高まります。

さらには、圧着されている部分にお客様の個人情報などを記載できますので、返信用はがきの部分にお客様の住所など個人情報を記載しておくこともできます。そのため、お客様が返信する際には記載事項を必要最小限にすることができるので、返信率も高まります。特に、アンケートなどを取る時には圧着往復はがきがオススメできます。最近では、圧着にUVニスという特殊なノリを使用していますので、焼却したとしても有害物質が出ず環境にも優しい圧着往復はがきも作れるようになりました。

圧着往復ハガキDM

圧着往復はがきを使用した時の価格について

圧着往復はがきを作るには、印刷と圧着を業者にお願いすることになります。これらの値段については、何部はがきを作るかによって価格は異なってきます。当然多く注文するほど一枚あたりの料金は安くなります。例えば、V字型の圧着往復はがきであれば、500部作成した場合は単価約85円ほどとなり、1000部作成すると単価50円となります。10,000部作ると単価約10円までやすくすることも可能です。Z型の圧着往復はがきの場合は、V型に比べて少し料金は高くなります。

また、トータルの値段を考えることも重要です。業者によっては印刷と圧着の他に、エクセルなどで顧客情報を提供すれば、宛名書きを行なってくれる場合もあります。郵便の発送には郵便法を対応すると郵便料金を安くすることも可能です。工夫次第で郵便料金を30%近くカットすることもできるのです。郵便法についてはダイレクトメールの発送代行を行なっている会社がそのシステムを熟知していますので、そのような業者を利用すると良いでしょう。

もし、往復はがきにてアンケートを取る場合には、アンケート結果を集計してくれるサービスを行なっている業者もありますので、集計してもらえば自分で集計する手間も省けます。

DM

圧着往復はがきは開封率・返信率が高いです

圧着往はがきの特性は、返信はがき付きダイレクトメールです。通常の往復はがきより1.5倍の広く使えます。同窓会の出欠席の確認やアンケートなどが必要な時に使用されます。新商品のお客様の反応やアンケートで新キャンペーンの反応、展覧会の出欠席の確認などに最適なはがきです。そして圧着はがきの特性で、中が見えない為心理的に開けたくなったりしてつい開けてしまいます。封書のDMより開封率は高いようです。アンケートや展覧会の出欠席を確認する返信率は、ただ単にそのまま放置していても効果は期待できません。返信してくれたお客様に関してポイント進呈や抽選券をプレゼントなど特別なサービスを付与することで返信率のアップが可能です。結果としてキャンペーンや新製品の売上がアップして実績アップに結び付きます。コスト面で通常の往復はがきと同一の値段で情報量も多く、圧着はがきの特性の開封率や返信率が高く、あて名印刷やDM印刷、発送。配送もできすべて可能です。もちろん宛名印刷やDM印刷だけでも注文を受けています。顧客からの情報を得ることで新製品の開発やキャンペンの提案などに参考になり、営業戦略の柱として導入している企業は多いようです。

圧着往復はがきの返信率をアップさせる方法

圧着往復はがきは企業の営業戦略のひとつとして考えている会社では、とにかく返信率をアップすることが課題になります。圧着往復はがき効果で開封してくれても次に返信するかが問題です。ただ単に返信はがきを待っていてもなかなか返って来ません。特に購買頻度の高いお客様に絞り込むことが重要になります。特別なサービスを企画して、返信してくれた場合ポイント付与とか抽選券のプレゼントを行います。また購買頻度が低いお客様であっても、返信するきっかけを作る為に粗品進呈やポイント付与を行い、全体的に返信率アップを図りることが可能です。それによって返信率がアップすれば、お客様から見た商品の重要な情報を得ることができます。また戻ってきたアンケートを整理してその回答をまとめて、細部に渡って分析を行います。男女別・年齢別などで細かく分析をして、さらにその購入商品ごとの共通点を明確にして、次の新製品や販促に生かすことができるように分析をしておくことが大切です。特に展覧会などに参加してくれたお客様に関してのサービスは、来場特典や入場料無料などのがあると出席率がアップします。ただ単に販促の一部と考えるのではなく営業の重要なツールとして、徹底的に活用することが実績につながるはずです。

作成,料金

圧着往復はがきダイレクトメールのメリット

圧着往復はがきダイレクトメールは、圧着部分に返信はがきをつけたダイレクトメールのことです。圧着した分通常の往復ハガキよりも1.5倍もの情報量を記載できるのがメリットです。

同窓会の出欠確認やアンケートなどの返信が必要な場合に用いると効果的です。しかも、返信部分が圧着されますので、住所などの個人情報をあらかじめ記載しておくことができ、返信する人も記載事項が少なく助かります。

往復はがきを圧着にするメリットとしては、返信する人の作業が少なくなるため返信率が高まることです。そのため、顧客の反応や意見を聞きたい場面では有効活用できます。より多くのアンケートを取ることで、情報量が増えサービスの向上や改善が行える上、今後の販売戦略も立てやすくなります。

また、圧着方式を採用すると「めくる」という作業が遊び心をくすぐり開封率が高くなるという効果もあります。記載されている商品が魅力的であれば、お客様も気軽に返信ハガキにて商品の申し込みをしてくれるでしょう。情報量が多い割に、郵送料は通常のはがきと同じなのでコストパフォーマンスが良いのもメリットです。

少しでも返信率を高くしたいのであれば、通常の往復はがきではなく圧着往復はがきにするのがオススメです。

圧着往復はがきの注文価格について

現在では、多くの圧着往復はがきを作成してくれる業者が存在します。それらの多くは、インターネットから申し込みや見積もりを取ることができます。その料金は業者により異なってきますので、多くの業者から見積もりを取ることをお勧めします。一般的には、発行部数が多いほど圧着往復はがき一枚あたりのコストは安くなります。平均的な相場を紹介すると、100部の場合は3万円前後、1,000部の場合は3万5千円程度、10,000部の場合は9万円前後となります。つまり、一枚あたりに換算すると100部の場合は300円、1,000部の場合は35円、10,000部の場合は9円となるのです。少しでもコストを抑えたいのであれば、大量発注するのが賢明でしょう。そのためには、顧客層を広げるために、はがきに記載する内容を十分に吟味する必要があります。

また、最近では、アンケートを行う圧着往復はがきを注文した場合に、同時にアンケート結果の集計を行なってもらえる業者も存在していますので、それらの企業を有効活用するとアンケート結果の集計もスムーズに行えるでしょう。さらには、はがきを返信してくれた人に商品券などを進呈するなどのプレゼント特典をつけると返信率も高くなります。”

料金

圧着往復はがきとはどんなもの?

圧着往復はがきとは普通の往復はがきとは異なります。往復はがき部分が圧着されているため、開くまで中身を見ることができないのです。

圧着部分は、一度剥がすと再びつけることはできません。そのため、誰か他人が開封するとすぐにわかるようになっています。基本的には受取人本人が開けるため、請求書や催促状などプライバシーに関わるような内容を記載できるのがメリットです。

また、圧着はがきを使用した場合は、二つ折りを採用した場合でも宛名面を含めて4面を利用することができ、たくさんの情報を記載することができます。

はがきを開けるという作業は、人間心理的には楽しいもので、圧着はがきを使用した場合は開封率が高いというメリットもあります。普通のはがきであると、一目見ただけで内容がわかってしまいますが、圧着してあると開けて見てみたいという心理が働くからです。

圧着往復はがきは、圧着はがきの一部が返信用はがきとなっているもので、基本の二つ折り以外に、Z型やA4や封筒と同じ大きさの大判のタイプなど様々な種類があります。

お店の宣伝に活用したり、同窓会のお誘いなどに活用したりしてみると返信率も高くて確実に返信してもらえるでしょう。

圧着往復はがきの発送方法はどうする?

最近では、インターネットなどで圧着往復はがきのプリントを受け付けてくれる業者も増えてきました。数ある印刷業者からどのような業者を選べば良いのかご紹介します。

もし、店舗などでの広告やアンケートを発送する際には、ダイレクトメールを頻繁に扱っている業者を選ぶと良いでしょう。圧着往復はがきでのダイレクトメールは返信率が高いのが特徴です。すると膨大な量のアンケート結果が返ってくることとなります。これを集計するのは大変な作業です。業者によっては、発送したアンケートの集計まで行ってもらうことができます。また、はがきの印刷はもちろんのこと、宛名の印刷も同時に頼めるところもあります。このようサービスを利用すれば発送者の工数も大幅削減できて助かること間違い無いでしょう。

また、郵便物を発送する際には、ノウハウがあります。宛先にバーコードを付加するなどして最大40%程度の郵便料金の割引になることもあります。このサービスははがき印刷業者にて代行してくれるところもありますし、他にもダイレクトメール発送代行業者もあります。このようなサービスを利用してダイレクトメールを発送すれば、大幅にコストダウンすることが可能です。”

デザイン

企業が伝えたい情報が一目で分かる

企業はdmを活用することで、自社が伝えたい情報をピンポイントで顧客に伝えることができます。dmの活用は顧客にピンポイントでアピールできるので、集客にかかる無駄なコストを削減できるというメリットがあります。また顧客にとっても信頼している企業から直接お知らせが届くので、定期的に企業の新情報を入手できるというメリットがあります。さらにdm集客の利点は、目的に合わせて発送するdmの種類を選択できるという点です。例えば、同じ往復はがきでも、普通の往復はがきと圧着往復はがきとでは返信率に違いが出ます。普通の往復はがきの場合、誰でも簡単に見ることができるのでプライバシーに関する情報が記載できません。そのため顧客の記入項目が多くなってしまうのです。一方、圧着往復はがきの場合、圧着面は基本的に受け取る本人しか見ることはありませんのでプライバシーに関する情報も記載できます。そのため顧客の記入項目に企業側があらかじめ記入しておくことができ、顧客の手間が省けるので返信率が上がるのです。このように様々な集客のシーンで注目されているdmの活用ですが、中でも顧客の注目度がより高いものが型抜きはがきです。型抜きはがきの大きさや形は自由で、企業が伝えたい情報をそのまま形にして顧客に発送することができるのです。

企業の個性が表れる型抜きはがき

型抜きはがきの特徴は、何と言っても企業の個性がdmにそのまま反映されていること。ライバル企業と差をつけたい!数あるdmの中から我が社のものを一番目立たせたい!顧客にとにかく手に取ってもらいたい!このような企業にはぴったりの集客ツールではないでしょうか。また顧客にとっても企業の遊び心やセンスが表れる型抜きはがきを楽しみにしています。そのような魅力的な型抜きはがきが手元に届けば、高い確率で企業情報を伝えることができます。型抜きはがきを発送するときに気をつけたいのが、型抜きはがきは個性的で特別なものが多いのであまり頻繁に発送せず、誕生日やクリスマスなど、顧客にとって特別なタイミングを見計らって発送すれば与えるインパクトもさらに大きくなるでしょう。また、多くの情報を掲載すのではなく、発送した型抜きはがきからイメージされる唯一の情報に絞って伝えることが効果的です。型抜きはがきの値段は様々ですが、業者によっては企画やデザインから発送代行までおこなってもらえる場合もあります。自社で作ったものを委託業者に依頼して、顧客への発送代行のみを行ってもらうようにすれば、合計の値段も安く済み、コストの削減もできます。

料金

圧着往復はがきってどんなもの?

圧着はがきとは、ハガキを折り曲げ構造とすることで、中面に特殊なニスを塗り、内部が見えないように貼り付けた特別なはがきのものです。その中でも、その一部に往復はがきが含まれているものを圧着往復はがきと言います。

その特徴としては、圧着はがきは一度開封すると再びつかないようになっていて、なおかつ、開かないと中が見れないため、プライバシー情報を掲載できることがメリットです。また、はがきを開くことで、面積が広くなり掲載できる情報量が多くなります。Z型の圧着はがきにすれば、郵便料金が通常の往復はがきと同じなのに、面積は約1.5倍にもなります。はがきが圧着されていると、中を見て見たいという心理的効果が働き、開封率も高くなり伝えたい人に伝えたいことを確実に伝えることができます。しかも、受取人だけに確実に情報を伝えることができ、「あなたのために」という特別感を演出することができます。

特に、圧着往復はがきを利用する場合に最大に発揮されるメリットは、プライバシー情報を掲載できることでしょう。返信用の部分にあらかじめお客様の住所や名前などの個人情報を記載することで、お客様が自分で書く手間を省いてあげることができます。

圧着往復はがきの活用事例について

圧着往復はがきを利用する効果として、郵便料金が安く済むという効果が挙げられます。その他には、開封率が高いことや、気密性が保持されること、提供できる情報量が多いことなどがあります。

特に圧着往復はがきであれば、返信用の部分にあらかじめお客様の住所などの個人情報を記入しておけますので、返信率も高くなるでしょう。

このような効果を考慮すると、販売促進のダイレクトメールとして活用するのに向いています。返信部分にお客様に紹介したい商品の購入申込書としておくと、商品を気に入ってもらえば気軽に返信してくれるでしょう。また、旅行の申込書などに活用するのも良いかもしれません。さらには、各種会員の申込書として送付するような使い方もあります。

高い返信率を生かして、アンケートを取るのに利用してみるのも一つの手です。お客様からたくさんのアンケートの返信が取れれば、今後の商品戦略を練る上での重要な情報源にもなりますし、サービスの向上や改善も行えます。

最近は、スマートフォンなどを利用したメールでのダイレクトメールも多いですが、昔ながらの紙の郵便物を利用したダイレクトメールサービスの方が、お客様の目にも止まりやすいというメリットも得られます。”

作成,料金,送る

V字圧着はがきってどんなもの?

V字圧着はがきとは、専用のニスや糊を使い用紙を圧着したはがきのことです。V字圧着の場合は二つ折りとなりますので、通常のはがきの2倍の情報量を記載することができます。

はがきが圧着されていると、開ける喜びが発生します。そのため、開封率が高まるのもメリットです。圧着は一度剥がされると再びつけることができないため、一般的には届け先の本人しか開けることがありません。届け先の人の固有の情報や特別な人だけに伝えたい内容を隠蔽して送ることで、第三者への情報の漏洩も防げるのです。請求書などの重要な書類もはがきにて送ることができます。また、往復はがきを圧着はがきにした場合は、往復はがきの送り先や送り元のお客様の個人情報などを記載しておけるため、受け取り者が往復はがきに記載する内容が少なくてすみ、返信ハガキの返信率も上がるでしょう。この特性を利用して、アンケートはがきとして利用されることもあります。

圧着はがきにはV字圧着以外にもZ字圧着などもあり、さらに多くの情報を乗せることができます。しかも、通常のはがきの郵便料金にて発送が可能なので、お得なダイレクトメールが作成可能になります。最近では、紙のカッティングを工夫することで、飛び出す圧着はがきも登場しています。

上手なV字圧着はがきの発送方法

V字圧着加工をしてくれる業者は多数あります。その多くはインターネットのウェブ上から注文が可能です。V字圧着はがきは、ダイレクトメールとして使用されることが多いですので、ダイレクトメールの発送の知識のある業者も存在しています。多くのはがきを発送するのであれば、ダイレクトメールに関する豊富な知識のある業者にお願いすると良いでしょう。

そのような業者では、V字圧着加工はもちろんのこと、各種印刷や、宛名印刷なども行なってくれるところもあります。特に宛名印刷を行なってもらえれば、自分自身で宛名を記載する必要がなく、大幅に工数削減が実現できるのではないでしょうか。

発送する際には、郵便法をしっかりと利用することが大切です。広告郵便を申請することで通常の郵便料金よりも安く抑えられますし、受取人の住所などをバーコード化することでも郵便料金の割引を受けられます。このような情報を熟知している業者にお願いするとトータルコストを安く抑えることができます。

また、往復圧着はがきを利用してアンケートを取る場合に、戻ってきたアンケート結果の集計を行なってくれる業者もありますので、アンケートを取る際にはそのサービスが受けられる業者を利用してみてはいかがでしょうか。”

料金

dmにおける圧着往復はがきとは

新商品の発売やイベントの告知など、dmは日々多くの人に向けて大量に発送されています。その中において、圧着往復のdmは返信機能が付いた往復はがきと、用紙を折ってニスで貼りつける圧着はがきとを組み合わせたdmとなります。
一見すると通常の往復はがきと変わりませんが、往信面が二つ折に圧着されており、容易に剥がしてその内容を確認することができます。往復はがきと比べると、三つの面を利用することで総面積は1.5倍になり、広告を掲載するスペースについてはさらに広く確保することが可能です。また、一度剥がしてしまうと再び貼りつけることはできないため、中身を受取人以外に見られた場合はすぐにわかってしまいます。よって、その内容が他の人に知られにくく、受取人にのみ情報を伝えることに適したdmです。
例えば、アンケートによってサービスの改善や向上に利用したり、顧客の反応を見るのに最適です。めくることで好奇心や楽しみを与える効果もありますが、さらに返信率を良くするためには、商品券やポイントの贈呈といった特典をつけるなどの工夫が必要となるでしょう。
他にも、同窓会や展覧会の招待状のように、出欠確認の返信が必要な場合にも利用されています。

圧着往復dmの発送料金

圧着往復はがきの郵便料金は、通常の往復はがきと同じなので、コストパフォーマンスが高いことも特徴です。また、印刷や宛名の印字などの工程も含めた値段は、基本的にその印刷部数と発送日までの期間の長さによって決まります。
印刷部数が多い程、1部あたりにかかる料金は安くなり、発送までに必要な日数に余裕があれば、その分同じ部数でも価格は低くなる傾向にあります。業者によっても異なりますが、印刷料金や宛名印字料金、郵便料金などすべてを含んで、安いところでは10,000通の依頼で、1通あたり60円前後からの注文が可能です。ウェブにて料金表などを確認できる業者もあるので、dmの発送を依頼する際の参考にしてみてください。
以上のように、圧着往復はがきは、掲載する情報の充実と、コストを低く抑えることの両立を可能とするdmとなっています。
伝えたい情報をより詳しく掲載することで、多くの人に目を向けてもらう機会を増やすことは、発送量に対して反応がごくわずかなdmにおいては大きな魅力になるはずです。発送にかかる値段の見積もりや納期、その他のサービスについての相談は、ネット上や電話からでも簡単に問い合わせが可能なので、気になった方はまずは連絡してみてください。”

DM,作成,料金

情報量が増やせるのに低コスト!圧着ハガキ

DMを送ろうとすると、ひとつのDMになるべくたくさんの情報を盛り込みたいと思うものですが、かといって情報量に合わせてDMのサイズを大きくすると、それ相応の発送コストがかかることになり、作る側としては情報量を重視したものとするか、コスト重視で内容は精選したものにするか、大変悩ましい思いを抱えながら作成されているかと思います。実はそういう時、情報量も多く載せる事が可能で発送コストも抑えられる、圧着ハガキを使用すると便利です。

圧着ハガキとは、折り曲げた部分に特殊な糊付けがされているDMの事で、糊付けをはがすと中の情報が確認出来る仕組みです。さらに、一度はがすと二度と貼りつけ直すことが出来ないため、受取った人だけに情報を知らせるための請求書などに利用する事が一般的な使われ方として知られています。

また、圧着ハガキは色々な折り方のパターンを選ぶ事ができますので、用途によって通常のはがきの1.5~3倍の情報量を載せられる上、通常のはがきと同じ料金で発送することが可能なのです。

日常的には、送られてくるだけの場合をよく想像しますが、往復仕様になっている圧着往復ハガキというものもあり、使われ方としてはアンケートなどで回答をほしい場合や、通信販売の取扱商品の案内と購入希望用紙を一緒にしたい時に利用することが出来ます。

圧着往復ハガキはどういうもの?

せっかく手間をかけていいDMを作成しても、見てもらえないことには意味がありません。特に返信を希望するものについては、開封率をあげることを何より大事にしたいものです。そのためには受け取った方が手に取った時、ぱっと目を引く様な工夫が施されていることも重要な要素の一つです。圧着往復ハガキは、見た感じ通常の往復はがきと同じものに見えますが、往信面が二つ折りに圧着され開けられるようになっていますので、圧着されている部分を開けるわくわく感があり、つい「中身を見たい」という心理が働きます。通常のハガキや封書タイプのDMより開封率がアップし、結果的に中身を確認してもらえる、イコール受取人からの返信に期待がもてるアイテムのひとつです。

しかも通常のはがきに比べ情報の載せられる面積も約1.5~3倍も多くなる上、発送料金は通常の往復はがきと一緒なのです。

ただし、業者さんへの発注料金に返信分の料金は含まれていないため、返信分の料金については自分で切手を購入し貼り付ける、もしくは最寄りの郵便局で料金を後納、または配達の際に受取人にお支払いしてもらう料金受取人払の申請手続きなど手配は必要です。

情報の漏洩を気にしたり、返信率を期待したいようなDM作成には、圧着往復ハガキを利用してみてはいかがでしょうか。”

料金,送る

アンケートで顧客の心を掴む

dmはターゲットとなる顧客個人に伝える行動喚起メディアであり、マーケティングの基本でもあります。手紙という形で顧客の手元に届けることで、売り上げや集客効果を上げることができます。しかし強制的な押し売りや、度を超えたアピールは逆効果になることもあるので注意が必要です。あくまでメッセージを受け取る側の心理に重点を置き、節度のある表現を用いて、好感を抱いてもらえるように心がけましょう。
顧客側の心理をダイレクトに知るという点で、圧着往復タイプのdmはとても有効です。返信部分をアンケートとして活用することで、サービスに対する顧客の意見を聞くことができます。意見を聞き入れることで、サービスの向上につながります。またアンケートを実施することで、顧客とのつながりが強く意識されるようになり、感謝の気持ちから働くモチベーションを上げることができます。
圧着往復タイプのdmは、郵便料金が通常のハガキと同じであるにもかかわらず、情報を掲載できる紙面の面積が1.5倍になります。低コストでより多くの情報を一度に伝えられるので、アンケートを実施する際は、新しいサービスの案内も同時にするなどの工夫をするといいでしょう。その際あまりにも情報量が多くなってしまうと、「厚かましい」と思われてしまうこともありますし、伝えるべきことが伝わらなくなってしまうおそれもあるので、情報量は適度に調整する必要があります。

コストを抑えるために

圧着往復タイプのdmを用いてのアンケートを実施する際に、返信率を上げるために、アンケートに答えてくれた方に商品券やポイントを贈呈するのも得策です。予算的に返答者全員にプレゼントするのが不可能な場合は、抽選でのプレゼントでも効果があるので実施してみるといいでしょう。その際抽選の締め切り日を設けることで、レスポンスの早さも期待できるようになります。
また、顧客リストにある全員に送るのではなく、購買率の高い顧客に的をしぼって送ることが重要です。日頃から頻繁にサービスを利用している方のほうが、そうでない方よりも、サービスに対して意見を持っている確率が高いからです。感謝の気持ちを表するためにも、高価な謝礼を用意することで、いっそう反応率を上げ、さらに企業に対してますます好感を持ってもらえます。一つのアンケートでより多くのメッセージを発信し、受け取るためにも圧着往復タイプのdmは大変有効だといえます。
しかし顧客を大事にすればするほど、予算が膨らんでしまいがちです。dmの基本的な発送業務に関してはコストをできるだけ抑えたいところです。激安の発送代行業者を利用すれば、その悩みが一気に解消する可能性があります。dmのノウハウを熟知した発送代行業者なら、dmのアンケートに関する知識も備えているので、プラニングから相談してみるのも一つの手です。激安で業務を請け負ってくれる企業をいくつか比較してみるといいでしょう。”

DM,デザイン,作成,料金,送る

A4はがきDMのメリットとデメリット

A4はがきとはジャンボサイズの官製はがきのことです。郵便物として送ることができます。

通常のはがきの約4倍の面積があり、記載できる情報量が多く、見た目のインパクトがあります。また、封筒入りのDMと比べた場合の最大のメリットとして、開封する必要がないことが挙げられます。その為封筒入りのDMに比べて反応率が高いです。

商品やイベントの認知度を高めることを目的にDMを作成し、配送して、届け先の客が受け取ったとしても、客が広告を読まなければDMの意味がありません。

しかしその点、はがきであれば初めから広告が目につきます。これは非常に大きなメリットです。

両面に最も主張したい内容や、キャッチコピーを書けばより効果的です。たとえ廃棄されるとしても必ず受取人の目に入ります。

そのほかのメリットとして、A4サイズのチラシで使用したデザインを流用することが可能であったり、封書タイプのDMと違い、封筒のコストと封入作業の手間を減らすことができる点も挙げられます。

このように、A4はがきはコストパフォーマンスも高く、広告効果に優れているのです。

一方で、封筒入りのDMに比べたときにデメリットになる事もあります。

第一に、追加の資料や小冊子を同梱することができません。

通常のはがきよりは情報量が多くなるとはいえ限りがあり、レイアウトに工夫が必要です。

また、はがきである為、配送中に汚れたり擦れたりする可能性が高いです。

デメリットも考慮したうえで検討するなら、封筒入りDMとのコストパフォーマンスの比較を具体的にできる、見積り依頼が便利です。

見積り依頼時の注意点およびコツ

A4はがきDMの作成、発送を代行している業者はたくさんあります。封筒入りDMの作成、発送を代行する業者は更に多いです。

封筒入りDMにするか、A4はがきDMにするか、また、業者はどこを選ぶべきか。

その検討のためには見積り依頼をして、具体的なコストを確認するのが便利です。

ただし、DM発送代行業者が出す見積書は各社で内容がそれぞれである為、何を見て違いを見つけるべきか知っておくことが大切です。

見積り依頼の際の注意点とコツをここで述べます。

まず、当然ながら料金です。

封筒料金、基本料金、変更があった場合に対応ができるか、また、その場合に必要な費用はいくらか。

戻ってきたDMがあった場合や、封入物の残部についての処理の料金および方法。

そして重要なのは見積書に「概算」や「未確定」等の文言があるかないか。以上の点は必ず確認しましょう。

続いて、追跡調査が可能かどうか、また、発送証明書は送付して貰えるのか。

この2点がクリアだと安心してその業者に依頼ができます。

以上の内容に関して、見積書に記載がなければ問い合わせて確認しましょう。返答が来るまでの早さも業者選びのポイントです。

見積りを活用して封筒入りDMや他の手段と比較し、最適な業者を選ぶことで、A4はがきDMのメリットを最大限利用できます。”

の,印刷,圧着,安く,広告,料金

V字圧着はがきは簡単にはがすことができて1度はがすともとには戻せないので他者に見られる可能性が最も低く、受取人にだけ情報を伝えることができます。V字圧着はがきは通常のはがきよりも2倍の情報を印刷することができます。また、隠れている情報を剥がして見るという行為は受取人が思わず開きたくなるという衝動を刺激し、通常のはがきよりも、封筒に入ったものよりも結果として見てもらえる可能性が大幅にアップします。見開きで中面がすべて広告に利用でき、情報量が2倍なのに料金は通常はがきと変わらないのでコストパフォーマンスが非常に高いといえます。

中面の印刷には先糊・後糊圧着方式、フィルム圧着圧方式やUVニス方式があります。糊の圧方式は特殊な糊を使って圧着する方法で接着力が強く、開封面に加筆や捺印が可能です。フィルム圧方式は見た目に光沢があってラミネートされたような質感があるためフルカラーで写真などを使うものに向いています。また、窓抜きなどの特殊加工も可能です。UVニス方式も光沢があり、高級感が出るので高画質の印刷ができます。圧着方式より圧着力が強く、フィルムを使用しないので環境に優しくて低コストでランニングコストが安くて大量生産向きです。

V字圧着印刷のメリット・デメリットは

V字圧着印刷とは、二つ折りの圧着印刷の事を指します。何かしらの情報を記載した『圧着はがき』が代表的で、国の情報伝達にも一役買っています。このV字圧着のメリット・デメリットはどうなっているのか。それをここでは見ていきましょう。

圧着印刷は、非常に繊細な印刷物となります。綺麗に圧着させないと『上手く開けない』など、不具合を生じさせやすいんです。特に、料金を記載した場合、後々問題となりかねないため、注意深く印刷することになります。そうなると、コストが普通の印刷物に比べて高くなってしまうんです。こういった部分がデメリットになるでしょう。

一方メリットに関してですが、こちらは沢山あります。一つは『情報をたくさん載せられる』ということ。もう一つは『情報を隠すことが出来る』ということです。

こうなると、封筒でもいいのでは。と考える人がいるでしょう。このV字圧着印刷は、普通の印刷物に比べたら高くはなりますが、そういった封筒のような大きい媒体に比べたら、格安で済ませることが出来るのです。そのため、電気料金・電話料金といった沢山の家庭に送らなければいけない情報は、V字圧着印刷を用いられます。

以上がV字圧着印刷のメリット・デメリットです。”

DM,の,ダイレクトメール,チラシ,作業,効果,印刷,広告,発送,企画

A4サイズのダイレクトメール、一面に印刷された広告はインパクトの強さで大変定評があります。封筒のダイレクトメールは、開封せずに捨てられてしまうことが多いもの。一方、A4厚紙DMは大きさで目立ち、開封率は100パーセントです!さらに封入作業や封筒は必要ないため、経費の大幅な節約に。メリットばかりのようですが、誤っていけないのは「発送のタイミング」。どんなに魅力的なA4厚紙DMでも、時期を間違ってしまうと効果半減。ここでは発送の時期についてポイントをお伝えします。

給料日前、ボーナス前など、消費者の気分がリラックス、財布の紐が緩む時期はベストタイミングと言えるでしょう。家族がそろう週末も、広告の内容が家族団らんの話題に乗りやすく、セールスへと導くきっかけとなります。また年末年始、暑中見舞いなど、季節の挨拶を兼ねて発送するのもよいアイデアです。反対に、あまり良いとは言えないのが連休や年末年始。消費者の関心が他に向いているときに、ダイレクトメールを送っても興味を持ってもらうのは難しいことです。またセールスやイベントの案内は2週間ほど前、セミナー案内は出席者のスケジュールの調整もありますので、一か月ほど前が適しています。

経験と実績のある業者では、業務の内容と顧客の傾向を把握して、発送時期を提案いたします。A4厚紙DMの強みを十分活かすためにも、信頼のおける代行業者にご相談下さい。

A4厚紙発送のメリットとデメリット

まずA4厚紙DM発送のメリットについて紹介します。まず最初に、開封率が100%ということです。情報量に関してはA4チラシの封書と同等ですが、封書と違い開封する手間が無くすぐに内容に目を通すことが出来ます。また、他のはがきや封書に比べて大きくて目立つため、受け取った時のインパクトが大きいのも特徴です。さらに、コストパフォーマンスが高いのもA4厚紙DMのメリットです。一度に多くの情報を載せることが出来るのも魅力ですが、封書タイプのものに必要な「封筒」と「封入作業」が必要ないので、その分の手間やコストを省くことが出来ます。数量が多くなればなるほど、封書と厚紙DMのコストの差は大きくなるので、発送量が多い方には特におすすめです。

次に、デメリットは、先程開封の手間が無いと述べましたが、逆に言えば中身が丸見えになってしまっているということになります。下手をすれば情報が容易に流出してしまうリスクも無いとは言い切れません。また、企画から発送まで時間がかかるため、急な案件の場合にはあまり適していません。

このようにA4厚紙DMにはメリットとデメリットがあるので、状況に応じてFAXや封書等他の方法と組み合わせることによって、より反応や安全を高めることが出来ると思います。”

DM,料金

普通はがきの3倍の表現力と情報量、巻三つ折圧着DMはお得

巻三つ折圧着DMのメリットは、その情報量と表現力にあります。まず葉書サイズの仕上がり例を考えてみますと、一般的な葉書を使ったdmは、通信面と宛名面の2面しか印刷が出来ませんが、巻三つ折圧着DMであれば、裏表併せて、葉書6枚分の情報を掲載することが出来ます。この情報量を葉書の郵送料で送信出来ることは大きなメリットです。次に、定形郵便封書サイズの仕上がり例の場合には、郵送料は定形郵便の料金でありながら、A4相当の面積を持つdmが制作できます。封入の手間が不要な点も大きなメリットです。一般的な封書を使ったdmと違い、封筒と通信文を別々に印刷する必要がないため、トータルコストで激安とすることが可能です。さらには、定形外郵便になりますが、折り仕上げ後のサイズがA4となる巻三つ折圧着DMもあります。これはA4用紙3枚分の大面積に情報を掲載出来るため、表現力豊かでインパクトの強いdmが制作できます。
また、巻三つ折圧着DMの良さには、普通葉書にない「ワクワク感」もあります。受取人であるお客様が、葉書をワクワクしながら開いてくれるため、心理的インパクトを獲得できるメリットがあります。今はdmそのものが一般的になり、ともすればフレッシュ感に欠ける難点がありますが、巻三つ折圧着DMのワクワク感は、その難点を軽減する効果があります。

耐水性もメリットの一つ。雨に濡れやすいお届け先でも綺麗なdm

巻三つ折圧着DMの意外なメリットに、耐水性があります。巻三つ折圧着DMは、糊による印刷面破損を防ぐため、印刷後ポリエチレン等の樹脂でコーティングします。このため、副次的なメリットとして、耐水性の高いdmが作れるということがあります。通常、封筒には耐水性はありません。ですからこれは巻三つ折圧着DMならではの良さと言えます。かつては巻三つ折圧着DMというと費用的に高コストになりやすかったですが、今は激安で巻三つ折圧着DMが印刷できます。印刷は、一度に印刷する枚数が増えるほどトータルコストが下がる特性があります。激安になるのは概ね1000枚前後からとなりますが、今はオンデマンド印刷といって、小ロットでも割安に印刷する方法があります。郵送料は、今は葉書が62円、定形郵便の封書が82円となりますので、郵送料では言えば葉書サイズと封書サイズの差は小さくなっています。面積が大きい方が、情報量豊富な分だけ割安感がありますので、写真を多用したり文章が多くなる場合には、無理に葉書サイズに情報を詰め込むより、展開したときにA4サイズになる用紙を使って定形郵便の封書サイズで印刷することを検討されることをおすすめいたします。”

DM,の,ダイレクトメール,チラシ,ハガキ,作業,効果,発注,発送,送る,企業

こだわりの封書DMを作ることで商品の価値をしっかり受け取る人に伝えることができます。例えば、光沢のある透明封筒に入れて発送すると、高級感を演出できるので、高い商品でも買ってもらいやすいというメリットがあります。また、色は人の心に非常に影響力があるので、色にこだわりのある封書DMを送って受け取る人の購買意欲を刺激することも大切です、例えば、赤のカラーには、活発的、情熱的などの強いイメージがあるので、エネルギーな刺激が受け取る人の購買意欲を高めます。そのため、リピーターを集めるのではなく、一時的なセールの宣伝をしたい封書DMを送る時には非常に有効なカラーです。他に、オレンジ色には、暖かくてアットホームで楽しい気分になる柔らかい親しみやすいイメージがあるので、家庭向けの商品を売りたい時に、最適な商品のイメージを封書DMに与えることが可能です。また、イエローは特に明るいカラーで、カジュアルでフレッシュなイメージを出せるので、特に若い人に向けた商品を売りたい時に利用するといいです。グリーンは人を癒やすことを連想させるカラーです。そのため、健康によいサプリや健康グッズなどの宣伝をしたい時に封書DMのカラーに利用すると非常に効果が高いです。

封書DMの製作を業者に依頼するメリット

ダイレクトメールには様々なスタイルが存在しており、一般的には目に留まりやすく興味を引きやすいハガキスタイルが主流となっています。ですがそれ以外に利用されているものとして封書DMというものがあり、これは名前の通り封筒の中にチラシやCDなどの複雑な情報媒体を入れているダイレクトメールのことを指しています。

この封書DMは単純に宣伝だけではなく商品サンプルや景品なども入れることができると言うメリットから利用している企業も少なくないのですが、通常のハガキスタイルと違って封筒を用意しなくてはいけないと言う手間とコストから自社で製作するのはデメリットがあり、多くの場合は業者に依頼して製作してもらっていると言われています。

では、業者に依頼するメリットは何かと言うと、まず製作するための手間や時間、コストなどをある程度抑えることができると言う点があります。また、最低でも100部以上から注文することが出来るので一気に大量発注が出来ますし、郵送の手配までしてくれるところがほとんどなので依頼するだけで作業が完了すると言う点ではメリットが高いです。また、メール便などを利用すると定形外なども郵送することが出来るため、利便性が高くなっています。”

デザイン,料金,送る

Z折り圧着dmで、PR効果を広げよう!

Z折り圧着とは、1枚の用紙を三つ折りにしてZ型に折り込み圧着することです。Z折り圧着はdmはがきなどに使われていますが、情報量を多く掲載できるというメリットから多く活用されているdm方式といえます。圧着部分が2箇所あることが、多くの情報を掲載できる理由となっています。また一度開封された後には再度圧着ができないので、本人以外の無断開封を防ぐこともできます。同時に請求書や催促状、また案内状などの個人情報を含む記載内容がある場合にも適しています。お得意様限定情報や割引券を掲載することで、販促効果も期待できます。そして圧着dmは、開封率の高い方式と考えられます。見える外側に興味を引く言葉やデザインを配置し開封したいという気持ちにさせることで、開封を促すことにつながるからです。その中でもZ折り圧着dmは、V字折り圧着方式より多くの情報を掲載できるというメリットがあります。また同じような情報量である巻き三つ折りタイプの圧着方式は、読み進めることで掲載内容が分かる仕組みになっています。それに対してZ折り圧着dmは、開封した時に情報を一気に見せることができるので、インパクトあるPR効果を狙えるというメリットにつながります。封書やミシン目開封のdmと比べて開封が簡単であることも、開封率の高さの理由となっています。

知ることで更なる効果が期待できる?値段と発送の注意点!

Z折り圧着dmを活用する際には、さまざまな注意点があります。例えばdmをZ折り圧着はがきで送る場合、使用する用紙によって重量が変わり、そして宛名ラベルなどを貼ることでより重量が増してしまい、はがき規定の値段で送付できなくなることが挙げられます。Z折りになっていることで用紙がかさばり、はがき規定の重量を越えてしまうことも理由となっています。また用紙だけではなく使用しているインクの重さも、無視できません。そのため、はがき規定の料金内で送ることを想定しながら制作することが重要です。同様にZ折り圧着方式のはがきで送る場合には、「郵便はがき」「POST CARD」などの文字をはがき本体に表記することが必要となります。この文字が表記されていない場合には「定形郵便物」扱いとなってしまい、発送する際に封書と同じ料金を請求されてしまい、結果的に値段が上がってしまうのです。また湿気や雨に弱く、濡れたまま開封すると破れてしまうこともあるので、注意書きを添えることも大切です。Z折り圧着dmは、多くのメリットが持つ魅力あるdm方式といえます。その反面用紙やインクの値段そして発送などについて、細かいルールや知っておくべき情報があります。十分な知識を持つことで、メリットを最大限に活かすことができるといえるでしょう。

DM,送る

dmは費用対効果で決める?それ以上の意味を持つdm方法とは?

封書サイズdmとは、封書を利用したdmのことです。情報量が多いというメリットの反面、コストが抑えられないというデメリットがあります。またはがきタイプに比べて開封率が低いことも、デメリットといえます。そして封書サイズdmは、時代遅れだという印象もあります。現代はネットを活用した宣伝活動が主流となっています。ネットを活用する理由のひとつは、コストがかからないということです。しかしネットを活用することのデメリットもあります。それは受取人がメールを読んでくれるかどうかが判断できないことです。また情報メールが迷惑メールなどに分類され、メール着信すらも分かってもらえない場合もあります。さらにネットにおいて個人情報などの流出が発生する事態になれば、企業イメージの悪化だけではなく、企業活動自体に大きなダメージを与える場合もあります。そのような理由からネットによる宣伝活動、そして従来の発送タイプのdmを併用することがよい方法だといえます。発送タイプの中でも封書サイズdmは特別感や高級感を与えることができる方法として、活用が広がっています。また丁寧さや礼節を重んじているという封書が持つイメージも加わり、受取人に好感を持ってもらえる方法となっています。

封書サイズdmだからこそ、伝えられることとは?

一般的にはがきよりも封書の方が、格式が高いという印象を与える効果があります。封書サイズdmは封筒の中に入れるため情報量も多く、またdmに不向きなカタログやチラシなども活用できるメリットがあります。封書なので開封率が低くなること、また開封せず放置したままという懸念もあります。しかし多くの場合宛て名があれば開封してから破棄するので、情報価値の期限が長いものを掲載して届けることがポイントとなります。そして封書という特徴を生かし、封筒サイズ内であればさまざまな形のものを入れることで、より販売促進効果につなげることもできます。例えばクーポン券やカード状のものと、チラシや説明書などを一緒に入れることも可能であり、受取人の関心を引く効果も期待できます。また封筒にノベルティや商品サンプルを入れることも、開封率を高める効果が期待できます。封書サイズdmは、はがきタイプよりも送料が高くなります。しかし伝えたい情報によって封筒のサイズを変えたり、「広告郵便扱い」で郵送する方法など工夫によってコストを抑えることも可能です。封書が持つ特別感は、他の発送方法のdmにはないものです。豪華さやリッチ感、そして内容の豊富さで受取人を喜ばせるものとして、集客効果のあるdm方法といえるでしょう。

DM,の,チラシ,デザイン,作業,効果,印刷,圧着,広告,料金,送る

A4圧着DMの送付を検討する場合、まず懸念するのは費用面のことでしょう。しかしA4圧着DMには色々なメリットが有りますので、実際に送付するとなるとコスト面で非常に優秀といえます。

まず一つ目のメリットは封筒がいらないということ。A4サイズでV字折の圧着DM なら封筒に入れることなくそのまま送付することができます。そうすると封筒代もかかりませんし、封筒に封入する手間と費用がかかりません。さらに開封する必要がないので、見られる可能性が非常に高まります。直感的にどういった内容のDMか理解でき、受け取り側の反応率もグッと高まります。

2つ目のメリットは情報量が非常に多くなるということです。はがきサイズと比べてV字圧着なら記事を載せられる面積は約4倍にもなります。またZ字型のA4圧着DMで送るとしたら、その情報量はなんと6倍にもなり、盛り込みたい情報を存分に記載することができます。

雨で濡れたりする懸念がある場合はフイルム圧着タイプにすれば見た目も美しく耐水性もあります。ですからポストに入れたけど雨で濡れて滲んだり汚れたりする心配もありません。DMの種類を検討するときは様々なメリットが有るA4圧着DMの送付を検討してはいかがでしょうか。

サイズも豊富でインパクト効果もある圧着DM

圧着DMは、特殊なフィルムや糊圧着加工によって、1枚の用紙を三つ折りまたはV折りして、紙面同士を貼り合わせたタイプのDMです。仕上がりサイズの2から3枚分の情報を掲載できますが、厚みはなくコンパクトかつ軽量なので、重さを気にせず仕上がりサイズの料金で確実に送付できます。一般的に、2から3枚のチラシを印刷し、封筒で郵送する場合には、封筒の手配や宛名印刷、チラシを折って封入する作業も必要です。しかし、圧着DMを活用すれば、封入に関わるコストや時間を削減しながらも、同量の情報を相手に伝えることができるので、大きなメリットがあります。A4圧着DMの場合は、定型外郵便の最低料金での送付が可能です。

定番のはがきサイズから、大判のA4サイズまで、圧着DMのサイズ展開は豊富になっています。V折りのA4圧着DMは、A4チラシ2枚分の情報量を掲載でき、開くとA3サイズになインパクトがあり、見開きを活用した紙面デザインが可能になるので、より広告効果の高いデザインを取り入れることができます。フィルム加工によって適度な厚みや光沢感がプラスされるので、通常のチラシよりも紙面が綺麗に見せられます。高級感を演出したい場合にも最適です。”

作成,料金,送る

封書サイズのdmに必要な経費

封書サイズのdmを発送する場合に必要な1通あたりの最低限必要な経費について紹介します。いろんなサイズの封書がありますが、dmの発送に一番のおススメで定番といえば「長形3号」です。横120ミリ、縦235ミリサイズで重さによって変わりますが、通常、1通につき82円の郵送料がかかります。宅配会社によっては、大量のdmを定期的に送ることを条件に1通の単価が安くなる場合もあります。封書のメリットは何といっても情報量です。A4サイズの用紙を3つ折りして2~3枚、封入できます。通常ハガキのdmは1通62円と値段が安く、封書に資料を同梱する手間がかからず比較的簡単にdmを打てますが、ハガキ自体の面積が少ない分、告知したい内容が限られてきます。これに対して封書の場合は、A4サイズの紙に両面印刷すれば、より詳細な告知が可能です。また、表面には写真やイラストを掲載し、インパクトがあり、わかりやすく伝えることができるのも封書サイズで送るdmの魅力です。資料のほかにも、お客様にとってお得になるクーポン等も入れ込むと非常に喜ばれます。封書を個人で作成する場合、パソコンを購入し、エクセルやワードといったソフトをインストールし、資料を作成します。資料を作成した後、封書と同梱する資料の用紙を購入します。資料を印刷するプリンター、印刷にかかるインク代、封書を封印する時のノリ代なども必要経費としてかかります。

封書サイズのdmのメリット

封書サイズのdmのメリットとして、最低1,000通以上の封書を同時に発送することにより値段が割引になる場合があります。ポスト投函した場合、ハガキサイズは新聞等と混ざり目立ちませんが、封書は比較的、手に取った人の目に留まりやすく、カラーにすることもできますので目立ちます。「ハガキは情報が一目瞭然で、封書は封を開けてもらえない」と思われがちですが、封筒の表面に「重要な書類が入っています」「中にお得な情報が入っています」と文字を入れることで、同梱資料を見ていただく可能性がグンと高くなります。別料金が発生しますが、特殊取扱いとして、同種の他の郵便物よりも優先して、速やかに遅滞なく配達される「速達」で送ることができます。同じく別料金になりますが、大事な書類やコンサートのチケットなどを送るときに良く使われる「簡易書留」や「内容証明」などもできます。大量に発送するdmとしては不向きですが、ハガキにはないメリットです。また、企業にとって、料金改定や新サービス、株主への案内など、企業にとって重要な内容を伝えなければならない場合は、絶対的に封書です。とくに、株主への案内文書は、振込口座や配当金など個人情報が満載です。封書に入れて送ることで個人情報が守られるメリットがあります。

DM,送る

ハガキよりも多い情報量を盛り込める

封書DMとは封書で送るダイレクトメールのことですが、この封書DMにはハガキのDMとは異なったメリットがあります。まず封書DMを送ることによる一つ目のメリットは、ハガキよりも多い情報量を盛り込めるという点です。ハガキによるDMですと文字数が限定されてしまうため、記載できる情報量がかなり少なくなってしまいます。封書はまず開封してもらうことが前提になりますが、封筒のなかにはA4サイズの用紙を数枚入れることが可能です。文章だけではなく実際の商品のチラシを封入することもできます。そのほかにも割引券やクーポン券なども同封できるため、封筒の表書きに割引券在中などの記載をしておくことで開封率も上がり、ダイレクトメールとしての効果が高くなります。封書DMは受け取った人に開封してもらうことがとても重要になるため、開封してもらう工夫を凝らすことも大切です。新商品の割引券やクーポン券などを同封することで、お得感や特別感を持ってもらうことにも繋がります。封書DMを送るときは、まず興味を持ってもらうことに力を入れることから考えます。封書のメリットを最大限に活かして、新商品やサービスの内容をわかりやすく記載することも集客効果を上げるための第一歩です。

商品サンプルを封入することもできる

封書DMの二つ目のメリットは、商品のサンプルなどを封入することができる点です。実際に封書DMの表書きにサンプル在中などの記載があった場合は、誰でも開封してみたくなります。商品のサンプルを封入することは、封書DMの開封率を上げるためにも高い効果が望めます。封筒にサンプルが入っている時点で、受け取ったときに用紙以外にも何かが入っているという判断もしやすくなります。受け取った側はどこにも連絡をすることなく、まずは届いたサンプルを気軽に試すことが可能です。サンプルを実際に使ってみて良いと感じられたら、お試し価格のキャンペーンチラシを見て申し込むことにもつながり集客効果も高くなります。封書DMでチラシやサンプルなどを送付することによって、商品に対する安心感を感じてもらうこともできるため大変効果的です。封書DMでのサンプル同封は、ハガキのDMでは実現することのできない集客効果を生むメリットにもなっています。封書の開封率を上げるためには、まず封筒に誰が見ても分かりやすいような記載をしておくことを心がけるようにすることが大切です。そのほかには商品やサービスに関する多くの情報量と、お得感や限定キャンペーンなども合わせて盛り込むことで集客にもつながります。

DM,の,作成,圧着,安く,料金,本,発送,発送代行,送る,企業

V字圧着はがきはサイズが幅100mm×高さ145mmの通常はがきです。違いは、はがきが手でめくれるようになっていることです。そのめくれる内側に発送者の伝えたいことを明記し、外部者から本文の内容を知られることなく渡すことに優れているはがきです。そこが通常はがきとの大きな違いです。簡単に言ってしまえばプライバシーに配慮したツールということになります。また、発送者からのメリットもはがきスペース2枚分の内容が書けることから、はがきを2枚出さなくてもよいというメリットもあり、発送料金が安いということにつながります。受取人も通常はがきに比べて、たくさんの情報を、はがき自体をV字圧着することで受け取ることになります。お互いがメリットを享受できるようにした商品なのです。本来なら手紙で送るところをです。

業者さんも安いところでは、発送代行依頼した際も部数が多いほうが安くすむようです。たくさんの人たちに、より多くの情報を送るには経費が安くすむほうがとっても助かりますね。また、郵便料金もはがきの扱いなります。はがき2枚分のスペースに郵便料金は1枚分でよいのですから。本当にV字圧着はがき自体は考えられた商品なのです。

V字圧着はがきとはどのようなものか

企業が情報をお客様に発送する上でよく使用されているのがV字圧着のはがきです。V字圧着はがきは、情報を隠したい部分を圧力で接着しているはがきのことです。接着部分をめくれば簡単にはがすことができます。圧着した部分をはがすと、はがきの形がV字になることからV字圧着という名称がつけられています。

V字圧着のメリットは、通常のはがきと同様に安い費用で発送を行うことができるということです。その上、通常のはがきよりも多くの情報量を載せることができます。また、個人情報などのような隠したい情報を本人以外の人に見せることなく届けることが可能になります。請求書や通知書などにも向いていますし、シークレット情報や、お得な特典情報などを掲載するのにもよいでしょう。

V字圧着のはがきを作成するためには、自分たちで行うのは技術がないと困難になってしまいます。ですから、プロの業者に依頼をし作成してもらうことがおすすめになります。業者は数多く存在しますので、複数の業者を比較して決めることがポイントです。費用が安いことも重要な要素ですが、それ以上に重要なのは、知識や技術がしっかりしているかどうかです。知識や技術が乏しい業者の場合、お客様の興味を引くような魅力的なDMを作成することはできませんので、その点を考慮して慎重に業者を選ぶようにしましょう。”

DM,送る

そもそもDM、スクラッチはがきとは

皆さん一度は送られたことはあるでしょうDM(ダイレクトメール)その中にスクラッチはがきが送られてきたことがある人もいるかもしれません。

そんな日常的にも見かけることがあるDMですが、そもそも普通のDMとスクラッチはがきのDMの違いとはなんなのか。

それはどちらも商品の購買推進やイベントの告知の際に使われるものであり、ただそこにスクラッチがついているかいないかに違いがあります。その違いとは、例えれば

普通のDMとはこんな商品があります、こんなイベントがあります、などの宣伝のみが書かれているモノです。

スクラッチはがきとはその宣伝とスクラッチが合わさったモノのことです。そしてその名前の通りスクラッチはがきはスクラッチができるはがきであり、スクラッチを削ることによりその結果景品が当たることもあります。

このように商品、イベントなども確認できつつスクラッチもできるお得なモノをスクラッチはがきと言います

ここまでくるとDMの内容がどのようにして選ばれ送られてくるのかが、気になると思います。

主に送られるときに使われるのが過去に利用したことのある小売店や入会しているクレジットカード会社の購入しているモノの属性で抽出されて郵便やメール便などを利用して送られてきます。

スクラッチはがきのメリットなどについて

まず普通のDMよりスクラッチはがきの方がいいメリットとは、DMでは限りのあるスペースの中で宣伝を行わないといけないので情報を十分に掲載しきれない場合があります。そんな時にインターネットと連動して宣伝を行うことによって多くの情報を伝えることができます。

しかしこの際しっかりと中身を見て、そこからインターネットで検索してもらわないといけないのです。

これでは面倒だと感じてしまい途中でやめてしまうかもしれせん。メリットなしではなかなか行動してもらえない場合がほとんどです。

そんな時にスクラッチはがきです。

スクラッチをつけることにより視覚的な効果でDMに対して興味を惹きつけます。

少しのゲーム性と商品が手に入るかもしれないというメリットを発生させることによってインターネットに移動させることができます。

インターネットに移動することで商品を得られることによって企業の宣伝もできますし、商品を使用して気に入ってもらえれば継続して使用してもらえます。ただDMを送るだけでは読まずに捨てられたりしてしまうモノもスクラッチをつければ興味を持ってもらえる効果があるのです。

そんなスクラッチはがきですが削りカスのでないスクラッチが存在します、色もカラフルなものもあり、なによりカスがでないのでゴミがでないのが利点であり今後このスクラッチはがきを利用した会社が増えていくことでしょう。”

DM,の,ダイレクトメール,ハガキ,効果,圧着,宣伝効果,広告,料金,発送,発送代行

ダイレクトメールはメーカーや店舗などの広告やセールなどのキャンペーンの知らせの他、会員情報やポイント残高などの伝達事項を顧客へ郵送する場合に効率のいいツールとして活用されています。圧着タイプのダイレクトメールは従来の封筒で届く郵便物よりも開封率が高いとされる上、封筒分のコストダウンになるメリットがあります。特にZ折り圧着は一般的なハガキと同じ郵便料金で郵送が可能な上、はがき2枚分の見開きが2か所あるので掲載物の情報量が多い場合でも対応できます。また圧着タイプのダイレクトメールの剥がす効果による中面の情報への注目と期待感を煽る作用がZ折り圧着タイプのダイレクトメールの場合だと2か所を開封できることで、情報量の多さを想像し易くより効果的です。また一般的なハガキよりも約3.7倍の情報量を掲載することが出来、多くの表現方法でのPRが可能なので、他店舗や業界での差別化を図るためのアピールをすることが工夫次第で出来ます。チケットや割引クーポン券の掲載や、ビジュアルに特化したアーティスティックなPRなど集客効果に繋げることや、中面が隠れていることで個人情報を守れるなどメリットが多いダイレクトメールです。Z折り圧着DMの発送に関連する工程はハガキ発送代行サービスに依頼することで、業務短縮を図りながら顧客への発送を行えるなど利便性が高いです。

発送されるZ折り圧着はがきについて

Z折り圧着されるいるはがきは、通常はがきと比べて、より多くの情報を記載することが可能です。開封する場所が二か所あるので、圧着させてコンパクトにしながらも、十分な情報量を伝えることができるというメリットがあります。そして、通常はがきと同じ郵送料で発送することができるので、とてもお得です。安いうえに多くの情報が伝達できるのは、Z折り圧着はがきの最大のメリットです。これにより、多くの人へ発送が可能となり、十分な情報が伝達されます。さらにZ折り圧着はがきは、通常はがきとは違った活用ができます。開封が二か所あることで、圧着されているはがきの中身が気になり、好奇心が掻き立てられます。そして、あまり興味のない告知だったとしても、圧着をはがすことで一度は目を通すことになり、宣伝効果が期待できます。また、Z折り圧着はがきは、開きやすくするための工夫が施されています。例えば「コーナーカット」と呼ばれる部分があります。これは地側の角を落とすことで、圧着を開きやすくしています。他には、折り線の位置をずらすことで開きやすくする「ずらし削り」と呼ばれる工夫があります。このようにZ折り圧着はがきは、多くの人に十分な情報を伝え、読み手がより興味を持つような工夫がなされているのです。

料金

圧着往復はがきのメリット

業者が集客活動を行う方法の一つに、dmの発送があります。これまでに業者を利用した顧客宛てに直接dmを発送することで、無差別に配布する新聞折込での集客より高い効果が見込めます。また、マンションや一軒家のポストに一枚ずつ投函していくポスティングや、街中でのビラ配りに比べて少ない労力で行えるという魅力もあります。このように優れた集客方法の一つであるdmの発送ですが、dmにもいくつかの種類があります。一般的なものが普通のはがきサイズのもので、通信面に顧客の住所や名前、印刷面に業者からの情報が掲載されています。普通のはがきサイズのdmの場合、比較的安い価格で発注することができますが、業者が顧客に見てもらいたい情報量が少ししか掲載できないというデメリットがあります。また、最近ではインターネットで利用したサービスからもdmが送られてくることが多く、顧客にとって特別なものでない限りはちゃんと見る前に捨てられてしまう可能性もあります。他にもdmには圧着往復はがきというものがあります。圧着往復はがきにはV型とZ型があり、どちらも普通のはがきサイズのものより印刷面の数が多く、より多くの情報を掲載できるというメリットがあります。

情報量と特別感

V型・Z型両方とも、圧着往復はがきは紙を織り込み特殊なノリで貼り付けています。貼り付けられた圧着面を剥すと再度付くことはなく、基本的には宛先の本人以外の誰かが中身を見るとすぐにバレてしまうようになっています。圧着面を剥すまでは何が書かれているか見ることができないようになっているので、個人情報や督促状などプライバシーに関する内容も記載できます。圧着面に業者の住所・顧客情報を記載しておくことで、返信の際に顧客の記入事項が少なくなり、高い確率で返信してもらえるというメリットもあります。また人間の心理的に、剥がさなければ見ることができないもの、隠された部分、というのはどうしても見たくなるもの。このような心理をくすぐる圧着往復はがきはかなり高い確率で顧客の目に留まることが多く、効果も高くなります。最近では圧着往復はがきを激安印刷してくれる業者も増えています。さらに、ただでさえ激安にも関わらず、発注枚数が多くなるほど1枚当たりの料金が安くなるのがdm印刷の特徴です。より多くの情報量を記載できる圧着往復はがきを上手に利用して、たくさんの顧客にお得なサービスや情報を告知し、収益に繋げてみてはいかがでしょうか。

デザイン,作成

自分でポストカートはがきを作る

暑中見舞いや結婚の報告など様々な使われ方があるポストカードですが、家にあるものだけで簡単に作ることができます。

用意するものはパソコン、プリンター、そして印刷するハガキです。まずは、パソコンに最初から入っているソフトを使ってポストカードのデザインを作成します。後はパソコンをプリンターとつなぎ、ハガキをプリンターにセットして印刷するだけで完了です。

デザインを描くソフトはワードやエクセルなどのオフィスソフトをそのまま使用すれば十分ですが、自由にダウンロードできるフォトレタッチ系ソフトをつかうとデザインの幅がさらに広がります。さらに質の高いポストカードはがきを作成したい場合は、イラストレーターやフォトショップからデザインを購入することも考えておいてください。

また、パソコンやプリンターの他に描けるデザインの幅が広げる目的で揃えておくと便利な道具があります。その1つが「デジカメ」で、写真を貼り付けたタイプのポストカードはがきを作るときにあると便利です。他には「スキャナー」もあると手持ちの写真やイラストそのまま使えるようになります。筆や鉛筆描きしたような個性的なタッチを造りたい場合は「タブレット」もあると重宝します。

業者に依頼してポストカードを作ろう

様々な使われ方に合わせたオリジナルのポストカードはがきが欲しい場合、自分で作る以外にも専門の業者にお願いして作ってもらうという方法もあります。この場合、自分で作る方法にはなかった様々なメリットがあります。

そのメリットの1つが「はがきの材質を決められる」ということです。一般的に使われるハガキの材質をはじめ、ナチュラルで上質な雰囲気持つ用紙や、透明のフィルムを装着しているPP加工タイプ、さらには厚紙など、多くの材質からポストカードはがきを作ることができます。

メリットの2つ目が「任意のサイズを設定できる」ことです。通常のハガキと同じサイズであるA6以外にも、CDケースと同じぐらいのA5サイズ、やや大きめのA4およびそれより大きいA3サイズなど、好きな大きさのポストカードはがきがつくれます。

3つ目のメリットは「業者独自のサービスがある」ことです。業者によってはポストカードはがきにスジ入れしたものや、角を取り除いたものを作ってくれたり、レーザー加工によって通常以上に細かなデザイン対応しているなど独自のサービスを用意しています。こうしたサービスは業者のWebサイトで紹介されているので、依頼する前に確認してみてください。”

デザイン

広い面を有効活用できるはがき

A4・B5サイズのはがきを使ったdmは広い面を最大限に使って販促を行えるのがメリットです。広くしたことをうまく有効活用できるかがA4・B5サイズのはがきの効果を発揮させられるかどうかを左右します。ただ盛り込める情報の量を増やせるだけでなく、レイアウトの工夫をすることで多様な情報を共存させられることにも着目するのが大事です。裏面を全て宣伝広告にしてしまうという方法は一般的であり、折込チラシなどと同じように商品やサービスなどを写真付きで一つずつはっきりと示すことができます。それが主な目的であれば問題はないですが、販促を徹底して行おうと考えたらクーポン券などを付けたいと考えることも少なくありません。はがきの下の方にクーポン券を付けて切り取れるようにしておくというのも面が広いからこそできる工夫です。あるいは上半分は商品の宣伝とし、下半分で購入方法についての説明をするといったレイアウトも効果的と言えます。一面の中に相手にとって必要な情報を全て収めるようにすると買い方がわからないから諦めてしまったというような状況を回避することが可能です。QRコードなども駆使して伝えるようにするとさらに多くの情報を盛り込めます。

典型的な大きさだからこその魅力

日常的に使用している印刷物のサイズとしてA4・B5サイズは典型的なものです。dmをデザインするというときにA4・B5サイズであればレイアウトをするのにも慣れていることが多く、全体のサイズをイメージしてデザインを作りあげやすいというメリットがあります。他の印刷物を作ったときに使ったイラストや文字画像などの素材をそのまま転用しやすいのも特徴です。小さなはがきサイズにしてしまうと、既存の素材は縮小しないと入れられないことが多く、そのためにさらに素材の加工が必要になることもよくあります。今までに使用した素材を組み合わせて行くだけにしてしまえば短時間で見やすいデザインの宣伝広告を作り上げることができるため、A4・B5サイズのはがきを選ぶと生産性が向上するのがメリットです。また、印刷をするときにもメリットが大きく、オフィスにある印刷機でも典型的なサイズなので印刷することができます。印刷業者に依頼するときにも単価が安い傾向があるため、費用を抑えて大量印刷を依頼することも可能です。A4・B5サイズは用紙も比較的安く手に入ることから、広い面があるdmを送りたいけれど費用も最小限にしたいというときに適しています。

DM,の,まとめ,ダイレクトメール,作成,効果,印刷,圧着,安く,発送,発送代行,企業

企業がDMなどでよく使用しているZ折り圧着は、1枚の紙を三つ折りにしてZ字型に折り畳んで圧着したものです。V字圧着よりも情報量を多く掲載することができるというメリットがあります。また、全部はがすと面積が広くなりますが、折り畳むことができますのでかさばらずに保管をすることができます。

Z折り圧着を作成、発送するには、プロの業者に依頼を行うようにしましょう。ただ単にZ折り圧着を作成するのではなく、受け取った人にスムーズに開封してもらえるように、コーナーカットやズラシ折りという方法を用いて作成してくれます。また、ターゲットに合わせた加工を行ってくれる場合もありますので、より効果的なZ折り圧着を発送することができるでしょう。

業者に依頼を行う際には、どのくらいの数を発送したいのか、どのような客層をターゲットにするのかなどを明確にしておくようにしましょう。そして、複数の業者に見積もりをとることが重要なポイントになります。優良な業者を選ぶためには、複数の業者を比較してその中から1つを選ぶようにしましょう。そうすれば、業者選びに失敗をする可能性は低くなり、お客様の興味を引くような効果的なZ折り圧着のDMを作成することができます。

Z折り圧着の発送代行には送り先の選別もしてもらうと便利

ダイレクトメールは、ホームページのようにお客様に来ていただくのを待つ必要もなく、Eメールに比べてお客様に読んでもらえる確率が高いのが魅力のプロモーション手段です。はがきサイズでしたら、100円を切る郵送料で発送することができるので、コスト面でもメリットが大きいです。

とはいえ、たくさんのお知らせしたいことがあるという方も多いと思います。そういった方にはZ折り圧着がオススメです。Z折り圧着は、はがき3面分の紙をZ字型に折ってはがきサイズにまとめて圧着したものですので、発送にかかる郵送料ははがきのままに、情報量は3倍に出来るというメリットがあります。さらに、人間の心理で、シールをはがしたいという気持ちから圧着されている部分を開く確率も高く、ゲーム感覚で楽しみながら中を見てもらえると言うメリットも有ります。

ダイレクトメールの発送をするなら、代行業者を利用すると、印刷代だけでなく郵送料も安くなる場合があります。また、代行業者の中には、送付先のリストを持っている会社もありますので、新しいお客様を開拓したいと言う方でしたら、期待するお客様の年代や地域などの希望を代行業者に伝え、絞ったターゲットにダイレクトメールを発送してもらうと、高い効果が得られます。”

DM,の,作成,印刷,参考,圧着,発送,送る

DMを送るとしたら、どのようなことにこだわりたいですか?送付先の方に様々な情報を伝えるために、色んな情報を盛り込みたいという方も多くいるのではないでしょうか。その一方で、多くの方に送るためにかさばらない状態で発送したいと考えている方もいます。これらの2つの条件を満たすための選択肢が、圧着DMです。

圧着DMの場合、紙同士がくっついている状態で送ることになるので、かさばりません。くっついている紙をはがすことでより多くの情報を詰め込むことが可能です。

圧着DMの大きさは、はがきサイズだけではなく、A4圧着DMなど大きなサイズの紙も利用することができます。もしA4圧着DMの利用を検討しているのであれば、どのような業者を選ぶのかという点もポイントの一つです。印刷から発送まで依頼できる業者も増えてきていますが、サービスの内容や値段など、それぞれの業者によって大きく異なります。利用する場合には、目先の条件だけに捕らわれるのではなく、細かな条件まで比較して選ぶことが大切です。余裕があれば実際に利用した方々の評判まで参考にすることで、さらに自分たちの条件に合った業者を見つけることができる確率が高くなります。

DM,デザイン

品質が大切なA4厚紙DM

A4厚紙DMを活用するときには品質を重視することが肝心です。圧倒的なサイズの違いで他のはがきとは区別できるようにするのがA4厚紙DMの特徴であり、他の業者が送ったdmよりも先に目に留まるのがメリットになります。そのときに魅力的なデザインが印刷されているだけでなく、dmそのものが秀逸な形に仕上がっていることが顧客の興味を引きつけるために重要です。マット紙やコート紙を使用していることが多く、両面カラーでの鮮明な印刷を行うことがイメージを良くすることにつながります。また、厚紙にも様々な厚さがあり、十分な質感があって重要な書類であるという印象を与えられるようにすることがdmの効果を高めるのに必須です。ただA4サイズの広いスペースを活用して情報を盛り込み、見やすいデザインに仕上げられるメリットに着目するだけに留まらず、存在感のあるdmに仕上げるように心がけるとA4厚紙DMを選ぶ意味が大きくなります。その点をよく理解している品質重視の業者に絞り込みをした上で激安で印刷してくれるところに依頼するのが優れている考え方です。激安さだけに注目してしまうとA4厚紙DMの持ち味を生かせなくなってしまう可能性があるので注意しなければなりません。

信頼して付き合える業者が便利

A4厚紙DMの印刷を依頼する業者の選び方として、信頼して長く付き合っていける業者にするのも重要なことです。dmに限らず印刷全般を依頼できるような信頼できる業者を選んでおくと長期的に見て多くのメリットが生まれます。A4厚紙DMではよく使用されるA4サイズであることから、他の印刷物に使用したデータを転用することが比較的簡単です。新たにデータ入稿をしなくても過去のデータから印刷をしてもらえる場合も多く、費用も下げつつ納期も早められるというメリットを生み出せます。同じ内容をチラシとdmの両方で印刷したいという形で依頼すると割引をしてくれることもあり、全般的に一つの業者に依頼すると決めるのは費用を削減するのに優れている方法です。業者によっては契約を交わして全体として割引価格で対応してくれるという形を整えられる場合もあります。激安で印刷をしたいと考えたらこのような関係を作り上げられるような信頼性の高い業者を早期に選び出すことが重要です。専門業者と親しい間柄ができるとdmの発送サービスの提案や他のサイズのはがきの紹介なども行ってもらえるようになり、dmを活用して行う販促を効率化していくことも容易になります。

デザイン,作成,料金,送る

V字圧縮ハガキのメリット

最近ダイレクトメールのマンネリ化かが進む中、読まずに捨ててしまう人が増えている傾向があります。しかし、V字圧着にすると読まれる確率が上がってきます。V字圧着とは、二つ折りに追った後に圧着が行われているハガキで、読者にとっては開ける楽しみが味わえます。そのため、開封率も高くなり読んでもらえる可能性が高まります。また、一度開けると再び付かないように糊が工夫されていますので、秘匿性が高く個人情報等も内部に記載できるのがメリットです。更に、通常のハガキよりも面積が広くなりますので、多くの情報が記載でき、効率よく販売促進内容の記載やイベント告知などが行えます。記載できる情報量が多いため、発送者にとってはコストパフォーマンスが良くなります。しかも、発送時のサイズはハガキですので重量制限に引っかからなければ、ハガキと同じ郵便料金で送ることが可能です。V字圧着ハガキ以外にも、更に面積が大きいZ字圧着ハガキなどもありますので、用途に合わせて使い分けると良いでしょう。最近は、圧着ハガキは印刷・作成・発送を一括で請け負う激安の業者も出てきていますので、そのような業者を利用すれば、効率よくdmを発送できておすすめです。

圧着ハガキのメリットを生かして最大限の効果を発揮

せっかく、V字圧着ハガキによるdmを発送するのであれば、そのメリットを最大限に生かしたdmの発送を行いましょう。隠れた部分にお客様の名前を大きく記載すると、お客様に「あなただけのために」という気持ちが伝わり宣伝効果も高まります。また、開けた時に自分の名前が書いてあるととても喜びを感じるものです。また、面積が広いことも特徴ですので、可能な限りたくさんの商品などを記載して紹介しましょう。ただし、あまり文字が小さいと読むのが面倒になるので、文字や写真の小さすぎには気をつけてください。最近は、多色を使用できるようになっているので、色合いもインパクトがあるように記載すると思わず読みたくなるハガキとなります。
最近では、激安にてハガキの制作から発送までの一括処理を行ってくれる業者があり、1枚あたり50円を切る価格で発送まで行ってくれます。このような業者を利用する手順としては、見積もりを取り、発注を行ったのちハガキのデザインを決定します。ハガキのデザインについては業者によってはテンプレートが要されていますので、それらを利用すると便利です。発送者リストを送付すればリストに基づいて発送まで行ってくれます。”

の,ダイレクトメール,ハガキ,効果,印刷,圧着,圧着ハガキ,宣伝効果,料金,発送,送る,企業

V字圧着とは、2枚分のハガキの中身をのりやニス等で貼り付け加工することで、このタイプのハガキを発送するメリットとしては個人情報の保護に役立つということが挙げられます。通常のハガキは情報が常に露出しているため、場合によっては第三者がそのハガキに記載されている個人情報を見ることができてしまうというデメリットがあります。一方、V字圧着を施したハガキは中身が外から見えないようになっているため、その内側に口座番号といった個人情報を記載することで他人に見られるという心配がなくなります。

さらなるメリットとして、多くの情報を盛り込むことができるということも挙げられます。V字圧着ハガキは2枚分相当のハガキを使用しているため、当然通常のハガキ2枚分の情報量を記載することができます。これは、より多くの商品情報や店舗情報を記載したい企業にとっては非常に好都合です。V字圧着ハガキを採用することによって、安い費用で多くの情報が記載されたハガキを大量に送ることができます。

このように、V字圧着発送はとても利便性に優れており、企業のダイレクトメールや個人情報保護が特に重要な公共料金関連ハガキといった様々な用途で利用される発送形態です。

V字圧着ハガキは印刷から発送まですべて込みでも格安料金

V字圧着ハガキは、印刷から発送まですべての費用を込みで考えても格安で済ませられます。そもそもV字圧着ハガキは、ダイレクトメールのなかでも最も簡易的な種類になります。紙の量が少なくて済みますし、印刷をする部分も少ないのでコストは抑えられます。必要最小限の情報を的確に伝えるのには一番の方法だといえます。一通当たり数円という驚きのコストで発送ができるので、宣伝活動をするときには便利に使えるはずです。ターゲットが明確なら、数万枚という数を送付するだけでもかなり高い宣伝効果を期待できます。V字圧着ハガキは、企業がダイレクトメールに使うことも多いですが、官公庁が国民にお知らせをするときにも使われます。国民年金のお知らせも、このタイプのハガキが使われています。圧着ハガキは、中に個人情報を込めて発送することもできます。受取人以外には中身が確認できませんから、ハガキとは言え、封書と同じように機密情報を記載することも可能になります。そういった点でもメリットが大きいといえます。圧着をするのは非常に簡単で、コストも時間もかかりません。通常のハガキを印刷するのとさほど差はないですから、手間がかかる心配もありません。”

DM,の,ダイレクトメール,テンプレート,デザイン,ハガキ,作成,作業,印刷,圧着,安く,発注,発送,発送代行,送る,企業

巻三つ折圧着DMとは、ハガキサイズの大きさの紙を三つ折にして、中身が外部から読めないように糊で周囲を圧着させたものをいいます。巻三つ折圧着DMには、様々なメリットがあり、多種多様な業種で新規顧客開拓、あるいはセール情報の送付などの目的で利用されています。巻三つ折圧着DMを利用する第一のメリットは、ダイレクトメールの作成作業の大幅な省力化が実現できることです。封筒を使用してダイレクトメールを送るには、封筒の印刷や文書の封入作業、封筒の糊付け作業など、何段階もの煩雑な準備作業が必要とされます。巻三つ折圧着DMは、これらの煩雑で面倒な作業をすべて不要にしてくれます。巻三つ折圧着DMの第二のメリットは、中身を他人に読まれる心配がないということです。中身を読むためには表面の糊を剥がす必要がありますが、一度剥がしたら元に戻すことはできません。そのため、封筒のように一度中身を読んでから、再度開け口に封をすることが不可能であり、高い機密性を有する内容物を送るのにも最適です。第三のメリットとして、費用が極めて安くなっていることがあげられます。大量に発注することにより、格安で巻三つ折圧着DMを依頼できる企業も多くなっています。格安と言っても、品質には全く問題はありません。

パンフレット印刷こだわるなら巻三つ折圧着DMを格安で

パンフレットや各種DMの発送などを格安にするなら印刷通販や発送代行を利用しましょう。発送代行に依頼すると雛型となる台紙に好きな内容を印刷してくれますので招待状や案内状なども気軽に作れるので便利です。巻三つ折圧着DMは圧着する際に特殊な機器が必要になりますが代行ならば圧着についても責任をもってやってくれます。巻三つ折圧着DMの格安業者は一枚あたりの単価を数十円で引き受けてくれるので自社でDMを印刷するよりも安くなることも多々あります。ビジネス以外にも一般の方の利用も可能ですから一度に同じ内容の手紙を大量に送る場合に、特に冠婚葬祭などのお礼状や招待状などでも使えます。デザインにこだわりたい場合には様々なテンプレートの中から好きなデザインが選べますのでより素晴らしい巻三つ折圧着DMが送付できます。格安の巻三つ折圧着DMの発送代行は入稿データと一緒に送り先の情報を添えることで宛名書きを自動的に行ってくれますので面倒な作業なども一切ありません。注文の際にはインターネット上にて手続きから発注までを完結させられますので打ち合わせなどをする必要が無く便利です。巻三つ折圧着DMは格安の発送代行に気軽に依頼しましょう。

の,ダイレクトメール,デザイン,広告,料金,発送,送る

ダイレクトメールには近年色々なデザインや工夫、サイズなどが存在しており、それぞれにメリットやデメリットがあります。いずれも顧客の興味を引いて中に送付されている情報を確認させることが出来るようにできているため、それぞれのメリットやデメリットを把握することでうまく使い分けることが重要となっています。

ですが、その中でも特に重要となっているのが価格であり、どの程度のコストがかかるのかと言うところを把握しておく必要があります。そしてそのコストの中には封書サイズによる送料の違いなども含まれており、自社で発送するにしても業者に発送を委託するにしてもまず把握しておかなければならない点になっています。

封書サイズには大きく分けて定型封筒と定形外封筒があり、これによって価格が異なっています。一般的に定型封筒は通常の郵送価格で利用することが出来るようになっていますが、A4サイズなどの定形外封筒の場合は定形封筒よりも送料の面で高くなります。

なので、定型封筒の場合は特に問題がないのですが定形外封筒などサイズの大きいダイレクトメールを使用する場合は通常の郵送以外にもゆうメールなどのメール便を検討することも大切になってきます。

封書サイズの郵便物の価格について

封書サイズの郵便物の価格というのは、意外と高いです。もちろん、一枚二枚で言えば、全国どこでも同じ金額、一律料金というのは素晴らしいです。重さ、大きさによって違ってきますから、それは確認しておいたほうがよいです。しかし、封書サイズでも広告であれば、別に郵便である必要性はないです。あくまで信書は郵便で送るしかない、ということであり、広告物であれば、それは守る必要がないです。つまりはね郵便として送る義務がないわけです。そして、そのほうが価格的にはお得であることが多く、そして、お勧めできることになります。これはよいことではありますが、リスクは高くなる、という認識は持っていたほうが良いです。つまりは、最も安全な封書サイズの広告の送り方はやはり郵便サービスです。もちろん、ダイレクトメールを郵便局もサービスとして提供しています。それはそうですが、やや割高、というのは確かです。さすがにダイレクトメールに特化しているところのほうがよいです。価格的にはそうなりますが、信用度で言えば、郵便局が良いことになります。その当たりのバランスをよくとる必要がありますが、考えてみるべきです。そこがある意味では大変な点になっています。”

DM,料金

人の心理を利用して効果を上げるV字圧着

一般的にV字圧着とは、用紙を二つ折りにして内面を貼りつけた、もっともスタンダードなタイプの圧着ハガキのことです。DMや個人情報の通知を知らせるハガキとして広く利用されています。開いたときにV字に見えるのが特徴ですが、通常の裏表だけのハガキと比べて、2倍の情報量を提供できるメリットがあります。また、V字圧着ハガキをDMとして使う場合は、別のメリットもあります。圧着ハガキが手元に着いた時点では内側が閉じられているため、お客様は中を見ることができません。つまり、情報が隠れていることが見に見えて分かることにより、中身を知りたいという気持ちを引き出し、圧着したハガキをめくってみたいという心理をくすぐるのです。そのため、V字圧着ハガキを使用したDMは通常のハガキを用いた場合よりも、お客様の目に通りやすくなります。もちろん、中には圧着ハガキを剥がすのが面倒だと感じられる方もおられます。また、手先が上手く使えず、剥がしにくいという方もおられるでしょう。このようなケースの備えとしてお勧めなのが、ずらし加工とコーナーカットに代表される「めくり加工」です。どちらも圧着ハガキをめくりやすくする作用があるため、お客様に中身を見てもらうためには有効な手段となります。

V字圧着はDMとしてのコスパが高い

メリットの多いV字圧着ハガキを利用すれば、DMの費用対策効果が高くなります。なぜなら情報量が2倍に増えても、料金は通常のハガキと変わらないからです。さらに、開いてもらった後も中身の内容を見やすくすれば、自然と宣伝効果も上がります。具体的にはハガキに光沢を持たせることでお客様の目を引くことができるようになるでしょう。特に商品や観光など写真を用いた宣伝をする場合は、情報が鮮明になって美しく見えるので効果的です。また、圧着ハガキは専用のニスを使って表面をしっかりと貼り付けているので、郵送中はもちろん郵便ポストの中でも剥がれることはありません。たとえ誰かに一度開かれてしまっても、元のように圧着させることは難しいため、お客様には一目で中の情報が何者かに見られたことが分かります。そのため、通常のハガキとは違ってセキュリティ性が高くなり、DMにお客様の個人情報やご契約内容などを記すことも可能となるのです。このように、V字圧着を利用したハガキには多様な用途とメリットがあります。これをDMとして使えば、商品などの宣伝効果も上がるでしょう。このことから、V字圧着ハガキのDMはコストパフォーマンスが非常に高いサービスと言えるのです。

の,まとめ,ダイレクトメール,作業,印刷,参考,安く,料金,本,見本,送る

大判サイズの印刷物を大量に印刷する場合は専門の印刷業者に依頼することになります。印刷業者では様々なタイプの印刷物を手掛けておりインクの指定や用紙の材質の指定、どの程度の枚数を印刷するのか、など細かい部分まで指定することが可能です。見積もりの段階で細かい部分までしっかりと話し合っておくことが大切でその後のスムーズな作業につながります。印刷後の納品に関してもどのようにするのかという点も大事な部分です。業者によっては印刷後の配送業務も一括して請け負っているところもありワンストップで大判サイズの印刷から配送まで行うことができる体制が整っています。大判サイズの印刷物は様々なものがありパンフレットやポスター、大型の冊子やカタログなども該当します。特にパンフレットやカタログなどは通信販売の会社や家電メーカーなどが多く利用しています。写真を多用したパンフレットやカタログなどは仕上がりも重要になります。きれいな仕上がりにするためには様々なノウハウがあるため実績がある専門業者に依頼することが大切なポイントになります。製品の色あいなどもカタログ上では重要なポイントになるため自然な仕上がり具合になるように色見本などを参考に事前にしっかりと打ち合わせをしておく必要があります。

DM,作成,料金

自作をするメリットを考えて検討

B5圧着DMを作成するときには自作することも業者に依頼することもできます。どちらが優れているかを考えるときには、自作するメリットをまず理解することが大切でしょう。圧着DMを自作すると自由度が高く、納期などが業者に左右されないのが特徴です。自由度についてはB5圧着DMを作成するときには特に重要な点であり、ハガキサイズとA4サイズ以外を表立って取り扱っている業者は全てではないことがわかるでしょう。標準価格表などを各業者で参照してみるとA4には対応していてもB5には対応していない業者もあります。自作であればその制限を受けることなく圧着することが可能です。コーナーカットを施したり、ずらして折ったりすることもできるため、一般には業者に依頼するとオプションとなってしまうような細かな修正も自由に行うことができます。また、圧着面に記載されている内容が個人情報などの機密性が高い内容の場合には、業者に情報漏洩が起こってしまうことを防げるのもメリットです。顧客の情報などを圧着面に盛り込む場合には自作をするという選択が優れているでしょう。圧着シートやシーラーを使用することによってB5圧着DMを自作することが可能です。

業者に依頼するなら相談からスタート

B5圧着DMを自作するのにはデメリットもあり、作成に大きな労力と時間がかかることは否めません。数十から百数十という程度の数であれば作ることができても、数百という単位になると労力が惜しくなってきてしまうでしょう。また、品質が安定しなくてやり直しになってしまうものもしばしば生じます。その点を考慮すると大ロットになるときには業者に依頼するのが賢い方法です。B5圧着DMの作成を行っている業者に依頼するときにはまずは相談からスタートしましょう。標準料金で行ってもらうよりも交渉次第で安くなったり、納期を細かく調節したりすることができる場合が多いからです。ウェブ発注を基本としている業者ではこのような細かな調整に対応してくれない場合もありますが、個々の取引先に見積もりを出して発注を受けるという昔ながらのシステムを採用している場合にはじっくりと相談する機会を与えてくれます。B5圧着DMにもV字型だけでなく、観音開き型やZ型などのいくつかの方法があるので、そのどれが適しているかについてのアドバイスももらうことが可能です。より良いDMを作成するための相談の機会ともなるので、作成依頼をするときにはまず業者に相談してみましょう。

業者に依頼した時の費用

新商品の紹介やサービスの案内に、あるいは企業間での情報のやりとりなどではがきを送付する機会は多々あります。その際にはがきの宛名書きやデザインなどを自社で行うと余計な人員をさいてしまうことになりますので手間を省くためにもはがきの発送代行に任せてみましょう。発送代行なら宛名書きにDMの内容やデザインなどを引き受けてくれますのでハイセンスなデザインのはがきを送付できます。一枚あたり数十円のコストで発送が可能ですので自分で制作するよりもかなり安上がりです。はがきの種類も通常のサイズのものから特殊な形態のものに圧着のものや縦長のものも選べるので、DMだけではなく料金の支払いや個人情報を記載するはがきなども安心して顧客の元へ送付できます。データの入稿は業者がテンプレート形式で用意してくれますのでテンプレートに自由に内容を入力すれば文面も簡単に作成できます。難しい手間などは一切ありませんので機械が苦手な方でも安心してはがきを送付することが可能です。一度に大量に発送する場合や複数の顧客に対して発送する場合でも簡単に送れますからはがきを送付する際に代行を頼むなら送付の発送代行に依頼してみるとよいでしょう。

ダイレクトメールとしてはがきを使うメリットとは

ダイレクトメールは企業の最新情報やサービス内容を伝える方法として効果的で、はがきを使うと送付するためにかかる費用を安くできます。企業が伝えたい情報を伝える時は電子メールやサイトなどで伝えるとかかる経費を安くできますが、インターネットが接続できない環境では内容を確認できないためダイレクトメールを使うと効果があります。

はがきは大きさによって伝えたい情報を記入するスペースが限られ、効果を出すためには要点を踏まえながら最適な内容を考える方法が望ましいです。はがきは封筒を使わずに送付できるためかかる費用が安くなり、多くの人に情報を伝える時に役立ちます。

ダイレクトメールは受取人が読みやすい内容を考えて作成すると効果的で、はがきを使うメリットは封筒を開封する手間が要らないため手軽に内容を確認できることです。文章の内容を決める時は限られたスペースを有意義に活用し、格安印刷サービスを使ってかかる費用を安くすると効果的です。

ダイレクトメールとしてはがきを使うメリットは封書を使う方法と比べてかかる費用を安くできるため、多くの人に情報を伝えたい時などに役立ちます。はがきを使う時は第三者に内容が見られるため、個人情報などを扱う時は注意が必要です。”

DM,の,ダイレクトメール,デザイン,作成,作業,効果,印刷,圧着,安く,料金,発送,発送代行

顧客にアピールしたい商品がある時、郵便でもプロモーション活動を行う事ができます。ダイレクトメールなどを送付し商品情報を顧客に伝えることは、定番の販売促進手段です。ただし問題となるのは、郵便物に気をとめてもらうことができるかという点です。圧着タイプの折り畳み型はがきの場合、安く郵送できる反面、開封率が課題となってきます。ダイレクトメールを送付しても、受け取った人にはがきを開封してもらわなければ、印刷した情報も見てもらうことができません。一方で、大判サイズのはがきの場合は、広い面積で印刷ができるというだけでなく、一目で一面の情報を閲覧できるというメリットがあります。折り畳みのはがきでは問題となっていた開封率に、関係なく商品アピールができるという点が有利です。大判サイズのダイレクトメールを送付する場合の費用でも、ずいぶんと低価格化が進んでいます。印刷技術の発展や、作業の無駄の省力化が進んだことで、コストダウンが実現しています。これからは、以前よりもさらに積極的に、大判サイズダイレクトメールで販売促進を行う選択があります。ビジネスにとってプラスとなる印刷サービスが、新たなチャンスをもたらしてくれます。

の,ダイレクトメール,ハガキ,印刷,圧着,圧着ハガキ,安く,広告,料金,発送,企業

少ない紙面のなかで、多くの情報を届けたい、しかもコストを抑えてなどと、欲張りな希望に限りなく近づける事ができる手段のひとつにZ折り圧着という方法があります。そのこだわりとは、裏面と表面の両方を圧着させることにより、ハガキの料金で発送できるにもかかわらず、広告スペースはなの3倍ないし5倍へと格段と広げることがでるということです。

ここで圧着ハガキの仕組みについて簡単に説明しておきます。圧着ハガキはなぜ完全に密着していながら、きれいに剥がすとこができるのでしょうか。それは、圧着工程の中で光沢などを出す際に使用されるニスが使われているからなのです。圧着ハガキを剥がした時に表面がコーティングされたように光って見えるのはニスの作用だったのです。

さて、そんな少ない紙面を最大限に生かすことのできる圧着ハガキですが、その中でもZ折り圧着は裏表の両面を圧着でき、圧着ハガキの中で最大の紙面を持っています。いかにローコストでより多くの情報を届けるかというこだわりをもって生まれたZ折り圧着が手元に届いたら、じっくりと開いて、その表面の光沢や情報量など、改めて見てみると違った角度からも新しいZ折り圧着のこだわりを見ることが出来るかもしれません。

Z折り圧着はがきを業者に依頼するメリットとは

企業にとってダイレクトメールを発送すると言うことは多くの人達に自社のサービスや商品を宣伝することが出来る重要な役割を持っており、インターネットが普及してきた昨今でも一般的に利用されている方法となっています。そんなダイレクトメールには圧着はがきが利用されることが多く、特にはがき3枚分の情報を送付することができるZ折り圧着はがきは人気の種類のひとつとなっています。

Z折り圧着はがきは自社で製作することも可能となっていますが、実はもうひとつの方法として業者に依頼する方法もあります。自社で製作するほうが情報漏えいなどの問題もないのですが、その文コストや時間がかかってしまうと言うデメリットもあるため、企業によっては業者に依頼すると言うところも少なくないようです。

では、業者に委託するメリットとはどのような点があるのかというと、まず印刷から圧着加工までの全ての過程を委託することが出来るので手間や時間がかからないですし、宛名印刷から郵送の手配までも一任することが可能となっています。しかもコストに関しても広告郵便扱いになるので郵便送料が安いので、結果的にサービス自体も安く利用することが出来るようになっているわけです。”

DM,の,ダイレクトメール,デザイン,作成,効果,圧着,安く,宣伝効果,注意点,発送,発送代行

巻三つ折圧着DMは、長3サイズ3枚分の紙を三つ折にして圧着したダイレクトメールです。長3サイズは、郵便局では「定形郵便」扱いになるため、発送するための送料が安く抑えられるというメリットがあります。また、長3サイズ3枚分の紙は、A4サイズと同程度の大きさになるため、かなりの情報を掲載することが出来ます。

ダイレクトメールの特徴の一つに、送ったダイレクトメールに対してどの程度の人が利用してくれたか?誰が利用してくれたか?を確認することが出来ることがあげられます。そこで、効果測定を行い、次のダイレクトメールの内容を検討したり、新規顧客獲得のため発送代行会社を利用したのであれば、代行会社が持つリストがプロモーション意図に合っていたかを判断すると、徐々に無駄のないダイレクトメールの発送が出来るようになります。

効果測定を行うためには、ダイレクトメールを送った人が来店したことが分かるようにする必要があります。そこで、巻三つ折圧着DMに特別セールクーポン券や、来店記念粗品引き替え券をつけます。券には、発送した人が分かるように個別番号を記載したり、名前を書く欄を設けると、誰が利用してくれたか?まで特定することが出来ます。

巻三つ折圧着DMを作成するメリットと注意点

巻三つ折圧着DMは、用紙を三つ折りにして右端を左端の折り筋に重ねて折って、その上に左側の宛名面を重ねて圧着したDMのことをいいます。通常のDMと比べて多くの情報量を掲載することができるというメリットがあります。

巻三つ折圧着DMは、開封すると宛名面を除いて5面になりますので、面同士のつながりを考慮して、読みやすく興味を引きやすいデザインにすることが重要なポイントです。そのためには、巻三つ折圧着DM作成に関しての特化した知識や技術を持つプロの代行業者に依頼をするようにしましょう。代行業者は、目的やコンセプトに合わせて効果的なDMを作成してくれます。また、ターゲットに合わせた文字の大きさや配色なども意識して作成してくれるでしょう。

巻三つ折圧着DMを発送する場合には注意点もあります。はがきサイズの場合には、折り方によって発送料が変わるのです。たとえば、Z折りはがきの場合には通常のはがきとして発送することが可能になりますが、巻三つ折圧着DMの場合には封書としてみなされます。そのため、はがきよりも発送料が高くなるのです。とはいえ、巻三つ折圧着DMはデザインの方法によって様々な演出を行うことができ、高い宣伝効果を期待することができますので、ぜひ、利用してみてください。”

DM,料金,送る

 

A4厚紙DMの印刷によって決まる発送のインパクト

DMという宣伝媒体はテレビのザッピング行為のようにすぐ捨てられてしまうケースが多く、すぐ捨てられてしまうのに準備するまでに長時間かかってしまうあまり効果のない宣伝媒体でした。

しかしそれはあくまで効率の悪いA4厚紙DMの印刷と発送を行った場合であって、A4厚紙DMの発送を専門としている業者が行えばその宣伝効果は絶大なものとなります。

その秘密はDMに関する全ての作業工程ができる環境が常に確保されており、DMのデザインがないならば会社のロゴやテキストに使う原稿を入稿するだけでDMを作成してもらえますし、全国的に配布したいけど自社のスタッフだけではできないならば、配送業者と密に連携を取る事で広範囲かつ規模の大きいDM配布を行う事ができるようになっています。

なかでも配送業者との連携はA4厚紙DMの様に大きい宣伝媒体を大量に配るときに便利で、今まで商品やサービス内容を知ってもらえなかった地域のお客さんを呼び込む事ができますし、迅速なDMの配布ができますので季節キャンペーンや特典内容の告知等が即座に行える事も魅力の一つです。

またDMの印刷技術についてもDMの配色によってはコンピューター上で見る色と印刷結果が違う場合がありますが、専門の業者に委託する事でそういった細かい印刷技術のサポートもしてもらえるので、こういった点を踏まえてDMの発送代行業者の利用を強くお勧めします。”

の,ダイレクトメール,チラシ,デザイン,作成,作業,効果,印刷,料金,本,発送,発送代行,企画

ダイレクトメールの発送、本当に安いというだけで決めてしまって大丈夫ですか。

もちろん、安いと言うのはビジネス上、欠かす事の出来ない要素ではありますが、コスト面同様に押さえるべきポイントが幾つかあります。

その1つがセキュリティ対策です。ダイレクトメール発送を代行すると言う事は自社の顧客データを丸裸にして、業者側に提出する事になります。そのため、個人情報の流失のリスクが発生します。多くのダイレクトメール発送代行業者では独自のセキュリティ対策などを講じて対策をとっているので、しっかりとそう言った対策をとっている会社を選ぶことが大切です。

また、セキュリティ同様に押さえたいのがバリエーションです。昨今のダイレクトメール市場は趣向を凝らしたダイレクトメールのフォーマットが数多く登場してきており、非常に華やかです。シンプルなはがきのタイプとさほどコストも変わらずに作成する事が出来、特殊なフォーマットのものを使う事によって、これまで表現出来なかったダイレクトメール表現をする事が可能になります。

この様にコスト面以外に幾つかのポイントを押さえる事で安心で安全かつ効果的なダイレクトメールを打つ事が出来る様になります。

ダイレクトメール発送代行のメリットを活用

ダイレクトメール発送完了までには、ターゲットに合わせて内容やデザインなどを検討する企画、チラシや封筒などの印刷、宛名印刷や封入作業などのプロセスがあります。企画や印刷は、専門業者の方が経験が豊富で、設備や人材が整っているので、ダイレクトメール作成依頼のメリットが分かりやすくイメージできます。一方、単純作業というイメージのある封入作業は、人手があればできると思われがちです。しかし、社内スタッフが行う場合は通常業務の合間を利用しなければならず、膨大な量を処理するのは簡単ではありません。一時的にスタッフを増やすとしても、採用コストや人件費が必要になり、外部の人の出入りが増えれば、個人情報の取扱いなどで不安があります。

ダイレクトメール発送代行サービスを手掛ける業者は数多く、価格・サービス競争によって、安い料金設定の業者も増えています。また、発送料金自体も、代行業者を利用した方が安いことが多いです。ダイレクトメールの企画から発送まで、一貫して手掛けてくれる代行業者への依頼は、ダイレクトメールの効果をより高めるというメリットも期待できます。手間の削減だけではなく、安心感や効果を考慮すると、よりお得感があると言えます。

圧着ハガキ

Z折り圧着のダイレクトメールは、ハガキを縦置きにするデザインではなく、横置きで開くデザインのものもあります。横置きではがき三枚分だとけっこうワイドなので、見た目のインパクトがあります。その分少し印刷代が高くつくこともあるのですが、ちょっと他とは違うインパクトを与えたい場合には横置きのZ折り圧着ハガキがおすすめです。たとえば商品をずらっと横に並べて見せたい場合や、マップなどで横に長いデザインが有利な時など、工夫次第で目を引くダイレクトメールになるのではないでしょうか。発色がいい圧着ハガキならではの、写真の多いカタログ代わりになるダイレクトメールに向いています。扱っている業者さんと扱っていない業者さんがあるようなので、見積もりを取る前に確認してみましょう。たいていは横Zなどという製品名で紹介されていることが多いようです。100部あたり7万円ちょっとが相場のようで、V折りや縦型のZ折りと比べると少し高くなりますが、ここぞというときには使っていきたいです。マットコートではなくコート紙にしたり、手間はかかっても小ロットなら自分の会社で宛名を作成したりすれば、価格の割に納得のいくダイレクトメールに仕上がります。

Z折り圧着を制作することのメリット

Z折り圧着とは、その名の通り用紙がZ型に折れた形で接着させる方法です。多くは郵便物として発送され、発送の際は圧着されているので中の情報は見えませんが、受け取った側は簡単に開封することができます。通知やダイレクトメールでよく見かけるZ折り圧着ですが、制作する企業や団体はどんな点に着目しているのでしょうか。

Z折り圧着のメリットの一つは、圧着されて郵送されるため、個人情報が保護できるという点です。会社が顧客に大量に通知を送付する際、封筒詰めに比べ、ハガキはかなり安い費用で送付することができます。通常のハガキであれば外側の情報が見えてしまいますが、Z折り圧着にすれば中に個人情報を印字することができ、顧客側も安心度が高まります。

もう一つのメリットは、使い方によっては相手にインパクトを与えられる点です。ダイレクトメールで時折見られる使用方法ですが、全て開くとかなり横に長いスペースが生まれ、一面として使うことが出来ます。ハガキでは、短い辺を三つつなげた圧着も可能なので、より細長くインパクトが生まれます。

これらのZ折り圧着は、制作数によっては単価10円程度でも制作可能です。業者に発注する場合は値段に加え、納期やオプション有無も参考にして決めると良いでしょう。”

DM,デザイン

 

ダイレクトメールを代行業者に依頼するメリットとは

ダイレクトメールを企業が発送する場合には、代行業者を利用することがおすすめになります。では、代行業者に依頼をすることによってどのようなメリットが得られるのでしょうか。

代行業者に依頼をすれば、ダイレクトメールの作成から発送まで全て行ってくれます。企業が全て行うとなると、その分、手間や時間がかかってしまいます。本業もあるわけですから、ダイレクトメールにあまり手間や時間はかけられないでしょう。そうなると、十分な戦略を練らないまま、あまり効果的ではないダイレクトメールを作成、発送してしまう場合があります。その点、プロの代行業者に依頼をすれば、特化した専門の知識や技術を駆使してダイレクトメールの作成から発送までを行ってくれます。企業が自分たちで行うよりも、集客に効果的なダイレクトメールを作成、発送することが可能になるのです。また、ダイレクトメールを代行業者に依頼することによって、今までかかっていたコストを本業に集中させることができるでしょう。

代行業者に依頼を行うことで得られるメリットは、企業に利益をもたらすことになります。今まで自分たちでダイレクトメールを監修してきたけれど、あまり効果が得られなかったという場合には、1度、代行業者に依頼を行ってみるようにしましょう。”

作業風景

dmの作成から発送まで全て行うパックにはたくさんのメリットがあります。dmを考えているのでしたら、ぜひ選択肢に加えたいものです。

dmパックの一番のメリットは、人的コストを削減しながらクオリティの高いdmを作成し、効率的に発送できるという点です。自社で作成を行う場合、デザイナーがいるのなら別ですが、そうでない場合はレスポンスが得られるdmの作成が難しいケースが多々ありますし、デザインを外注すると費用がかかります。パックを扱っている会社では、dmに適したデザインの相談に乗ってもらえますし、専属のデザイナーによってデザインを考えてもらえます。

また、発送を自社で行うとなると、封入や宛名の印刷、あるいはラベル貼りといった作業に人員を割かなくてはいけません。その分の人件費がかかりますし、他の作業に割り当てられる時間が減ってしまいます。発送代行までしてもらえれば、こうしたデメリットはなくなります。さらに、自社で発送するよりも料金が安くなることも多いです。

作成のみ、発送代行のみに比べれば当然料金は高くなるのですが、これらの点を踏まえるとトータルでかかる費用が抑えられることも多々あります。まずは、見積りをもらって検討してみましょう。

dmパックを上手に使って賢く売り上げアップ

dmを送る事で売り上げアップを図りたいと考えている方は多いのではないでしょうか。創業したてのお店等にとっては非常に効果が狙えるツールの一つだと言えます。
しかし、dmを作成する際に業者に依頼すると、デザイン料や印刷代金等、コストがかかってしまう上に、見返りがどのくらいあるのかという事が不透明です。
dm作成業者では、なるべくコストがかからないパック料金を設定している業者があります。これは、デザインや印刷料、また宛名印刷や発送代行までがパックになった料金を設定している物や、デザイン以外の部分をパックにする事で極力コストを落とした料金設定を設けている所など、業者によって様々です。
それぞれ一つ一つにかかってしまう料金では、結果的に高くなってしまいがちな部分を、パックにする事で安く抑える事ができ、コストを安く抑えつつお客様の反応を見る事ができるのでお得だと言えます。
コストを抑えつつdmを送る事で、売り上げアップをしたいのなら、dmを発送する事で叶える事が可能なのです。毎日送られてくるdmに埋もれないものを作成する為にも、プロの業者に依頼して、目立つdm、開封率の高いdmを作成し、売り上げに結びつけましょう。”

DM,の,チラシ,ハガキ,作成,効果,印刷,圧着,広告,料金,発送

広告におけるジレンマとも呼べる問題としては、高い効果を得るためにはその分コストを費やさなければならないということがあります。インターネットが普及したとはいえ、受動的に広告を閲覧してもらえるテレビCMの影響力は非常に強く、それに応じて高価となっています。電子メールの一括送信やチラシ配りであればかなり安価となりますが、効果も限られてしまうというデメリットがあります。これらの手段のメリットを併せ持つ発送方法が、巻三つ折圧着DMです。

巻三つ折圧着DMとは、普通のハガキの大きさで発送し、受取人が開封することによって3枚分の大きさに広がるというものです。料金が安いにもかかわらず、風景や衣料品などの写真を載せることができる、大きなスペースを確保できるのです。チラシは一瞬で見終えることができますし、封書であれば開封するのが面倒がられてしまうおそれもあります。巻三つ折圧着DMの場合は、手を使うだけで簡単に開けられますし、プレゼントの箱を開けるようなちょっとした楽しさを顧客に感じてもらえるので、中身に注目されやすいのです。そのため、コストをかけずに視覚に訴えかけることが必要な、アパレル関係のショップが発送することが多くなっています。

巻三つ折圧着DMなどDM発送を依頼したい時

一枚のDMには限られたスペースしかありません。その中で効果的に情報を伝える必要があります。

折り加工がされているDMとは、一枚の広告が印刷された用紙を用途や目的に応じて、形が折り曲げられた加工が施されています。二つ折圧着DMや巻三つ折圧着DMといった種類があります。

たとえば、巻三つ折圧着DMは用紙を三等分して一面を巻き込むように内側へ入れています。一面は折り被せ、圧着加工を施しています。

情報量が多く、封書DMより手軽といったメリットがあります。この特徴を活かし、イベントや案内広告などでよく利用されています。

使用される紙の種類もさまざまです。印刷の発色がよく、写真を用いた情報を掲載したい場合はコート剤を塗布している紙を使ったり、より鮮やかに色のコントラストが出る種類の紙を使ったりするケースもあります。

こういった場合に、DMや広告チラシの印刷から納品、発送サービスの一連を請け負う専門業者に依頼するのが便利です。

申し込みを行い、コストやどういった目的で作成するかなどを説明します。希望のDMの大きさや紙質の組み合わせも考えます。これを踏まえて担当者からは提案があるので、納品や発送を待つ流れとなります。”

の,ダイレクトメール,チラシ,デザイン,効果,印刷,安く,広告,本,発注,発送

大判サイズは、ポスターや案内板など、主にディスプレイ用の印刷物に用いられる用紙サイズです。具体的な規格サイズではA0やB0、B1サイズなどに該当します。通常のチラシがA4またはB5サイズなので、それらと比較すると非常に大きなサイズであることが分かります。掲示用の印刷物では、掲示場所や使用期間に合わせた耐久性の高さ、内容を一目で認識してもらうためのデザイン、配色の美しさや綺麗な発色など、視認性の高さも重要なポイントです。手に取って間近で見てもらうことができないので、それを意識して全体のバランスや調和も考慮します。大判サイズ印刷に対応した、高機能の印刷設備のある業者に依頼して印刷すると、仕上がりが美しくなります。写真用紙や光沢紙にプリントし、表面に加工を施すなどの工夫が必要なため、印刷価格は通常のチラシ印刷よりも多めに見積もっておくと安心です。特殊用紙やインクの使用、オプション指定が必要な場合はスケジュールに余裕を持って依頼準備を行います。複数の業者から見積りを取って、印刷価格を比較してみると、同じ条件でもよりお得に印刷できる業者を探すことができます。納期まで余裕がない場合には、スピード印刷対応の業者が頼りになります。

DM,の,チラシ,作成,効果,印刷,発注,発送,送る

封書DMを送りたいけど、印刷や諸々の手続きが心配という方もいますよね。

そもそも、封書DMを利用するメリットはなんなのでしょうか?

封書DMなら、チラシを複数枚いれて送ることができ、クーポン券やチケットなど、そのまま送ることが困難なものでも安心して配送することができます。また、通販などの販促物を入れることが可能で、サイズの違うもの同士でもセットにして発送できるので、受け取り側も混乱することなく手に取れるのです。チラシの印刷も依頼した業者がやってくれることが多く、見積もりや使用する封筒、セット内容を指定するだけで発注完了となります。

印刷だけでなく、ポスト投函までを一連の流れとして引き受けてくれる業者もあります。また、封筒を準備していなくても、依頼した業者が用意してくれることもあるので、見積もり時に相談することができます。封筒の種類も様々で、チラシを折らずに封入したいなどの要望も叶えてくれます。

注文から入稿までWEBサイトで出来るので、時間を取られることなく発注できます。印刷データの形式や封書DM作成に関する費用などは、それぞれの業者で指定があるので、誤解のないためにも確認しておくことが大切です。

封書DMは代行業者に依頼をしよう

封書DMは、チラシ以外にも様々な形状のものを入れることができるというメリットがあります。たとえば、クーポンや説明書などのような販促物を同封することも可能になります。新しくチラシを作成しなくても、既存のチラシやクーポンを導入することができるのも封書DMならではのメリットといえます。

とはいえ、封書DMでありがちなのはお客様に開封されずに放置されてしまうことです。封書は開ける手間がかかってしまいますので封筒の印刷に工夫を施さないと興味を持ってもらえないのです。

魅力的な封書DMを作成したいのでしたら、自社で全てを行うよりも代行業者に依頼をすることがおすすめになります。代行業者は、どうすればお客様に興味を持って開封してもらえるのかの知識や技術に特化していますので、工夫を施した印刷を行ってくれて高い効果を期待できます。

代行業者を選ぶ際には、なんの下調べもなしに1つの業者に決めてしまうのはやめましょう。複数の業者の費用や技術力、実績を考慮してそれぞれの業者を比較してから優良な業者を選ぶことが重要なポイントになります。特に技術力、実績は重要です。これらが乏しい場合、せっかく費用をかけたとしても仕上がりに満足できない可能性もあります。業者選びは慎重に行うようにしましょう。

の,ダイレクトメール,チラシ,デザイン,作成,作業,印刷,広告

ダイレクトメールの中にはチラシスタイルのもので広告しているものもあり、大判サイズと呼ばれています。このサイズにはチラシスタイルのほかには封書スタイルのものも存在しており、いずれの場合も大きな容量の中に情報を送付することができるため、大きな見出しなどで顧客の興味を引くことができると言うところがメリットになっています。

大判サイズのダイレクトメールは製作に関してもそこまで作業量は多いわけではなく、封書スタイルの場合は複数枚の情報を送付することができるので作業量が多くなってはいますが、チラシスタイルの場合は逆に複雑な文章を打ち込むよりも見出しなどを工夫することでダイレクトに相手の目に入ることができると言うメリットを生かすことが出来るので、自社製作も気軽に出来ます。もちろん業者に委託することも可能となっており、コストなどの面で検討することが大切になります。

そして受け取る側としても大きな見出しなどがあるとどのような商品やサービスの広告なのかをすぐに把握することが出来ますし、封書スタイルであれば申込用紙なども同封されているのでそのままスムーズに商品購入やサービス利用などが出来るので、両者にメリットがあるダイレクトメールの一種として利用されています。

の,ダイレクトメール,効果,広告,本,送る

A4サイズの広告をしっかりと安全に送付するためには、やはり郵便がよいです。日本には広告を送る方法がいくつかあります。それこそ、今ではA4サイズのダイレクトメールであろうと専門の業者があるくらいです。ですから、別に郵便サービスを利用しないでも良い、ということがあります。そして、そのほうがコスト的には得であることが多いです。しかし、やはり安全性から言えば、それはあまりお勧めできないです。もちろん、良いダイレクトメール送付業者はありますが、それでも安全性を考えるのであれば、郵便サービスを活用するべきであるといえます。確かにコストとしては少し高くなることが多いです。それでもA4サイズであろうととにかくかなりの可能性で配達してくれます。ほぼ確実であるといってよいです。何しろ、郵便局から配達される、ということに意味があります。そうしたこととかありますから、やはり依頼する価値はあります。少なくとも受け取り拒否はされないのは広告を出す側としては途轍もないメリットであるといえます。通常のダイレクトメール業者では受け取りを拒否されることがよくあります。もう、広告であることがはっきりとしているからであり、郵便はそうではないので、受け取り拒否まではしない人が多いです。

A4サイズの広告を安全且つ完全に

A4サイズの広告というのは、大きめであるといえます。比較的な大きな広告であるといえますから、色々と情報を詰め込むことができます。大抵は封筒の形をしています。つまりは、書類系の広告を入れる、ということになります。まずは、何より安全にそれを届けてくれるところを見つける必要があります。このサイズになりますとはっきりいって、すべてそのまま入るポストというのは、あまりないです。まったくないわけではないですが、それでも普通は折っていれるか、上部分をポストからはみ出させて入れる、ということになります。これがなかなか難儀なことであり、さらに言えば、受け取る側としては嫌がられることがあります。そこでお勧めできる安全な配達方法が郵便です。これがかなり効果的な方法であるといえます。つまりは、A4サイズの広告のみを送るわけではなく、あくまで他の郵便物と一緒に配達されることになります。これが実に大きなメリットであるといえます。自分の広告だけを拒否される、ということが殆どないわけです。これによって、少なくとも受け取ってもらうことができる、という利点があります。ダイレクトメール業者ではそれがないので、安いですが、そこはデメリットになります。

の,ダイレクトメール,デザイン,印刷,広告,本,企業,制作

A4サイズの制作はとても大切となっており、便利に活用をする事が出来ます。A4サイズとは、とても使い勝手の良いサイズとなっていますので、ダイレクトメールなどに使用をする際には制作をするには丁度良いサイズとなっています。ダイレクトメールだけではなく、その他にも使用用途として幅の広いサイズとなっていますので、とても便利で多くの事に利用する事が出来るようになっており、制作をするには最適なサイズです。A4サイズは、郵送をする際にも小さいサイズとなっていますので、郵送費用も最小限に抑える事が出来るようになっており、郵送費用を格安に仕上げる事が出来るメリットもありますので、現在ではとても多くの企業や個人が利用をしているサイズです。また、A4サイズは綺麗に折りたたむ事が出来るサイズですので、小さく折りたい場合にも最適となっており、折らなくても書類としては最適のサイズになりますので、多くの事に活用をする事が出来ます。A4サイズの使用用途とは、とても多くありますので、非常に便利なサイズとなっており、制作をするには最適のサイズとして現在では人気となっています。多くの方が利用をしており、丁度良いサイズとして活用出来ます。

A4サイズの広告の製作は専門業者に依頼を

パンフレットや広告媒体として、A4サイズの紙面を活用することは多々あります。そのためA4サイズの書面を使い、中小企業のイベントや業務内容、更には商品やサービスなどの紹介及び広告を行うことがありますが、中にはどのようにして制作等を行えばよいのかわからないという企業も少なくありません。そういった時に活用できる方法として以下の様なものが存在します。

まず挙げられるのが、自社内で制作及び印刷を行う方法です。自分たちのアイデアが最も盛り込みやすく、またかかる費用についてもかなり抑えることができるのがメリットです。反面専門の部署などがない場合、本来の業務を圧迫してしまう可能性や、ありきたりなデザインになってしまう上、一度に多量に印刷できないというデメリットも存在します。

次に挙げられるのが、専門の業者に依頼する方法です。中にはデザインから印刷、配布に至るまで行ってくれる業者も存在し、デザインなどの一部だけ依頼することも可能です。かかる費用についても業者によって大きく違い、場合によって自社内で制作するのとそう大きく変わらない価格で行ってくれることもあります。効率よく行うためにも、A4サイズの紙面制作は、多少の費用負担を行ってでも専門の業者に依頼することが重要です。

おすすめ:DM発送代行業者を利用する10の手順

最安値保証!日本一安いDM発送代行サービス!翌日発送可!印刷・印字・郵便料金コミコミ!

安さ日本一に挑戦!まずはお見積りから

DMのプロに相談してみませんか?

格安DM発送代行「DM診断」では、常に業界最安価格でサービスをご提供しています。
DM発送に関する質問や相談、お問い合わせはいつでも受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。