大判はがきのサイズや料金は?効果的なDM活用法を解説

安さ日本一に挑戦!まずはお見積りから

こんにちは。格安DM発送代行「DM診断」です。

大判はがきの特徴やその活用法を、一般的なハガキと比較しつつ紹介します。

大判はがきを使ったDM(ダイレクトメール)の発送代行プランは「DM診断の大判はがきDM」で料金と合わせて詳しく紹介していますので、気になる方は合わせてご覧ください。

目次

大判はがきの特徴

大判ハガキDM

大判はがきのサイズ

通常ハガキと呼ばれる一般的なハガキの大きさは横10cm × 縦14.8cmです。

それに対して、大判ハガキは 横12cm × 縦23.5cm までの大きさのハガキを指します。

通常のはがき 横10cm × 縦14.8cm
大判はがき 横12cm × 縦23.5cm

大判はがきの料金

通常のはがきの料金は63円です。

それに対し、大判はがきの料金は84円です。

大判ハガキは、特に送り先に見てもらいたいと思うような内容を記したDMなど、封書では内容が目に付きにくくて利用するのに問題がありそうな場合に使うと便利です。

大判はがきを利用することは、何枚もの紙を利用したり、印刷内容が多くなってしまう封書を利用するよりも価格が安くなり、それでいて目立つように伝えたいことを書くことができるので非常に便利です。

大判ハガキを使ったDMの詳細はこちら

大判ハガキDM

大判ハガキを使ったDMにかかる料金

大判ハガキでDMを作成することになった場合、どの程度料金がかかるでしょうか。

DM発送代行業者(DM診断)を利用した場合の例を紹介します。
DMの印刷と発送を依頼した場合にかかる費用は以下の通りです。

2000部
1通あたり88.8円
5000部
1通あたり83.5円
50000部 1通あたり69円

参考:DM診断の大判ハガキDM

大判ハガキの郵便料金は通常1枚84円ですが、代行業者を利用して5000部以上送る場合は、印刷・発送込みで84円よりも安くなります。

印刷データを用意していて大量に送りたい場合には、発送代行業者を利用することで発送にかかる手間と費用を抑えることができます。

大きいサイズのはがき以外でのDMも検討している方は「DMのサイズ選びのポイントは?種類・発送料金の目安など合わせて紹介」も参考にしてください。

大判サイズの媒体を作成するときの作業方法

最近はプリンターの性能が高くなり、以前のように印刷業者に依頼しなくても自らで原稿を作成し印刷を依頼するというケースも増えています。

その反面、大判サイズであるがゆえに小さなパソコンの画面だけではなかなか注意が及ばずに引き伸ばしてからその間違いに気づくなどといったミスも起きがちなため十分な注意が必要です。

大判サイズの原稿の作業においては、全体のバランスを考えてその色合いやデザインなどを考えることはもちろんですが、拡大した際の見え方についても画面上で十分に確認しておく必要があります。

一般的に良く使用されるA4やA3の原稿ではあまり細かい部分はそれほど問題にはならないものでした。

しかし、大判サイズになると実際に近距離で原稿を見る人が増えるため、細かいところの色合いまでが問題になります。

従来の大判サイズの作業においては印刷できるプリンターが少なく、またその使用料も高額であったため従来の印刷業者に依頼する方が割安であり、また印刷業者においては原稿を客観的にチェックすることができたため結果的に作業が効率的に進んでいました。

しかし自分で原稿を作成することが主流になる今後においては、自らが原稿を拡大したり縮小したりして入念なチェックを行い、作業を進める必要があります。

デザイン,送る

大判サイズのDMは手軽な集客ツール

dmを送る際には一般的に封筒の形で送付というケースが多いのですが、内容量によってはA4ハガキの大きさである大判サイズを使用することもあります。

理由としては、形が封筒というだけで受取る側に封を開けてもらえない可能性があるからです。

その点大判サイズのはがきなら、一目見ただけで差出人の名前と記載内容が分かるため、受取る側に大きな宣伝効果と安心感を同時にアピールできます。

また大判サイズのはがきは定型サイズのはがきよりも大きいので、単純に文字での情報量を多く記載できることや、写真などといった視覚に訴えかける広告を載せるスペースを取ることができるからです。

またかかる発送代行の費用も、封筒と比べると値段が安く済みます。その内訳として、折り込みや封筒にチラシを封入の作業にかかる人件費が節約できることが挙げられるでしょう。

コストパフォーマンスを最優先で考えてdmを送るのであれば、大判サイズdmは優れていると言えます。

また大判サイズのdmは、ビジュアルとしてその大きさを活かせる販促ツールでもあるため、dmにとって最も重要な要素だといえる開封率アップも期待できるでしょう。

大きなdmの存在感が小さいdmよりも大きいことは確かで、それが信頼感に繋がるケースも多々あるのです。

大判はがきDMのメリット

大判はがきには様々なメリットがあります。

掲載できる情報量が多い

まず、載せられる情報量が多い事です。片面印刷のA4用紙二枚分の情報を掲載できるうえに、定型はがきよりもイラストを大きく表示することが可能です。

大きなスペースを最大限に利用することで、多種多様なフォントサイズやカラーが利用できインパクトあるメッセージを伝えることができます。

写真やイラストを活用することも可能です。スペースの大きさが、PR効果に反映できるdmといえます。

封入作業の必要が無い

封筒代や封入作業といったコストや手間を省くことが出来るので、その分コストや作業量を抑えることが出来ます。はがきであるので、封書と違い開封する手間がかからず、受取人側も面倒だと感じることもありません。

また、大判はがきには圧着タイプのものもあります。重要な情報等を送付する際によく用いられるもので、紙同士をニスでくっつけて固定しており、輸送中にはがれてしまう心配がありません。また、複数の紙をくっつけているので通常の大判はがきの2倍もしくは3倍の情報量を載せることが可能になっています。

他の郵便物よりも目立つ

大きいサイズのはがきなのでポストに投函されても他の郵便物に埋もれることも少なく、目に付きやすいという特徴もあります。

圧着タイプのdmに比べて情報量が少なくなりますが、伝えたいことがひと目で分かるというメリットもあります。工夫したい点は、掲載する情報を見やすくさせることです。最も伝えたいことを明確することが重要であり、加えて全体の印象にメリハリ感を付けることで、見やすくなると同時に見てみようという気持ちにさせるdmを制作することができます。

また大判はがきdmは圧着タイプのような機密性には欠けており、個人情報やプライバシーが関わる内容には適していません。しかし圧着タイプの開封が難しいシニア世代には適しているなど、送付相手の適性を考えて活用することが大切です。

 

大判はがきDMのデメリット

通常のはがきよりも費用が上がる

大判サイズのはがきは多くの情報を顧客に伝える方法として優秀なツールであることは確実ですが、その大きさから発送にかかる費用がどうしても高くなるからです。

実のところ大判サイズのはがきのデメリットを挙げるとすれば、どうしても費用が高くなってしまうことでしょう。

メリットとしての情報量記載の多さは、そのまま発送や印刷にかかる費用に跳ね返ってきてしまいます。

顧客に伝えたい内容を決める際には、コンパクトでありながらも印象的な内容を決めて、多くの人々の関心を引きつけることが大切になってきます。

また、文字だけの内容紹介ではなくデザインも集客ツールの一つであることを強く意識してください。
印刷の値段の問題に関しては、格安印刷サービスを使うことがお勧めです。

印刷会社に大量のDMを一度に注文することや、日数的な余裕も持って依頼することなどによっても費用を節約することができるでしょう。

送付費用を安くするには、まとめて大量に送付依頼をすることによって、1通あたりの単価を安くすることが大切になります。送付にかかる料金は、数が増えれば増えるほど単価が低く設定されています。

メリットを生かす活用方法

dmに大判はがきを使うならデザインにこだわりを持つことが肝心です。販促効果を高めるためには内容を見て共感を得てもらい、購入に結び付けなければなりません。

大判はがきのサイズがあると一般的なコピーライティングを一面を使って行うことができます。通常、はがきを受け取ったら宛先が自分であるかを確認し、差出人を見て内容の重要性を大まかに判断します。

そして、情報量の多い裏面を見て内容を確認するという流れが一般的です。ただの販促のためのものだと表面だけで思われてしまうと興味のない気持ちで裏面を見られてしまうことになります。

その対策として重要なのが表面にも十分な余白があることを活用して、問題提起のための一文やイラストを盛り込み、興味を持ってもらった上で裏面に行ってもらうようにするのが効果的です。

合わせて企業ロゴなどを表面に入れておくことで企業としての存在も覚えてもらうことができます。さらに販促を行いたい商品やサービスについての概要についても記載しておくと表面だけでも販促効果をもたらすことが可能です。

そして、裏面には詳細を含めたコピーライティングを記載することで、面積が広い大判はがきのメリットを生かすことができます。

大判はがきDMの価格

大判サイズのDMの価格というのは、どんどん安くなっています。大判サイズであれば、十分にメリットがあるのは確かであるといえますから、お勧めできます。

確かにやや価格的には高いことはありますが、それでも情報量が違ってきます。

葉書サイズよりも十分に情報を入れ込むことができますから、広告効果としては高いですが、それでもまずはしっかりと見てもらう工夫が必要になります。

それがデザインであり、質感であり、発送の仕方であるわけです。このあたりのことをよくよく検討して決めないと駄目です。

また、大判サイズに限ったことではありませんが、価格は大量に発注すれば割引を受けれます。

これこそが、スケールメリットとしてお勧めできることになります。もちろん、送付先を良く考えることも大事になります。

何しろ、基本的にDMというのはなかなかしっかりと見てもらうのが難しい広告であるからです。

それでも大判サイズであれば、十分に良い広告になる可能性はあります。葉書サイズよりはいくらか高い効果がありますから、やるメリットはあります。

とにかく、まずは興味を惹かせることができるデザインを考えるべきであるといえます。

大判はがきとは、通常のはがきよりも大きいサイズで、定型郵便物として郵送できる厚紙、又はその仕様の印刷物のことです。

定型外郵便物よりも安い送料で送ることができ、はがきよりも面積が広いため情報量が多く、受け取った際のインパクトが大きいため、大判はがきDMは高い広告効果が期待できます。

チラシを封筒に入れて送付する通常のDMと違い、封入の手間・費用が掛からないため、広告費用削減にも役立ちます。

より情報量を増やしたい場合は、二つ折り、又は三つ折りの圧着大判はがき印刷が可能な業者もあります。

大判はがきはDMの他、配布チラシやイベント宣伝用のフライヤーとしても利用されています。

大判はがき印刷の見積を取る際は、それをセット商品として扱っている印刷所だけでなく、希望サイズの厚紙に印刷が可能な業者にも対応可能か相談してみると良いでしょう。用紙や印刷方法など、セット商品よりも融通が利く場合があります。

大判はがきをDMとして利用する際は、はがき印刷だけでなく、宛名印刷や送付代行の費用も考慮する必要があります。

印刷所によっては、それらの作業も同時に発注できる場合があるので、見積を依頼する際はそれらも合わせて請求し、金額やサービス内容に応じて利用を検討すると良いでしょう。

大判はがきの印刷・発送をスムーズにするサービス

大判はがきは、紙面の大きさを活用して1枚にたくさんの情報を載せることができるので、DMでよく活用されます。一般的なサイズの郵便はがきは100×148mmですが、大判はがきは最大120×235mmまでの用紙に印刷でき、定型郵便物の料金で郵送できます。他の運送会社でも大判はがきのサイズに対応した、配送料金が手頃なプランを提供しているので、サービスを確認して最適なプランを選んで利用できます。

印刷から発送代行まで手掛けている業者も多く、裏面のデザインデータと宛名データを入稿すれば、両面を印刷後にスムーズに発送してくれます。宛名データの管理体制がしっかりしている、信頼できる業者を選ぶのがポイントです。100部程度からでも対応してくれる業者もあり、ある程度まとまった枚数のDMを送りたい場合には、宛名面の印刷や集荷依頼などの手間を省くことのできる、発送代行サービスの活用はメリットが大きいです。業者ごとに利用している運送会社が異なるので、事前に確認しておきます。

発送代行を利用しない場合には、大判はがき用のデータ作成に便利なテンプレートを活用すると、レイアウトを綺麗に整えることができます。印刷業者やビジネス系のサイトから、無料でダウンロードできます。”

の,ダイレクトメール,テンプレート,デザイン,作成,作業,効果,印刷,安く,料金,注意点,発注,発送,制作

こだわりの大判はがきを制作する場合、気をつけておくべきポイントが複数あります。

郵便はがきとして使用する場合には郵便局が定める規格に準じたサイズにする必要があります。通常のはがきに比べてサイズが大きい大判はがきは郵送の料金も変わってくるため注意が必要です。

こだわりの大判はがきを自分で制作する場合には画像処理ソフトなどがあると便利に制作を行うことができます。模様の装飾や画像のプリントなども手軽に行うことができ様々なサイズに加工することも可能です。

制作会社などに依頼する場合にはデザインなどをプロのデザイナーなどに任せることもできます。様々なデザイン案の中からオリジナルの大判はがきを作ることができます。

DMなど業務用に使用する場合などには100枚、1000枚単位などロット単位で発注することになります。一般的に枚数が多くなればなるほど1枚当たりの制作コストが安くなり、業者によっては割引なども適用されるため、より安価に大判はがきを作成できます。郵送作業まで一括して請け負っている業者の場合は打ち合わせから実際の郵送までスムーズに行うことができ専門のスタッフが担当するため安心して任せることができます。

大判はがきを代行業者に依頼する際の注意点

新商品の案内や料金表などとして利用される大判はがきのダイレクトメールは、効果的な宣伝を行っていきたい場合に活用されることになります。このような大判はがきのダイレクトメールを代行業者に依頼する場合、いくつかの点に注意しておく必要があります。注意すべき点としては、依頼を行ってから成果物が発送されるまでのスケジュールや、制作に必要となる料金などとなっています。

依頼を行ってから成果物が発送されるまでのスケジュールは、大判はがきのダイレクトメールを適切な時期に送付できるようにするために重要です。スケジュールは、デザイン代行を利用する場合と自社でデータを作成して入稿する場合とで異なっています。特に、入稿を必要とするケースでは、入稿時期によって成果物が発送されるまでのスケジュールが延長される場合も存在しています。そのため、依頼したい代行業者を見つけた段階で、早目にテンプレートなどを入手して、データを作成しておく必要があります。

また、制作に必要となる料金については、大判はがきのデザイン代行を利用するかどうかや、印刷と発送まで一括して依頼できるパックを利用するのかによって大きく変化します。パックの場合には、制作に必要となる料金が割り引かれていることが多くなっているため、そのようなサービスも活用していけます。

このような点に注意しておけば、大判はがきのダイレクトメールを安心して依頼していけます。”

DM,の,ダイレクトメール,デザイン,作成,作業,印刷,料金,本,発送,発送代行,企業

大判はがきとは、サイズが90~300(ミリ)×140~600(ミリ)の大きさのものをいいます。基本サイズは、235(ミリ)×120(ミリ)です。郵送料は大きさにより異なりますが、82~1,180円の郵送料で。基本サイズであれば、封書の定形郵便物の最大と同じであるため82円で郵送可能です。

主に大判はがきは、ダイレクトメールや案内状に使用されることが多く、宛名などの印刷を含めた発送代行を行っている会社も少なくありません。

大判はがきの場合、切手を貼ったり、後納郵便での取り扱いであり、通常のはがきのように郵送料金込みではないため、宛名や印刷が完了した後に発送を見送った場合でも郵送料金がが無駄になることはありません。(通常のはがきでも、書き損じた場合、指定の手数料を支払えば交換は可能です。)

封書の定形郵便物としてではなく、大判はがきでダイレクトメールなどを送付する利点は、手間とコストの省略です。封書は、手紙の印刷~折り込み~封書など手間がかかるのに対して、大判はがきなら印刷だけで済みます。手紙の内容が、開店・キャンペーンのお知らせなどといった分かりやすいものであれば大判はがきで手間を省き、代行会社を利用し、さらに手間を省くことをお勧めします。また、個性的なデザインで目に留まるようなものを作成できるのも大判はがきのいい所とも言えるでしょう。

大判はがきのDM発送は代行業者に依頼するほうが簡単

普段何気なく手に取るダイレクトメールにはたくさんの種類があります。発送方法は、はがき、封書、運送会社のメール便などがあり、用紙の種類やサイズも非常に豊富です。自社に充実した印刷部門を抱えているのであれば、社内で作成・発送まで作業できるでしょう。しかし、そのような設備を持っていない会社が大半なのではないでしょうか?中小の企業では、ダイレクトメールを作成するソフトは主にオフィス系ソフトになりがちで、プリンターもレーザープリンターでの印刷になると思います。500通以上の分量になるなら、出来映え、コストの安さなど、全ての面で、業者に代行させた方が良いと言われています。特に、普段印刷することの無い大判はがきなどは、自社では印刷しにくいものです。代行業者なら、印刷から発送まで、一括で依頼することが可能です。さらに、グラフィック作成サービスを兼ね備えたプリントサービス系の代行業者であれば、大判はがきを使用したメールのデザイン作成まで引き受けてもらえます。人目を引くようなデザインで見事な出来映えのDMを作りたい方は、一度、見積もりの問い合わせをしてみてはいかがですか?きっと、満足の行く代行業者が見つかると思います。”

DM,の,ダイレクトメール,デザイン,効果,圧着,宣伝効果,広告,発送

自社宣伝用のDM(ダイレクトメール)を発送するとき、何も考えず普通のはがきを発送していないでしょうか。実は、コストを増やすことで宣伝効果を上げる方法があります。それは「大判はがき」です。

大判はがきとは「235×120mm」の少し大きめなはがきの事を指します。100部刷新すると1万円を超え、高くコストがつくのですが、それに伴いメリットもあります。

まず、普通のはがきのデメリットをご存知でしょうか。普通のはがきで宣伝する場合、一番懸念しなければいけない「デメリット」というのが「情報量の少なさ」になります。はがきという小さなサイズでは載せられる量も少なく、また工夫もしにくいため、見られずに捨てられると言うことも少なくありません。

一方、大判はがきでは記載する用も多く、また大きいという特徴から「見ないで捨てられる」というリスクが大幅に削減されます。沢山の家庭に宣伝したい場合、はがきよりも費用対効果は高くなるのです。

これらを考慮すると、「とにかく自社の製品を見てもらいたい」といった場合、大判はがきの方が利益を生みやすく、結果お得になるのです。

もしDMによる宣伝が上手くいかない場合は、今一度「大判はがき」にするかどうか、考えたほうがいいでしょう。

DM発送に大判はがきを選択する利点とは

より多くの情報量を1枚のはがきに詰め込む手段として主に2つの方法があります。

  1. 圧着はがきを利用する
  2. はがきの面積を大きくする

大判はがきの利点は圧着された部分を指先で器用に剥がすといった面倒な行程を一切必要としない事。宛先面を裏返せば直接伝えたい内容を大きく見せる事が出来、より多くの人の目に触れ易くなるという点です。その分内容に対する機密性は失われますから、親展タイプの郵便物には著しく不向きになる点は否めません。大判はがきは特に緊急性を擁する広告内容であったり、発送する相手が手先の器用でないお年寄り等の世代がメインとなる場合等、送り先の事も考えてトータルな都合で判断し決定するべきでしょう。

また大判はがきは見開きの展開を考えなくとも良い分デザインやレイアウト決定に関する縛りが緩く、かなり自由な発想で製作出来るというメリットもあります。代行業者に依頼する際は発送前に一度現物のチェックが必須とはなりますが、ダイレクトメールに慣れていない初心者向きの郵便物とも言えるのです。”

DM,の,ダイレクトメール,デザイン,作成,印刷,安く,発送,送る,企業,制作

場合によっては通常のはがきの数倍以上の情報を記載できる大判はがきは、一般的なはがきを2枚以上送ることを考えると、情報量に対して印刷コストも郵便コストもかなり安い価格に抑えることができます。

例えば、通常のはがきの2倍の大きさの大判はがきを印刷した場合、裏面の面積が2倍となり情報掲載量が2倍に増えるのはもちろんですが、表面の広さも2倍になるので、相手の宛名や住所だけではなく、余白に送り手の住所やロゴ、その他必要事項も記載できます。

大判はがきの印刷コストは、少ない印刷枚数では通常サイズのはがきよりも割高になる傾向がありますが、枚数を刷れば刷るほど通常のはがきとの価格差が縮まるため、情報量に比例せず、安い値段にコストを抑えることができます。

大判はがきを作るメリットは多くあり、イベントなどの告知や販売促進のため、安く大量に目立つダイレクトメールを制作したい時や、挨拶状、招待状などに大判印刷は適していると言えます。

また、大判になると折り加工などオプションが選べるようになり、デザインの幅が広がるため、より自由なレイアウトが楽しめるようになります。

個性的なデザインや豊富な情報掲載が可能になる大判はがきは、人々を惹きつけるインパクトのあるDMになることでしょう。

DMを発送するなら大判はがきが安い!

大量のDMを代行業者に依頼して発送する場合、封書や定形はがきよりも大判はがきがオススメです。

大判はがきは封筒代・用紙の折り代・封入代などの費用がかからないため封書よりも安いコストで抑えることができ、なお且つ定形はがきの2倍ほどの大きさなので情報量が多い場合にも最適だからです。代行業者にもよりますが、価格はA4サイズの封書DMに比べて約半分のコストで抑えることも可能です。

そして安い以外のメリットとして、何よりも見た目や受け取った時のインパクトがあります。まず、定形はがきと違って他の郵便物に埋もれてしまうことがありません。情報量を詰め込むだけでなくイラストやテキストを大きく印字することもできるので、受取人の目を引くDMを作成することができます。

さらに封書のDMだとすぐに開封されずにそのまま放置されてしまうことがありますが、大判はがきは封書のように受取人が封を開ける手間がかからないのですぐに見てもらうことができ、放置されたり中を見ずに処分されてしまうリスクも避けられます。

たくさんの企業でDMが活用されている現在、他社や普通のはがきと差をつけるなら安くてインパクトのある大判はがきはいかがでしょうか。

DM,デザイン,料金,送る

費用の面でも大判はがきはお得!

大判はがきのもう一つのメリットとして普通のはがきよりもテキストやデザインに凝ったものが作れるということがあります。このデザインは近年ではインターネットを使って業者ごとにデザインを比較したり、見積もりを取ることでデザインの価格を比較することができます。注文や問い合わせもインターネットで気軽に行うことが可能です。

大判はがきは発送するのに1枚82円となりますので、1枚52円である普通のはがきよりも発送代金は少し高めになります。しかし普通のはがきのおよそ2倍の大きさであるにもかかわらず代金は30円しか違わないのでむしろ割安であると言えるでしょう。

また印刷費用の面から考えても、封書のように何枚もの紙を利用することで印刷内容が多くなってしまう場合よりも1枚あたりの価格を抑えることができますし、それでいながら普通のはがきよりもより多くの情報量を受け取り手に伝えることができます。そのため例えば片面印刷のA4用紙2枚を封筒に入れてDMを発送しようという場合には、封筒よりも大判はがきを使用した方が料金の面でもメリットが大きいと言えます。

そのため大判はがきの主な使われ方としては、封書で送る分量の情報量をDMで送りたいという人がより費用を安く抑えるための方法というのが挙げられます。”

の,ダイレクトメール,デザイン,作成,効果,印刷,参考,安く,送る,企業,制作

大判はがきは通常のサイズと比べて印刷するスペースが広く、個性的なデザインを考えると効果的です。印刷をするためのデザインの決め方は文面だけでは伝わりにくい時に雰囲気を出せるように考えると効果的で、サンプルなどを参考にして決める方法が望ましいです。

大判はがきに印刷をする時は送付する費用が高いため相手に的確に伝わるように考えて作成することが重要で、格安印刷サービスでサンプルなどを比較して効果を出せるように考えて選ぶ必要があります。印刷にかかる費用を安くする方法は複数の業者の見積の内容を比較し、安い金額を提示した方法を選ぶと便利です。

大判はがきを使う目的は通常のサイズと比較して目につきやすく、多くの内容を伝える時などに使う方法が最適です。伝えたい内容を的確に伝える方法は文字だけではなくデザインを添えると効果があり、サンプルの内容を比較して内容が的確に伝わるように決めることがポイントです。

大判はがきに印刷するデザインの決め方はスペースが広く自由に決められることが特徴で、伝えたい内容を考えて選ぶ方法が最適です。はがきを使うメリットは相手に情報を伝えやすく、封筒を使わずに済むため開封する手間を省けることです。

大判はがきで印象に残るはがきの制作を

大判はがきとは、通常の郵便はがきよりも大きなサイズで制作されているはがきのことを指します。こういったはがきは普通の郵便はがきよりもサイズが大きいため、通常の郵便はがきよりも多くの情報を紙面に記すことができます。

一般的なはがきのやり取りなどでは、こういった大判はがきが用いられることが少ないかもしれませんが、より多くの情報をはがきに記せるため、イベントやキャンペーンなどの案内であったり、企業や製品に関する案内といったものパンフレットの制作のために用いられることがあります。こういった大判はがきは通常のはがきに比べてはがきのサイズが少し大きいため、そのはがきを送るために必要な費用に関しても通常のそれとは少し異なることになります。ですが、ダイレクトメールなどを制作するといったように、企業団体や個人事業者がダイレクトマーケティングなどを目的として何らかのものを制作する際には、より多くの情報量を記すことができ、通常のはがきよりもサイズ的にも大きく見た目のインパクトもあるため、こういった大判はがきとしてはがきを制作するといったことも少なくはありません。もし、ダイレクトメールなどの目的ではがきの製作を考えておられる方がいらっしゃいましたら、大判はがきを用いるのもよいかもしれません。”

DM,デザイン,料金,送る

一般的なはがきでは出せない効果とは?

お店のオープンや記念日のお知らせのDMにはがきを使う人は多いでしょう。近年はメルマガの配信が増えていますが、印刷したもので送ることはメールとは違う効果が期待できます。まず一番は目に入りやすいということです。メールの場合は気付かずに削除してしまうことも考えられますが、印刷物の場合は手にした時にまず目にします。ここでさらに効果を発揮しやすいのが大判はがきです。一般的なサイズのはがきなら他の郵便物に埋もれてしまうこともありますが、他よりサイズが飛び抜けている分、存在感があります。「これはなんだろう」と思わせる効果が高いのです。DMは商品やサービスを知らせる、いわば広告の役割をするわけですが、大判はがきは広告効果が高いと言えます。はがきで十分だけれど、一般的なサイズのはがきよりもインパクトが欲しい、確実に見て欲しいものを考える時には大判はがきがオススメです。印刷料金は標準サイズのはがきより若干割高にはなりますが、その分広告としての効果も上がると考えればいいのです。大きくなる分、入れられる内容にも厚みが増します。デザインもいろいろ凝ったものを作りやすいので、遊び心が広がるのも広告として楽しいものができます。

こんな時に大判はがきを使ってみよう

大判はがきは実際にはどんな時に使えばいいでしょうか。はがきで十分だけれど、はがきのサイズでは入りきらないといった時に大判はがきはオススメです。封書のように開封する手間がないため、封書のDMなら見ずに捨ててしまうという人でも確実に目にすることになります。視覚効果が高いのです。大判はがきは、通常のはがきでは入らない情報量だけれど、封書にするのは心配という場合に向いています。郵送料金も大判はがきでは最大サイズの横120mm縦235mmまでは定型郵便で出せるので、手頃です。印刷面が広いので、通常のはがきではできないデザインを入れてみましょう。たとえばお店の休みを含めたカレンダーを入れてみるとか、お得に利用できるキャンペーンのスケジュールを入れてみることもできます。文字数がたくさん入っても窮屈な感じにならず、イラストや画像など目に楽しい情報を入れる余裕もあります。大判はがきは紙質をこだわることでオシャレな絵はがきにすることも可能です。宛名面の下に簡単な広告を入れて裏面にオシャレな写真やイラストを入れれば、捨てずに飾っておきたいポストカードにもできます。いろいろ工夫して大判はがきを楽しく使いましょう。

DM,の,ダイレクトメール,作業,印刷,圧着,広告,料金,本,発送,発送代行,企業

はがきは第2種郵便物に分類されます。さらに郵便物は定型郵便物と定形外郵便物に分類されます。大判はがきは第2種郵便物の定型郵便物のサイズをいっぱいに使ったもので縦23.5cm、横12cm、厚み1cmの大きさに収まる物ということになります。

大判はがきの利点はサイズが大きいので掲載できる情報量が多くできるということです。通常の郵便はがきに比べて紙面は2倍程度あります。しかも、定型内なので定形外に比べて発送のための料金が安めに設定されています。また、封書や手紙などの第1種郵便物と比較した場合も料金は安めになっています。このため比較的大量の人に安価で、多くの情報を伝えたい場合に優れた郵便物だと言うことができます。従って、大判はがきはダイレクトメールなどのビジネス・販売分野で盛んに利用されています。紙面が大きくポスト内にあったときに目立ちやすいことも広告手段としては有利です。

大判はがきを使ったダイレクトメールの製作・印刷・発送代行する専門業者も多数存在します。自前で大判はがきの大量印刷の設備を持っている企業は少ないので外注することがほとんどです。印刷品質、発送サービスの対応など用途に合わせて適切な業者に依頼するのが一般的です。

大判はがきの上手な利用法、発送の仕方

大判はがきは、ちょっと変わったDMで定型封筒サイズのDMです。使用用途としては、ホテルや宿のサービスの案内、クーポンやチケット、グルメの案内などです。返信はがき付きDMとして巻き三つ折り圧着などがあります。発送するまでにかかる料金は、DM印刷から始まって、宛名印字、郵便局へ行って申請し、郵便料金を払って投函するまでの分です。

ダイレクトメールの印刷専門のお店では、印刷からDM発送代行作業、発送までをすべてネットで完結できるサービスの提供をしています。大判はがきの基本サイズは、235×120mmで紙質はコート180kg、マットコート180kg、上質180kgがあります。この商品はオフセットなので急ぎの場合は、オンデマンド印刷がおすすめです。オンデマンド印刷は必要な時に必要な部数の印刷を行うものであり、経済的です。オフセットは一般的に利用される印刷の方式ですが、油になじみやすい部分にインクをのせて紙に転写する仕組みです。

大判はがきのオプション加工にナンバリング、ミシン目加工、角丸加工があり、注文手続きの中で指定することができます。初心者など慣れない人はネットで会員登録をして注文ステップを途中まで試してみることができます。”

DM,の,まとめ,作業,効果,印刷,圧着,広告,発送,発送代行

大判はがき発送代行とは、通常のはがきより大きなはがき(大判はがき)の発送を代行してくれる業者のことです。

通常の郵便はがきは縦148ミリ、横100ミリですが、大判はがきは最大で縦235ミリ、横120ミリまで(封書の最大サイズ)が許容されており、その分より多くの情報を一通のはがきに盛り込むことが出来ます。

大判はがき発送代行業者では、普通のはがきのように表に宛先、裏に広告を印刷したDMの他、印刷部分を折りたたんで、剥がして内容を読んでもらう圧着DMの印刷と発送も請け負っています。

印刷面が大きくなりますので、普通のDMには収まらない量の情報をお客様にお届けでき、圧着DMではさらに情報量は増えます。

しかしその分、普通のDMに比べて割高です。金額については業者と相談が必要ですが、情報量を減らして、安い通常サイズのDMにした方がコストパフォーマンスが良い場面もあるかも知れません。

原稿の入稿は通常のDMと同様、宛名データを表計算ソフトの形式で、印刷データを画像編集ソフトの形式で代行業者に受け渡します。個人情報を外部に渡すこととなりますので、プライバシーマークの取得の有無など含め、契約前にしっかり個人情報保護について先方に確認を取った方が良いでしょう。

大判はがきで効果的な宣伝をしませんか。

大判はがきとは、通常の葉書の2倍以上の大きさの葉書のことです。一枚の大きなぺらっとなっているものです。よく商品の広告宣伝に使われているサイズです。通常の葉書の大きさとは異なるので、郵便物の中でも目立ちますし、更に封書のようにいちいち封を開けて、中を確認して、というような作業が要らないので、誰でも中身を簡単に確認することができます。また、葉書を受けとる側からいうと限られたスペースに、特に知ってほしい情報が凝縮されていて、わずかな時間で的確な情報が得られるところがいいです。封書だと封を開けずに捨ててしまう人もあるかと思いますが、大判はがきであれば、表と裏を確認するだけなので、ほぼ100%の人が目を通します。

また、ある程度のまとまった数の大判はがきを発送する場合は、発送の代金もまとめて割引してくれる業者がほとんどですし、印刷から発送の代行まで請け負ってくれます。今は、メールやネットでも簡単に情報がえられる時代ですが、確認してるかどうか、伝わっているかどうかわかりません。大判はがきを使えば、ほぼ1000%の確率で、伝えたいことが伝わるので、少々お金はかかりますが、コストパフォーマンスはいいと思います。さらに、期間を置いて数回同じようなものが発送の代行をお願いできれば、更に効果はアップするはずです。”

の,ダイレクトメール,デザイン,作業,効果,印刷,参考,広告,発送,送る

大判はがきを使った宣伝を行いたい場合には、発送や印刷などを依頼できる代行業者が役立ちます。代行業者では、美しいデザインに仕上げられるようにカラー印刷などにも対応しているので、安心して依頼することができます。場合によっては、デザインの段階から依頼することも可能なため、大判はがきに適したデザインで発送や印刷などを行ってもらえます。このような代行業者に依頼する場合に重要となっているのが、代行業者のセキュリティ対策の内容となっています。顧客データは、プライバシーに関係する内容となっているので、しっかりとしたセキュリティ対策が行われていることが重要となります。代行業者が用意しているセキュリティ対策としては、個人情報保護方針や作業場の防犯対策などが挙げられます。個人情報保護方針は、ホームページ上で公開されている場合が多く、顧客データなどの取り扱いについて明記されています。大判はがきの発送や印刷時に、どのような注意が行われているのか確認できるので、代行業者を選択する際に、高い効果を発揮します。また、作業場の防犯対策としては、入退室管理や防犯カメラの設置などの状況を参考にすることが可能です。このような点に注意すれば、大判はがきの発送や印刷などを安心して依頼できる代行業者を見つけ出せます。

印刷から発送まで大量でもらくらく作業の大判はがき!

普通のはがきより大きいサイズの大判はがきが人気です。大判はがきのサイズは120×235で普通のはがきの2倍くらいになります。

普通のはがきより大きいので目立ちますし、情報量が多いのでインパクトを与えることができるのがメリットです。

最近は年賀状やバースデーカード、メッセージカードとして大判はがきを利用したオリジナルのカードを作って友達や親しい人に送る人が増えています。半分に折って使うこともできるので、アイデアしだいでおもしろいものが作れます。紙の種類もいろいろあるので好みに合わせて選べます。

ビジネス用としてもダイレクトメールや展示会の案内状、挨拶メールとして使うことができます。封筒入りのダイレクトメールと違い、必ず見てもらえるところが大きなメリットです。デザインを工夫して大判はがきをそのままポイントカードに使ったり、イベントの招待状に使うこともできます。お店や商品の名前入りで卓上カレンダーが作れるデザインにしておけば机の上においてもらえるので、一年中広告の役割をしてもらえるありがたい味方になります。

印刷から発送まで代行してくれる業者に頼むと、印刷のコストが抑えらるので安上がりになりますし、発送の手間も省けます。”

の,ダイレクトメール,作業,印刷,圧着,料金,発送,送る,企業

通常のダイレクトメールは封書で送る場合がほとんどです。情報量の多さがその理由で、購読する方になるべく大量の情報を伝えたいという企業側の事情があります。

しかし封書では開封されることもなく、そのまま廃棄されてしまうことも考えられます。これを防ぐにははがきを使い、それに収まる程度の情報になるように整理するのが一番です。

はがきには通常のはがきの他にも、大判のはがきも存在します。発送時にこの大判はがきを使用することによって、よりインパクトと情報量のあるダイレクトメールを作ることも可能です。

大判はがきは、通常のはがきよりも発送時に送料を使うことになります。ただし封書よりも確実にコストダウンは可能になるので、封書を使用していた企業ならそのメリットを大きく感じることになるはずです。

大判はがきは書き込める範囲も広く、通常のはがきよりも大きいため、目にした人の興味を惹きます。また発送時に問題になるプライバシーの問題も、保護シールで隠せば問題なく処理ができます。

顧客の目に触れる機会が増えれば、それだけ収益を上げるチャンスも増えます。これまで思うように顧客をキャッチできなかった場合でも、これならうまくチャンスを得ることができる可能性もでてきます。

 

大判はがきのDMを作る際の見積もり

DMは多くのお客様に、会社の宣伝や商品の売り込みなどに使うものとして有効なものですよね。しかし、世の中には多くのDMで溢れています。少しでも他の会社のDMに負けない、ちがったDMを作る際におすすめの情報をご紹介します。一番低価格で作りやすいDMの一つとして「大判はがき」タイプのDMがあります。ふつうのサイズのはがきよりも縦に長い大判はがきのほうが、他の郵便物にうもれず、印刷された文字も大きくできることから目にとまりやすい特徴があります。しかし、自分で作るには時間がない、きれいに作れない場合は専門の業者に依頼することをおすすめします。代行業者を探す上で大切なことは、大切なお客様の個人情報を渡すのですから、セキィリティ面で安心できるかどうか、発送手続きの連絡や質問などのレスポンスのよさ、見積もり金額をおよそでもいいのできちんと表示しているかどうかなどです。もし、ホームページなどを運営している業者でしたら、電話やメールなどで直接きいて、無料見積もりなどをしているかどうかをきくのも有効です。業者によっては、様々なプランやサービス、オプションもあるので複数の業者に同時見積もりをお願いしてから検討するとよいでしょう。”

DM,デザイン,作成,料金

大判はがきの便利な使い方とは?

大判はがきは最大では横120mm縦が235mmまでが一般的なサイズです。これより小さなものでも、通常の官製はがきより大きなものであれば大判はがきと呼ばれます。このサイズを最大として作られることが多いのは、定型郵便として送れるサイズの範囲内であることが理由のひとつです。官製はがきのサイズは横100mm縦148mmなので、大判はがきならかなり多くの内容を入れることができます。長さも官製はがきの倍とまではいかないながら、87mmまで余分に使えるので、普通のはがきでは入りきらない内容を盛り込む場合にオススメです。お店のオープン案内やイベントの告知に割引券付きのDMなど、さまざまな使い方ができるでしょう。長さがあることで、宛名面にも広告を入れることができ、有効に使える面積はかなり広がります。情報量が多くて普通のはがきでは小さいという場合や、チラシ広告を折り込むより直接顧客に送りたい場合には大判はがきを活用しましょう。封書と同じ料金で発送できますが、開封する手間がない分、目に付きやすいというメリットがあります。コストをかけずに効果的でインパクトのあるDMを作りたい時には、大判はがきを使ってみませんか。

大判はがきを安く作るポイントは?

大判はがきは印刷会社で取り扱っています。はがき印刷を受けてくれるところであれば通常のメニューにも入っていることがほとんどです。大判はがきは紙が大きい分作成する料金は多少割高になりますが、枚数をたくさん作ったり紙の種類や印刷方法によってはコストを抑えることもできます。まずは見積を取ってみましょう。近年はネットでそのまま発注できるサイトが増えているので、画面で簡単に選択しながら目安の金額を知ることができます。身近な印刷会社に依頼したい時には、そこに直接見積をお願いしてみましょう。見積に必要なのは、紙の種類と厚み、サイズ、そして印刷面を両面にするか片面にするかということです。モノクロ印刷にするかカラー印刷かでも金額は変わります。モノクロ印刷はコストを抑える時に有効的です。ネット発注の場合はデザインデータを用意できるのが前提になっているところが多いですが、用意できない場合でも応じてくれるところはあります。その場合はデザイン代は別途見積になると考えておきましょう。印刷だけでなく、宛名印字から発送まで請けてくれるところもあるので、まとめた方が安い場合もあります。予算に合わせていろいろ比較検討してみましょう。

DM,デザイン,作成,料金

宣伝効果が高いから大判はがきは最適

企業の宣伝効果をアップさせたいなら、大判はがきのDMが最適です。一般的なサイズのはがきよりも多くの情報を掲載できるので、十分にアピールすることが可能です。目立つカラーを取り入れたり、写真を載せたりすることもできますから、よりいっそう効果的です。また、封書のDMとは異なり、封筒を開ける手間を省きますから、大判はがきならば確実に読んでもらえる確率が高くなります。そのために、大判はがきはDMとして有効なアイテムです。

もしも大判はがきの印刷を依頼したいなら、専門の業者を探しましょう。おすすめしたいのは、通信販売による注文を受け付けている業者です。なぜなら、事務所や店舗のパソコンから注文できますので、とても利便性が高い方法だからです。専門の業者を訪れる時間を節約しますから、効率が上がります。さらに、注文するだけではなく、デザインや文字、文章の指定もパソコンから依頼しますから、誰もが気軽に申し込めるというメリットがあります。初めて注文する場合でも、テンプレートをたくさん用意していますから、パソコンの画面を閲覧しながら選べます。尚、大量に注文しても、事務所や店舗まで届けてもらえるところも大きな魅力の一つです。

安心して契約を結びたいなら実績を調べよう

通信販売を利用して大判はがきのDMをお願いしたいなら、正式に契約を結ぶ前に実績を調べましょう。業者のホームページを閲覧すれば、これまでの実績が記載されていますから、とても参考になります。大判はがきのテンプレートも紹介していますので、自由に好みのデザインを選択できます。オリジナリティ豊かな大判はがきにしたいなら、個別の注文に対応していますから気軽に相談してみましょう。文字のサイズや文章の長さ、カラーや写真など、あらゆる希望に応じています。尚、通信販売による注文でも、無料で見積もりを行っています。正確な納期や料金がわかりますので、必ず見積もりを申し込みましょう。予算の範囲内で大判はがきのDMを作成するために、複数の業者に見積もりを依頼する方法はおすすめです。業者を決定するまでは、費用が発生する心配はありませんので、安心して見積もりを依頼できます。中には、短時間で見積もりを出してくれる業者も存在しています。早く結果を知りたいなら、スピード見積もりを受け付けている業者を重点的に探しましょう。事務所もしくは店舗のパソコンを使って、必要事項を入力して送信するだけですので、誰でも気軽に見積もりを申し込めます。”

の,デザイン,効果,印刷,安く,料金,無料,発送,発送代行,企業

大判はがきの印刷と発送を請け負っている会社が他社と差別化をするときに、次のようなものを検討することが可能です。それは独自のサービスを導入することであり、それを利用して顧客獲得を行って売り上げ拡大に結びつけます。

サービスの内容としては、支払いに関する部分を活用して特典にするというものがあります。大判はがきの印刷と発送をするときの支払い方法にクレジットカードを取り入れて、分割で支払いができるようにします。つまり、分割払いも併用していくことにより、顧客が望んでいる決済手段を実現できるようにしていきます。

他のサービス内容については、長期的な継続利用によって発生する特典を作るというものがあります。企業が長期で仕事を依頼するときには、利用する年数ごとに印刷するときにおける原価を下げていきます。それと同時に、長期で利用してくれる場合に限って発送に必要な料金を無料にするというものもあります。つまり、顧客が長期にで仕事を任せることで印刷代金を安くすることができる上に発送料金が無料になるということです。以上のようなサービスを取り入れて、顧客が利用を頼みたくなるようにして利益を稼いでいくということしていきます。

大判はがきって?発送や印刷代金はどのくらい?

大判はがきというものをご存知ですか?大判はがきは通常のサイズのはがきよりも大きいです。それ故に、宣伝や伝えたいことがより伝わりやすいというメリットがあります。通常のはがきに情報が書ききれなかった場合に、封筒を使うものを選んでしまうと、発送費用が高くなってしまいます。発送費用を抑えて、尚且つ情報も多く伝えられるのが大判はがきです。印刷コストを抑えるには、複数の発送代行サービスに依頼して、見積もりをしてもらうことが効果的です。業者によって、かかる費用は異なります。また、印刷内容やデザイン、カラーによっても、費用は変化するので、自分が伝えたい情報が最も目立ち、加えて費用も安くなる業者を見つけることが重要になります。また発送代金は、届ける枚数や、届け先によって異なりますが、発送代行サービスに依頼した方が、郵便局で依頼するよりは費用が抑えらえます。また、一度に数多のはがきの発送を依頼すれば、ある程度安くなる場合もあります。大判はがき自体を知らない人がほとんどかもしれません。しかし知っていることによって、必要になった際にこれらの知識が使えるかもしれません。気になる方は一度大判はがきを使ってみるといいかもしれませんね。

の,コスト削減,ダイレクトメール,広告,本,無料,発送,発送代行,送る,企業

大判はがきの発送代行サービスを利用すれば、大判はがきを手間をかけず、業者の方に発送して貰う事が出来るようになります。手間をかけず、時間も省く事が出来るようになるので、安心して任せる事が出来る便利なサービスです。

大判はがきの発送代行サービスを行っている所はあちこちにあります。発送代行なので、何処に相談をしても基本的には同じように発送してくれますが、注意したいのが価格です。無料で利用する事が出来るサービスではなく、利用するとお金がかかります。この際に、安い価格で利用する事が出来る所に相談をする事が出来れば、費用を抑える事が出来る為、お得にサービスを利用する事が出来ます。大判はがきの発送大行サービスを行っている所に見積り依頼をして価格の情報を集める事が出来れば、誰でも簡単に比較をする事が出来るので、比較をするのが難しいという事も無く、行おうと思えば誰でもすぐに比較出来ます。見積り依頼も無料な所が多く、簡単に出来る所が多いです。インターネットのホームページサイト等から簡単にお問い合わせや見積り依頼をする事が出来る所が多い為、比較をするのも大分簡単になっています。しっかり比較を行い、安い価格で大判はがきの発送代行してくれる所に相談しましょう。

大判はがきの発送に関しては今は

大判はがきは信書であれば、郵便を使うしかないです。それは仕方ないことではありますが、広告の葉書であれば、大判であろうとなんであろうと十分に他の業者を使う余地があります。そのほうが発送費用が安いことが多いですから、検討してみるとよいです。言うまでもありませんが、やはり一番安心できるのは、郵便サービスになります。なんといっても長い歴史がありますし、一般人からの信用度も非常に高いですから、安心して送ることができます。発送しても相手が受け取ってくれなかった、ということが郵便ではほぼないです。ダイレクトメール配達業者ではそれがありえるので、意外と大変であるわけです。大判はがきであれば、そこまで大きくないわけで、そんなに強い拒絶感を見せる人は少ないですが、郵便のほうが確実です。ですから、広告を送る場合はやはり郵便サービスがベストであるといえます。しかし、安いかどうか、といいいますとそれは別問題になります。やはりもっと安いところはいくらでもあります。やや確実性は墜ちるわけですが、それでもそちらを選択する企業も多いです。何故かといいますとやはりコスト削減が強く意識されており、重要なことであるからです。”

の,ダイレクトメール,広告,発送,発送代行,送る

大判はがきの発送代行サービスを利用する事で手間と時間を省いて大判はがきの発送をする事が出来るようになりますが、発送するなら注意しておきたい点があります。安心して依頼を出来るような所に依頼をする事が出来るか、という点です。

大判はがきの発送代行サービスを行っている所が複数あるおかげで細かい点の比較をする事が出来るようになっています。価格の比較をするという方がとても多いですが、信頼性もとても重要です。何かサービスを利用してからトラブルが発生してしまうと、せっかく大判はがきの発送にかかる手間や時間を省く事が出来ても、トラブルを解決する事に更に多くの時間と手間をかけてしまう事になってしまう場合もあります。

信頼性が高い、安心して相談をする事が出来る所は評判が良いという特徴があります。評判が良い所は、多くの方が利用してもトラブルが発生しにくかった、という事にもなります。評判がかなり良い所を見つけるのは中々大変ですが、少なくともトラブルが発生するような評判が悪い所を避ける事が可能になるので、大判はがきの発送代行サービスを安心して利用するならまずは先に評判が悪い所を調べてから、安心して利用出来る所だけに依頼をするようにしましょう。

大判はがきを安心して送る方法について

大判はがきというのは、名前の通り、やや大きいです。それは少し費用が高くなる、ということでもあります。しかし、とにかく安心して送ることができるにする必要があります。これは広告であることもありますし、信書であることもあります。信書の場合は、郵便と言う形でしか送ることができないです。そうした決まりになっていますから、これはよく覚えておくことです。但し、広告であれば、特に問題なく、別の業者を選ぶことができるようになっています。簡単に言えば、要するにダイレクトメールです。これならば、送ることは様々な業者に依頼できます。また、メール便というタイプの送付物として送ることも可能になっています。とにかく、広告関係であろうとなんであろうとまずは相手に受け取ってもらうことが大事であるといえます。しっかりと届けられているのかどうか、という点がかなり大事です。こうした事業に関しては規制緩和が行われており、まさに玉石混合であるといえます。ですから、大判はがきの勿を安心して送る方法としては、ベストなのは、郵便です。玉石混合ではありますが、その玉の部分は間違いなく長い歴史がある郵便制度であり、絶対とはいいませんが、かなり安心して送れます。

の,ダイレクトメール,デザイン,作成,印刷,印刷会社,料金,発送,送る,企業

大判はがきとは、通常のポストカードの約2倍の大きさのはがきを指します。通常はがきでは収まらない情報量を載せることができるので、企業のダイレクトメールなどとして利用されるケースがあります。また、デザインに関しても、サイズそのものが大きいので、ダイナミックなデザインを提案することが可能となります。

ダイレクトメールとしての利用が多い大判はがきは、発送される部数が多いことが考えられます。ダイレクトメールの専門会社や印刷会社などは、簡単にはがきを作成することができるノウハウを持っています。印刷データに加えて、宛名データがあれば、はがきの裏面に印刷される商品やイベントなどの情報源だけではなく、宛名印字も可能となります。

そして、専門会社の中には、データ作成や入稿から発送までをサービスとして行っている場合があります。スピーディーに対応してくれるので、新商品が発売される時や、季節のイベント時などには助かります。

一枚当たりの価格が低価格に抑えられている場合も多くあります。低価格でありながら、高品質のダイレクトメールがスピーディーに作成できるというのは、企業にとっては大変うれしいサービスです。品質や料金などは、専門会社によってまちまちなので、事前に確認することをおすすめします。

大判はがきの取り扱いと発送に関する心得

大判はがきは郵便はがきの一種で、通常のはがきよりもサイズが大きいのが特徴です。郵便物を扱う規定では定形郵便物の最大のサイズと同一までの大きさの物が当てはまり、発送に必要な料金は封書と同一になっています。

大判はがきは通常のはがきよりも面積が広いことからより多くの記述が可能になっています。また、絵や写真の印刷にも適していることから企業や団体によるダイレクトメールとして広く普及しています。はがきは郵便物を扱う規定に沿っていれば手作りの物でも発送が出来るので、他にはないオリジナルデザインの一枚を送ることでより強い印象を与えることも可能です。

大判はがきを使用する際は記述する内容や印刷する図柄など、大判はがきを選ぶ必要性を確認することが大切です。通常のはがきよりサイズが大きいので保管の際に手間がかかることから、単に目立たせるだけではなく利用目的と大判はがきの特性が合致している場合に用いるように心がけます。印刷所などで複数枚の印刷を依頼する場合は費用が割高になるケースもあることから、必ず詳細を確認したうえで慎重に判断します。発送に関しては通常の郵便物と同様に扱われますが、装飾品の使用などで規定のサイズを超えると定形外郵便物となり、発送料金も増加するので注意が必要です。

普通の大きさのハガキは多くの企業においてダイレクトメールとして用いられることが多いのですが、より多くの情報を伝えたい方や、他社よりも目立ったダイレクトメールにしたいといった企業に人気が高いのが大判はがきです。封書よりもコスト削減が出来て、通常のハガキよりも情報を多く掲載することが出来るといった利点が人気の秘密といっても過言ではありません。

ダイレクトメールなど、企業の案内を大判はがきで行いたいと考えの方は、デザインから印刷、発送までを依頼できる企業への委託依頼がおすすめです。特に、顧客の数が多ければ多いほど、まとめ買いが可能になるため、激安価格での依頼が可能になります。また、更に発送までを激安に済ませたい場合は、デザインや印字などもカラーではなく白黒印刷にすることでコストは格段に下がります。

これまで封書で案内を出していたという企業においても、ダイレクトメールなどを、大判はがきに変えるだけでコストが減少したという喜びの声も多く聞かれます。また、通常のハガキでは物足りなかったといった企業にも、大判はがきにし、情報提供量が増えたという企業も多いことから、大判はがきを用いたダイレクトメールの発送が人気です。

大判はがきは激安で発送できます

インターネットによるマーケティングが常識となった現代においても、広告に郵便を用いることは有効な手段です。メールでは一度に多くの情報を、大勢のユーザーに一括して送信できる一方で、情報が多すぎるために埋もれてしまうというデメリットがあります。紙であれば、しばらくは受取人の手元に残りますし、より強い印象を残すことができます。顧客に向けて郵便を発送する際には、さまざまな形式が考えられますが、費用対効果が激安であるのは大判はがきです。

定形郵便物はリーズナブルですが、規格が厳格に定められているため、宛名などを書いただけで片面が埋まってしまいます。小さなイラストであれば掲載できないわけではありませんが、目立たないために効果は限定的です。

一方の大判はがきは、定形外郵便物扱いになってしまうため多少は高くなりますが、それを差し引いてもメリットがあります。宛名の下に大きなスペースを確保することができるため、新商品情報や店舗の地図などを載せられますし、顧客への挨拶や感謝の言葉を記すという使い方もあります。何枚ものチラシを印刷して封入する場合と異なり、一枚のみであるためプリントから発送までが迅速ですし、大量に注文することで激安となります。”

の,まとめ,コスト削減,ダイレクトメール,デザイン,到着,印刷,発注,発送,企業

ダイレクトメールなどにおいて大判はがきを用いられる企業も多いのですが、印刷から発送までをプロに委託依頼をしている企業が増加傾向にあります。

委託依頼する理由において、コストの削減を挙げられる企業が多数います。委託依頼に対してコスト削減に繋がると考えにくいと言うかたも多いのですが、実は大量に委託を受けている会社においては、仕入れの段階から大量の印刷材料を買い付けています。品質がよく、激安価格で仕入れることが出来るため、企業から受けた大判はがきの印刷も激安が可能となります。

また、依頼をする際においても、大量に委託することにより1枚1枚のコストは下がっていくといった仕組みをとり行っている企業も多数あります。デザインから印刷、発送まで委託できるため、全体にみたコスト価格からも激安が実現することが出来ます。

大判はがきでのダイレクトメールなどを自社で行っており、もっとコスト削減に活かせないかと考えている企業は、大量発注だからこそ可能になった激安のプロの印刷委託依頼をすることで、コスト削減だけでなく、印刷や発送などの手間を省くことが出来るといった一石が二鳥にも三鳥にもなる委託サービスであると言えます。

激安大判はがきを発送するなら業者におまかせを

印刷業者に依頼すれば大量のはがきやダイレクトメールを激安で印刷発送までトータルサポートしてもらうことができます。

自社で必要なのはデザインを指定したり、データをピックアップすることだけで、あとは印刷業者がすべて担当してくれます。

大判はがきはサイズが大きいため、詰め込む情報量も多くなりますし、目立つのでめにつきやすいところがメリットです。

一般のはがきよりも単価が高くなってしまいますが、激安の業者であれば枚数をアップさせることで単価を同じくらいに抑えることができるようになります。

大判はがきの場合にはA4の書類と同じ取り扱いになりますので、宅配業者のほうでも配達の際に折れ曲がったり汚れたりしないように気を使ってくれますし、発送する場合にもエリアごとにまとめて配達してくれますので、同時期に到着することが見込まれますから販促の手段として最適です。

大判はがきで届けばダイレクトメールでも特別な気分になることができますし、お得な情報であることを予想してもらえますから、手にとって読んでもらえる可能性が高くなります。

あえて特別仕様の大判はがきを利用することで他社との差別化を図ることができ、お客様にもVIP気分を味わってもらうことができます。”

の,ダイレクトメール,デザイン,ハガキ,印刷,安く,料金,発送,発送代行,送る,制作

店舗やメーカーが顧客へのPRやキャンペーンなどのお知らせをする際に近年では頻繁にダイレクトメールが活用されています。ダイレクトメールは普通のハガキやシールのように剥がせるもの、封書などがありスタイルは様々で表現方法は多岐にわたっています。PRとして掲載情報にマッチし、その上でコスト面を考慮することで適切なタイプのダイレクトメールを選択します。勿論顧客ニーズも重要事項です。例えば大判はがきタイプのダイレクトメールの場合では、通常ハガキよりもサイズが大きいのでビジュアル的にアピールできる表現をしたい時などにマッチします。カレンダーなどをPRとともにレイアウトしたい場合には表現しやすい形状です。クーポン券なども目に入りやすく、キャンペーンやセールの開催に特化した情報を限定して載せたい時にも向いています。大判はがきはサイズ感が他とは異なるだけでそのスタイルはシンプルなので、顧客が情報をひと目で理解しやすいメリットや、印刷もシンプルな形態だからこそスピーディーに行えてコストも安い傾向にあります。ハガキ発送のアウトソージングサービスを利用すれば、印刷から発送までをセットで行ってくれます。業者によりデザイン制作もサポートしてくれるので、条件に合ったサービスを見つけることが重要です。

大判はがきって?発送と印刷代金について

大判はがきは普通のサイズのはがきよりも大きいので、その分一枚に情報をつめることができます。普通のサイズでは、情報が入りきらなかった、字を大きくして目立たせたいといった場合に大判はがきは使われます。発送代金は普通のサイズのはがきよりは高くなりますが、それでも封筒を使うよりは断然安く済みます。発送代行サービスに依頼すれば、送るはがきの枚数や、届け先によって、料金は変化しますが、見積もりをして、相談することができるので心配は要りません。大判はがきに印刷をする際には、複数の業者に見積もりをしてもらうことがおすすめです。印刷代金は業者によって大きく異なることがあるからです。また、デザインや文字の色、大きさによっても代金は変化するので、自分が伝えたい情報が上手く伝わるレイアウトで、さらに代金も安いところを選ぶことが成功の鍵です。大判はがきといったものはあまり普段から目にしない言葉かもしれません。しかしもしこのはがきが必要になった際に、よりコストを下げることができる方法を知っておくことは重要です。ほかの人よりも伝えたい情報をよりしっかりと届けるために、一度大判はがきを使ってみるといいかもしれませんね。

DM,の,ダイレクトメール,デザイン,作業,効果,印刷,宣伝効果,料金,発送,発送代行,制作

大判はがきのダイレクトメールは、サービス案内やクーポンチケットなどを顧客に送付するために利用されています。通常のはがきより広い印刷面積となるため、より多くの情報を送付したい場合には高い効果を発揮します。

このような大判はがきのダイレクトメールを利用したい場合には、代行業者に依頼を行えます。代行業者では、送付までの手続きを一括して行ってくれる場合があるため、ダイレクトメールを制作するために必要な情報や写真などを提供するだけで、しっかりとした形に仕上げてもらえます。

代行業者が大判はがきのダイレクトメールを制作する場合、デザイン代行や印刷代行、宛名の印字などのプロセスが必要となっています。そのため、期間にゆとりをもって依頼を行うことが重要となります。

制作のプロセスが終了した段階で、発送代行として、郵便局申請や郵便料金の支払い、投函などが行われていきます。発送までの期間、成果物は安全に保管されることになるため、安心して送付まで依頼していくことができます。送付先は、顧客の自宅など様々な場所を選択できるため、より宣伝効果が高い場所を選んでいけます。

このように、大判はがきのダイレクトメールを代行業者に依頼すれば、送付までしっかりと行ってもらうことが可能です。

DMの送付には大判はがきが良い理由

大判はがきとは、長辺が235mmある大型のはがきです。お店の商品やイベントを知らせる営業促進用のDM(ダイレクトメール)などに利用されています。このように大量発送する際、大判はがきを利用することにはいくつかのメリットがあります。

まずは、低コストが期待できるということです。大型なので文字やイラストを大きく・多く表示することができ、全体で片面印刷のA4用紙2枚分の情報量を掲載することができます。送付用の封筒や用紙が不要であるうえに、用紙を折ったり封入したりする作業がないため、さまざまなコストを抑えることができます。

また、受け取った人が開封する手間がかからないという利点があります。封筒のように「後から開けるか」ということはなく、はがきを手にした瞬間から内容を見てもらうことができます。目がいくようなデザインや色使いにすればより認知効果も高まります。このようにはがきには内容の確認や保存のしやすさがあります。

大判はがきを利用すると、製作側は費用をかけずに多くの情報を発信することができ、受け取り側もその情報をいち早く認識することが可能です。個人に関するような重要な情報を含まない、告知のみを大量に送付する場合に適しています。”

料金

大判はがきでもコストの優等生!その理由を知っていますか?

大判はがきdmは、第二種郵便物の定形郵便物に分類されます。通常サイズのはがきよりは発送料金は高くなりますが、定形外郵便物よりも値段は安くなります。発送リストの数によって値段を抑えることも可能であり、リストの数が膨大になる程値段も安くなるといえます。発送する際には、情報を集めて最も適した方法に決めることが重要です。また目立つことを重視して装飾品などを使用することで規定のサイズを超えてしまい、定形外郵便物扱いとなって値段が高くなる場合もあるので注意が必要です。そして大判はがきdmは、封書などの第一種郵便物と比べても発送料金の差はそれほどありません。しかし封筒代や用紙を折り封筒に入れる手間がなく、その分経費や人件費などの値段を安くすることができます。さらに圧着タイプに比べて情報量が少ないという懸念については、QRコードを印刷してHPに来てもらうことで軽減できます。その結果圧着タイプdmよりも値段を押さえつつ、豊富な情報を提供できることも期待できます。通常サイズのはがきよりも情報量が多いこと、そして封書のように開封しなくても情報がひと目でわかることなどから、大判はがきdmは幅広い送付相手を対象とした魅力と効果を兼ね備えたPR方法といえるでしょう。

の,ダイレクトメール,デザイン,効果,印刷,安く,広告,本,発送,企業

大判はがきの広告の発送というのは、基本的にはそこまで高くないです。大判とはいえ、あくまではがきレベルではあります。ですから、極端に発送の費用が嵩むことではないです。それでも大変なことはたくさんありますから、そこは覚悟しておくべきであるといえます。それこそ、デザインであり、大判はがきであろうとしっかりとした魅力のある広告である必要があります。一瞬の判断で決まる、といっても過言ではないです。つまりは、発送して、相手に届いたとしても、それが相手に見てもらうことができるかどうかは、別なわけです。はがきではありますから、一瞬でそれが広告である、という認識を相手に与えることになります。それでもなお、少しは見てみようと思わせることが大事なことになります。まずは、表に最高の工夫を施すことです。そうすれば、裏も気になって、掌を返してもらうことができるようになります。この一瞬ではありますが、広告を送りつけた先の相手の動作をさせることができるかどうかが、広告効果にダイレクトに影響がありますから、それはかなり注意して、決めるべき点です。大判はがきは通常の葉書サイズよりは広告効果が高いですから、お勧めできることは多いです。

大判はがき印刷を格安でする方法とは

大判はがき印刷をする時は通常の大きさと比較して高く、できるだけ安くする方法を探すと便利です。印刷をする時は方法やかかる費用などを確かめてサービス内容を比較し、企業の経費を削減してより多くの人に伝えたい内容を伝えるように考えて最適な方法を決める必要があります。

大判はがきは大きさが大きく文字を大きくすることで見やすくすることができ、スペースが広いために文字の大きさを変化させることやキャラクターのデザインなどを考えるなど有意義に使えます。はがきを使ってサービス内容などを伝えるメリットは封書のダイレクトメールよりも送付にかかる費用を安くでき、封筒を開封する手間がかからずに内容を確認しやすいことです。

大判はがきは大きさが大きいため通常のはがきと比べると送付や印刷をするためにかかる費用が高くなり、内容を伝えるためにはそれ相応の利益を出せるように最適な方法を考えることが求められます。印刷をする時は手順を正しく決め、事前に見積をしてから選ぶ方法が望ましいです。

大判はがき印刷を格安でする方法は格安印刷サービスを使うと効果的で、今後の企業の利益につながるようにより多くの人に利用してもらえるように内容を考える必要があります。

の,ダイレクトメール,作成,印刷,料金,発注,発送,企業

大判はがきは120×235ミリメートルのはがきを指します。通常のはがきは100×148メートルですので一回り以上大きくなります。紙面が大きいため豊富な情報を伝えることが可能でお店の宣伝などに適しています。

郵便代金は通常のはがきが52円であるのに対して、大判はがきは82円ですから少し高くなります。定形郵便が25グラム以内であれば82円で送れるので、こちらのほうがダイレクトメールに適していると考える人もいるかも知れません。しかし、定形郵便の場合は封を開ける必要があります。受け取った人は自分に関係のないものだと判断すると開封せずに捨ててしまう恐れがあります。この点、はがきだと受け取った時にすぐに情報が目に留まるので、確実に宣伝することができます。

大判はがきを宣伝に使いたいと考える人は、大判はがきの印刷を手掛ける業者に依頼すると良いでしょう。業者は様々な形式で入稿を受け付けており、手書きでの入稿が可能なところもあります。このため、PCについて専門的な知識が少ない人でも気軽に印刷を依頼することができます。なお、印刷には時間がかかることもありますから、イベントやキャンペーンに合わせて大判はがきで宣伝したいという場合は早めの注文を心がけましょう。

大判はがきの印刷は、どのような時に利用するのか

大判はがきの印刷は、主にダイレクトメールとして利用される場合のほか、結婚式などの招待状としても用いられる際に行われることがあります。通常のサイズは、縦が100mm、横が148mmとなっていますが、それよりも幅が広い縦235mm、横120mmとなっています。通常の郵便物よりも大きいために、受取人に注目してもらうことができますし、写真やイラストをふんだんに使用することができるため、前述のように特別なお客様のために作成されることが多くなっています。

このように注目されやすいというメリットがある一方で、通常のサイズとは異なっているために、大判はがきの印刷には気を付けなければならない点もあります。まず、古いプリンターやソフトウェアでは、このサイズに対応していないことがあります。ワードプロセッサーソフトによっては、設定を変更することで対応できますが、個人が設定するのは手間がかかります。また、料金は第一種定形郵便物の体系が適用されます。もっとも、個人がこのサイズで発送することはあまりなく、企業や店舗が顧客向けに大量に発注するのが一般的ですから、大量のプリントを受注してくれる業者に依頼することがほとんどです。

デザイン,料金

販促に役立つ大判はがき

販促を行う手段としてdmを使うのは有効な方法ですが、何を媒体にするかには多数の選択肢があります。大判はがきは効果的に販促をするための媒体として優れている点が三つあり、そのメリットを活かすようにデザインすると売上を伸ばせると期待することが可能です。一つ目として、一般的なはがきに比べて面積を広く稼げることから情報を増やせます。A4サイズやB5サイズのはがきにすることで通常のはがきサイズでは載せきれない量の文章や絵を見やすい大きさで盛り込むことが可能です。二つ目として、他の郵便物との差異化を図ることができます。はがきが数枚届いたという場合には他のはがきに埋もれてしまう可能性は否定できません。大判の郵便物が他にあった場合もそうですが、大判はがきにしておけば最も目立つ郵便物の一つとして目を向けてくれます。三つ目はコストがそれほどかからないことです。封書を用意しても情報量を増やすことができ、大判の封筒にすれば目立たせることもできます。しかし、一通あたりにかかるコストが高くなってしまうことは否めません。その点で優れているのが大判はがきであり、盛り込める情報量の割に郵便料金が安くなっているのが魅力です。

 

DM,の,デザイン,作成,効果,印刷,宣伝効果,料金,送る

他の販売店よりも差の付くDMを作りたい、もっとこだわりをもったDMにしたいとお考えの方におすすめの情報を紹介します。大判はがきは普通のはがきよりも大きいため、デザインやレイアウト、掲載する文字量などを工夫することができるタイプのものです。しかも、封書タイプよりも1枚あたりの作成費用が安いこともあって、オススメのDMといえます。なによりもはがきのよさは、封をあける手間がなく、すぐに内容が目に入ることから、宣伝効果として期待できるものですし、普通のはがきよりも大きいサイズなので他の郵便物に埋もれてしまうことも少ないです。初めて大判はがきでDMを作成したいという方には、普通のはがきサイズにおまけ感覚で情報を付け足す、例えばイベント情報やポイントカードをお持ちのお客様が買い物をした際にはポイント増加とかです。少しこだわりを持った内容にするだけで、ただの宣伝ではない、お客様にとってお得な情報を入れることによる売り上げ向上の効果を期待することができます。

自分で作るには時間がかかるし、慣れていないという方には、DM作成専門の業者を利用するのも有効なのでぜひ活用してみてください。色々なサービスや、期間限定のオプションなどもつけている業者など多数ありますので、利用を検討されるかたは複数の業者の見積もりをしてみるのも良いでしょう。

特殊紙を使ったこだわりの大判はがき

メールが一般的に普及したものの、はがきの重要性は変わっていません。メールだけでは伝わらないこともあります。はがきは、その大きさによって郵送料金が変わってきます。定形の郵便として送ることができ、なおかつ印刷面ができるだけ広いはがきを選ぶとしたら、大判はがきが適しています。特に宣伝用にはがきを送る場合には、見る人に強い印象を与えることができるような、大きな印刷面が必要となります。またさらに、注目を集めたいならば、印刷方法に強いこだわりを持つことが重要です。手段としては、特殊紙を使った大判はがきが効果的です。一般的に使われている普段から見慣れているような大判はがきの用紙では、はがきを受け取った相手に強いインパクトを演出することは難しいです。そこで特殊紙として、表面が滑らかなパール調のコート紙を使用したり、あるいは和紙を使った質感が特別な大判はがきを用いるというのも、こだわり表現の一つです。その他にも、パールの輝きが美しい紙は、相手に強い印象が与えられる大判はがきとして、注目を集める効果が大きいです。ありきたりな用紙のはがきを送るよりも、多少コストはかかっても目立つはがきを採用する意味は大きいです。

の,ダイレクトメール,デザイン,作成,作業,効果,印刷,参考,送る,企業

大判はがきを利用することを検討しているのなら気になる点の一つが、どのくらいの費用で作業を行ってもらうことができるのかということです。作業といっても、どのような業者を利用するのかという点に応じて、必要になる費用には違いが生まれます。そのため、検討する場合には、様々な視点から複数の業者を比較検討することが大切です。

では、大判はがきの作業を依頼する業者を検討する場合、どのような点に注意すればいいのでしょうか。その際、単純に値段のみの比較を行うのではなく、コスパまで考えることが大切です。はがきの印刷技術であったり、オプションのサービスなどの内容は各業者によって違い生まれます。どのようなオプションが適しているのかは、個々の状況によって異なるので、用途などを考えて自分達の状況に合わせた選択も必要です。

実際に比較を行う場合であれば、自分たちだけの視野で判断するのではなく、第三者の意見を参考にするのも選択肢の一つです。特定の業者を利用した人の口コミなどを参考にすることによって、より広い視野で業者を選ぶことにつながります。後から後悔が少なくなるようにするためにも、様々な視点から比較することが大切なのです。

大判はがきの印刷作業は専門の業者に依頼するのがお勧め

大判はがきは、一般的なはがきに比べてサイズが大きいため、より多くの情報を載せられるのがメリットです。また、手に取ったときに印象に残りやすいのも特徴です。イベントのプロモーションや企業のパンフレットなど、大判はがきを利用すると効果的なケースは多々あります。インパクトのある宣伝を行いたいときには、大判はがきを使ったダイレクトメールを送るのがお勧めです。ただし、大判はがきは一般的なはがきよりも若干郵便代がかかるので、その点には留意が必要です。

大判はがきの印刷作業は、通常のはがき印刷機能付きのプリンタでは難しい面があります。大量に印刷するとなると尚更です。そんなときには、はがきの印刷作業を専門に行っている業者に頼むのが便利です。はがきのデザインにこだわりたい場合は、デザインの作成から請け負ってくれる業者もあります。もちろん、自分たちで作成したデザインを印刷してもらうことも可能です。業者のホームページには、印刷費用のおおよその目安が掲載されています。大抵の場合、100枚単位などある程度まとまった枚数から印刷を受け付けています。いくつかの業者のホームページを比較すれば、費用の違いやオプションの違いが比較できます。

DM,の,コスト削減,ダイレクトメール,テンプレート,デザイン,作業,印刷,広告,料金,発送,企業

企業が広告目的などでDM発送する場合、通常のはがきのサイズより大きい大判はがきを利用することがあります。通常サイズのはがきより多くの情報をのせられることや手に取った際のインパクトになるとして注目されています。その際印刷や発送を代行する業者もあり発送する数によって料金が違います。大判はがきの印刷や発送を代行業者に依頼するメリットとしては、より確率高く見込み客の手に取ってもらえるよう様々な工夫がなされていることです。中にははがきのデザインや形状などを提案してくれるところも在り広告としての役割を最大限に生かせるようになっています。イベントやキャンペーンの案内、新商品の各種案内などその内容は様々です。個人的に案内状や挨拶状として利用する方もいらっしゃり幅広いニーズがあります。印刷料金の中にはデータチェック代、用紙代、裁断代などすべて含まれていることもあり定期的なサービス利用や、大量の発送などによって料金が下がることもあります。いずれにしても依頼する企業にとっては印刷や発送の手間が省け企業のコスト削減につながっているケースが多いです。電子メールが広く使われる中大判はがきでの広告はインパクトのあるものとして集客率アップの手助けになっています。

官製はがきとは異なる!大判はがきの印刷と発送

大判はがきの印刷と発送について、官製はがきとはどのような点で異なるのかという観点からご紹介します。大判はがきは、官製はがきよりもサイズが大きいため、ボリュームがあり、情報量を多く盛り込むことができます。また、目立つので存在感を出すこともでき、読み手にインパクトを与えます。この特性を活かして、案内状やダイレクトメール、パンフレットなどに活用できます。それぞれの用途に合わせて、色、紙の種類、紙の厚さ、折り方などさまざまな仕様を指定することで、より希望に沿った形で仕上がることでしょう。また、官製はがきとは異なり、郵便番号・切手枠は自分で設定しなければならないこともあります。これについては、印刷を依頼する会社ごとにテンプレートを提供している場合もあるので、それを活用すると良いでしょう。そして、大判はがきの発送についてです。注文料金には、はがきの印刷料金だけでなく、宛名印刷や発送・配送料金までの料金を含んだ注文もあり、印刷から投函までの一連の作業をすべて委託することも可能です。自分ではがきの発送をしようにも、量が多かったり発送すべき時間が差し迫っていたりする場合は、発送・配送までの作業を料金に含んでいる注文をするのも一つの手になります。

の,ダイレクトメール,テンプレート,ハガキ,作成,印刷,印刷会社,安く,広告,料金,本,発注,発送

大判はがきの発送を激安で行う方法は、印刷料金を削減することが最も重要なポイントです。印刷したものを郵便局などで発送する場合、大判はがきの発送料金は基本的に決まっています。大量に出したからといって割安になることもありません。そのため、節約を考えるなら発送料金を抑える方法ではなく、はがきの印刷料金をいかに節約できるかを考えることが必要です。

大判はがきは一般的なハガキよりも大きく、ダイレクトメールとして発送した場合は大変インパクトがあります。そのため、ハガキに書く内容はもちろん、完成したハガキの見栄えも非常に重要になります。しかしながら、印刷料金の節約を重視しすぎると、紙質を悪くしたりカラー印刷をモノクロにしたものが完成することになり、顧客に良い印象を与えることができません。節約を考えつつも印刷物の質を落とさないような印刷会社に依頼することが大切です。

また、最近では印刷料金と発送料金を一括で支払うことで、印刷会社から直接発送してもらえるようなサービスを展開している印刷会社もあります。このような場合は、印刷部数が増えると割引額が大きくなり発送料金と印刷料金の合計額が別々に発注した場合よりも安くなる可能性もありますから、印刷部数が多い場合は検討してみることも必要です。

綿密に情報収集し激安で良質な印刷物を作成してくれる会社を選ぶことで、コストを抑えた宣伝広告が可能になります。

大判はがきの印刷から発送まで対応する業者

キャンペーンやイベントの通知をするのに、普通のはがきよりも大きいため伝えたい情報を多く記載することも可能ですし、写真や画像を大きく載せられるため、より強く印象付けられます。例えば、宣伝用の美味しそうな料理や、菓子の写真を大きく載せられれば、購入を考える顧客も多く獲得できるでしょう。大判はがきを作成するのに依頼者側で作成した画像や写真を使うには、業者が対応するファイル形式で入稿する必要があります。専用の画像ソフトがない場合は、汎用品のワープロや表計算等のソフトのファイル形式で受け付ける業者に頼むといいでしょう。激安価格で提供可能な業者は品質に問題があるわけではありません。部数が少ない場合は、製版をせずにコストを下げていたり、専用の店舗を持たずに通販で営業することで、賃料がかからないことから激安での提供が可能となっている傾向が見られます。

多くの印刷業者が大判はがきの印刷だけではなく、発送までを受け付けています。発送してもらうには、顧客の住所データが必要です。業者側ではファイルのテンプレートを用意されているので、その形式に沿って作成しましょう。ファイルデータや住所データは、メールや所定のフォームから送付することが可能です。”

DM,の,ダイレクトメール,デザイン,ハガキ,到着,効果,印刷,圧着,広告,料金,発送,発送代行,送る,制作

大判はがきとは、通常のポストカードより2倍の大きさで、情報量が多かったり、全体のデザインや、イラスト、写真など大きい方がいい場合によく使用をされます。大判はがきは全体の大きさにインパクトがあり、届いた方は開封することもないので、伝えたいメッセージをダイレクトに伝えることができるとして最近人気のダイレクトメールのサイズです。また、そのようなハガキを代行で印刷をし、代わりに発送してくれる会社も多くあります。発送も代行してくれるということは、送り先住所の印刷等も行ってくれます。大判はがきのサイズは独特なので、自身の会社の印刷機の問題でそのサイズにプリントできない場合や、時間や手間を省きたい人、送る量が多い人は代行に頼むことをお勧めします。代行にお願いをして、発送されて到着するまでも一週間くらいと早いのも魅力の一つです。プロの代行にお願いすることで、自身の手間が省けるのももちろんですが、プロにお願いをしているという安心感もあります。一枚の値段も手間や時間を考えると安いと思えるところが多いでしょう。大判はがきのダイレクトメールなどを送る予定がある人は、インターネット等で検索してみることをお勧めします。

大判はがきDMの長所と代行サービスを利用する発送の利点とは

大判はがきのダイレクトメールは、一般的なハガキよりもサイズが大きくインパクトの強いPR効果を期待できます。また開封の手間が無いため、手元に届いた場合に顧客がストレートに目を通す可能性が高いことや、ポストに投函される他の郵便物に紛れて埋もれてしまうことがないなど目に留まりやすいダイレクトメールです。大判はがきのダイレクトメールの目立つ特徴を最大限に活かすように掲載物とレイアウトを考えることでビジュアルの意識の強い広告となることや、通常ハガキには載せられなかったクーポンなどの付加価値を付けることでより販促や集客の効果に期待が出来ます。また封書や圧着タイプよりも、はがきタイプであるために制作がスピーディーに行えるなどが理由で発送代行サービスでは低料金でのメニュー設定がされているなど、広告費の低コスト化が狙えます。また発送代行サービスでは、デザインやレイアウトなどの掲載物の制作からサポートしてくれる業者もあり、ダイレクトメールの発送までをトータルでプランに組み込むなど便利に利用できます。近年ではインターネットの利用で掲載物や宛名データを投稿できるなど注文に手間がないことも魅力のあるサービスです。

の,ダイレクトメール,デザイン,作成,作業,効果,印刷,宣伝効果,発送,発送代行,企業,制作

大判はがきのダイレクトメールを制作する場合には、作成したデータを印刷する作業を行うことになります。このような印刷作業は、専用の用紙を用意する必要があり、大量の部数を印刷することになるため、非常に大きな負担となる作業となっています。そこで、印刷の負担を減らして、しっかりとした大判はがきのダイレクトメールを仕上げてもらうため、代行業者を利用することができます。

代行業者では、入稿されたデータに基づいて印刷が行われます。万が一、入稿されたデータが不適合な場合であっても、有料で補正を行ってもらうことも可能なため、安心して依頼を行えます。

紙質などにこだわれるように、様々な種類の用紙が大量に用意されているため、専用の用紙を自社で用意する負担を減じることが可能です。また、印刷には、プロ仕様の専用印刷機が利用されるため、自社で印刷を行うよりも高精細で、早く仕上げてもらえます。さらに、大判はがきのダイレクトメールが出来上がった後の発送代行まで依頼できる代行業者も存在するため、印刷から発送までを一括して処理してもらう方法も活用していけます。

このように、大判はがきのダイレクトメールの印刷を業者に任せたい場合には、代行業者に依頼する方法に高い利用価値があります。

その大きさから、訴求力の高い宣伝媒体として魅力的な大判はがき

大判はがきは、一般的に使われる官製はがきよりも大きいサイズのものです。企業のダイレクトメールで、よく見る人も多いのではないでしょうか。実際、手にとるとなかなか存在感があるものです。

この大判はがきは、企業などが業者に依頼して印刷してもらうことがほとんどです。サイズの大きさから、そこにはより多くの情報を載せることができるのが、メリットの一つです。そのため、絵や写真なども豊富にとり入れて、よりデザイン性の高いものにすることができます。また、宛名面の活用度が高いのもポイントです。宛名書きの制約から使えるスペースは限定されますが、それでも面の半分を利用して、情報を掲載したりできます。届いたらすぐ受け手の目に入る情報はインパクトが強く、訴えかける力は強くなるでしょう。

こうしたことから、企業がミニサイズのフライヤーとして使うことも多いです。この他に、新規開店・開業の挨拶状や案内状など、いろいろな用途に利用することができます。

また、印刷業者では、ミシン目を入れるなどのオプションサービスを行っているところがあり、これを利用してお店のクーポンを付けるなど、工夫次第でより宣伝効果の高いものにできるのも魅力です。

の,ダイレクトメール,デザイン,ハガキ,効果,宣伝効果,広告,本,発送,制作

ダイレクトメールは一般的にははがきを利用することが多く、送料やコスト的にも安い上に人が手にとりやすいサイズとして人気が有ります。ですが、それだけでは相手の興味を引くことが難しく、送付することができる情報量も限定されているので宣伝効果が弱いと考えられるところもあります。

そこで登場したのが大判はがきであり、これは通常のハガキよりもサイズが大きいものとなっており、基本的にはA3などの封筒サイズとなっていることがほとんどです。メリットとしては定形郵便物として利用できるのでコストは変わらず、それでいて通常のハガキよりも多くの情報を送付することができるところです。また、サイズも大きいのでインパクトがあり、より顧客の興味を引くことが出来ます。

そんな大判はがきは自社で制作することもできますが、ほとんどの場合は業者に依頼して制作してもらうというケースが多いようです。と言うのも、通常のハガキよりもデザインの検討が難しくなっており、プロに依頼した方がうまくできると言うことが多いためです。そのため業者側も大判はがきの依頼を受け付けているところが多く、通常のハガキスタイルと同じような価格で見積もりを出してくれるところが多くなっています。

大判はがきの発送を依頼すること

大判はがきの発送を依頼するのは、やはりベストであるのは郵便局です。極めて安心できますし、そして、ほぼ確実である、ということがあります。ほぼ、というのはさすがに保証があるわけではないからです。しかし、それでもやはり郵便局は良いサービスを提供しています。それこそ、若干住所が間違っていても問題なく、配達してくれることが殆どです。それこそ、そこに住んでいる人を把握しているからです。ですから、大判はがきの広告の配達を依頼する方法としては、極めてベストであるといえます。それはよいですが、あくまで安いかどうか、という点においてはそこまで優秀ではないです。さすがにダイレクトメールなんかを専門的に扱っている送付業者のほうがそれは安いからです。それは基本的なことになりますが、それでも安全性を考えるのであれば、やはり郵便サービスが勝っています。そのあたりは費用との兼ね合いもありますから、判断が難しいことになります。しかし、とにかく大判はがきのダイレクトメールはまずは手に取ってもらうことが大事になります。そして、見てもらうことによって、広告効果が生まれてくるわけです。そのためにはしっかりとしたデザインの物にするべきです。

デザイン,作成

宣伝効果が高いdm

店舗や企業の宣伝をしたいなら、dmを発送する方法が適しています。確実に各家庭や取引先などに届けてもらえますから、宣伝の効果が高くなります。特に、大判はがきのdmはおすすめです。なぜなら、大判はがきは通常のサイズよりも大きいために、たくさんの情報を掲載することができるからです。アドレスやキャッチコピーなどの文字を大きくしたり、写真やイラストを載せたりすることも可能ですから、よりいっそうイメージを伝えやすくなります。また、大判はがきならば、開封する手間を省けるというメリットがあります。届いたらすぐに内容を読むことができますので、大判はがきはdmに最適です。さらに、紙の質にこだわることによって、丈夫で長持ちするdmを実現します。イベントのスケジュールやクーポン券の添付など、一定期間の保管が望ましいdmを発送する場合には、大判はがきの堅さや厚さについて十分に配慮することがポイントです。尚、dmを作成したいなら、専門の業者に依頼しましょう。通信販売のホームページから申し込みを受け付けている業者もあります。パソコンやスマホの画面を見ながらdmを依頼できますので、誰もが手軽に注文することができます。

お得な値段で注文しよう

大判はがきのdmを発送したいなら、業者の選択を慎重に行うことがコツです。中には、dmの作成を激安で引き受けている業者も見受けられますから要チェックです。おすすめしたいのは、通信販売のホームページから注文を受け付けている業者をリストアップする方法です。値段を明記していますので、激安で注文できる業者がすぐに見つかります。コストを削減して利益率をアップさせたいなら、dmの作成にかかる費用を節約することが秘訣です。尚、大判はがきなどの種類や、作成する枚数によって値段が変わりますので注意が必要です。正式に注文する前に、必ず業者に見積もりを申し込みましょう。見積もりは無料ですから、費用に関する心配はありません。ホームページで必要な事項を記入してクリックすれば、短時間で値段や納期が分かります。早く見積もりの結果を知りたい場合に便利です。いくつかの業者に見積もりを依頼すれば、お得な値段で作成できます。また、キャッチコピーやデザインなどに自信がない場合には、気軽に相談しましょう。サンプルを用意していますから参考になります。パソコンやスマホの画面でサンプルを閲覧することができますので、とても手軽で重宝されています。

の,デザイン,効果,印刷,参考,安く,広告,料金,発注,制作

大判はがきを制作する場合は郵便局が定める規格などを参考にする必要があります。郵便はがきには様々な規格があり大きさによって郵便料金が定められています。大判はがきを制作するにあたり郵便局のホームページや窓口などであらかじめこれらの規格やサイズなどをしっかりと調べておく必要があります。どのような用途に利用するのかなども合わせてしっかりと考えておけば制作段階で失敗することも少なくなります。業務用で使用する場合などにはデザインなどにも気を配る必要があります。ビジネスシーンでの利用を想定しているばあいなどには過度な装飾などは避けておいたほうが無難です。一度にどの程度の枚数の大判はがきを制作するのかなども考えておく必要があります。一度に制作する数が多ければ多いほど1枚当たりの制作コストを下げることができます。大判はがきの制作を業者に委託する場合などには最低発注枚数などを確認しておく必要があります。業者によっては最低枚数が100枚から、1000枚から、などと定められている場合がほとんどです。制作枚数が増えるほど割引額も多くなるためできるだけ制作価格が安くなる枚数を指定することが大切なポイントになります。

大判はがきDMの制作のポイント

大判はがきの広告の制作は今は個人のパソコンでも出来るようになっています。もちろん、デザインを作れる、という意味であり、印刷はさすがに大量にする場合は素直にその点は業者に依頼したほうがよいです。大判はがきですから、広告としてはそれなりの情報量を入れることができます。表に相手の住所を入れるところを作れば、後は広告スペースになります。そして、当然ですが、裏もそうです。裏の部分まで見てもらうために、表に工夫を加えて、制作をすることが大事であるといえます。それこそが、最も大事な点であるといえます。何しろ、大判サイズといっても、広告というのはまったく興味を惹くことができないのであれば、そのままゴミ箱に直行になることすらあります。せっかく届いて、相手の手に渡ったとしても、そのままゴミ箱に行ってはまったく意味がないわけです。あくまで重要なのは、裏までしっかりと見てもらうことであり、そうすることによって、広告効果が期待できるわけです。そのことをよく意識して、そして、制作をすることが必須になります。プロに任せる手もありますが、物やサービスを売るのは自分たちなのですから、まずは己で工夫することが長期的にはよいです。

の,ダイレクトメール,ハガキ,作成,印刷,安く,発送,発送代行,企業,制作

食料品やファッションを初めとする商品の宣伝のため、メールやFAXを利用して企業はダイレクトメールを消費者に発送します。ダイレクトメールを閲覧したのをきっかけに、商品購入への決め手になったという人は少なくないでしょう。郵送で送られる場合、はがきや封書で手元につくことがあります。特に普通サイズとは違った大判はがきの商品宣伝を目にする人は多く、これは定形サイズとは違い様々なメリットが存在します。まず、封書と異なり開封の手間が省けひと目で情報を得られ、封筒や用紙の折り代といったコスト軽減にも繋がります。また、大判はがきの場合文字やイラストを大きく見せられる他、周辺を切り取ってクーポンや問い合わせにも活用出来ます。そして、このタイプのダイレクトメールは必要な情報や画像を提供することで他社へ制作代行を頼める強みが存在します。その為、企業や小売店は制作までの時間を軽減しながら商品の宣伝にまわれます。発送代行も同時に利用する会社も多いですが、他人に仕事を任せる形になるので信頼できる業者に頼むことが大切です。ホームページがあるのなら、利用者や消費者の個人情報を守ってくれるかプライバシーマークの有無は一つの見分け方です。サービスへの質問やアフタフォローといった問い合わせの対応が早く的確なかを知る必要もあります。

大判はがきの発送代行費を抑えるためにできること

大判はがきのサイズは横120mm、縦235mmです。普通のハガキよりも大きいため価格も発送代行料も高く設定されています。

それにもかかわらず大判はがきを使う企業が存在するのは、紙面にたくさんの情報を掲載することができるためです。普通のハガキではイラストを載せるのは難しかったのですが大判はがきを使うことでそれが可能になります。

多くの企業は外部の会社に発送の代行を依頼します。この代行費を削減するために安く請け負ってくれる会社を探す以外にもできることがあります。

大量注文をし1枚あたりの単価を下げるのです。多くの場合、10枚を最低ラインとし、数十枚単位で値段が設定されています。そのため、端数で止めるより上限最大まで依頼したほうがコストパフォーマンスがよいのです。

早く仕上げるように依頼するとコストが高くなります。コストを抑えるためには納期を1ヶ月後など遅く設定すればよいのです。そうすれば定価より安くなることも多いです。

他にもすべてのデータを自社で作成し、それを印刷・発送するだけならコストが抑えられます。

その他にも全部を丸投げせずに可能なところは自社で行うと経費が抑えられます。その上ミスやトラブルも減少します。

大判はがきとは、通常のサイズのはがきよりも、多くの情報を載せることができるはがきの形態です。こういった大判のはがきは、企業がダイレクトメールなどを発送する際に用いられることが多くあります。

こういった大判はがきがダイレクトメールなどに用いられるのには、いくつかの理由があります。まず、一枚のはがきの中により多くの情報を詰め込むことができるという利点があり、商品の宣伝であったり、企業自体を知ってもらうためにも、はがきを受け取った顧客に、より多くの情報を伝えることができます。また、はがきのサイズが他のものよりも大きいということは、それだけで印象的なため、はがきを受け取った人の目にも留まりやすいことがあります。企業がダイレクトメールなどを送る場合、その目的は顧客に商品や企業に対する興味を持ってもらうことです。ダイレクトメールを受け取ることが、商品の購入に直接つながることはなくても、顧客の中に商品や企業に関する印象が残っていれば、後に店頭などで商品を見かけたときの購入などにつながっていくこともあります。このような、より強い印象を顧客に与えたいと考えた時、企業はダイレクトメールとして、大判はがきを発送することがあります。

大判はがきの発送は多くの要求に応える代行業者へ

一般的な大きさの官製はがきに比べて大判はがき自体需要が少なめで取り扱っている店舗数が少ない事もあり、これらの大量印刷から発送に至るまでの作業は代行業者への委託が一層便利となるでしょう。多数ロットでもムラの無い上質なプリントに加え、予算に応じて紙の質も選べるアドバンテージというのは想像以上に大きいのです。

大判はがきの大量発送で真っ先に連想されるのが広告目的のダイレクトメール。圧着見開きタイプの様に明らかな折り目が出来てしまう紙面と違い、大変見易く美しい紙面は高い広告効果も十分に期待出来るものです。見開きタイプとは違い内容部分が外部に晒されてしまう分、丈夫なコーティングを施した方が美しさをより長く保てる様になります。またつや消しのマットタイプや和風テイストの上質紙等、演出したい紙面全体の雰囲気や予算に併せて色々な紙質の工夫が出来るのも代行業者を利用する大きなメリットと言えるでしょう。

サイズ指定に関しても、A4たB5といった細かな区分から選べるようになっていて決定に迷う事もありません。また比較的少なめのロット数で個々のはがきの質を高めたい場合、細かな要求に応え易いオンデマンド印刷のサービスを導入する代行業者の利用も視野に入ってきます。”

の,まとめ,ダイレクトメール,デザイン,ポスティング,作成,印刷,印刷会社,圧着,発送,企業

大判はがきは、情報を見やすいサイズで伝えることができるのでとても便利です。普通のはがきよりも掲載される面が大きいので、伝えたい情報をより強くアピールすることが可能です。主に使われてるものは、キャンペーンやイベントなどの案内、企業の新商品などの各種案内があります。その他に、会社や学校などのパンフレットにも使われます。そして、それらが各家庭や会社などに発送されることで、より多くの人へ情報が伝達されます。このように、ダイレクトメールによく使われます。発送されることによるメリットは、手に取った瞬間に、伝えたい情報が相手に使われることです。通常のサイズより大きいので、デザインを工夫すればインパクトが強くなり、一目見ただけで印象に残ります。他のはがきに埋もれないサイズであるから、より目立たせることができます。そして、ちょっとした工夫をすることができます。例えば、会社が情報を伝えるときには、クーポンをつけることが可能です。また、商品の発売日などをアピールするためにカレンダーもつけられます。このように大判はがきは、宣伝に適しています。また、圧着させるタイプと比較すると、より安い価格で作成が可能となっています。印刷会社に頼むとき、より安い価格で印刷することが可能な会社もあります。

はじめての人にも利用しやすい大判はがき

大判はがきは、120mm×235mmの大きさの葉書です。通常の葉書よりも縦長で、約1.5倍の大きさです。郵便受けにいれた場合、縦長の葉書なので少し郵便受けの入り口にひっかかりやすくなり、葉書が入っていることにポストの外から見たときに気づきやすいです。更に、厚手の紙のため、しっかりしているので配布やポスティングもしやすいです。厚さもないため運ぶのにも場所を取りません。

表面は住所を書くスペースで、裏面の一面印刷ですが、カラー印刷も可能で、十分な情報を掲載することが可能です。行事の案内や新商品の案内、サービスやお得情報の説明、同窓会謝恩会の案内等に気軽に利用できます。

しかも、大判はがきの印刷から発送までにかかる費用は、他のものに比べて安いです。一面だけの印刷なので安いというのは分かりやすいですが、より多くの数をまとめて発送すると、更に安い金額で注文できます。

デザインも相談すれば数案考えてくれるところもありますので、とにかく少し利用してみたいと思ったら、問合せしてみるといいです。思ったより安い値段で大判はがきの印刷ができるかもしれません。最初の試しに葉書を送りたいという人に、取っかかりやすく使いやすい大きさの葉書です。”

の,ダイレクトメール,チラシ,デザイン,ポスティング,作業,効果,安く,広告,発送,送る,制作

大判はがきを安心して送る方法としては、まずは、郵便サービスを活用することです。大判ですから、どうしてもやや普通のはがきサイズよりも高くなりますが、それでも極めて安価な配達サービスであるといえますから、かなりお勧めできます。大判はがきは当然ですが、通常のはがきのサイズの広告よりも遥かに情報量が多くなります。つまりは、広告効果としては非常に良い、ということになりますから、良いものではあります。しかし、その分、発送のための費用がかかる、ということはありますし、大判といってもはがきではあります。そのため、どうしても安心して送ることができるかどうか、という点があります。ちなみに最も安心できるのは、やはり郵便局になります。しかし、安く済ませたいのであれば、なんといってもダイレクトメール送付業者であり、これがある意味では今はとてもお勧めできます。質が高くなっていることは確かであるといえるからです。言うまでもありませんが、まずはなんといっても見積もりです。郵便サービスの場合でも大量に依頼する場合は割引があります。そうしたこともよく調べて、総合的に比較することが大事ですから、よく検討して、依頼するところを決めると良いです。

大判はがきのDM制作

ダイレクトメールの中でも一番目を引きやすいとされているスタイルのひとつである大判はがきは、簡単に言ってしまえばA4サイズのポスターのようなスタイルのダイレクトメールのことを指しています。メリットとしてはやはりその大きさであり、ポスティングされていることも分かりやすいですし、誰でも思わず手にとって中を見てしまうと言う真理を利用していることからマーケティング効果も高いとされています。

そんな大判はがきの制作作業としては、まずはチラシのデザインを検討することから始まるのですが、このデザインの検討が作業の中でも重要となっています。と言うのも、手にとってもらえる可能性は高いのですがソコからどのように興味を持ってもらうかという部分が重要となっているため、インパクトだけではなくどのような広告なのかと言う点を分かりやすく伝える必要があります。幸い大判はがきはサイズが大きいので写真やイラストも気軽に利用することが出来るため、文章だけではなくイラストや写真なども有効活用することによって相手の視覚に訴えることが可能となっています。

また、下部に申し込み用紙のようなものを添えることも可能なので、スムーズなサービス利用や商品購入を促すことも可能です。”

DM,の,コスト削減,ダイレクトメール,デザイン,作り方,効果,印刷,参考,広告,料金,日数,本,発送,送る

大判はがきのダイレクトメールの発送の価格というのは、業者によって違うことになります。また、どのくらい送るのか、ということによっても変わってきます。それこそ、郵便局であってもそうであるわけです。価格としては、ダイレクトメール送付業者が一番安いことは確かです。もちろん、業者によって違うことはありますから、そこはよく比較するとよいです。つまりは、郵便サービスのほうが高いことが多いですが、安心はできるわけです。これは間違いないことであるといえます。基本的には大判はがきのダイレクトメールというのは、とにかく手に取ってもらうことがまずは目標になります。そのまま捨てられることが少なからずあります。そうした広告であることをよく認識して、上手く効果を高める方法を考えると良いです。デザインもかなり大事であり、それによって、そもそも見てもらうことに影響があります。見てもらうためには、さすがに一見で惹きつける必要があります。そうすれば、裏も一瞥であってもしてもらうことができます。これがとても重要視されているところであり、ダイレクトメールの大原則であるといえますから、とにかく忘れないほうがよい点になっています。

よい大判はがきは印刷された紙の質が大切

ふつうのはがきでは埋もれてしまいがちなDM。世の中には毎日数多くDMが流通していて、他の業者と同じようなDMでは、お客様に見てもらうことすら難しくなってきています。そこで、少しでも目にとまりやすく、かつ低価格で作る事のできるDMの一つとして「大判はがき」をつかったDMの作り方についてご紹介します。大判はがきは、普通のはがきよりも縦に長くつくられたはがきなので、印刷できる文字や画像が大きくできますし、より多くの情報を載せることができます。しかし、忙しい現代人はDMや広告などで多くの文字を見ると、読むことを辞めてしまうことが多いので、お客様にとって目にとまるようなレイアウトやデザイン、文章、キャッチコピーなどが重要になってきます。しかし、DMつくりに慣れない方や初めての方には、効果的なDMの作り方をしっている専門業者に依頼してしまうほうが、時間的にコスト削減につながります。また大判はがきは、封書のタイプのものよりも低料金でできますので、利用しやすいです。また、お客様の住所も印刷してもらう場合には、セキィリティ体制がしっかりしている業者に依頼しましょう。見極め方としては、ホームページ上に個人情報の扱い方についての説明があるかどうかなどを参考にすると良いでしょう。

の,ダイレクトメール,ハガキ,効果,印刷,圧着,圧着ハガキ,安く,料金,梱包,制作

ダイレクトメールは、相手に読んでもらえる確率が高いため、非常に効果的なプロモーション方法です。最近は、圧着ハガキのように、郵送料を安く抑えて内容をたくさん盛り込むことができるタイプのものや、A4厚紙タイプのように、たくさんの情報を載せられるスペースを用意しつつも、加工を極力減らした印刷コストに優れたものまで様々なタイプのものが使われるようになりました。

大判はがきは、一般のはがきにくらべると大きく、印刷代金は非常に安くすることが出来ると言うメリットはありますが、情報を乗せるスペースに限りがあるため、詰め込むと文字が小さくなり内容を読んでもらいにくくなります。そこで、最近のテレビCMと同様に大判はがきとネットのリンクを生かして情報を見てもらうようにすると、内容を充実させられます。

CMでは、HPに来てもらうために、検索ワードを指定して検索してもらう方法を取っていますが、印刷物の場合QRコードを印刷することができるので、スマートフォンなどでQRコードリーダーを使ってもらえば、テレビよりも簡単にHPへ来てもらうことができます。はがきには、提案している商品などのメリットと、注文電話番号を書き、合わせてQRコードを印刷すればOKです。ダイレクトメールはメディアミックスでのプロモーションも考えることができる媒体です。

大判はがきの印刷業者と利用事業主

大判はがきは、定形郵便物の最大サイズである12センチメートル×23.5センチメートルの寸法に収まると共に、厚みが1センチメートル以下、重さが50グラム以下であることが大前提となっています。スペースは限られていますが、イベントやキャンペーン、新商品リリース、店舗リニューアルオープンなど、様々な情報を発信する広報活動誌として活用できる可能性を秘めています。大判はがきの印刷専門業者では、大判はがきを手にした人々が収載されている商品やサービスに魅力を感じ、購買行動に移すためのアイディアを凝らして制作に取り組んでいます。決められたサイズの中により多くの情報量を載せる工夫だけでなく、印刷を依頼した事業主とウィンウィンの関係を築ける印刷料金の設定にも努めています。印刷に適した形へと変換処理するRIP処理代、原稿データから直接印刷版に出力するCTP出力代など、多種多様な代金が印刷料金には含まれています。大量の印刷物を高品質かつ短納期・低価格で提供できる機能を兼ね備えたオフセット印刷の普及・浸透によって比較的安価なサービスの提供を可能とする業者が徐々に増えています。しかしながら、高額な代金を少しでも削減したいと考える事業主も多く、出来上がった商品を受け取りに訪れ、包装梱包代や送料をカットするなどの努力が行われています。”

DM,の,コスト削減,ダイレクトメール,デザイン,作り方,作成,印刷,広告,料金,送る

ダイレクトメール(DM)は販売促進や宣伝など、自分たちが発信したい情報を大勢の人に一斉に発信できる手段のひとつです。種類はEメールDM、FAXDM、郵送DMなどあり、広告としての要素も多いですが発信する側の想いを載せた手紙ともいえます。

さまざまな種類があるDMですが、特にオススメなのが郵送DMです。EメールDMが最近は主流ですが、受取人への特別感を出すことができるのは、やはり相手側が手に取って目で確認することのできる郵送DMです。郵送DMは作成し郵送するのに手間がかかりますが、その手間ひまは受取人にも伝わります。

郵送DMにもさまざまな種類があります。その中でも大判はがきはショップカード、リニューアルオープンのお知らせ、個展の案内状などで利用されています。大判はがきのメリットは、普通はがきより大きいサイズ(最大235mm×120mm)ですが定型郵便で送ることができることです。大判サイズなので載せられる情報量は多く、さらにデザインできるスペースが広いのでこだわったデザインで作成することにより特別感や高級感のあるDMに仕上がります。大判はがきにインパクトのある素敵なデザインが印刷されているDMは受取人を惹きつけることができます。

デザインで差をつける大判はがきの作り方

ふつうのはがきではなく、大判はがきを使うことによって、他の販売者とは一味違ったDMや広告を作る事ができます。まず大判はがきは普通のはがきよりも縦に長いサイズのものなので、文字や写真、画像を大きくできますし、デザインの幅も広がります。いろんなことを盛り込んだDMにしがちなのですが、かえって多すぎる内容は読み手に負担を感じさせてしまいます。そこで、お客様の目に留まりやすいデザインや文章などはどんなものがいいのかについてのポイントをご紹介します。例えば、ポイントカードをお持ちのお客様の場合には、期間内ですと、もらえるポイントが増加するとか、お客様が買ってくれたものと同じジャンルの商品を割り引き対象商品にするなどを盛り込むと、そのお客様にとって「ほしい」と思うようなものがお得に手に入るという情報は、目に留まりやすい情報といえます。関連消費のほかにも、シーズン商品のご案内やお客様のお友達を紹介キャンペーンなどのイベントを盛り込むことで、売り上げ向上に繋がっていきます。

そしてはがきは、封書タイプのDMよりも送料や業者に作成を代行してもらった際の料金が安いため、時間的・金銭的コスト削減に大変効率のよい方法といえます。”

の,まとめ,ダイレクトメール,デザイン,ポスティング,印刷,安く,料金,本,発送,送る

現在、ダイレクトメールには様々な種類があります。大きいものやら、葉書サイズで小さいけれど、中身がぴりぴりと開くことができるもの、封筒にはいっているもの、縦長の封書のもの、開くと冊子のようになるもの、と本当にさまざまです。

その中でも、初めてダイレクトメールを送りたい、会社の商品の宣伝アピールに有効なものは何かしりたい、という「はじめて」とか「現在、商品の紹介の仕方を思考錯誤中」という方におすすめしたいのが、大判はがきです。通常のはがきよりも縦に長く、裏面の一面印刷になっています。

裏一面のデザインを考え印刷するだけなので、簡単にできるため、料金も他のものと比べて激安です。しかし、激安だからといっても、もちろんちゃんとしたものに仕上がりますし、安心して発送することができます。

大判はがきは少し厚地でしっかりしているため、ポスティングしやすいし、一面だけなので、デザインも考えやすいです。更に大きさが長いので、他の郵便物よりも目立つので、葉書を受け取った人の目にとまりやすいです。封書のように中をあけるわずらわしさがないため、葉書に目を通す人の確率は高いです。まとめて発送すると更に料金は安くなります。

大判はがきサイズを激安で発送してくれる業者

発送サービスですが、色々と得意としている分野が業者によって違うことがあります。激安と謳っているとしても特定の距離、特定のサイズであることも多いです。大判はがきサイズと言うのは、郵便物としてはポピュラーではないので、良い発送業者を見つけるのは苦労する可能性があります。しかし、確実にある需要ですから、サービスとしてはしっかりと提供されています。ちなみに大判はがきサイズというのは、封書の定形郵便物において、最も大きいサイズを指します。具体的には、横120mm、縦235mmになります。激安で送りたいのであれば、いくつのか要素を確認するとよいです。具体的にはまずは発送地域です。そこがどこであるのか、というのが意外と重要なポイントになります。離島などは送料が高くなります。もう一つは、発送量になります。多ければ多いほど、割引をしてくれるようになります。そこが実はかなり大きな利点であり、無駄に送る必要性はないですが、一度に送れることができるならば、そうしたほうがよいです。少しでも安くしたいのであれば、それが基本であるといえます。印刷などの手間も考えて、総合的に請け負ってくれる業者を選択するとよいです。送料のみではなく、総合的な費用が大事です。”

DM,の,作成,印刷,広告,発送,発送代行,送る,制作

DM発送代行の業者はたくさんあり、どの業者がいいのか選ぶのが難しいと感じていらっしゃる方や、多くのお客様にDMをお送りする際、普通のサイズのはがきではなく、少しかわったDMを作りたいという方におすすめの情報についてご紹介します。例えば大判はがきですが、文字や画像などを普通のはがきよりも大きく印刷できますし、ほかの郵便物にまぎれてしまう心配もありません。さらに大判はがきは、定形郵便なので封書よりもグっと費用が抑えられます。また、DM作成の代行だけではなく、発送代行のサービスも行っている業者を選ぶとより手間が省けて便利です。注目する点は、費用が安いだけで選ぶのではなく、アフターフォローや連絡の早さ、顧客情報の守秘義務などをきちんと守ってくれるかどうかも大変重要です。例えば発送した伝票を送ってもらう際の連絡や、依頼者からの質問や問い合わせについてのレスポンスの早さ、内容など。さらに、お客様の住所・お名前などの顧客情報をだすのですから、セキュリティ面でしっかりしている業者でなくてはなりません。そういった業者を見分けるには、ホームページ上で顧客情報のについての取り扱いやプライバシーマークを取得しているかなどが、判断する上での目安にもなります。

大判はがきの発送代行を利用しよう

自分のお店の広告を多くのお客さんに見ていただきたい、新しいお客さまの獲得につなげたいとお考えの方に、ミミヨリ情報をご紹介します。世の中には膨大な量のDMが流通しており、普通のはがきや封書DMをおくっただけではお客さまの目に触れるまえに捨てられてしまうことも少なくありません。そこで、大判はがきでDMを出してみてはいかがでしょうか?大判はがきは普通のはがきよりも縦にサイズの大きいものになるので、いつもの広告内容にプラスアルファでイベント情報やクーポン券、お友達紹介キャンペーンなどの情報を追加で記載しておくと、より多くのお客さまの目に留まることが増えます。しかし忙しくてなかなか作る暇がない、慣れていないのでどう作ればいいか分からないというかたには、DM制作・発送代行のサービスを利用することをオススメします、DMを作るだけでなく、発送代行もしてくれるので、載せたいデータとお客さまの情報を送るだけでOKのものです。しかし1つだけ気をつけなければならない点は、お客さまの個人情報も渡すのですから、プライバシーの扱い方がきちんとしている業者に依頼しなければならないという点です。見積もりの段階で、プライバシーの取り扱いやセキィリティ面での説明を事前に聞いておくとよいでしょう。

DM,デザイン,料金,送る

普通のはがきと大判の違いは何?

大判はがきは普通のはがきより大きめに作られています。最大で横120mm縦235mmまでのものが一般的に大判はがきと呼ばれています。大判はがきの一番の特徴はサイズが大きいということで、紙質は特に変わりません。もちろん、自由に選ぶことができますが、これは官製はがきのサイズで作る場合も同様です。印刷会社に発注する時には紙質や厚みを自由に選ぶことができます。大きなサイズを生かして、余白を効果的に使うとかなり目を引くDMにすることができます。特に長さがかなり出るので、長さを生かしたデザインをすると見た目の印象もかなり違います。強調したい文字を大きく入れることができるので、読みやすく、見た瞬間で分かりやすいことがメリットのひとつです。近年は小さめの広告といった位置付けて利用する人が増えています。業種に関係なく使い勝手の良いはがきです。大判はがきは、お店の割引券や招待状、クーポンなどを印刷することもできます。郵送する場合は定型郵便で送れますが、官製はがきの料金ではなく封書の料金になります。はがきでも官製はがきと比較すると、発送するにはやや割高になりますが、その分広告効果がかなり期待できるのはメリットと言えるでしょう。

安く抑えるためのポイント

大判はがきはサイズが大きいので、その分紙代が若干高くなります。しかし、大きさはあっても厚みで多少値段を下げることは可能です。印刷物の値段は紙の種類や厚み、そして印刷の色数や印刷面の数で変わるからです。はがきの場合は、上質紙やアートコート、マットコート、そしてミラーコートなどが一般的に使われることの多い紙です。このほか、印刷会社によってさまざまな紙が用意されていますが、紙の種類を変えるだけでも、かなり値段を抑えることは可能です。色数はフルカラーでなくても良い場合は、黒1色にするか特色を使った2色にするだけでもかなり値段を抑えることはできるのです。また、近年増えている、印刷から発送まですべて受けて代行してくれる印刷会社を利用することもコストダウンにつながります。印刷したものを自分で発送する場合と比べて費用を抑えることができるので、全体で考えれば標準サイズのはがきのDMを送る場合とあまり変わらないこともあります。より安いところを探すには、数パターンの見積もりを取って比較してみましょう。ネットで発注できるところでも、予め簡単に入力するだけで値段を出せるところは増えています。まずいくらかかるか検討することです。

デザイン,作成,送る

 

印刷会社に頼めば大判ハガキも激安で印刷できる

そして、dmは自社で印刷するよりも印刷会社に頼むと激安で作成することが出来ます。それは大判はがきなど、どんな種類でも対応しており、特に大量に印刷する場合には1枚当たりのコストが大きく削減できるためより安く出来ます。さらに激安になるというだけではなく、他にも印刷会社に頼む利点はいくつかあるのです。例えば大判はがきのdmを作成するときに、これまで多くの作成に携わってきたノウハウを持ち合わせている印刷会社に依頼をすることによって獲得したい顧客の趣味や趣向を盛り込みながら、デザイン性の富んだdmを作ることが出来ます。こうすることで、印象に残る魅力的なものが作成できるため顧客の獲得につながる可能性が高められるのです。また、大判はがきを自社のプリンターで印刷をすると、インクの種類が限られていることで思ったような色が出なかったり、文字がぼやけてしまうなどのトラブルが生じてしまうことがあります。ですが、印刷会社に依頼すればそんなことはありません。多くの印刷会社では豊富なカラーインクを採用しているため、鮮明な印刷が可能となっています。そのため、金や銀といった色や特殊な蛍光色までさまざまな色が対応することが出来るのです。
このようにもし大判はがきのdmを作成しようと考えているのなら印刷会社に依頼するといいです。”

の,ダイレクトメール,デザイン,ハガキ,作成,効果,印刷,宣伝効果,制作

普通サイズのはがきよりも印刷面積が大きい大判はがきは、新規店舗やリニューアルのお知らせ、イベントやキャンペーンの案内などの用途でも、情報量を多くすることができます。デザインやレイアウト、文章量などを工夫することで、見やすく訴求効果のあるダイレクトメールに仕上げるのがポイントです。

大判はがきは定形郵便物として郵送された際、その大きさから他の郵便物に埋もれずに目立つことができます。はがきは開封する手間がなく、手に取ってすぐに中身が見えるため、インパクトのあるデザインをすることでより宣伝効果が高まります。宣伝する内容に関する写真やイラストを用いたデザインにすると、より効果的でしょう。

大量に印刷する場合には、代行業者や専門業者に依頼することで、低コストでクオリティの高いダイレクトメールを作成することができます。そういった業者には宣伝に関するノウハウを持っている場合もあるため、こちらの要望を伝えつつ業者にデザインを考えてもらうというのも良いでしょう。また、既に考えたデザインを入稿し、校正や仕上げを業者に行ってもらう方法もあります。その場合は、全て任せるよりも低価格で印刷することができるのがメリットです。

素敵な写真やイラストを印刷して自作の大判はがきを制作しよう!

通常の一般的なはがきでは味気ないと思っている方や絵はがきを購入するのがもったいないと思う方にオススメの方法は、自作の大判はがきを印刷して制作してみることです。旅先で撮影した風景の写真やオリジナルイラストを大判はがきの一面にプリントアウトすれば、簡単に世界に一つだけの絵はがきを生み出す事ができます。旅行先で発見した感動的な風景を自分の思い出だけにするのは、とてももったいないことです。できるなら仲の良い友人やお世話になった方にも共有できた方が良いです。風景に限らず、赤ちゃんが生まれた方や車を新しく購入した方なども記念にはがきで知人に通知してみて下さい。またイラストが得意な方で、自分の描いたイラストをアピールしたい方もこの方法はピッタリです。イラストレーターを目指している学生が自分のイラストをたくさんの方に知らせる方法として賢い方法になります。このはがきを通じて自分のイラストを教える事が容易くなり、口実にもなるので自然なカタチで広められます。プリンターとPCがあれば誰でも簡単に印刷することができるので、安心して下さい。印刷代もインクとハガキ代だけで済むので、印刷代も非常にお手頃価格なのでお得です。”

DM,デザイン,料金

大判はがきのサイズ

大判はがきとは標準サイズのはがきに比べて大きなものになります。

標準のはがきサイズは横100mm縦148mmです。これより大きなものは大判はがきになるわけですが、最大で横120mm縦235mmまでのものが一般的によく使われています。

標準サイズから最大のサイズまでの間なら自由にサイズを選ぶことが可能ですが、紙の断裁の仕方によっては最大サイズより小さめでも価格的にはあまり変わらないことがあるので、見積もりの時に相談してみましょう。変形したものは抜き型が必要になるのでその分費用もかかりますが、単純に直線で断裁するだけのものはサイズに応じて価格が変動するだけで済みます。標準的なサイズのはがきではインパクトに欠ける場合には、大判はがきにするといいでしょう。はがきでは入りきらない内容が詰めこめるのはもちろんですが、見た目にも目立つのでインパクトが違います。デザインを凝ったものにすれば折り込みチラシやポシティング広告よりも効果が上がることは十分に考えられます。サイズは大きくなってもはがきという厚みは変わらないので、ポストに入らないという心配がないところもオススメしたい点です。

郵送料金や印刷費用の目安はどれくらい?

大判はがきは一般的なサイズのはがきに比べて印刷や送料はどれくらい違いがあるのでしょうか。印刷代は印刷会社や色の数に応じて変わるので一概にこうという金額は出せませんが、標準サイズに比べて4割から5割程度アップすると考えておけばいいかもしれません。印刷は枚数に応じて価格が変動するので、内容によってはまとめて大量に作ることで単価を抑えることが可能です。後からでも消費できる内容の場合は、できるだけまとめて発注すればコスト削減が図れます。そして、気になるのは郵送料金でしょう。通常のはがきよりも大きいので郵送料もかなり高いのではと思うかもしれませんが、封書の定型郵便の料金で送れます。よほど厚みのある紙を使った場合は若干オーバーすることは考えられますが、通常のはがきの厚みであれば問題はありません。封書の場合はサイズは規定内に収まっているものでも中身の枚数が多いと重さが出て料金不足になることがありますが、はがきは枚数が増えることはないので料金がオーバーする心配がないのはメリットと言えるでしょう。料金オーバーの心配がないだけでなく、封書のように開封する手間がないので効果的にDMとして使いたい場合に便利です。

の,作成,印刷,印刷会社,安く,料金,発注,企業

大判はがきはプリンターで対応していれば自宅でも印刷が可能です。自宅で対応する場合には、一般的にはワードなどの文書作成ソフトを使用する場合が多いようですが、その際には文書の設定からまずしておく必要があります。文書のサイズ設定をして作成したら、次にプリンターに附属しているはがき用のトレイで設定し、さらに印字画面での設定も必要になってきます。紙質も光沢のあるコート紙や通常のはがき程度であれば若干厚みのあるものに対応しているものも多く、安心して印刷できるものが増えています。印字スピードも速く、仕上がりもきれいなものが増えている為、数十枚程度であれば数分もあれば完了するようです。これよりも枚数の多い場合には、印刷会社などに発注する方がコストも抑えられます。大判はがきの場合には使用する紙のサイズによっては断裁が必要になってきますが、その分業者に発注すると定形外のものでも指定したサイズでの印刷が可能になります。このはがきの印刷を自分でするか印刷会社を始めとした外注にするかの線引きですが、数十枚程度であれば家庭用のプリンターで、百枚を越える場合には業者に発注するというのが、上手な印刷の仕方とも言えそうです。

大判はがきの印刷を激安にあげるなら

インターネットの普及によって、それを経由して注文を受け付ける企業も増えてきています。特にプリント業務を受け付けている会社については、他業種よりも大きくこのインターネットの発展の恩恵を受けているといっていいでしょう。

ネット中心に業務を請け負ってる印刷会社なら、大判はがきをはじめ通常の封書まで格安料金で利用できます。受付窓口がネットというだけで、後は通常の企業とかわりなく利用が可能です。

ネット受付の会社が安い理由としては、営業スタッフを最小限に抑えられるところにあります。さらにそれに加えて自社に機械を置かないことや、印刷のためのプロセスを最小限に抑えていることにあります。

こういった徹底的にコスト管理を行なっている会社を利用することによって、コストが増えがちな大判はがきの印刷も安く上げることができるようになります。またこれ以上にコストカットしたいなら、一度に注文する部数を多くするという方法もあります。

大部数で注文することによって、その分代金をどんどん安くすることが可能となります。もし在庫を置く場所に余裕がある場合や、有効期限のないはがきを作成する場合にはこういった方法を使って印刷代を浮かすこともできます。”

デザイン,作成

大判はがきダイレクトメールの種類と用途

大判はがきでのダイレクトメール発送は、A4サイズのはがきを使い、新製品の紹介など集客効果を期待するときに使われます。情報量が多く記載可能であり、10枚単位など少ない部数でも扱えるメリットがあります。活用している業種や業界は多くありますが、不動産会社や企業向けオンラインショップの会社が、接点があまりない顧客に対し、住宅など比較的高額な商品を販売したい場合に使われます。同じA4サイズには圧着タイプもありますが、折込チラシを接着する手間を省いて情報量を多く記載できる上、そのコストも安く済ませられるという利点があります。大判はがきでのダイレクトメール発送には、専門の業者に依頼することで、見栄えの良さとコストを重視した印刷物が多く、手早く出来上がります。事前に用意したデザインを使用できる他、業者独自のデザインも利用でき、部数や印刷面数やカラー、モノクロの選択も可能です。顧客の反響を高めるためには、発送を繰り返すことも重要ですが、印刷物のデータ入稿を念入りに繰り返すことで、更にコストを抑えることができます。業者による入稿チェックは無料となっているところもあるため、より効果的なダイレクトメールを作成することができます。

デザイン,作成,料金

大判はがきDMのデザイン

自分でデザインデータを用意できる場合

大判はがきは標準サイズのはがきとは違い、大きな紙から希望のサイズに断裁して印刷するという方法が一般的です。そのため、作成する時は印刷会社に発注しましょう。自分でデザインを起こせる場合の推奨データはaiまたはpdfになります。この場合の注意点はフォントがアウトライン処理されていることと、写真が入っている場合は印刷に耐えられる解像度になっているかという点です。解像度は300dpi程度あればいいでしょう。デザインが印刷の範囲内に入っていることはもちろん必須条件になります。デザイン事務所などで作成してもらう場合は、でき上がりのサイズなど最低限の情報を正確に伝えて作ってもらえば大丈夫です。用意したデータを印刷会社に渡せばそれを元に印刷してもらえます。紙や枚数などを相談し、事前に見積もりをもらっておきましょう。大判はがきのサイズは、最大で横120mm縦235mmまでであれば定型郵便の料金で送れます。このサイズの範囲内で作成すれば料金を手頃に抑えることができるので、好きなサイズで発注することも可能です。印刷代は枚数に応じて金額が大きく変わる場合があります。枚数が多ければ単価が下がるので、まとめて作ると経済的です。

自分でデザインデータを用意できない場合

自分でデザインができない場合や、どこかで作ってもらうことができない時にはどうすればいいでしょうか。そんな時には、デザインの提案から対応している印刷会社にお願いしましょう。印刷会社は、データを預かって印刷だけに対応しているところと、デザインから請けてくれるところがあるのです。デザインの作成にも応じている印刷会社なら、丸ごとお願いできます。その場合はデザイン料は別途追加になると考えておきましょう。印刷だけをお願いするケースと違い、デザインの打ち合わせからやっていきます。打ち合わせと言ってもメールでやりとりできるところがほとんどなので、わざわざ時間を取る必要は特にありません。デザインに盛り込む内容や方向性は発注者が用意しておかなければなりませんが、イメージなどを伝えておけば、あとはプロがイメージをまとめてくれるので大丈夫です。はがきのサイズや枚数以外に、印刷する色数でも印刷の料金は変わってきます。予算に応じて色数を2タイプ程度で見積もりを取っておくと比較できるのでオススメです。大判はがきはでき上がった時のインパクトが違います。標準サイズでは内容が入りきらないという時には、大判はがきを作成してみましょう。

 

定型郵便で郵送でき、様々な用紙への印刷が可能な大判はがきは、DM送付のコストを抑えたい場合に有効です。通常サイズのはがきや、印刷デザインが制限されることも多い封書のDMよりも、見た目のインパクトもあり、開封の手間がないのでより多くの方に見てもらえるのもメリットです。

裏面は直接印刷しますが、宛名面は直接またはシールに印刷して貼り付けることもできます。特に仕上がりの良さが重視される、裏面のみを印刷業者に依頼し、宛名は社内で印刷するなど、予算に合わせて依頼内容を選べるので便利です。印刷データ作成に役立つテンプレートは、各印刷業者が無料提供しているので、社内での印刷の際にも活用できます。DM送付代行専門業者では、宛名印刷と送付手続きのみの依頼も受け付けています。

大判はがきのサイズのメリットを最大限に活かすには、裏面のデザインや配色が非常に重要です。社内でデザインデータ作成をしている企業は多いですが、ちょっと違ったデザインに挑戦したい、プロの視点からアドバイスをもらいたい時には、印刷業者のデザインスタッフにデザインを依頼してみるのも一つの方法です。社内で作成したデータの場合でも、色校正などオプションサービスで仕上がりを良くできます。

 

DM診断では、大判はがきDM以外にも、様々な種類のDMに対応しています。DMに使う最適なハガキの種類が気になる方は、まずはお問い合わせください。

DM診断へのお問い合わせはこちらから

おすすめ:DM発送代行業者を利用する10の手順

最安値保証!日本一安いDM発送代行サービス!翌日発送可!印刷・印字・郵便料金コミコミ!

安さ日本一に挑戦!まずはお見積りから

DMのプロに相談してみませんか?

格安DM発送代行「DM診断」では、常に業界最安価格で提供しています。
DM発送に関するお問い合わせはいつでも受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。