はがきdmのメリット・デメリットおよび効果的な運用方法

安さ日本一に挑戦!まずはお見積りから
デザイン,作成,料金

はがきdmのメリットとデメリット

商品の販売促進や、キャンペーン・イベント情報の告知といった宣伝に多用されるdmには、はがきだけでなく、封書や電子メール、FAXなど様々な種類があります。これらの中では、はがきによるdmはとてもシンプルな部類に入ります。
その特徴としては、何よりもコストが安いことがまずは挙げられます。はがき1通の郵送にかかる料金は、62円とあらゆる郵便物の中でも一番安いのです。制作に必要な工程も少なく、デザインや印刷にかかる費用も抑えられるのに加え、時間も短くて済みます。2,000通以上作成する場合は、郵送料金や制作費用の割引が可能で、多く作るほど1通当たりの費用はさらに安くなります。
デザインテンプレートの種類も無料・有料によらず豊富で、複雑な工程は挟まないのでオンデマンド入稿にも対応しており、制作が容易なことも魅力です。
また当然のことですが、封書や圧着型のdmとは異なり、開封の必要がないため開封率は100%です。はがきを手にとってもらえれば、伝えたい内容を直に印象付けることができます。
これに対して、はがきに掲載できる情報量にはその枠が狭さからも制限があり、訴求内容を全て伝えることは難しくなります。加えて、受取人以外の人でも内容を見ることができるため、個人情報やプライバシーに関わる内容の記載には向いていません。

はがきdmでより大きな効果を得るには

上記を踏まえ、はがきdmでより宣伝効果を得るためには、以下のことを意識することが大切です。
まずは目標を定めます。dmを送付する目的を確認し、どのような層をターゲットにするかを明確にしてください。
次に、記載する内容の取捨選択を行います。はがきにはスペースがあまりないので、これがかなり重要になってきます。キャッチコピーやターゲットへの呼びかけ、簡単な商品の説明などはもちろんですが、送付した人からの反応を見るために、問い合わせに関する情報をしっかり記載してください。また、可能ならば良いところばかりではなく、ネガティブなことも多少織り込めれば、より信頼性が増すでしょう。同じ内容でも、書き方を工夫すれば印象は変わるので、ネガティブなポイントであっても、読み手に与えるマイナスイメージを緩和することができます。
写真を載せる場合は、メインのものは大きめにレイアウトしてください。商品や顧客像のイメージだけでなく、商品やサービスから得られる利益を強調するものも有効です。
送付後にすることとしては、電話でのフォローも効果的です。dmを送ったことを伝えれば、見落としがあれば気付いてもらうことができ、商品に関する意見を聞くことで、今後のdmの戦略に大いに役立つはずです。加えて、商品の良さを上手くアピールできれば、購入にもつながる可能性があります。

最安値保証!日本一安いDM発送代行サービス!翌日発送可!印刷・印字・郵便料金コミコミ!

安さ日本一に挑戦!まずはお見積りから