返信率が高い!圧着往復はがきのメリット

安さ日本一に挑戦!まずはお見積りから
作成,料金

圧着往復はがきはどんなメリットが?

圧着往復はがきは、特殊なノリを使用して紙を織り込み・貼り付けを行うことで、通常はがきサイズでありながらも、受け取った人が圧着部分を剥がすと幅広く広がるタイプのはがきで、その一部に返信用のはがきがついているものです。

圧着はがきには、V型やZ型がありますが、Z型であれば、従来のはがきの3倍もの情報を記載することが可能です。情報量が多いので効率的に商品の宣伝が行えます。

また、人間の心理には「開けたい」というものがあるので、圧着はがきが届いたら、多くの人が開けてもらえるので開封率も高いのです。通常のダイレクトメールよりもみてもらえるチャンスが高まります。

さらには、圧着されている部分にお客様の個人情報などを記載できますので、返信用はがきの部分にお客様の住所など個人情報を記載しておくこともできます。そのため、お客様が返信する際には記載事項を必要最小限にすることができるので、返信率も高まります。特に、アンケートなどを取る時には圧着往復はがきがオススメできます。最近では、圧着にUVニスという特殊なノリを使用していますので、焼却したとしても有害物質が出ず環境にも優しい圧着往復はがきも作れるようになりました。

圧着往復はがきを使用した時の価格について

圧着往復はがきを作るには、印刷と圧着を業者にお願いすることになります。これらの値段については、何部はがきを作るかによって価格は異なってきます。当然多く注文するほど一枚あたりの料金は安くなります。例えば、V字型の圧着往復はがきであれば、500部作成した場合は単価約85円ほどとなり、1000部作成すると単価50円となります。10,000部作ると単価約10円までやすくすることも可能です。Z型の圧着往復はがきの場合は、V型に比べて少し料金は高くなります。

また、トータルの値段を考えることも重要です。業者によっては印刷と圧着の他に、エクセルなどで顧客情報を提供すれば、宛名書きを行なってくれる場合もあります。郵便の発送には郵便法を対応すると郵便料金を安くすることも可能です。工夫次第で郵便料金を30%近くカットすることもできるのです。郵便法についてはダイレクトメールの発送代行を行なっている会社がそのシステムを熟知していますので、そのような業者を利用すると良いでしょう。

もし、往復はがきにてアンケートを取る場合には、アンケート結果を集計してくれるサービスを行なっている業者もありますので、集計してもらえば自分で集計する手間も省けます。

最安値保証!日本一安いDM発送代行サービス!翌日発送可!印刷・印字・郵便料金コミコミ!

安さ日本一に挑戦!まずはお見積りから