普通のはがきと大判はがきの違いは?

安さ日本一に挑戦!まずはお見積りから

目次

普通のはがきと大判はがきの違いは?

大判はがきは通常のはがきよりも縦の長さがあるのが特徴的です。

一般的なはがきのサイズは横100mm縦が148mmですが、大判はがきは小さいものでも横98mm縦210mmというサイズになります。

サイズが大きくなるのでその分紙代が上がるのはもちろんですが、印刷の値段も標準的なものより割高になります。

宛名部分は変わりありませんが、広告を印刷する部分は標準サイズの50%ほどアップになると考えておけばいいかもしれません。

使う色の数でも違いは出てくるので、詳細な値段は見積もりを取ってみましょう。

一般的なサイズのはがきより印刷はやや割高にはありますが、大判はがきはその分広告として使えるスペースが広いのが大きなメリットです。

標準サイズのはがきでは入りきらなかった内容でも、大判はがきを使えば盛り込むことできます。通常のはがきでは小さいけれど、チラシ広告にしてみたら内容が少なくスカスカになってしまったという経験はありませんか。

費用だけかかっても中身が少ない印象になってしまうと逆効果になることも考えられます。

そんな時こそ大判はがきを便利に活用してください。程よいサイズ感で必要な内容がすっきり収まります。

ロングはがきの郵便料金

ロングはがきを発送する時の値段はどうでしょうか。郵便料金はサイズで決まるものと重さで決まるものがあります。はがきの場合は紙の厚みに応じて極端に重さが出てしまうと料金が割高にる可能性は出てきます。これははがきに限ったことではありません。封書を送ろうとして中身が重くなってしまったために、通常の料金より値段が上がってしまった経験のある人は多いでしょう。はがきにも同様のことが言えます。ロングはがきの場合は定型郵便の値段で送れるものもありますが、紙の厚さやサイズ次第では定型郵便では送れないものも出てきます。枚数がそれなりに増えてしまうと発送の費用もかかるものです。しかし、誰でも費用は抑えたいと考えるでしょう。郵送料をできるだけ抑えたい場合には、あらかじめどこまでのサイズが可能か、紙の厚みはどうかを確認して発注することをおすすめします。ロングはがきで見積もりを取る時には、デザインやサイズを自分の希望に合わせて出すパターンと、値段を抑えて作るパターンの2種類で出してもらうといいでしょう。あとは予算がどこまで出せるかを検討していけばいいのです。費用の面と使いやすさのメリットを検討してロングはがきを上手に活用してみましょう。

DM

ロングはがきはどんな時に効果的?

ロングはがきは、通常のはがきに比べるとおよそ1.5倍長いのが特徴です。小さめのものでも横98mm縦210mmですが、大きめの方は横120mm縦235mmと横幅もあるので、入る内容も充実します。ロングはがきのメリットは、一般的なサイズのはがきでは入りきらない情報量が一気に詰め込めることでしょう。通常のはがきではちょっと物足りない、必要な情報が入らないという時にはオススメのはがきです。ロングはがきの良さは、内容が盛りだくさんでも余裕で入るということだけに留まりません。ポストに入れた時の存在感が違います。他のDMより長いことで目立つのもそうですが、ポストの形状によっては入っている時点で外から見えるので、それだけ目に留まりやすいのです。大きさはありますが、封書のDMのように開封する手間がなく、ポストから取り出してすぐに見てもらえるのはロングはがきの強みと言えるでしょう。チラシ広告などは確かに内容はたくさん入りますが、開封するのが面倒でそのまま捨てられてしまうこともあるのがデメリットになります。ロングはがきは大きさはありますが定型郵便で発送でき、低コストで手軽なDMとして使いやすいのも特徴と言えるでしょう。

印刷や発送が面倒?その心配はプロにお任せ

ロングはがきの良さは分かっても、実際にどこで作ったらいいのか分からないと利用できません。発送する手間もかかります。ロングはがきは印刷会社で扱っているところが多く、はがき印刷を請けているところならほとんどがメニューに入っています。近年は印刷だけでなく、発送まで一手に引き受けてくれる業者が増えているので、発注するだけで手軽にDMを顧客に届けることができるのです。ロングはがきをどこで作ればいいのか検討するには、まず実績のあるところを選びましょう。普段からはがき印刷をたくさん請けているところは、紙などの仕入れを安く抑えることができたり、印刷の技術が高いところが多いので安心です。はがきを専門として扱っている業者や印刷から発送までのセットでの受注を得意としている実績のあるところを利用しましょう。ネットで検索するといろいろな会社が出てきます。できるだけコストを抑えることも大切ですが、綺麗でスピーディーな対応ができるかどうかもチェックしましょう。多くの印刷会社では、仕上がり日数の目安や簡単な金額が提示されているので、それを参考にすれば比較ができます。情報量がたくさん入ることでDMとしての効果が高く、存在感のあるロングはがきをお店のアピールに活用しましょう。

DM,デザイン,料金,送る

ロングはがきって何?使い道は?

ロングはがきとは、一般的なはがきよりも長いはがきのことです。はがきのサイズは横100mm縦148mmが標準ですが、ロングはがきは横98mm縦210mm、または横120mm縦235mmなどのサイズが多く、一般的なサイズのものより縦がぐっと長くなっています。DMなどに使われていることがあるので、見たことのある人は多いかもしれません。標準サイズのものよりも長いことで、デザインや広告の文言がその分たくさん入ります。通常のはがきではスペースが足りないというときにオススメです。ロングはがきの良いところは宛名面の下半分にもデザインや広告の印刷が可能なことでしょう。もちろん、その分印刷代は割高にはなりますが、通常のはがきでは足りないけれど、チラシ広告を封書にするほどではないという内容の時に手頃に使えます。印刷代も封書に入れるチラシ広告よりは抑えることが可能です。また、ポストから取り出せばすぐに内容を見ることができるので、DMとしての効果も期待できます。大量に印刷した場合でもコンパクトにまとまりやすいので、自社で保管する場合でも、置き場所に困りにくいということもメリットのひとつと言えるのではないでしょうか。

一般のはがきとの発送の違いとは?

標準的なはがきに比べてサイズが大きいとなれば、気になるのは発送にかかる料金ではないでしょうか。確かに印刷や紙代は標準サイズより若干割高にはなりますが、発送に関して言えばそうではありません。ロングはがきは通常のはがき同様、定型郵便で送ることが可能です。これなら送料まで割高になるという心配は要りません。一般的なはがきに比べて印刷面が増え、その分内容が盛りだくさんになるというメリットがありながら、さらに発送の費用は標準のはがきと変わらないということです。標準サイズではできなかったことをロングはがきでやってみましょう。例えば割引券を下に印刷することも楽しい発想でしょう。飲食店の場合は店の日替わりメニューを入れてみるのもいいかもしれません。商品やサービスのPRだけでなく、何かお得になる情報をプラスすることでロングはがきがさらに生きてきます。お店のオープン案内やキャンペーンの案内など、チラシよりもっと手頃なものでPRしたいと考えた時には、ロングはがきを使ってみましょう。受け取り側も封書を開けるわずらわしさがなく、内容をすぐに理解できるのははがきのメリットです。インパクトがあるのに手軽に発送できるロングはがきでPRしましょう。

DM,デザイン,料金

DMに使用されているロングはがきとは?

ロングはがきと聞いてもピンとこないかもしれませんが、その名の通り、通常の郵便はがきよりも縦に長いサイズになっているものをさします。サイズとしては、98×210mmのものと、120×235mmで少し大型のものの二つがあります。通常の郵便はがきよりも印刷面が大きくなり、たくさんの文章や画像を載せることができるため、より効果的に商品やサービスのアピールをすることが可能になります。A4ハガキやB5ハガキ、好きな形に型抜きをした型抜きハガキ、スクラッチハガキが定形外郵便になるのに対して、こちらのロングはがきは定形郵便物となります。通常の郵便はがきよりも印刷面が大きいにも関わらず、定形郵便として扱えるのはありがたいですよね。ただし、切手の料金については、通常の郵便はがきよりもワンランク高くなるため、若干予算は多く見積もる必要がありますが、その分の宣伝効果の拡充には期待して大丈夫でしょう。DMで使用されるロングはがきのほとんどは用紙の表面がテロテロとした素材のホワイトポストというものです。これらの素材は郵便物が万一雨に濡れてしまっても、印字したものがにじみにくく、また早く乾くということもあり、確実に広告内容を伝えることに向いています。

ロングはがきが与える効果

先ほども述べた通り、ロングはがきは通常の郵便はがきを用意するコストに少し予算を追加しただけで、印刷可能面積を増やすことのできる大変便利なDM媒体となっています。印刷面積が広くなった分。その全てを商品やサービスの宣伝のために広告を印刷するために使用することもオススメですが、通常の郵便はがきに追加された面積の部分にはお得意のお客様に対して、サービス券や割引券を印字して郵送する方法もオススメです。ロングはがきであれば、サービス・クーポン券部分を切り取ることを前提に印字部分をデザインしたとしても、十分な広告のためのスペースを確保することが可能になるのです。また、日々ポストに届く郵便物の中で、手にした人の注意を引くこともDMにおいてはとても重要なことになります。ですが、その点に関しても、ロングはがきを使用することで上手に補うことが可能です。そもそもの形が他の郵便物とは変わっていて、縦長の特徴的なサイズをしています。そのため、届いた郵便物を綺麗に揃えて持った場合でも、少しはみ出したり、場合によってはポストの取り出し口から少しはみ出していたりと、自然と目を引く性質をしているのです。人の目に触れる機会が増えることはDMにとって大切なこととなるので、ロングはがきを使用してその効果を試してみてはいかがでしょうか。

デザイン

何かと人気のダイレクトメールとは

ロングはがきといえば、ダイレクトメールを使う人にとってはおなじみのサイズではないでしょうか。何かと使い勝手が良いとして人気を集めているのです。ロングはがきの良さは、定形郵便物であるのにインパクトを与えることができる点にあります。ダイレクトメールをもらった人が喜ぶことが最も意味のあることです。ロングはがきの使われ方についても、実に多岐に渡っています。モノやサービスの宣伝広告活動はもとより、イベントや催し物の周知などバラエティーに富んでいます。ロングはがきを使うには、特に必要な資格やスキル、ノウハウもありませんので誰もが気軽に使うことができます。個人や企業、サークル活動などの場でも積極的に利用される傾向にあることも人気を徐々に拡大している理由なのかもしれません。デパートや百貨店、スーパーにコンビニなどありとあらゆる業界において好んで利用されます。ロングサイズだから使いやすいというのも人気を確固たるものにしているのかもしれません。街中に点在している整骨院やマッサージ店、リラクゼーションルームなども利用客を多く集めるためとしてロングはがきでのダイレクトメールを企画するケースも多くなってきました。

見る人の心に届く文章について考えること

使われ方の議論についても何かと高まっていますが、堅苦しい決まり事や規制がないこともロングはがきの人気に拍車をかけているのかもしれません。通常サイズのはがきと比較しても、もらった際の感動や喜びを感じるという人も多くいるのです。ネットワークサービスの恩恵が多くのジャンルにもたらされていますが、ロングはがきを取り巻く環境についても例外ではありません。ネット上には、気の利いたデザインやカラー、図柄のはがき印刷を請け負う業者がこぞって需要の囲い込みに躍起になっています。

実際にロングはがきを有効に使うことでビジネスチャンスをものにしたという成功例も続々と出てきています。ダイレクトメールなんて無駄という意見を持っている人には意外に思えることかもしれません。ダイレクトメールの良さは、相手を特定することなく無作為にお知らせができる点といえるのではないでしょうか。過去の固定概念に縛られることで、大きなチャンスを逃すこともありますので、注意したいものです。とはいえ、ただ単にロングはがきを使うというだけでは、その効果には限界があるかもしれません。見る人の心に届く文章やイラストなどがあれば、より効果的といえるでしょう。

デザイン,料金

ロングはがきとは

ロングはがきは、通常のはがきよりも長いタイプのはがきです。そのサイズは、120×235ミリメートルで通常のはがきよりも約8センチメートルほど長くなっています。

そのため、多くの情報を記載することができ、商品の紹介など多数の情報をお客様に紹介できます。通常のはがきよりも大きいため、お客様の目にも留まりやすく、お客様に情報を伝えやすいでしょう。ロングはがきにQRコードをつけておけば、スマートフォンと連携してさらなる情報をお客様に提供可能になります。最近では、両面カラー印刷が行えますので、インパクトのあるはがきを作ることができます。用紙については上質紙や光沢紙などが選べますので、光沢紙を利用して高級感のあるはがきも作れます。

ロングはがきを使用した場合、通常のはがきよりも長いですので、下の部分をクーポンなどにすることで、集客効果をねらることも可能です。

一般的な業者を利用すれば、印刷から発送まで約1週間にて行えます。ロングはがきのデザインは、自由に行えますが、自分でデザインをする自信がない場合は、業者が豊富なテンプレートを持っていますので、テンプレートを利用することで誰もが簡単に素敵なデザインを作ることができます。

ロングはがきの見積もり方法

ロングはがきには、98×210ミリメートルの寸法のものと、120×235ミリメートルの寸法のものと2種類あります。大きい方が印刷代は高いです。

両面カラーで印刷した場合、98×210ミリメートルであると単価は約20円程度で、120×235ミリメートルのものでは単価は約28円となります。

多くのはがき印刷業者は、あらかじめエクセルなどのデータにて顧客リストを送付すれば、宛名印刷まで代行してくれます。さらには、郵便発送まで代行してくれますので、トータルで見積もりを取るのが良いでしょう。特に、郵便発送については、郵便法を熟知している業者であれば、広告郵便物指定をすることで料金が8%から43%割引が受けられます。宛先をバーコード化することでさらなる割引が受けられることもあります。

見積もりを行う業者は、ダイレクトメールの発送に慣れている業者を選ぶのが得策でしょう。そのような業者であれば、はがきのデザインに関するアドバイスを得ることもできます。また、例えば圧着はがきなど、さらなるインパクトのあるダイレクトメールづくりのアドバイスがもらえることもあります。上手に業者を選べば、印刷から郵便発送までの作業をお願いして1枚あたり約100円にてロングはがきの発送が行えます。”

DM,デザイン,作成,料金

ロングはがきはこんな時に便利です

ロングはがきとは、一般的なはがきよりもサイズが大きいはがきのことです。特に縦が長いのでロングはがきと言われています。ロングはがきは横98mm縦210mmのものから横120mm縦235mmという大きなものまであります。ここまで大きくなるので、普通のはがきでは入りきらない内容でも余裕で詰め込むことができるのです。そして、ただ内容を詰め込むだけではありません。文字を大きくしても十分余裕を持って入れることができるので、高齢者に向けたDMでも見てもらえる確率が高くなります。若い世代はメールでの案内が増えているかもしれませんが、高齢者の場合は紙の印刷の方が印象が良い傾向があります。それでも、文字が見づらくなりがちな普通サイズのはがきはなかなか読んでもらえないこともありますが、ロングはがきは大きな文字で入れられるので、読みやすいのです。また、小さな子どものいる家庭に向けたDMの場合は、イラストや写真を効果的に入れて興味を引くこともできます。生活に密着した内容を盛り込んで実用的なものにすれば、捨てずに活用してくれるので、長期に渡って広告としての役割を果たしてくれるでしょう。ロングはがきは工夫次第でいろいろ楽しめるDMになります。

少量からでも作れて印刷も発送も安い!

ロングはがきは通常のはがきよりサイズが大きいので、費用がかなりかかるのではと心配になる人もいるかもしれません。ロングはがきは一般的なサイズのはがきよりやや割高になります。と言っても、一般のはがきサイズより4割?5割上がる程度です。印刷会社や印刷部数、そして印刷面を片面にするか両面にするかなどでも料金は変わってくるので、工夫次第ではかなり安く作成することはできます。特に印刷データを自分で用意できる場合には、かなり安く作成することが可能です。発注できる枚数も50枚や100枚といった小ロットから応じているところが多いので、個人の方でも気軽に作成できるのもメリットと言えるでしょう。そして郵送料ですが、これだけ大きなものでも定型郵便として発送ができます。自分で発送する場合でも料金はそれほどかかりませんが、印刷会社で発送まで依頼すればさらに安く抑えることも可能です。発注の仕方もいろいろあります。デザインデータを入稿して印刷だけ受けてくれるパターンや、発送までしてくれるパターン、そしてデザインから丸ごと請けてくれるパターンです。自分が希望する方法を決めたらまず相談して、いくつか見積もりを取ってみましょう。

料金,送る

選べる様々なdm封書サイズ

dmは商品やサービスの魅力を特定の人向けに伝えることに多く使われています。dmを発送する際には、発送代行サービスに依頼することでお得に発送することができます。発送代行サービスでは用意されている様々な大きさや形のdmから選ぶ事が出来ますが、より効果的に受け取り手に伝えるためには、予算や伝えたい内容に見合った適切なdmの封書サイズを選ぶことが大切です。
まずよく目にするはがきサイズのdmは、よく地域や親戚へのお知らせなどに多く使われています。載せたい情報が一つに決まっていて比較的少ない場合や安く済ませたい場合などに多く利用されています。はがきサイズよりも縦に長くなっている長3サイズなどのロングはがきもあり、こちらも通常のはがきサイズと同様に利用者が多くいます。
現在定番のサイズとなりつつあるのはA4サイズのdmです。情報をしっかり載せることができて、そのうえ値段が高くならずにすむので多くの人が選んでいるようです。
よりインパクトを求めている場合には型抜きはがきが利用されます。型抜きはがきは食べ物や建物の形にかたどってあるはがきのことを言い、その特徴的な形を見てもらうことで、見た人に視覚的に印象付けることができます。

の,作成,印刷,圧着,料金,本,発注,発送,発送代行,送る,企業

はがき発送代行サービスとは、はがきを送りたい人に代わって、業者がはがきを投函するサービスのことです。個人や自社だけではがきを発送する場合、何百通、何千通送る場合には印刷費や製作費、郵送料金だけでかなりのコストがかかりますが、発送代行サービスを利用することによって、印刷・発送のコストを削減することが可能になります。

はがき発送代行業者はさまざまなサービスを提供しており、ポストカードサイズやA4・B5サイズ、ロングはがき、圧着はがきなどの全てのサイズに対応している業者もあるほか、印刷・宛名印字から発送までをすべて行ってくれるおまかせサービス、印刷サービスのみを行ってくれる業者もあります。また、加工内容も選ぶことができるので、自分が出したい形で送ることも可能です。

はがき発送代行業者を選ぶ際には、自分が発送したいはがきの種類や書体、予算などを考慮して選ぶのが良いでしょう。そうすることで、低コストで高品質なはがきを発送することができます。また、業者はいくつかの候補の中から選ぶことによって、自分に依頼内容に合ったサービスを行ってくれる業者を見つけられる確率が上がるので、業者選びの際はいくつかの候補の中から選ぶのがオススメです。

DM,の,ダイレクトメール,テンプレート,デザイン,作業,印刷,圧着,料金,無料,発送

DMの発送の流れはどうなっているのか、簡単に書いていきます。まず注文を行います。そして印刷データと宛名データを入稿します。そしてその後でお金を支払います。そして印刷の開始です。そして印刷を終えたら相手側へ発送されます。大体、相手側に届くのが一週間くらいとみるのが妥当となります。もちろん追加料金などを払えば速達なども可能なため急ぎの場合などは利用することも考えてみてください。種類などははがきポストカードやA4・B5はがきや型ぬきはがきやスクラッチはがきやロングはがきや圧着はがきなどがあり、様々な場面に応じて送りたい種類自体を代えることが可能となります。一気に送りたい場合などはロット数なども指定できるため大変便利な物となっています。

の,ダイレクトメール,チラシ,デザイン,作成,効果,印刷,圧着,安く,発注,発送,送る,企業

企業によっては家にチラシを配布しているところも多くありますが、最近ではその数も多くなり、受け取る家側からクレームが入ることも多くあります。ポストにはいっているものがチラシ関係であれば、過去の経験から見ずにすぐに捨ててしまう人も多くいます。

そのために最近ではダイレクトメールを発送する企業も多くなっています。チラシと違い郵便物なので、一応確認をしてくれる確率が高くなります。しかしダイレクトメールでは宛名を印刷したりするために、名簿の収集等も含めてコストが高くつきます。

そのため最近出てきたものは、その地域に住んでいる人宛のダイレクトメールで、個人を特定しなくても発送することができます。また個人宛に送付しないために宛名印刷の必要もなく名簿収集も必要ないのです。

発送する地域を特定してその地域に住んでいる世帯に送るタイプのダイレクトメールは、チラシでもないためにすぐに捨てられる可能性も低く、また送付する費用も個人別に作成する必要がなく、同じ印刷物を作成することで済むためにコストも安く抑えることができます。特に発送すべき年齢層のターゲット等がなければランダムにその地域の人に発送するだけなので簡単に活用できます。

ダイレクトメールの印刷サービスについて

最近では営業ツールの一つとして利用されているダイレクトメールの発注がとても手軽にできるようになっており、オリジナルの印刷データを入稿すればオンデマンドで印刷し発送してくれるサービスが提供されています。データの入稿は持ち込みでも可能で、データを記録した媒体を発送したり、オンラインでデータを送付して入稿することもできますので、遠隔地でも手軽に発注することができます。ダイレクトメールには様々な形式があり、一般的なはがきサイズからロングはがきサイズ、A4サイズ、圧着はがき、型抜きはがきなどにも対応している会社もあり、より自由度の高いダイレクトメールを作ることが可能になっています。

特に型抜きはがきのダイレクトメールは、一般的なはがきの形状とは異なる丸みを帯びたデザインや、二つ折りのメッセージカードのようなタイプなど、自由度の高いデザインに仕上げることができ、営業販促用のダイレクトメールとしては注目度の高い仕様にすることができるでしょう。

その他にもスクラッチ仕様のダイレクトメールを作成することもできる印刷サービスもあり、クジを導入することで販促の効果を高めることもできるため、より充実した販促活動をすることが可能になっています。”

DM,の,ダイレクトメール,デザイン,作業,印刷,参考,圧着,安く,料金,日数,発送,送る,企業

はがきの印刷や発送において、コストがかかりすぎるという悩みを持つ企業も多いはずです。大量の郵便物を送りたいという企業や団体にとって、コストをいかに安く上げるかということは命題といっていい問題です。

これを解決する方法には、代行業者にはがきの印刷から発送までの作業を一括で任せるというやり方が使えます。こうすることによって、印刷物を受け渡しする際の輸送コストが最小限に抑えられるようになります。

印刷と送るための業者を統一することによって得られるのは、輸送コストのメリットだけではありません。担当者とやり取りするための時間も大幅に削減できます。

このタイプの業者なら、印刷のデザインから発行部数、送り届ける場所を決めれば後は全自動にできます。少人数で切り盛りしている会社であればあるほど、これによって労働力が他に回せるのは大きなメリットとなります。

代行業者もこういった顧客向けに、発送までを料金に含めた印刷セットを用意しています。これを利用すれば、細かいやり取りは必要なくスムーズに発送までの作業を終えることができます。

このサービスを利用するには、インターネット経由で受付してくれる業者がおすすめとなります。ネット印刷の業者を利用すれば、さらに時間とコストを大きく削減することも可能となるからです。

デザイン,料金

企業がdmを使うメリット

dmとは、商品案内や宣伝広告を備え付け個人や法人宛に発送する営業支援の仕組みです。はがきでdmを制作する場合は、ポストカードサイズからロングはがきサイズ、A4サイズなどの大判はがきサイズなどがあります。料金にはカラー印刷や宛名印刷も含まれるので、その代金にはがき代を合わせた値段になります。通常、100枚単位のセットで注文する場合がほとんどです。1枚あたりおよそ50~100円ほどで、クリスマスカードやバースデーカードなどの特別なものには工夫も凝らされているので値段も多少高くなります。
お客様に直接、企業の情報を伝える宣伝手段になり、実際の商品をイメージしてもらいやすくなるので、売れ行きのアップにもつながりやすくなります。電子メールの広告など他のダイレクトメールに比べても開封率が高いと言われています。そのため、多少値段がかかったとしても、はがきを使った郵便でのdmのほうが効果があるのです。特に年賀状や暑中見舞いのシーズンは、効果がさらにアップするので各企業も利用することが多くなります。お客様の目を引くようなデザインなどを考えるのもポイントです。印刷を依頼する業者によく相談してみるのも良いでしょう。

dm印刷を注文する流れ、また業者の選び方

dmを注文してから受け取るまでの流れは、まずは使用するはがきを用意して業者に渡します。また、ネットでの注文も可能です。次に広告のカラー印刷や宛名印刷を行います。広告には手持ちの写真を使い、プロが作ったテンプレートを自由に組み合わせながらカスタマイズができます。テンプレートのデザイン料などもほとんどの業者は無料です。郵便局のdmの場合、年賀状や夏には暑中見舞いはがきの取り扱いもあり、形態も選ぶことができます。すべての作業が終わったら発送をして完了です。通常5日~1週間ほどかかりますが、業者によっては最短で即日発送が可能なところもあります。急に決まったイベントの時などに便利です。
通常のはがきだけではなく、圧着の2つ折、Z折や往復はがきなどもあり、1枚分の値段も通常はがきとほとんど変わりがありません。たくさんの広告を載せたい企業にとっては良いでしょう。
多くの印刷業者では、dmの印刷はカラー印刷や宛名印刷、郵便代を合わせたパック料金などもありお得です。それぞれの用途に合わせたサイズやデザインによってもサービスが充実しています。クリスマスや年賀状の季節にはいろんなdm印刷の業者を比較して調べてみましょう。”

DM,の,コツ,作成,作業,効果,印刷,安く,料金,発送,発送代行,企業

大判サイズのDMは通常の郵便物として扱うと発送する料金が高く、発送代行に依頼するとかかる費用を安くできます。発送代行サービスを選ぶ時は業者の内容を比較して決め、大判サイズのDMは通常サイズと比べて価格が高いためなるべく安くする方法を探す方法が望ましいです。発送代行サービスは宛名を印字して住所ごとに仕分けて送付するため便利で、より多くの人に内容を伝える方法を選ぶと効果的です。

DMを送付する時は大きさによって料金が異なり、大判サイズの場合は重さなどで料金が変化するため事前に見積をして決めると最適な内容を探せます。大判サイズは相手に見やすく内容を伝えやすいことが特徴で、送付する時は料金が高いため効果を出せるように伝える内容を決めて作成することが大事です。

発送代行は業者に問い合わせをすると気軽に相談して最適な方法を選べるため、大判サイズの場合は通常サイズと比べるとかかる費用が高いため安くするコツなどを探すと便利です。多くのDMを発送する時は割引料金になるため、同じエリアに発送するなど臨機応変に考えるとかかる費用を安くできます。

大判サイズのDMの発送代行を選ぶ方法は業者の内容を比較し、かかる費用を安くするように内容を比較して決めると効果的です。

大判サイズの発送代行サービスを行う業者

カタログやパンフレットなどの大判サイズの印刷物を発送代行する業者を上手に活用することによって事業の効率化や時間・コストの削減につながります。特に通信販売などを手掛ける会社などでは定期的なカタログやパンフレットなどの送付業務は欠かせないものになっています。特に発送件数が多い場合などには大量の発送作業を行う必要が出てきます。特に大判サイズの発送作業は時間と人員が必要になるためコストがかさみがちです。大判サイズの印刷物を発送代行する業者の場合これまで様々なノウハウの蓄積がありより迅速に発送代行を行う体制が整っています。多くの企業からの依頼実績もあり安心して発送業務を委託することができます。これにより社内の人材や経営資源を無駄にすることなく必要な分野に集中させることも可能になります。大判サイズの発送代行は発送件数が多くなればなるほど1件あたりの発送コストを下げることができ低価格で発送をすることができます。定期的にカタログやパンフレットなどを発送することにより売上なども変わってくるためこのような代行業者を活用しながらよりよい販促活動を行うことが重要です。発送代行の業者は顧客名簿をもとに発送業務を行うためしっかりとした情報管理が徹底されています。”

DM,の,ダイレクトメール,ハガキ,作成,効果,印刷,圧着,安く,料金,発送,発送代行,送る,企業

企業あるいは店舗で抱えている顧客に対しての連絡事項がある場合に、もしくは新サービスや新商品などのPRや説明をする場合にA4サイズのダイレクトメールを発送するときには発送代行に任せると便利です。注文はウェブ上から気軽に行うことができ、入稿したデータを元に作成してくれますからスピーディに発送をしてくれます。A4サイズの発送代行では宛名なども業者が入れてくれるので煩わしい入力業務からも開放されます。依頼する場合にまずはサンプルを見てみたい場合にもすぐに送付してくれるので検討なども簡単にできます。納期も短く注文してから一週間程度で送付したい顧客の手元に届きます。料金は印刷前に前払いするだけですので追加料金などを徴収される心配もありません。A4サイズのダイレクトメール以外にも圧着タイプのものや特殊形状のはがきなども対応していますので形式にかかわらずダイレクトメールを発送できます。発送代行業者に任せるとスピーディに仕事をしてもらえるのでダイレクトメールを迅速かつ確実に届けることが可能です。ビジネスなどで何かと送る機会の多いA4サイズのダイレクトメールはぜひ発送代行にまかせて送付してもらうのがよいでしょう。

発送代行業者を利用してA4サイズのDMを発送しよう

新規顧客獲得や、販売促進のためにDMを発送する企業も多いと思いますが、ただやみくもに発送をすればよいというものでもありません。効率的に効果を発揮するためには、DMを発送するのにも工夫をしなくてはなりません。

DMを発送しても、お客様の目に止まらなくては意味がなく、無駄になってしまいます。発送には手間や時間、費用などのコストがかかりますから、コストに対して成果を出さなくてはなりません。

その場合、自社でDMを発送するよりも、発送代行業者を利用することがおすすめになります。発送代行に依頼をすれば、手間や時間、費用などのコストをかけることなくDM発送に特化した知識を使って、効率的にお客様獲得、販売促進に効果を発揮します。

DMを発送する際に、ダイレクトメールを使っている企業も多くありますが、コストがかかってしまう割に、効果を得られないといった現状に悩まされているところもあると思います。その場合、ダイレクトメールよりもコストがかからない、ハガキに変更することも可能ですが、ハガキの場合ですと、載せたい情報量に限りがありますから、お客様へのアピール力に欠けてしまいます。

それを解決するために、発送代行業者では、A4サイズの用紙を使い、ハガキとして発送をしてくれるサービスを行っています。A4サイズでしたら、通常のハガキよりも情報量は4倍になりますし、コストも安くなりますから、おすすめの方法になります。

DM,の,作成,作業,効果,安く,発送,発送代行,送る,企業

封書サイズのDMの発送作業はとても手間がかかります。しかし、DMを送る事でビジネスを成功させる事が出来るなら、必ずやっておかなければならない事なので、手間をかけてでも発送作業をしなければならなくなります。

仕事を効率良く進めつつ、封書サイズのDMの発送作業を行うなら、発送代行サービスが役立ちます。発送代行サービスとは、利用する事で業者のプロの方に発送作業を行って貰う事が出来るサービスです。このサービスを利用すれば業者の方が封書サイズのDMの発送作業を全て手間をかけて引き受けてくれるので、余計な手間をかけなくても別の仕事を効率良く進めつつ、発送をする事が出来るようになります。

封書サイズのDMの発送代行サービスを行っている所は複数あるおかげで、利用しようと思えば何処の地域の方でも気軽に依頼をする事が出来るようになっています。インターネットのホームページサイトから依頼をする事が出来る所も多いので、何時でも依頼をして頂けます。また、依頼をする場所によってはとても安い価格で仕事を引き受けてくれる所もあるので、なるべく費用を抑えたい場合は価格が安い所の発送代行サービスを利用するようにして、損をしないようにしましょう。

封書サイズのDMの発送代行サービスの特徴とは

封書サイズのDMを送付する時は発送代行サービスに依頼し、かかる費用や内容を確認して決めると便利です。封書サイズのDMを送付するためにかかる費用は宛先や重さによって異なり、事前に見積をしてもらうと金額を確かめて選べます。

発送代行サービスは送付する宛先を伝えると宛名を作成して封入機を使って同封物を自動的に封入してDMを作成するため、作業を効率化できることがメリットです。封書サイズのDMは伝えたい内容を安全に伝えることができ、個人情報が含まれて第三者に内容を知られたくない場合にも対処できます。

発送代行サービスは企業から作成を依頼されるDMの内容を外部に告知しないように誓約書にサインが必要で、企業側が安心して依頼できるために便利です。発送代行は多くの通数の作成を依頼されるため、作業を効率的にする方法を考える必要があります。

封書サイズのDMの発送代行サービスの特徴は企業から送付先の情報を受信し、送付先の情報を受け取り宛名を作成して宛先ごとに仕分けして発送する方法で企業側が要求する日時までに間に合わせるように計画的に作業をすることが求められます。発送代行は郵便として発送する方法よりも効果的で、かかる費用を安くできることがメリットです。

DM,の,コツ,デザイン,作成,作業,安く,料金,発注,発送,発送代行,企業

数万単位を配送し様々な家庭に対して宣伝活動を行うA4厚紙DMですが、激安価格で広い範囲に数多くの家庭に配布するにはA4厚紙DM発送手段の選び方が非常に重要になってきます。

まず選ぶ前に注意しなければならないのは、アルバイトを雇用してDMの配布を計画しない事です。

この方法はアルバイト数人を雇い狭い範囲を配布するならば確かに効率の良い方法かもしれませんが、配布スケジュールが綿密に決められるわけでもなく、アルバイト一人一人に料金を払わなければならないため非常にコストがかかってしまいます。

大量のDMの発送を考えているので極力人件費でコストを計算するのではなく、DMを万単位配布した時のコストを考えましょう。

そうなると必然的に多くの発送代行業者が展開しているDMの発送数が多ければ多いほど安くなるサービスを利用する事になります。この代行業者は発送料金が激安なだけでなく、DMのデザインを作成してもらえるサービスもありますので、デザインの準備ができない企業でも手軽に依頼する事ができます。

またこの他にも発送代行業者を選ぶ利点として宛名や封入といった作業を機械で行うため封入ミス等による発送の二度手間を防いで細かいミスをなくす事でコストを抑える事ができますので、非常にお勧めです。

DM,の,作業,印刷,安く,料金,本,発送,発送代行

A4サイズでの発送というと、軽い書類に留まらず、最近ではオークションで売れた商品といった重量物の発送も多く行われるようになっています。この場合定形外郵便では高くついてしまう場合もあり、送料は悩ましい問題となります。

郵便や宅配便各社では小規模な発送用の様々なサービスを展開していますが、その中でもA4サイズ商品の発送というカテゴリーでは日本郵便のサービスが最も経済的です。

1キログラム以下なら全国一律料金で164円という格安料金で利用できる「クリックポスト」は、予めWebでの登録が必要で、自宅やオフィスなどで専用の宛名ラベルを印刷する必要がありますが、頻繁に利用される方にはうれしいサービスです。A4サイズではあるものの、厚みが増すなどで「クリックポスト」の厚さ3センチに収まらないサイズになった場合は「ゆうメール」が使えます。500グラム以上1キログラムまで350円で、こちらも全国一律料金です。

1キログラムを超えてしまう場合は「レターパックライト」というサービスもあります。郵便局などで手に入れられる専用のA4サイズが送れる封筒を使う必要がありますが、厚さ3センチ以内なら全国一律360円で、なんと4キログラムまでの商品・書類を発送することができます。

サービス内容をよく理解して、賢く利用したいものです。

A4サイズDMの発送は業者に依頼出来ます

A4サイズDMの発送作業は手間がかかります。更に他の仕事をするとなるとかなり大変なので、仕事に集中する事が出来ず、効率が悪くなってしまう場合もあります。

A4サイズDMを効率良く発送するなら、発送代行サービスが便利です。発送代行サービスとは、業者の方が代わりにDMの発送を行ってくれるサービスの事で、手間をかけずにDMを発送して貰う事が出来る為、忙しい方でも気軽に相談をして、A4サイズDMの発送の依頼をする事が出来るようになります。空いた時間で仕事に集中しつつ、発送もする事が出来るようになるので、効率が良くなります。

A4サイズDMの発送代行サービスはとても便利ですが、何処の業者に依頼をするかもとても重要です。依頼をする業者によってはかなり価格が高く、発生する費用が多くなってしまう可能性も高いです。この際に比較をして、価格が安く、対応が良い業者にA4サイズDMの発送代行を行って貰う事で、コストを最低限に抑える事が出来るようになる為、お得にサービスを利用する事が出来ます。比較をして安い所を選んでも、何か損をする事はまず無いので、安心してゆっくりと比較をして、お得に利用できる所を選んで頂く事が出来ます。”

の,ダイレクトメール,デザイン,印刷,参考,安く,料金,発送,発送代行,企業

ダイレクトメール発送代行業者とはクライアント企業に変わってダイレクトメールの印刷から発送までを行う専門の業者の事を指します。

このダイレクトメール発送代行業者は世の中に数多く存在しているということもあり、自社にとって最適な会社を選ぶことだけでも困難を極めます。

その様なダイレクトメール発送代行業者で迷われている方はセキュリティの観点から業者を選ぶことをおススメします。

ダイレクトメール発送代行業者は印刷から発送までを一貫して行ってくれ、とても便利な会社と言えますが、その反面、自社の顧客の個人情報が漏れてしまうというリスクも内包しています。

昨今、情報漏えい問題や企業の不祥事が社会問題となっている中、セキュリティが甘い会社に任せる事は会社の存続する危険にさらしてしまうといっても過言ではありません。コストが安い、納期が早い、実績があるという甘い言葉だけに目を取られずに個人情報管理に力を入れているか否かを見極める事が大切です。ダイレクトメール発送代行業者の中には個人情報の管理を徹底しているという証であるプライバシーマークを掲げているところもあるので、このご時世、それらのマークも参考にして選ぶのが賢明であるといえます。

DMの印刷と発送の代行業者

DMやパンフレットの印刷や発送を行う代行業者は非常に便利です。印刷と発送を一つの業者で行う場合は一度の打ち合わせで印刷から発送まで行うことができDMのキャンペーンやマーケティング活動を手軽に行えます。発送業務は多くの人出が必要になるため代行業者にアウトソーシングしたほうが手間も時間もかかりません。また必要な時に必要な部数だけを発送することができコストの削減にもつながります。あらかじめ発送する部数やエリアを指定しておけば代行業者がスケジュール通りに業務を行います。定期的な発送契約を行うことで割引サービスなどを受けることもでき、部数が多くなればなるほど1部あたりの印刷・発送コストが安くなるという料金体系の代行業者がほとんどです。これらの代行業者を上手に活用することがダイレクトメールを使ったマーケティング活動を成功させる重要なポイントです。代行業者の中では印刷のみならず図案やデザインなどを提案してくれるところも多くあり専属デザイナーが提案したクオリティーの高いデザインを採用することが可能です。デザイン・印刷・発送とトータルで任せることが出来ます。

DM,の,まとめ,コスト削減,ダイレクトメール,ハガキ,作成,作業,効果,印刷,圧着,料金,発送,発送代行,企業

新しい商品やサービスの宣伝を行う場合、そのプロモーション手段は色々とありますが、ターゲットとなる顧客がある程度絞り込めている場合に有効な手段として、DM(ダイレクトメール)があります。狙った相手に直接商品情報をプロモートできると言う点で、かなり有効な手段であることは間違いありませんが、自社でDM作成・宛名作成・発送までを行うとなると、かなりの手間・工数とコストがかかります。発送専門の部署を持っている場合は問題ありませんが、そのような部署を持たないような場合、あるいはもっと格安でDM発送を行いたい、発送コストを削減したい、といったような場合には、DM発送代行を検討してみるのもひとつの手段です。2つ折りハガキ圧着タイプから、A4版大型タイプ、中身がわかる透明封筒タイプ、さらには変形封筒タイプなど、自社ではコストがかさんでしまい、なかなか手を出しにくい色々なバリエーションに富んだDMを発送できるのも、発送代行専門の業者ならば簡単です。さらに、発送料金も、発送代行業者ならば、大量発送による大幅割引が期待でき、自社で発送するよりも確実にコストダウンを図ることができます。自社で行っていた宛名ラベル作成からラベル貼り付けといった面倒な作業も、宛名データを渡して後は業者にすべてまかせることもできます。

作業風景

ダイレクトメールや各種案内状に請求書などを発行する際にV字圧着という形式で発送を行う機会が多いという個人や企業の方は発送代行に依頼してみるとよいでしょう。守りたい個人情報や文面などをV字圧着にて確実に守ることが出来ますので情報漏洩のリスクも下がります。V字圧着を発送代行に依頼する場合には発送先のデータを一緒に送信することで印刷に宛名書きから発送業務までを便利に頼むことができます。一枚あたりの発注単価もかなり安く数十円から受け付けてくれるので大量に送る場合にも経済的に発送できます。デザインや形式などは予め発送代行業者が用意してくれるテンプレートから注文が可能ですので依頼の際にも難しい手続きなどは一切ありません。前払いなので後で料金を支払う必要も無くスムーズに取引ができます。文面は入稿データという形で注文することになるのでウェブ上で簡単発注が可能です。紙の材質にこだわりたい方は追加料金を支払うことでグレードアップすることが可能です。企業や店舗のサービス案内に商品案内などでV字圧着の物を送るならぜひ発送代行に依頼してみましょう。V字圧着を発送代行に任せれば責任をもって発送先にダイレクトメールを送ってくれます。

V字圧着DM発送代行は見積もり依頼を複数した方がお得です

V字圧着DMを発送したい時に便利なのが、発送代行サービスです。発送代行サービスを利用すると、プロの方が自分の代わりにV字圧着DMの発送を行ってくれます。本来ならかなり手間がかかる作業ですが、プロの方にこの手間がかかる作業を任せる事で、V字圧着DMの発送をしつつ、それと同時に仕事をこなす等の効率の良い作業を行う事が出来るようになります。

V字圧着DMの発送代行サービスはとても便利ですが、利用するなら見積もり依頼を複数の業者にしておいた方がお得です。業者の方に見積もり依頼をすると、仕事の依頼をするとどれくらいの費用が発生するのかを教えてくれます。このおかげで、何処の業者だとどれくらいの費用が発生するのか、という情報を集めて比較をする事が出来るようになり、費用を最低限に抑えてDMの発送を行う事が出来るようになります。

見積り依頼をしてもお金がかかる事はないので、見積もり依頼をして情報を集めれば集める程、比較をする対象が増えるので、安い価格の所を見つけやすくなります。時間が無くてもある程度比較をするだけでも安い所を選ぶ事は出来るので、なるべく見積り依頼をして比較を行ってから、V字圧着DMの発送代行サービスを利用しましょう。”

DM,の,ダイレクトメール,デザイン,作成,印刷,料金,注意点,発送,発送代行,送る,企業

ダイレクトメールを封書に入れて送る、通称封書DMは多くの企業が取り入れているのですが、自社で行っているといった企業は少なくはありません。しかし、近年では封書DMの印刷から発送まですべてとり行ってもらえる委託会社に依頼をする企業も増加傾向にあります。

封書DMは発送するまで多くの手間がかかります。ダイレクトメールは一目で目を引くデザインでなければなりません。そのため、デザイン考案から封筒への宛先などの印刷、更には発送手続きなども行わなくてはなりません。効率的にこれらを行うために、専門の企業に依頼するといった企業が多いと言えます。

専門企業に委託するのが不安だ、コストが心配といった声も聞かれますが、有名企業や顧客が多数いる企業においては委託は通常化しています。その背景には大量生産だから出来る低料金での印刷までもが低コストが実現化しています。

また、突然企業でイベントやセールなど、顧客の方に知らせたい事項ができた場合において、早急にダイレクトメールを発送しなくてはならなくなったという時にも慌てる必要はありません。ダイレクトメール委託のプロだからこそ早急に発送まで行える技術を駆使しているので、最短で翌日には発送出来る委託企業も多くあります。

封書DMの発送を依頼する場合の注意点

封書DMの発送を代行業者に依頼する場合いくつかの注意点があります。代行業者によっては最低発送枚数が定められている場合があります。その場合、既定の数量以下では発送代行を断られることがあります。また取扱いサイズについても制限がある場合もあるため事前にしっかりと確認しておく必要があります。封書DMの発送のほかに印刷業務を合わせて行っている代行業者も多く存在しています。封書DMの印刷と発送を合わせて行うことで1部あたりのコストを下げることが可能になります。印刷についても細かい部分まで指定することができ思い通りの封書DMを作成することができます。定期的に発送を行う契約を結ぶ場合、割引などのサービスを受けることができより長期間の契約になればなるほど割引率もアップするようになっています。封書DM発送業務は多くの人手が必要になることから自社で行うよりも専門の発送代行業者にアウトソーシングするほうがトータルでコストの削減にもつながります。必要な時に必要な分だけ発送業務を委託することで的確なマーケティング活動を行うことができます。また定期的に封書DMを発送することで顧客に対して自社製品を訴求することができます。”

の,ダイレクトメール,デザイン,ポスティング,作業,効果,印刷,圧着,本,発送,送る,企業,企画

ダイレクトメール発送までの過程としては、企画立案からデザインを経て、発送先のリストに従い印字や発送作業という流れです。

資金力があれば企画からデザインも含めて外注したり、発送も代行業者に依頼して済ませる事も可能ですが、資金が無ければ全てを担当して、発送ではなく足を使ってポスティングする場合もあります。

ダイレクトメール次第で顧客獲得に違いが産まれる可能性があり、新規事業立ち上げにしても、顧客満足を継続させる為にも有効な手段です。

全ての工程を行うには膨大な労力を必要とし、印字や発送等に関しては代行業者の力を借りるのは有効であり、一括見積もりを利用して代行業者の相場比較を行い、経費削減に繋がる業者を探す事が望ましいと言えます。

ダイレクトメール印字や発送を行うサービスを利用し、他の仕事に手を回せる形にして業務にあたる企業は多く、丸投げ出来る所は任せる事が有益です。

発送方法の選択肢は沢山ありますし、通常の郵便発送や宅急便、迷った時にはダイレクトメール発送の専門業者に相談するのも1つであり、問い合わせる事で効果的な提案を受ける事も可能になっています。

開封率も含めて提案を貰える可能性があり、専門業者の有効活用を行う事が望ましいです。

宣伝に大いに役立つ、DM発送業者とは?

ダイレクトメール発送業者とは、ポイントカード業者や通販業者から委託を受け、ダイレクトメールの発送を請け負っている企業のことです。ダイレクトメールにもいろいろな種類があり、普通のはがきタイプのものや、「圧着ダイレクトメール」と呼ばれる、紙を剥がして折りたたまれた中を見ることが出来るものがありますが、発送業者はどのタイプにも対応しています。

ダイレクトメールを発送したい場合、業者と契約し、「宛名印字用データ」「印刷物用データ」「封筒印刷用データ」(封筒で送る場合)を入稿する必要があります。宛名印字用データはExcelで、他の2つはAdobe社のIlustlator、またはPhotoshopデータで入稿します。

ダイレクトメールの発送を委託するにあたり、気をつけたいのは顧客データの安全な取扱です。

「日本ダイレクトメール協会」に所属している多くの発送業者は、国の指導の下で認定される「プライバシーマーク」を取得しており、国の指導に則った適切な個人情報の取扱を行っていますから、ある程度安心して任せられると言えるでしょう。

そのほか、プライバシーマークを取得せず、独自にプライバシーポリシーを設定している業者もあり、内容に納得できるのであれば、そう言った業者を選んでも差し支えありません。

宣伝の費用対効果と、取扱の安全を十分に考え、納得した上で業者を選定しましょう。”

DM,の,ダイレクトメール,デザイン,ハガキ,作業,効果,印刷,安く,料金,発送,送る,企業

ダイレクトメール、通称DMを発送している企業は多いのですが、DMを送りはじめてからも業績が思うように上がらないといった不満や不安の声も多数聞かれています。多くの企業は自社でDMの印刷から発送までを行っていると言えますが、印刷のプロに委託して、企業に合わせたデザインの製作から顧客への発送まで行ってもらうといった企業も増加傾向にあります。

DMの委託はまずは見積もりから始まります。DMにはハガキのものや、封書のものなど発送方法においてもデザインや料金が大きく異なります。そのため、希望に沿った料金で発送まで行えるように、念入りな見積もりを行うことで、納得できる契約へと繋がっていくと言えます。

DMの発送を委託すると、早期に顧客へとDMの発送を行えないのではと考えるかたも少なくはありません。早期に発送をして業績に繋げたい、近日中に予定しているイベントやセールのお知らせを早期に届けたいと願う企業も多いのですが、DM委託のプロであれば、最短で見積もりを行った翌日には発送を可能にしている委託会社も増加傾向にあります。DMを発送しているのに業績が上がらない、早期に送らなくてはならなくて困っているといった場合には、早めに委託相談がおすすめです。

DM,の,ダイレクトメール,作業,印刷,参考,料金,本,発送,発送代行

以前ではDM発送代行を実施してくれる業者がそこまで多くなかったので、困惑する事もありませんでした。しかし現在はDM発送代行業者が以前よりも急激に増えており、様々な業者が実施してくれるので利用する側としては慎重に判断していかないといけないです。優秀な業者も凄く多いのですが、その中には悪質な業者も含まれているので、初めて利用する方は特に警戒する事が必要です。初めての方も業者を見極める事ができれば、優秀な業者を選択する事ができるのでアクシデントに巻き込まれる可能性が極力減らす事が可能になります。

DM発送代行業者を簡単に見極める方法としては、サイト上に存在している口コミをチェックする事です。口コミは実際に利用した方の感想や評価などが掲載されている事がほとんどなので、色々と参考になります。その中には本来手に入れる事が難しい内部に関する情報も色々と入手する事ができるかもしれません。利用を検討している方にとって、参考になる情報に間違いはないので、積極的に確認する事が重要になります。

優秀なDM発送代行業者を選択する事ができれば、迅速に対応してもらう事が可能になり、素晴らしいDM発送を実施してもらう事ができます。

DM発送代行の流れを解説します。

DM代行とは専門の業者が依頼主の代わりにDMの発送を代行して行うサービスの事です。ダイレクトメールといいましても種類はとても豊富で、商品のカタログ、イベントやセールのお知らせなど色々な種類のものが豊富に存在しています。

DM代行会社に依頼をする際は、まずDM代行会社に連絡をする事から始まります。その際に発送物や発送する内容を聞かれると思いますので、伝えて下さい。次に代行会社から見積りを出して貰います。また、DM代行会社によって料金や内容が違ってきますので、見積りは複数の会社から出して貰う事をおすすめします。依頼する会社を決めましたら、発送するデータの入稿をし、印刷作業に入ります。印刷作業では宛名の印字と印刷を行います。終わり次第、発送作業に入ります。発送作業ではラベル貼りや封入、区分けなどの作業を行い、これらの作業が終わりましたらDMを発送します。DMの発送が全て終了しましたら、最後に依頼主に報告をします。以上が、DM発送の際のおおまかな流れとなります。

DMが届かなかった場合は代行会社より、届かなかった名簿のリストを貰う事が出来ます。このリストを管理しておくと次回からの発送費用などを削る事が出来ますので、保管しておく事をおすすめします。”

DM,の,作成,作業,到着,印刷,料金,日数,発送,発送代行

自営業の方などは、1年の内にDMを数百枚から数万枚も発送する時期が数回あるため、送料や手数料や資材費などが相当な金額になってしまいがちです。DMをなるべく安いコストで発送するためには、枚数にあわせて発送方法やDMの形態を変えましょう。

封筒に数枚の紙を折りたたんで入れる形式のDMの場合、郵便局を使用すると、紙の重さによって値段がどんどん高くなっていく仕組みです。紙の枚数が多い時は、運送会社のメール便を使うと比較的安い値段でDMを発送できます。また、運送会社によってはメール便の追跡機能もあるため、発送先へ届いたか確認できるメリットもあります。

次に発送方法についてです。300枚以内の比較的枚数が少なめな方は、自分でDM文書作成から発送準備までを行いましょう。少ないほうとはいえども、100枚以上となると結構な枚数となるので、プリンターのスピードを上げ故障を防ぐために、家庭用よりも事務用プリンターを購入すると良いでしょう。

次に1万枚程度を発送する予定の方は、DM発送代行下請け会社に注文を入れると良いでしょう。この時、自動封入機械を用いるなど設備費がかかっていそうな会社よりも、内職の方が手作業で封入作業をし、下請け作業のない会社を選んだほうが、比較的安い値段で依頼をできます。枚数や形態を工夫して、なるべく安い値段でDMを発送できるようにしましょう。

安い!DM発送を考えたらすること

DMを安い値段で発送したい場合、いくつかに分けて比較をすることをお勧めします。まずは、運送会社の比較です。クロネコヤマトや佐川急便、そして郵便局といった会社をみて、到着日数や値段などを比較します。例えば、郵便局に出した場合、配達も全て郵便局が行います。DMの重さによって、どんどん料金が高くなります。もしDMがA4サイズで、折らずに発送したい場合、定形外の封筒を使用しなければなりません。それだけでも、普通サイズの封筒と比べて料金が高くなりますので、封筒選びにも注意した方が賢明です。

DMをどのくらい発送しなければならないのかを考えることも必要です。300件未満の数であった場合、自分達で作成する限度であると考えられます。注文する手間や時間が省けますが、注意しなければならないのは、印刷時のことです。通常のインクジェットプリンターで大量の印刷をすると、コストがかなりかかります。プリンターの耐久性にも考慮し、作成しましょう。300件以上3万件未満の場合は、DM発送代行会社にお願いをする方がいいでしょう。ただし、下請け作業がない会社で、直接取引を行う会社がよりお勧めです。手作業で内職を行う方々は、3万件ぐらいは普通にこなします。3万件以上ならば、封入機械のある、社員やパートの方々が作業を行う会社がいいです。

はがきか封筒か、封筒を使用するならば何が安いか、によっても違います。よく吟味してください。

DM,の,作業,効果,安く,料金,本,発送,発送代行

封書DMの発送代行サービスを利用する事で、封書DMを業者の方に発送して貰う事が出来ます。このサービスを利用するメリットは、何といっても封書DMを発送する手間を省く事が出来る点です。ビジネスを成功させるには封書DMの発送もとても重要になってきますが、発送作業に手間がかかってしまい、仕事をこなす事が難しくなってしまうのは困った問題です。その点作業を任せる事が出来れば、封書DMの発送をする事が出来るだけではなく、仕事にも集中する事が出来るようになります。

封書DMの発送代行サービスを行っている業者の方は様々な方が居るので、好きな所に相談をする事が可能です。サービス利用料金や対応、評判は利用する所によって差があるので、この点の比較を先にしてから相談をする所を選んでしまえば、費用面や、対応面でかなりお得にサービスを利用する事が出来るようになります。評判、対応が良い所はトラブルが発生しにくく、トラブルにも対応して貰いやすく、価格が安い所はそれだけで費用を抑える事が出来るようになり、得をする事になります。

基本的な情報は見積もり依頼をしたり、ホームページサイトにアクセスをしたりする事で調べる事が出来るので、比較は細かく行い、安心して封書DMの発送代行を任せる事が出来る所を選びましょう。

DM,の,チラシ,デザイン,作成,効果,印刷,安く,広告,発送,発送代行,送る,企業

現在、DMはビジネスには欠かせないマーケティング手法になっています。携帯電話やインターネットの普及によって、電子媒体のDMが増えました。しかしながらコスト的に不利な紙媒体のものもまだまだ現役です。ビジネスのターゲットによっては紙で送った方が有効になる場合があります。DMは少量の場合や、社員に余裕がある会社では自社で発送ということもあるかと思いますが、時間をかけたくない場合は代行業者さんにお願いしたいところです。代行業者さんにも種類がありまして、製作、デザインから発送まですべて引き受けてくれる業者さんや発送だけ引き受けてくれる業者など会社によってまちまちなので確認する必要があります。見積もりの際は「発送だけお願いしたい」や「デザインも含めて相談したい」など具体的にどのようなところまで依頼するのか決めておいた方が各社の見積もりも比較しやすくなるかと思います。またうちで印刷したもの以外は受け付けませんなどと後から言われないよう要相談です。代行業者の見積もりだけではなく、自社で配送手続きをする場合の配送コストも配送会社で見積もりを取っておくことをお勧めします。大量に送る場合は配送割引がつく場合もありますので、場合によっては自社で出した方が安く上がることもあります。

DMによる営業活動を補佐する発送代行会社

DMは企業活動において大切な広告媒体の一つになっています。その理由は、需要が見込める顧客層を絞り込んで商品販売促進を行う上で非常に効果・効率が良い結果が得られるからです。企業が営業活動を行う上で特定顧客を獲得することは、業績向上に欠かせない要因なのです。DM発送を行えると言うことは、顧客の住所・性別・年齢等の個人情報を企業が収得している証しであり、商品販売戦略の方向性を決められる要素なのです。しかし、DM発送は他の広告媒体と比較して郵送代・印刷代・封書作成代等の費用と人件費の問題があります。それを解決させてくれるのが、発送代行業を営む会社なのです。DM発送代行を委託・依頼した方が格安・高品質なDM発送を行えます。発送代行業者の持つノウハウを活用して広告経費を抑えながらも営業利益を増やした企業が多いのです。発送代行業者には、依頼企業からDM発送を掛けたい商品情報を伝えるだけで、DMチラシを作成してくる会社も多く存在します。例えば、顧客への挨拶文や対象商品の情報と商品写真アングル等の骨格部分の作成も発送代行業者が責任を持って請負してくれるので、安心できる存在なのです。更に発送代行業者は郵便又は民間宅配便業者を使い郵便又は宅配便の選択で配達費用を抑える工夫もしてくれています。

の,コスト削減,コツ,ダイレクトメール,デザイン,作成,効果,印刷,安く,発送,発送代行,制作,企画

カタログやパンフレット、イベント案内などの商品紹介の他にも、アンケートや申込書など様々な種類がありインターネット主流の今でもまだまだ需要のあるダイレクトメールですが、制作が完了してから発送までには宛先の管理、郵便物規定の確認、運送会社との契約など様々な手間がかかります。そのため、ダイレクトメールの発送は代行業者に任せたほうが手間もなくなりコストが抑えられる場合が多いです。

ダイレクトメール発送代行業者の中には、単に現物を受け取り発送・郵送するだけのものから、リストから宛名を印字し印刷したのちに発送したり、中にはデザイン制作まで代わりに行ってくれるものもあります。社内に部署や担当者を作り不慣れなデザイン制作させるよりも、実績のある代行業者に任せた方がより反応が良くなる効果的なデザインを作成しコストも抑えることができます。

ではどのような業者に頼めば良いでしょうか。やはり一番気になるのが費用です。コスト削減のために依頼しているのでなるべく安く済ませたいものです。また、印刷し発送だけならそれで良いのですが企画やデザインまで代行してもらう場合は実績も考慮する必要があります。より集客率が上がるデザインに仕上げることで結果的にコスト削減につながります。

問題は、コストだけ。そんなときは発送代行!

お客様へ送るdmには、はがきや封書などさまざまあります。それぞれにメリットがありますが、冊子やクーポン券、商品サンプルなどを封入して送ることができる「封書DM」はいかがでしょうか。
クーポン券や商品サンプルなどを封入しておくと開封率も上がります。パンプレットなどを送ることができるので、はがきにはないメリットがあります。しかし、コスト面での問題が上がるのも封書DMの特徴とも言えます。
そんなときは発送代行への依頼を検討してみてはいかがでしょうか。プランによっては封書1点あたり70円以下で請け負っている会社も多くあります。発送費よりも安く依頼できるのであれば、コスト削減以外にも、発送にかかるはずだった人件費を他の作業に回すことができるので業務の効率化も実現します。
プランによっては取り扱う封書の種類も異なりますので、何をポイントに依頼を行うのか事前に決めることも大切です。例えば、透明封筒であれば雨天でも封書物が濡れることが少なく、中が透けて見えるので開封率が上がります。クラフト用紙であれば印字ラベルが不要なのでその分価格が安くなっています。
最低でも千単位での依頼部数が通常ですが、中には100部未満から提供しているプランもあります。さまざまなプランを比較して検討することをお勧めします。

DM,の,まとめ,印刷,圧着,料金,注意点,発注,発送,発送代行

A4圧着DMの発送を激安で行うには一度に大量の部数の発送を依頼するのがポイントになります。多くの発送代行業者では発送する部数に応じて料金を設定しています。一度に大量の発送依頼をすることにより割引が適用され1部あたりの発送コストを抑えることが可能になります。できるだけまとめて発注することでA4圧着DMの発送コストを節約することができます。複数の業者に見積もりを取るということも大切なポイントになります。代行業者同士の競争も激しくなっており激安価格で発送業務を請け負っていることも珍しくありません。発送業務の品質と料金を比較しながら希望に合った業者に依頼することが効率的なキャンペーン活動を行う上で大切になります。A4圧着DMは特殊なタイプの郵送物になるため対応できる業者もそれほど多くはありません。限られた代行業者の中でより良い業者を選択することが円滑に発送業務を行う上で欠かせない部分になります。一度限りでなく今後も取引を続けていくことになる場合などにはより慎重に業者の選定を行う必要が出てきます。年間契約の長期契約を行うことで割引サービスを受けることができる場合もあるため契約交渉はしっかりと行うべきです。

激安のA4圧着DMの発送について

A4圧着DM、と一言で表わすとなかなか想像しづらい方もいるかもしれません。最近はA4サイズですとカタログ形式が目立ちますが、カタログ形式で発送されるものよりも厚みがないので手軽で目を通しやすいという印象を持つ人は多くいます。よくあるものですと名産品の通信販売の宣伝をするA4圧着DMを思い浮かべる人が多いと思われますが、大概のA4圧着DMが宛名の下には商品写真を大きく印刷しています。カタログ形式のDMですとビニールに包まれていて読むにはビニールを破くという過程を経る必要がありますが、圧着DMですと端のつまむ部分を持ってペリペリと剥がしていくだけで読むことができます。手軽で読みやすくインパクトもあるのですが、情報量が少なく一度開いてしまうと興味が薄くなってしまう人も多い点が注意点です。また、はがきサイズのDMに比べれば少々料金は上がるのでためらう人もいるかとは思われますがインターネットや情報誌で調べてみれば激安価格で発送できると宣伝する業者も多く存在します。各社で激安の基準は違うので手間はかかりますが、発送する手間にかかる費用、そして安全性を比べていけばおのずと条件に見合う会社は見つかります。

大判はがきでDMを発送する効果的な方法

企業が大判はがきでダイレクトメールを送りたい場合には、コスト削減のためになるべく安い費用で発送をしたいと考えるのではないでしょうか。それを実現するためには、ダイレクトメール代行業者に依頼を行うことがおすすめです。代行業者は、ダイレクトメール作成や発送に関しての知識や技術を持っていますので、効果的なダイレクトメールを作成してくれます。大判はがきで発送したい場合はもちろんのこと、封書や普通サイズのはがきで対応してくれますので、宣伝内容によって効果的な方法を選ぶことができるでしょう。ほとんどの代行業者では、数多くのダイレクトメールを発送しますので、安い発送料で送ることができる契約を結んでいる場合が多いのです。そのため、代行業者に依頼をすれば、コストを抑えながら大量にダイレクトメールを発送することが可能になります。また、お客様に読んでもらえるような、ダイレクトメール作成を行ってくれますので、利益アップの期待をすることもできます。企業が自社で作成から発送するよりもお得になっていて、尚且つ、高い効果を期待できますので、ぜひ、代行業者を利用することおすすめします。その際には、様々な業者が存在しますので、業者の下調べを入念に行い、ニーズに合ったところを選ぶようにすれば、より、高い効果を得ることができるでしょう。

デザイン,作成,料金

DMは大判サイズが効果的

自分が顧客や会員になっているお店や企業から、新しい商品やサービスを知らせるdmが届きます。例えば、新車が販売されると自動車ディーラーは必ず顧客にdmを発送して知らせます。販売を促進するために、特定の消費者に直接印刷物を郵送することは、営業戦略の基本と言っても過言ではありません。dmといえばハガキが一般的です。しかし、より詳細に商品をアピールするためにはハガキのサイズではスペースが足りず、受け取ってもすぐに眺めてゴミ箱に…、となってしまいがちです。対照的に、大判サイズのdmは消費者に「大きさ」という期待感がふくらみ、商品への反応も大幅にアップすると言われています。大判と一口に言ってもサイズはさまざま。A4やB5版の印刷物を封書に封入するものが一般的ですが、A4サイズを二つ折りにしてハガキサイズにする「A4圧着ハガキdm」も注目されています。ハガキサイズなので郵送料もお得なうえに、受け取った側も開封しやすいというメリットがあります。一方で、大判サイズのdmを発送する費用や手間も気になるところです。そこで、dmの発送代行を請け負う業者に発注することをお勧めします。インターネットで調べると、激安で発送代行してくれる業者は多数見つかります。

DM,の,まとめ,デザイン,作業,効果,印刷,料金,発送,発送代行

A4厚紙DMは、広い印刷領域に様々な商品などを掲載して、ダイレクトに顧客へ情報を伝達できるため、高い利用価値があります。このようなA4厚紙DMを顧客に送付するためには、A4厚紙DMのデザインや印刷、発送などを行っていくことになります。特に、送付を行うために必要な発送については、宛名印字などの煩雑な作業が多くなっているため、専門の代行業者に依頼することが重要です。

代行業者に発送代行を依頼したい場合には、送付することになるA4厚紙DMをどのような形で用意するかによって、利用できるサービス内容が変化します。A4厚紙DMのデザインや印刷を同じ代行業者に依頼する場合には、パックなどを利用して、格安料金で送付を行ってもらえます。これに対して、違う代行業者にデザインや印刷を依頼した場合は、発送代行のみを依頼することになっています。この場合、発送代行のみでも対応してくれる代行業者が多く存在しているため、安心して依頼を行えます。

どちらの方法であっても、発送代行を利用できれば、宛名印字や仕分け作業などを行ってもらえるため、煩雑な手続きを負担せずに送付を行っていけます。そのため、A4厚紙DMの送付を行いたい場合には、代行業者の発送代行が効果を発揮します。

DM,の,作成,効果,宣伝効果,発送,発送代行,送る,企業

企業にとって、DMは宣伝や販売促進、集客を行う上で重要な役割を担っています。ですから、ただ単に安易に作成をして発送を行えばよいというわけではありません。お客様に効果的なDMを作成するためには、知識や技術を持って行わなくてはならないのです。企業が自社でDMを作成から発送まで行うところもあるかもしれませんが、その場合、コストに対して効果を得ることができる可能性は低くなる場合もあるでしょう。やはり、DMを作成するには、プロのDM代行業者に依頼した方がDMに特化した知識や技術を持っていますので安心です。また、自社で作成から発送まで行うよりも高い効果を期待できます。特に、DMの中でも封書DMを作成したい場合には、お客様に開封されるものを作らなくては読まれる前に捨てられてしまう可能性が高くなります。プロのDM代行業者に依頼をすれば、お客様に読まれる魅力的な封書DMを作成してくれるのです。そうすれば、業者に依頼を行うコストがかかってしまっても、それ以上に集客効果、宣伝効果を得ることができ、企業の利益増加につながることでしょう。より高い効果を得たい場合には、業者を選ぶ時に、複数の業者を比較して実績のあるところに決めることがポイントになりますのでぜひ、慎重に業者を選ぶようにしましょう。

さまざまな使い分けのできるはがきの印刷方法と発送

公共料金の請求書や、企業から送られてくる各種DMなどに用いられているハガキがあります。届いた人は、剥がしてその内容を見るものです。これは郵便法で通常のはがき、つまり第2種郵便物として取り扱いがされます。

圧着ハガキには種類がいくつかあります。これは先糊方式、後糊方式、pp熱圧着方式、uvニス圧着方式という4種類の加工方法の違いで分けることができます。見た目の違いにおいて比べると、主に請求書や支払い通知書などでよく用いらている、印刷面に光沢がない圧着ハガキと、DMなどで頻繁に見られる印刷面に光沢がある圧着ハガキがあります。発送を行う利用者ははがきの使用目的や印刷内容に応じて使い分けています。一度に印刷する枚数やコストを考えることも大事です。

さらに、圧着ハガキは用紙の折り方によって掲載面の大きさが異なるため、中に掲載する情報量が変わります。

二つ折り圧着ハガキや三つ折り両面圧着ハガキなどの種類があります。

一方、圧着封筒とは、定形郵便物として取り扱いされるもので、第1種郵便物にあたります。こちらも企業から発送されるDMでよく用いられています。そのほか、給与明細書の通知書などで多用されているものです。ミシン目を切って内容を見る郵便物です。

おすすめ:DM発送代行業者を利用する10の手順

最安値保証!日本一安いDM発送代行サービス!翌日発送可!印刷・印字・郵便料金コミコミ!

安さ日本一に挑戦!まずはお見積りから

DMのプロに相談してみませんか?

格安DM発送代行「DM診断」では、常に業界最安価格で提供しています。
DM発送に関するお問い合わせはいつでも受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。